HAIR

【保存版】くせ毛前髪の直し方!さらに切り方からアレンジまで徹底レクチャー

2020/06/11

「せっかく朝前髪をセットしたのに汗や湿気でもう崩れてる……」なんてくせ毛前髪でお悩みの人って多いはず。今回はそんな前髪のくせを解消する方法を徹底レクチャー! いろいろな前髪の直し方やコテアイロンを使った巻き方、崩れないキープ方法など基本からしっかり解説。さらにセルフでできるくせ毛さんの前髪の切り方から、前髪アレンジでくせを取らずにセットする方法までご紹介します。くせ毛前髪を解消して、一日をもっと楽しく過ごしましょう♪

※価格表記に関して …価格は参考価格です。価格が変動している可能性があるため、販売サイトでご自身でご確認ください。また、表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

※画像に関して…画像はすべてイメージです。参照リンクは予告なく削除されることがあります。

【クセ毛 3つのお悩み】は、日頃のケアで解決!

  1. もともとの髪質は直せるの?
  2. 普段のケアってどうするの?
  3. 前髪カットがうまくいかない

もともとくせ毛の人は遺伝の可能性が高く、いきなりまっすぐになったりはしません。でも、少しでもくせをおさえるために毎日しっかりケアをしていくことがとっても大切なんです! このあとはそんな普段のケアやカットについて詳しくご紹介していきます!

【1】《シャンプーのやり方》を変えてくせ毛をおさえて

じつは頭皮の毛穴に詰まった汚れや、シャンプーなどの流し残しもくせ毛の原因に。普段のシャンプーのやり方を見直してみるのが大切! シャンプー中の摩擦を減らしたり、しっかり洗い流したり意識しておこなうのがポイント。

【2】普段のケアは《アウトバスケア》で髪のダメージを防いで

お風呂上がりの濡れた髪はキューティクルが開いた状態。そのままにしておくとダメージが蓄積してしまいくせ毛の原因に。タオルドライしたあとは、オイルやアウトバストリートメントでしっかりと保湿するのが大切! 髪もドライヤーでしっかり乾かしましょう。

【3】ブローして《クセを取ってから》前髪カットをする

本当は美容師に切ってもらうのがベストですが、「前髪だけどうしても切りたい」「予約が取れない」なんてときはセルフカットにトライしても◎。ただし、くせ毛前髪さんはカットするときに注意が必要です。
まずカットする前に前髪を濡らし、ブローをしてくせをきちんと取っておくのが最重要。また、濡らして切る場合は、乾かすと前髪の位置が上がるので切りすぎないように少しずつ切るのがポイント。とくに、くせで浮きやすい部分は切りすぎないように!

【流し前髪】は逆方向に乾かして

大人かわいくキマる流し前髪。ここではくせを直してかわいい流し前髪にするやり方をレクチャー! ドライヤーを流すほうと逆にあててしっかりくせを直すことで、コテやスタイリング剤を使うときに髪があつかいやすくなります。

《くせの直し方》のポイント

  1. 前髪を流す方と逆の方向に乾かす
  2. 流す方向に乾かして整える
  3. 冷風を当てて髪の流れる向きを固定する

※前髪を根元から濡らし、左右にこすりながら乾かしたあと、上の3つを意識するのがポイント。

《巻き方》をマスター!

  1. 前髪を真ん中・左・右に3等分する
  2. 真ん中→左右の順で内巻きワンカール
  3. 前髪のトップ(表面)を内巻きワンカール
  4. 髪を流す方向に手で押さえる

※コテやアイロンで前髪を内巻きにしたあと、流す方向に手で押さえるのが重要! 髪の毛は熱が冷めるときに型がつくのでここが一番のポイント!

《キープ方法》スタイリング剤で崩れを防いで

キープするにはスタイリング剤がとっても重要。やわらかい質感のまま固めるならワックス、しっかり形を保ったまま固めたいならスプレーがおすすめ。つけ方はスタイリング剤によるので、アイテムと一緒につけ方もレクチャーします!

▼「ワックス」でニュアンスをプラス

重い仕上がりや、使いづらさを解消した初心者さんでも使いやすいワックス。ほどよい軽さとキープ力で、毛先の動きもしっかり表現できます。

少量のワックスを指になじませ、前髪をつまむようにして流しながらつけると◎。ワックスはつけすぎるとベタっとした質感になってしまうので、つけすぎに注意しましょう。

▼「スプレー」でしっかりホールド

形状記憶と超弾力ポリマーの力で、髪のナチュラルなやわらかさを残しながら、スタイリングをしっかりとホールド。

指で髪の毛のカーブを支えながら、前髪全体に薄くスプレーを振りかけましょう! 自然に仕上げるには、20センチほど距離を離してスプレーするのが◎。

【ぱっつん・オン眉前髪】は押さえながらドライ!

キュートな印象になれるぱっつん・オン眉前髪。しっかりくせを直してセットすることで崩れづらい前髪を目指しましょう! 前髪が浮いてしまいがちなぱっつん・オン眉前髪は、しっかりおさえながらセットするのがポイント。このあとさらに詳しくご紹介していきます♪

《くせの直し方》のポイント

  1. 前髪を下に引っ張りながら乾かす
  2. ドライヤーは絶対に上からあてる

※ぱっつん前髪やオン眉前髪は髪が短く浮きやすいので、この2つのことを意識して。

《巻き方》をマスター!

  1. 少しずつ分けて内向きにワンカール
  2. 巻いたらすぐに根元を押さえる
  3. 毛先を流したい方向に押さえる(流さない場合はなし)
  4. スタイリング剤などで整える

※コテだとカールが強くつきすぎてしまうため、初心者さんはストレートアイロンのほうがおすすめ。

《キープ方法》スタイリング剤はつけすぎに注意!

ぱっつんやオン眉前髪は、スタイリング剤をつけすぎると重たい印象やベタっとした質感になってしまいがち。ワックスやスプレーは少量ずつ様子をみながらつけるのが正解! そんなぱっつん・オン眉前髪さんにおすすめなアイテムを、キープ方法と合わせてご紹介します♪

▼「ワックス」でシースルー風に仕上げる

自然由来の原料だけで作られたオーガニックワックス。べたつかず、ほどよい束感とニュアンスをプラスしてくれます。

ワックスでキープする場合は、シースルー風のぱっつん前髪になります。極少量のワックスを指になじませ、前髪をつまむようにしてつけましょう。ワックスはつけすぎると油分が多く、ぺったりとしてしまうのでつけすぎ注意!

▼「スプレー」は根元中心に

セットしたヘアをふんわり自然にキープ。素髪っぽく仕上がるのがうれしいポイント! 4種の天然トリートメント成分配合で、髪をケアしながらデザインキープしてくれます。

根元に振りかけます。毛先はパリッとしているのが目立ちやすくなってしまうので、毛先は少なめにするのが◎。

▼「パウダー」で張りつき防止

皮脂コントロールパウダーが皮脂を吸着し、サラサラ肌を長時間キープ。フェイスパウダーとしてだけでなく、ドライシャンプーやボディパウダーとしてもマルチに活躍。

メイクの仕上げ時に、おでこと前髪の裏にベビーパウダーやルースパウダーをつけると油分を吸収してくれるので、より長持ちキープ!

【前髪なし・かき上げ前髪】は根元を立ち上げるように

大人っぽく仕上がる前髪なしスタイルやかき上げ前髪。セットのカギはズバリ“根元”! 前髪の根元を意識してセットすることで、くせに負けず立体感のある前髪に。これをマスターして、いつものヘアスタイルに色気をプラスしちゃいましょう!

《くせの直し方》のポイント

  1. 前髪の根元をしっかり濡らす
  2. 流す方と逆方向からドライヤーをあてて乾かす
  3. 流す方向へ乾かす
  4. 髪をひっぱりながら冷風を下からあてる

※前髪なし派・かき上げ前髪の人は、前髪部分を根元から立ち上げるようにするのがポイント。立体感が出て、前髪のぺったり感が払拭されます。

《巻き方》をマスター!

  1. 前髪の根元を立ち上げるように巻く
  2. 外に流すようにリバース巻きする

《キープ方法》スタイリング剤で根元の立体感をキープ

前髪なし・かき上げ前髪はとにかく立体感がポイント! もともと前髪にボリュームがある人はワックスでボリュームダウンさせるのがおすすめ。逆にペタッとしてしまう人はスプレーで固めてみて。

▼「ワックス」でナチュラルに仕上げる

ソフトなテクスチャーで量が調整しやすく、少なめでナチュラルに、重ねづけでウェットな質感に仕上がります。スタイリング後はハンドクリームとしても使用可。

ワックスを手であたためて手になじませたあと、前からかき上げるように髪にワックスをなじませましょう。ワックスの重みで立体感が崩れないよう、少量ずつ調整しながらつけてみて。

▼「スプレー」で立体感をキープ

スプレー範囲が狭く、ワンプッシュごとに一定量が出るヘアスプレー。ピンポイントでつけられるので前髪セットにピッタリ! バリバリしない仕上がりもうれしいポイント。

髪が細くペタッとしてしまう人は、スプレータイプのものをチョイス。前髪を持ち上げなら、根元にスプレーを振りかければOK。キープ力を高めたいときはハードタイプのスプレーが◎。

忙しい朝も【前髪アレンジ】で、簡単くせ毛カバー

忙しい朝はくせ毛を直す時間がないときも。そんなときは簡単アレンジでくせをカバーしちゃいましょう! パパッとすぐできるものばかりなので、ぜひトライしてみてください♪

《ヘアアレンジ》でくせ毛カバーとこなれ感を両立

▼「サイドダブルねじり」でキュートに

前髪を両サイドに分けねじってピンで留めるだけの簡単アレンジ! ねじったあと、少しだけほぐしてからピンで留めるのがポイント。触覚みたいにちょこんととんがる前髪がとってもキュートなアレンジです。

▼「前髪なしハーフアップ」でスッキリみせて

定番のハーフアップアレンジは、前髪を上げることでアクティブな印象に。きっちりまとめずに、顔まわりの後れ毛は少し残すのがポイント。髪をまとめる前にオイルやワックスをなじませておくと崩れにくくなります。

▼「ロープ編み前髪」ならこなれ感たっぷり

サイドから髪をロープ編みにして、おでこの上に沿うようにしてピンで留めたアレンジ。簡単なのにこなれ感がグンとアップ! ゴールドピンやカラーピンを使うとさらに◎。

《ヘアアクセサリー》で留めるだけ!

▼「バレッタ」の一点投入で存在感を出して

まとめ髪によく使うバレッタをサイドに留めたアレンジ。バレッタがスパイスになって存在感がグッと引き立ちます。まとめ髪で使うものより、少し小ぶりなものを選ぶとバランスが取りやすくて◎!

▼「細カチューシャ」でトレンドを意識

最近じわじわと人気が復活してきたカチューシャ。細いシンプルなものなら大人っぽく仕上がるからトライしやすいんです! カチューシャで前髪を上げるだけなのでぜひ試してみて。

あえて【くせ毛風前髪】にして、おしゃれ度UPしちゃおう

いろんな方法を試したけど、どうしても前髪のくせが直らない……そんなときは思い切ってくせ毛を生かしたセットにトライしてみて。あえてくるくるに巻いたり、ボリューム感を出すことでくせ毛をカバーしちゃいましょう♪

《パーマ風前髪》で外国人風に

くるくるなパーマ風の前髪は、「浮きやすい前髪」や「うねりの強い前髪」さんにおすすめ! カールをつけたあと、しっかり冷ましてからスタイリングするのがポイント。

▼やり方

  1. 前髪を3つのブロックに分け、真ん中を内側にワンカール。
  2. 左右サイドの前髪を外巻きで巻く。
  3. 前髪真ん中のブロックを上下半分に分け、上の部分を強めに内巻き。
  4. 冷めたら手ぐしでほぐし、ワックスで束感を出したら完成!

《くるりんセンターパート》で大人可愛く

毛先がくるんとカールしたセンターパートは、「パックリ割れ前髪」や「猫っけ前髪」さんにおすすめ。ふんわりとした質感に仕上げるのがポイント!

▼やり方

  1. 前髪を真ん中で分ける。
  2. 前髪の根元に2秒ほどアイロンで熱をくわえたら、そのままS字を描くようにアイロンをすべらせ前髪を外に流す。
  3. 両サイドアイロンをかけたら、真ん中から一度かき上げながら手ぐしでほぐす。
  4. またセンターで分けたら、スプレーを遠目からかけて完成!
この記事で紹介された商品の一覧
全7商品
商品画像
ブランド名 ロレッタ(Loretta) ルベル(LebeL) ザ・プロダクト(product) ルフト(LUFT) イニスフリー(innisfree) スティーブンノル(STEPHEN KNOLL) ケープ
商品名 メイクアップワックス (4.0) トリエ スプレー 10 ヘアワックス ヘアデザインスプレー(ナチュラル) ノーセバム ミネラルパウダー ディファイニング バーム ケープ ONE(しっかりキープ)
特徴 - - - - - - -
最安値※表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって異なります。 1,247 特定のストアに遷移します。 詳細を見る 950 特定のストアに遷移します。 詳細を見る 1,100 特定のストアに遷移します。 詳細を見る 890 特定のストアに遷移します。 詳細を見る 480 特定のストアに遷移します。 詳細を見る 1,275 特定のストアに遷移します。 詳細を見る 579 特定のストアに遷移します。 詳細を見る
SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLES

WHAT'S NEW