MAKEUP/COSMETICS

【石原さとみリップ】AUBEの美容液ルージュを全色試してみた!

2020/02/25

石原さとみさんのCMでおなじみのAUBE。今回は、うるうる唇とかわいいリップカラーのどっちも諦めたくない欲張りさんにおすすめしたいAUBEの『美容液ルージュ』。気になるつけ心地と豊富なカラーを全色レビューしました!
「つけているほうが荒れにくい」美容液リップは、毎日使いながらケアできちゃうので、とってもオススメ♪ プルプルの魅惑リップを手に入れて。

AUBEの「美容液ルージュ」が人気の理由

人気の理由は“荒れにくさ”にこだわった「うるおい密封処方」と豊富なカラーバリエーション。薬用リップの色付きはあるけどカラーが少なくて選べない……なんてときは美容液ルージュにシフトしてみて。

「つけているほうが荒れにくい」うるおい密封処方って?

“つけているほうが荒れにくい”がキーワードの美容液ルージュの秘密は「うるおい密封処方」。唇の水分蒸散を防ぎながら縦ジワや皮むけをカバーして、いつまでもふっくらハリのある唇が叶います。

発色もケアも兼ね備えた神アイテム

ケアできるリップなのに発色抜群なのが美容液ルージュの特徴。スティックタイプのリップには敵いませんが、しっかりと唇を色付けてくれます。1度塗りで艶やかに、2度塗りで華やかな仕上りに。

カラー展開は、15色!

カラーバリエーションが魅力な美容液ルージュ。季節によって変わる限定カラーも要チェックです。今回は限定色以外の15種類を紹介します。

カラータイプ(13色)

カラータイプは全13色。オフィスにもマストで使えるレッド系・ピンク系から、お出かけのときに使いたいブラウン系・オレンジ系まで、幅広い使い方が楽しめます。

ノーカラータイプ(2色)

グロス・リップ下地・リップ美容液とさまざまな用途があるノーカラータイプは1本で得した気分になれちゃいます。ポーチの中でもかさばらないコンパクトなデザインなのでそっと忍ばせておいてもいいかも。

【全15色 徹底レビュー】あなたは、どの色にする?

気になるカラーを全色塗り比べしてみました。こだわりが詰まった絶妙に違う色合いの中からお気に入りのカラーを探してみては?

モテの王道『ピンク系』

▼PK201

どんなメイクにも似合うような王道ピンク。定番カラーなので初めて購入するピンクが気になる方におすすめです。自然な血色感に仕上がる女性らしいカラー。

▼PK211

PK201よりもコーラルピンク寄りなカラー。健康的な色付きなのでオレンジメイクやブラウンメイクとの相性が◎。薄付きでクリアな発色なのでナチュラルな仕上がりが叶います。

▼PK213

マゼンタカラーのような目を引くピンクは、メイクのワンポイントとしても重宝しそうな予感。唇の輪郭をキレイにふちどって、存在感のある魅力的な唇に。

ちょっぴりセクシーな『ローズ系』

▼RS401

万人受けのピンクよりも、オシャレ顔に仕上げるならローズ系に注目。淡くクリアなローズはさりげなく透明感を演出するカラーです。ピンクリップに飽きたら手に取ってみて。

▼RS402

RS401よりも濃いめのローズピンクカラー。RS401がクリアな発色すぎて物足りないという方はRS402を試してみて。ちょっぴりスモーキーな発色はセクシーな唇に導きます。

▼RS412

とことん発色にこだわりたいなら艶やかなRS412で決まり。くっきり発色のいいローズカラーはいい女感を高めてくれるカラー。ここぞというときに塗ると自分に自信がつきそう。

大人上品な『レッド系』

▼RD601

落ち着いたレッドリップをお求めならRD601がベスト。ミルキーで柔らかい色合いのカラーなので普段使いにもってこいのカラー。お堅いシーンでも派手過ぎず大活躍の予感。

▼RD603

RD601よりもピンクみが強いレッド。彩度が高く混じりけのないクリアな発色はピュアで若々しい印象になります。フレッシュなメイクによく合うので素肌感を強調して。

▼RD613

発色は薄付きですが、ラメが入っているのでグロス使いにもピッタリなカラー。ほんのり輝く上品なラメ感は単品使いしてもかわいいアイテム。透明感と遊び心のある唇をゲットして。

旬顔になれる『ベージュ系』

▼BE801

肌なじみのいいベージュカラーは今年押さえておきたい流行カラー。ピンクベージュのようなBE801は、メイク全体を落ち着いた雰囲気にまとめてくれる大人向けカラーです。

▼BE802

BE802はオレンジベージュのようなテラコッタカラー。オシャレなカラーなのに艶があるので女性らしさも忘れません。旬顔が手に入るので周りからも褒められちゃうかも。

▼BE811

ペールオレンジのようなジューシーなカラーは唇に煌めきを与えてくれます。ツヤッとしたリップは流行りのツヤ肌とも相性抜群。全体をみずみずしいメイクでまとめてみて。

フレッシュな雰囲気の『オレンジ系』

▼OR813

ケアしながら高発色を叶えるオレンジカラーは塗ってみるとエネルギッシュな印象に。程よいツヤ感もあるので子供っぽさを払拭して色っぽい唇がゲットできそう。

『ノーカラータイプ』

▼NC01 ノーカラー

使いやすさナンバーワンのノーカラーリップ。おやすみ前のリップ美容液としても重宝しそうな予感。色がついていないのでスティックリップの下地としても使ってみて。

▼NC02 ほんのりピンク

荒れがちな唇に少しだけ血色感を加えたいときにおすすめのカラー。リップバームよりも重めのテクスチャーで唇を覆うように保護してくれます。

「イエベ」さんにおすすめのリップカラー

肌なじみのいい血色レッド「RD613」

薄づきでほんのり唇を染め上がるならRD613。薄めのレッドなので1度塗りだと薄ピンクのようなカラーに仕上がります。イエベに似合うコーラルカラーで清楚な雰囲気を醸し出して。

こなれ感が出る旬のベージュ「BE802」

馴染みのいいベージュリップが気になるならBE802をチョイス。控えめな色合いとツヤ感で色気のある唇が完成します。イエベならではの親しみやすさを感じる暖色カラー。

エネルギッシュなビビッドオレンジ「OR813」

濃いめのカラーでパキッとさせたいならOR813で決まり。鮮やかなオレンジはイエベの顔色をパッと明るくし、華やかな仕上がりの手助けをしてくれそう。

「ブルべ」さんにおすすめのリップカラー

シーンを選ばないヘビロテピンク「PK201」

少し青みが入ったピンクは透き通るようなブルべ肌をさらにキレイに見せてくれます。ぷるんぷるんに見えるリップのツヤ感が癖になりもう手放せないかも。

大人っぽくつけたいローズ「RS412」

少し暗めのローズピンクは大人っぽさを底上げしてくれる優秀カラー。普段のメイクにスパイスを効かせてくれるので、黒ライナーをシャープに引いて大人クールに合わせるのがおすすめ。

ピンクみのある定番レッド「RD601」

美容液ルージュのレッド系はどの色をとっても自然な仕上がりに。赤リップならではの「発色が良すぎて使いづらい!」という失敗もありません。程よい赤みでじんわりとした血色感のある唇が完成。

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW