HAIR

【黒髪花嫁】は『質感とシルエット』が大事!ロングからボブまで気になる全部ご紹介

2020/06/11

花嫁さんのなかには純白のドレスに似合う《黒髪》で結婚式を迎えたいという方もいるのではないでしょうか? しかし黒髪だと古風な髪型になってしまったり立体感がなくなってしまったりと不安が残るところ……。そんなときは質感を味方につけてツヤ感を出したり、シルエットにこだわったり、黒髪さんの強みを活かせば黒髪が映える髪型にできるんです。今回はボブやセミロングなどレングス別でのおすすめの髪型やティアラや和装に似合う髪型、誰でも似合う王道なものなど“気になる全部”をご紹介します!

※価格表記に関して …価格は参考価格です。価格が変動している可能性があるため、販売サイトでご自身でご確認ください。また、表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

※画像に関して…画像はすべてイメージです。参照リンクは予告なく削除されることがあります。

黒髪を垢抜けさせる《3つのポイント》

肌本来の透明感と自然な美しさを引き立たせてくれる黒髪ですが、ヘアセットによっては古風な髪型になってしまったりボサボサにみえてしまったりなどいまいち垢抜けない……。 一生に一度の結婚式だからこそ黒髪をより綺麗にみせる髪型で過ごしたいところ。今回はそんな黒髪さんをより垢抜けさせるポイントを3つご紹介します!

“ウェットな質感”を仕込んで

黒髪はドライな質感のままだと、いわゆる“女将さん”のような古風なヘアスタイルになりがち。なのでヘアメイクさんにスタイリング剤をつかってもらい 「ウェットな質感」を仕込んでもらいましょう! ウェットなヘアスタイルで今っぽい髪を楽しんで。

きれいな“シルエットづくり”が肝

まとめ髪にし無造作におくれ毛やトップをだすとき、黒髪だと立体感がでずボサボサにみえてしまうことがあります。そんな場合はあごと両耳の上を結んだ延長線上と頭のセンターラインがまじる 「ゴールデンポイント」でヘアセットをつくると顔立ちが若々しくみえます。

ツヤ感で“動き”を演出

明るい髪色なら編み込みやウェーブをすれば立体感のあるヘアスタイルになりますが、黒髪だと光を吸収してしまい潰れてみえてしまいがち……。なので黒髪さんは ヘアオイルなどで「ツヤ感」をつくり光にあたったとき動きを演出しましょう。

【前髪ありorなし】可愛くする?大人っぽくする?

ヘアスタイルのなかで印象を変える大きな要素の1つが「前髪」。結婚式だとなおさら、一生に残る重要な日なので慎重に考えたいところ。今回はそんな前髪で失敗しないために、前髪あり・なしそれぞれでの印象の違いについてご紹介します!

前髪ありは「清楚で愛嬌たっぷりに」

黒髪さんの前髪ありは、清楚で愛嬌のある花嫁になります。結婚式がおわった後もフレッシュな瞬間が残せるのは前髪をだしたヘアスタイルだからこそ。ドレスはAラインやプリンセスラインなど王道でクラシカルなものと相性抜群!

▼『われた前髪』防止にはこまめに身だしなみチェック!

ウェディングドレスは締め付けが強いものが多いため、どの季節でも長丁場の結婚式では汗ばんでしまうもの。それでも前髪がわれたまま1日を過ごすなんて考えられません。 われた前髪防止にはコンパクトミラーをアテンドさんに渡して細目にチェックして。

前髪なしは「エレガントで落ち着いた雰囲気に」

落ち着いた髪色だからこそ、エレガントで落ち着いた雰囲気になるのが前髪なし。またその他にも近頃人気なガーデンウェディングなどのリラックス感のある結婚式にも◎。ドレスはエンパイヤドレスやマーメイドドレスなどのすっきりしたシルエットの軽やかなドレスとよく合います。

【王道ヘア】は迷ったときの味方!

たくさんのヘアスタイルがありきっと誰しも迷ってしまうかと思います。そんなときは「王道ヘア」を是非一度やってみて。王道なヘアアレンジだけあって“花嫁感”をグッと引き出してくれ一気にエレガントになれる。今回は『シニヨン』『ギブソンタック』の2選ご紹介します。

シニヨン

▼タイトにまとめて上品に

おくれ毛やトップを出さずにすっきりとまとめたシニヨンヘア。無駄のない上品な髪型になれるヘアスタイルです。

▼ウェーブで動きをつくり優しさを表現

ウェーブをいれシニヨンに立体感をつけたヘアスタイル。束を大きくとってウェーブを大きくつくることで、黒髪でもつぶれない立体感がつくれます。

ギブソンタック

▼ウェーブで崩してイマドキに

19世紀末に人気となったイラストレーターが描いた、美しい女性の髪型を真似てできたギブソンタック。イマドキに取り入れるならウェーブで絶妙に崩すと◎。

▼サイドを編み込んで遊び心をオン

サイドに編み込みをいれ後ろでまとめれば、遊び心のあるギブソンタックに。他の人とかぶりにくい王道ヘアをするならこれ。

王道なヘアスタイルには髪のツヤが欠かせない。

▼オーガニックハーブの優しい香りで多忙な準備期間に癒しを

高濃度のオーガニック植物エキスとダメージを補修する植物性タンパク質が、傷んだ髪も1本1本補修してくれるアイテム。オレンジやイランイランのエッセンシャルオイルが含まれており、香りで結婚式の多忙な準備期間をいやしてくれる。

▼毎日がサロン帰りの軽い指通りを叶えるトリートメント

ビオリス ボタニカル(BIOLISS Botanical)

ヘアトリートメント(スリークストレート)

コールドプレス製法のオーガニックホホバ抽出オイルとボタニカルダメージリペア成分を配合しているこちら。うねりやまとまらない髪も、さらさらストレートにしてくれる優れもの。

▼ブラッシングでまとまりのあるツヤ髪をゲット

猪毛とトルマリンが配合された混合ブラシ。髪の摩擦を緩和し枝毛や切れ毛を緩和してくれ、髪をキューティクルも整えてくれるありがたいブラシ。朝の早い結婚式でもささっと美髪が手に入る。

【ショート・ボブ】は『質感』と『ヘッドアクセ』がカギ

「黒髪とショート・ボブって結婚式でも大丈夫なの?」と思う方もきっと少なくないはず。じつはショートがいい引き算となってゴージャスなドレスとの トータルコーディネートのバランスをよくしてくれるんです。ショート・ボブさんのヘアスタイルを素敵にするために『質感』と『アクセサリー』は重要。この2つを気にかけ、“自分らしい”垢抜けたヘアスタイルを手に入れて。

ショート

▼艶やかなショートは女性らしい

あえてヘッドアクセもアクセサリーもせずに、艶やかにまとめたショートヘア。黒髪だからこそ洗練された女性らしさが漂うオリジナリティーのある髪型に。

▼ハンサムショートは束感を意識して

ハンサムなショートヘアはスタイリング剤で束感をだしてこなれ感をオン。インパクトのあるホワイトのピアスがコントラストに。

ボブ

▼ピアスとカチューシャのダブル使いでモダンに

海外セレブがつけていることきっかけに流行した太めのカチューシャはウェディングシーンでもGOOD。エッジの効いたピアスと合わせて最旬なコーディネートに。

▼ドライフラワーでボリュームをオン

ゆるめに巻いて、ダイナミックなドライフラワーで黒髪でなりがちな“物足りなさ”を回避。ショートヘアの「結べないけどおろしたままだと無難すぎる」というジレンマはヘッドアクセで解消して。

【セミロング・ロング】はアレンジの幅が広い

セミロングやロングヘアはアップもダウンスタイルも楽しめるレングス。アレンジの幅が広い分、どの髪型がいいのか悩んでしまう方も多いかと思います。やっぱり 一生に一度の結婚式だからこそ、一番似合う髪型で過ごしてほしい! なので今回はセミロングとロングヘアにわけて5つご紹介します。じっくり悩んで1番お気に入りの髪型をみつけてくださいね♪

セミロング

▼リラクシーなハーフアップは自然体でいられる

ゆるっとまとめたハーフアップはまる1日過ごしても辛くならない。ツヤがあるので黒髪でも重たくならないのも魅力。

▼編みおろしでやわらかく

編みおろしにウェーブをつけて大人っぽいのに柔らかい髪型に。アースカラーの花飾りがナチュラルウェディング向きにしてくれる。

ロング

▼巻きおろしでゴージャスに

女性らしい巻きおろしヘアは黒髪だと、色気まで漂わせるヘアスタイルに。動きのある髪型がゴージャスな印象をあたえてくれます。

▼細かく巻いたハーフアップでドレッシーに

細かく巻いて束感を強調したハーフアップで優美な髪型に。ビジューのヘアアクセが品のよさを倍増させてくれる。

▼ワザありタマネギヘアは上級者な装い

三つ編みをしてタマネギヘアにしたワザありな髪型。髪の結び目にリボンを巻けば黒髪とのコントラストが楽しめる。

【ヘッドドレス】は花嫁ヘアに欠かせないアイテム

ヘアスタイルをより華やかにしてくれるヘッドレス。 花嫁の憧れの《ティアラ》や近頃人気な《ピジュー》のものなど、じつは種類が豊富。ツヤのある黒髪をより輝かせるヘッドドレスをご紹介します。

ティアラ

▼おおぶりのティアラは格調高く大人っぽい

まるで王族のプリンセスみたいになれるおおぶりのティアラ。すっきりとまとめたお団子ヘアに合わせれば、花嫁をよりゴージャスに大人っぽくしてくれる。

▼今っぽくするなら小ぶりなセレクトを

小ぶりなティアラなら今っぽくカジュアルダウンできる。ティアラをつけたいけど、お堅くなりすぎるのは避けたい方は小ぶりなものがおすすめ。

▼動きのあるダウンヘアがエレガントに映える

アップのヘアスタイルにあわせる印象が強いティアラですがダウンヘアにもよく似合う。アップのヘアにない動きがでて重たくなりやすい黒髪も軽やかに。

▼赤いお花でロマンティックに

赤いお花の花飾りは新婦をグッと愛らしくロマンティックにしてくれる。黒髪が締め色になるので鮮やかな花がより華やぐ。

▼アンティークな小花が大人可愛い

近頃人気なくすんだ色みのお花をつかったアンティーク調の髪飾り。懐かしいのに新しい髪飾りは黒髪花嫁の清純さを際立たせてくれる。

▼かすみ草のカチューシャで清らかに

ウェディングで人気の高いかすみ草は「清らかな心」「永遠の愛」などの素敵な花言葉の持ち主。そんな素敵な意味合いのある白いお花のカチューシャと黒髪のコントラストが存在感を発揮してくれる。

その他

▼ラリエットで後ろ姿も抜けめなく

ラリエットとは留め具のないネックレス状の飾りのこと。繊細に光るラリエットは、後ろ姿も抜かりなく上品に輝いてくれる。立体感がでにくい黒髪の後ろ姿もラリエットでカバー。

▼カチューシャはシンプルヘアに力強い味方

デイリー使いとしても人気なカチューシャはウェディングでも取り入れられる。カチューシャは凝ったスタイリングをしなくても一気におしゃれみえが叶う頼れるアイテムです。黒髪ならではの清楚さをより引き立たせてくれる。

▼ビジューはアクセサリーとの統一感がUP

今最も花嫁に人気があるビジューのヘッドアクセ。アクセサリーとの統一感がでて、コーディネートを格上げしてくれる。

▼紐を使って個性をだして

遊びのあるヘアアレンジにしたい方は紐を選んでみて。黒髪が大得意なタイトなポニーテールとの相性もばっちり。

▼インパクトが欲しいなら金箔を取り入れて

金箔のヘッドアクセは色みのない黒髪にも存在感をプラスしてくれる。顔まわりに光が集まることで、肌色がワントーンアップ。

【和装】はまとめて上品に♪

格式が高く真っ白な「白無垢」や華やかな打掛を羽織る「色打掛」など日本人らしさを感じられる和装。言うまでもなくどちらも日本人らしい黒髪と相性抜群です。黒髪で和装をまとう場合、低めの位置でまとめて品格をだすのがおすすめ。今回は白無垢と色打掛にわけてご紹介します。

白無垢

▼厳かな式にはシンプルにまとめて

花嫁が着る和装のなかで1番格式の高い白無垢。そんな白無垢の格式高さに合う髪型は前髪のないシニヨン。黄金色にかんざしと黒髪が高級感を倍増させる。

▼髪飾りにはホワイトネットのアクセントを

白無垢にホワイトネットのヘッドアクセを合わせて、大正ロマンなニュアンスを。ツヤのある黒髪のアップヘアが花嫁の品を引き出してくれる。

色打掛

▼“幸運がとんでくる”胡蝶蘭は花嫁を凛とさせる

お祝いごとを彩る胡蝶蘭をヘッドアクセにとりいれた凛とした花嫁に。胡蝶蘭は「幸運がとんでくる」という花言葉のごとく1日の幸運をもたらしてくれる。

▼色鮮やかなダリアで華やかさをプラス

ダリアを重ねた髪飾りで黒髪のヘアアレンジを華麗に。綺麗なシルエットのウェーブで黒髪でも立体感を表現できる。

まとめ髪からくる頭痛なんてうけつけない!

▼美容賢者がこぞって愛用しているハーブオイル

40種類のアロマが織りなす香りが頭痛や肩こりをケアするアイテム。結婚式は長い時間ヘアセットをしているので頭が重くなってしまいがち。そんなときにこめかみに塗るとスッと痛みが引いてくれ、楽にしてくれる。

この記事で紹介された商品の一覧
全5商品
商品画像
ブランド名 シャネル(CHANEL) ラ・カスタ(La CASTA) ビオリス ボタニカル(BIOLISS Botanical) ジョンマスターオーガニック(john masters organics) ナリン(nahrin)
商品名 シャネル ミロワールドゥーブルファセット アロマエステ エキストラモイスト ヘアマスク ヘアトリートメント(スリークストレート) コンボパドルブラシ ハーブオイル33+7
特徴 - - - - -
最安値※表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって異なります。 4,680 特定のストアに遷移します。 詳細を見る - 特定のストアに遷移します。 詳細を見る 553 特定のストアに遷移します。 詳細を見る 3,388 特定のストアに遷移します。 詳細を見る 2,980 特定のストアに遷移します。 詳細を見る
SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLES

WHAT'S NEW