LIFE STYLE

もう限界…!僕たちが妻と離婚したくなった瞬間5つ

2020/03/16

既婚者男性に、「どんなときに奥さんとの離婚を考えたか」を調査! 円満な夫婦関係を築いていくためにも、知っておいたほうが良さそう!

喧嘩して大声を出す・嫌な物言いをされたとき

喧嘩になったとき、奥さんが大声で怒鳴ったり、嫌な物言いをすることが。ひどいときには、離婚がよぎってしまったことがあります。。(43歳/男性)

喧嘩したときに、感情的になってしまうのが苦手な男性も多いよう。言い合いではなくて、冷静な話し合いができるように心を落ち着けましょう。

価値観があまりにも違ったとき

自分の時間を削るように文句を言われて、時間をあけてみたらTVをみながらふたりでダラダラするだけだったとき。時間の使い方についての価値観のあまりの違いに、離婚を考えました…(33歳/男性)

奥さんは旦那さんとコミニュケーションをとる時間を増やしたかったのかもしれませんが、旦那さんは時間についての価値観の違いを感じさせる結果になったよう。
大切にしたいことは人それぞれ違うもの。相手にとって大切なものを侵害してしまうような、価値観の違いを感じさせるようなことを言うのは、控えた方が良いかもしれません。

繰り返しネガティブなことを言われたとき

ネガティブなことをずっと言われたとき。こっちが歩み寄っても全く受け入れずに『どーせ一時的なんでしょ』みたいな感じで、それだと本当にどうしようもないし、離婚しようかなと思いました(31歳/男性)

繰り返しネガティブなことをずっと言われていると、男性側も否定された気持ちになってしまいます。奥さんとしてはこれまでの経験からなかなか納得し難いこともあったのかもしれませんが、旦那さんがそのとき言った言葉を信じてあげられるような心の余裕を持っていきたいものです。

「察してちゃん」で会話にならなかったとき

楽しみにしていた旅行前日や当日に、何故か台無しにするようなことを言ったりするときがあります。理由を聞いても全然わからず、会話にもならないときですかね・・(35歳/男性)

奥さんとしては、察して欲しいことがあったのかもしれませんが、旦那さんからすると言ってもらえないとわからないことも多々。その時々で、思ったことを素直に、かつ冷静に伝えられるようにしていくのが良さそうです。

自由が恋しくなったとき

独身の友人が気軽に旅行などに出かけているのを目にしたとき、羨ましくて離婚を考えてしまったことがあります(38歳/男性)

独身の友人を見て羨ましくなってしまう男性は多いかもしれません。結婚していることをマイナスに思わせないように、お互い自由に使える時間があるとよいのかもしれませんね。

他の記事もCheck!

▼こちらもオススメ

▼こちらもチェック

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW