HAIR

【デコ出しヘアのやり方】似合わせるコツって?簡単にできるアレンジも大公開

2020/05/27

涼しげなデコ出しヘアは周りの人から好印象をゲットできるヘアスタイル! しかしデコ出しヘアが似合わないと思っている人も多く、チャレンジしづらい髪型でもあります。今回はデコ出しヘアが似合わない理由と解決方法をご紹介していきます。簡単にトライできる大人可愛いアレンジもピックアップしたので最後まで見逃さないで♪

  1. 【デコ出しが似合う顔の特徴】とは?
  2. 【デコ出しを似合わせる】解決策をレクチャー!
  3. 【前髪ブローで叶える】デコ出しイメチェンスタイル
  4. 【ゴムで結んで叶える】ふわふわ前髪アレンジ
  5. 【ピン・カチューシャで叶える】おしゃれ前髪アレンジ
  6. 【カットで叶える】大人可愛いデコ出しヘアスタイル
  7. 【アップスタイルで叶える】好印象なすっきりデコ出しヘア

【デコ出しが似合う顔の特徴】とは?

「デコ出しスタイルは美人だからできる」なんてことを聞いたことありませんか? 実はデコ出しヘアが似合う顔は美人というわけではなく4つの特徴があることがわかりました! 1つでも当てはまったらデコ出しアレンジがぴったりかも。

【1】おでこが広め

おでこが広い人はコンプレックスに感じて隠してしまいがちですが、出してみると意外とあか抜けた雰囲気が叶います。女性は「おでこが顔の三分の一程度見えると美しい顔立ちに見える」という黄金比があるので積極的に出すのがいいかも。

【2】眉毛が濃いめ

眉毛が薄めな人よりも濃い人のほうがデコ出しヘア向き。眉毛が濃いと顔の余白が少なく見えてしっかりとメリハリがつきます。きれいに整えた眉は清潔感が出るので好印象にもつながりますよ。

【3】耳が大きい

似合う人の特徴として注目されているのは意外にも耳の形。前髪を耳にかけて大きな耳が見えることで小顔効果が発揮されます。立ち耳が気になる人はウェーブをかけてボリューム感のあるスタイルがおすすめ。

【4】丸顔・たまご型・ベース型の輪郭

丸顔や卵型、ベース型の輪郭はおでこを出して縦のラインを強調してあげることでスッキリとした印象に。丸顔の人は顔周りのおくれ毛を活用して輪郭をカバーするとデコ出しヘアがもっと似合うはず!

【デコ出しを似合わせる】解決策をレクチャー!

似合わない顔だからといってデコ出しヘアを諦めるのはナンセンス! 少しの工夫であっという間にデコ出しを似合わせることができるんです。3つのポイントを試してみて。

【1】おでこが狭い→前髪を立ち上げて高さを出すアレンジ

おでこが狭いとお悩みなら前髪をブローで立ち上げてから分けるがベスト。縦のバランスが強調されておでこの狭さがカバーされます。ふんわりと立ち上げてこなれたスタイルを手に入れて。

【2】眉毛がしっくりこない→きれいに整えてしっかりめな眉を書く

デコ出しをしたときに眉毛がしっくりこないのは眉毛の濃さや形の問題かも。自眉毛からきれいに整えて少し濃いめに書くのがポイントです。存在感のある形のいい眉はいつもよりぐっと大人っぽい仕上がりに。

【3】面長が気になる→産毛に動きをつけて横にボリュームを出すアレンジ

面長が気になってデコ出しを避けているという人は顔まわりの産毛を巻いて横にボリュームをプラスしてみて。ストレートヘアだと全体のシルエットが縦長になって面長が強調されてしまいますが、横にボリュームを出すことで縦と横のバランスがとれて面長カバーに。

【前髪ブローで叶える】デコ出しイメチェンスタイル

時間がない朝でも、濡らしてドライヤーでさっと乾かすだけで完成するデコ出しアレンジのご紹介。ゴムやピンなどを使わずにアレンジできてしまうのですぐに試せるおすすめアレンジです。

「かき上げ風」でクールビューティーな印象に

かっこいいかき上げ風バングは前髪をあげてイメチェンしたいときにピッタリ。かっこよく強めな雰囲気が演出できるのでストリート系や甘辛ファッションとの相性も◎。気分を変えて新しい自分に出会いたいときに。

▼「かき上げヘア」のやり方

  1. 根元を水で濡らす
  2. 立ち上がるように下からドライヤーをあてる。
  3. 流したい方向と逆の向きにドライヤーを当てる。
  4. 分け目は少し丸みを持たせる。
  5. 立ち上げたい方向に髪を流して完成。

「オールバック」で甘くない色気をまとって

クールに見られる思われがちなオールバックですが、オイルで軽く束感をつくると今風なナチュラルな印象に取り入れられます。健康的な魅力が満載のオールバックヘアはクールな洋服にもナチュラルな服装にも似合うスタイル。

▼「オールバック」のやり方

  1. 根元を水でぬらす。
  2. 片方に髪を流しながらドライヤーをあてる。
  3. 反対方向に髪を流してドライヤーをあてる。
  4. 髪を下すように短時間ドライヤーをあてる
  5. 髪を全部上げるように下からドライヤーをあてて完成。

「タイトセンター分け」でモードな雰囲気をゲット

タイトなセンター分けは簡単にモードな雰囲気に仕上がるヘアスタイル。ピタッとタイトなシルエットはオシャレ感を出したいときに取り入れてみて。ブローをした後にオイルやワックス、ジェルでおさえてこなれ感を引き上げるのがコツです。

▼「タイトセンター分け」のやり方

  1. 根元を水でぬらす。
  2. 根元が立ち上がるように下からドライヤーをあてる。
  3. センター分けになるようにコームの先端でジグザグに分ける。
  4. 髪を左右に分ける。
  5. オイルやワックス、ジェルを付けてセンター分けに撫でつけたら完成。

【ゴムで結んで叶える】ふわふわ前髪アレンジ

ゴムで結ぶヘアアレンジは前髪が短めの人にもチャレンジしやすいアレンジ方法。簡単に凝って見えるスタイルに仕上がるのでパパッとかわいいデコ出しヘアにしたいときにおすすめです。

「前髪くるりんぱ」なら簡単にこなれ見えが叶う

前髪をサイドに結んでくるりんぱすることで短い前髪を上げることはもちろん、伸ばしかけ前髪もスッキリ上げることができます。2つ連続でくるりんぱすることでポンパドール風のデコ出しアレンジに。

▼「前髪くるりんぱ」のやり方

  1. くるりんぱしたい場所を分け取ってゴムで結ぶ。
  2. 小さい穴を開ける。
  3. 毛先を前から入れ込むようにくぐらせる。
  4. ゴムをきつく締めて、真ん中が高くなるように引き出して完成。

「三つ編みアレンジ」なら上品さを演出できる

編み込みや三つ編みのアレンジはそのままだと上品に、ほぐすとカジュアルに仕上がります。きつめな編み込みスタイルはきちんと感が出るので結婚式に参列するシーンなどにも活躍しそう。

▼「三つ編みアレンジ」のやり方

  1. 直角三角形を意識して前髪を分けとる。
  2. 三角形の直角が無いほうに向かって三つ編みをしてゴムで結ぶ。
  3. 指でつまんでバランス良く引き出す。
  4. 三つ編みを耳の後ろにもってきて、→の方向にピンを留める。
  5. ピンで留めたところに髪をかぶせて完成。

【ピン・カチューシャで叶える】おしゃれ前髪アレンジ

ピンやカチューシャなどオシャレなヘアアクセでアクセントをつけるのもおすすめ。かわいいヘアアクセサリーを服装に合わせてセレクトするといつもよりこなれた雰囲気が演出できそう!

「ねじりアレンジ」をうまく使ってふわふわガーリーに

前髪を左右に分けてねじってピンで留めるアレンジは、誰でもキュートになれちゃいます。ポイントはねじった部分をバランスよく引き出すこと。引き出しすぎると野暮ったい印象になってしまうので気を付けて。

▼「ねじりアレンジ」のやり方

  1. センター分けになるようにコームの先端でジグザグに分けとる。
  2. 左右に分けたら、片方をねじって後ろ側にもってくる。
  3. 指でつまんでバランスよく引き出す。
  4. 地肌に滑らせるように→の向きにピンを留める。
  5. もう片方も同じようにやって完成。

「ピンで留める」と周りと差がつくオシャレなアレンジに

前髪を好きなバランスで分けて、左右対称にピンを止めるヘアアレンジは初心者さん向け。ねじったり編んだりしなくていいのでテクニックいらずです。服装に合わせてピンを変えると毎回新鮮なアレンジに見えるのでおすすめかも。

▼「ピンで留める」やり方

  1. コームの先端でジグザグに7:3くらいに分ける。
  2. オイルやワックスをつける。
  3. 生え際のラインに垂直になるようにピンを留める。
  4. .反対側も留めて左右対称か確認したら完成。

「カチューシャアレンジ」ならトレンド感を抑えた仕上がりに

カチューシャアレンジはおくれ毛のバランスが命。細く分け取った毛束を巻いて顔にかかるくらいのバランスがかわいいかも。おくれ毛は巻いた後にスプレーすると時間がたっても巻きがキープされますよ。

▼「カチューシャアレンジ」のやり方

  1. カチューシャをする。
  2. 前髪ともみあげの髪を少し引き出す。
  3. 細めのコテでしっかりめに内巻きにする。
  4. 冷めるまで放置しておく。
  5. オイルやバームをつけて巻きをほぐす。
  6. バランスを見て整えたら完成。

【カットで叶える】大人可愛いデコ出しヘアスタイル

「アレンジもいいけど毎朝するのはめんどくさい」という人にはカットでデコ出しを叶えるのがおすすめ。乾かしただけである程度いい感じのスタイルになるので朝のセットの時間がぐっと短縮できるはず!

「ショート・ボブ」ならかっこいいとかわいいを両立

▼ハンサムショート×7:3分け

ハンサムショートはショートヘアの中でも人気のスタイル。小顔効果があるハンサムショートはスッキリと清潔感のある印象が手に入ります。少しウェーブを加えることでボーイッシュすぎず柔らかな女性感をプラスしてくれます。

▼パーマボブ×センター分け

ボブのセンター分けは少しウェーブを効かせてラフに仕上げるのが今風。毛先はあえてあまりカールをつけずに中間あたりにつけるのが大人っぽく仕上げるコツ。仕上げにオイルをつけて髪の質感をチェンジ!

「ミディアム」は洗練された雰囲気に

▼ミディアムウルフ×センターパート

オシャレさんの間で人気のウルフカットはこなれたバランスが手に入るスタイル。もっと雰囲気を出したいならセンター分けにチャレンジしてみて。少し顔にかかるくらいの前髪がニュアンス感を引き出してくれます。

▼レイヤーカット×かき上げ

ふんわりエアリーなレイヤーカットはトレンドのシアー素材の服とも相性◎。ふんわりレイヤーカットを甘すぎないバランスに仕上げるのが「かき上げバング」です。大人っぽい抜け感のあるスタイルを楽しんで。

「ロング」はより大人っぽくセクシーに

▼ゆる巻き×センター分け

ボリュームのあるロングヘアはゆるく巻いて重さを感じさせないスタイリングがベスト。センター分けのポイントはトップをしっかり立ち上げること。立ち上げた根本は周りのウェーブともいいバランスで馴染んでくれます。

▼毛先ワンカール×かき上げ

かき上げバングは少し強めの印象を与えてしまいますが、毛先をワンカールすることで全体が柔らかくまとまります。毛先をワンカールしたら表面も少し巻くと動きのあるスタイリングが完成しそう。

【アップスタイルで叶える】好印象なすっきりデコ出しヘア

スッキリまとめたアップスタイルはオフィスシーンやデートなどで好印象がゲットできそう。そんなアップヘアを「前髪長め」「デコ出しアレンジ」に分けてご紹介します。自分のヘアスタイルと合わせて参考にしてみて。

ハーフアップ

▼「前髪長め」

最近は作りすぎないラフなハーフアップがトレンド。前髪長めさんは前髪を残してゆるくお団子くらいが好バランス。前髪を毛先を外ハネにワンカールしたらヘルシーな大人女子スタイリングがゲットできそう。

▼「デコ出しアレンジ」

オールバック風のデコ出しアレンジは前髪が長い人の特権だと思われがち。しかし前髪が短い人も前髪をねじって留めるだけでオールバック風のアレンジが叶うんです! 上品なハーフアップよりカジュアルめに仕上げたいときに。

ローポニー

▼「前髪長め」

長めの前髪はおくれ毛としても大活躍! 顔回りに長い髪がきて縦のラインを引き立てるので小顔効果も期待できそう。バックをふんわり引き出したら、横顔がきれいなシルエットに仕上がるヘアアレンジです。

▼「デコ出しアレンジ」

短い前髪は思い切って横に流してかわいいピンでアクセントをつけるのがいいかも。普段は前髪がある人でもすっきり大人っぽく見えるので、少し特別なデートや食事などにおすすめです。

ポニーテール

▼「前髪長め」

ポニーテールはチークラインに巻いた前髪が映えるアレンジ。くるんと外ハネに巻いたフェザーバングはいつもよりキュートな印象に。アクセサリーもおおぶりのものをチョイスして旬のスタイルを完成させて。

▼「デコ出しアレンジ」

オールバック×ポニーテールは産毛が女性らしさを引き出すスタイリングです。ポニーテールした後に、前髪をねじりながらバックにもってきてピンで留めると違和感の無いオールバックが完成。

高めのお団子

▼「前髪長め」

三つ編みを巻きつけたたお団子アレンジは誰でも簡単にトライできそう。前髪はふわっと巻いて顔回りを華やかに仕上げます。最初に手ぐしで結ぶと程よい抜け感のあるお団子スタイルに。

▼「デコ出しアレンジ」

産毛を多めに出してクシャッとさせる今風アレンジ。まずは前髪をねじってピンで留めます。産毛を引き出して巻いたら、オイルをつけて束感を出すのがオシャレ度アップのポイントです。

シニヨンスタイル

▼「前髪長め」

▼「デコ出しアレンジ」

シニヨンスタイルは結婚式やパーティーシーンでも使えるスタイルです。もしそのイベントが室内で行われる場合は断然デコ出しがベター。前髪があると照明で影ができてしまうので少し暗い印象に。デコ出しヘアなら照明を味方にして明るい顔色をキープできるはず。

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLES

WHAT'S NEW