HAIR

【ベース型(エラ張り)に似合う前髪の切り方】定番ぱっつんから人気のシースルーまで似合わせ!

2020/02/06

ベース型(エラ張り)さんでどのような前髪が似合うのか悩んだ方、いろんな前髪に挑戦したいと思ってはいるけど失敗したくない方必見! ベース型(エラ張り)さんにお似合いの前髪や話題の前髪の似合わせ方を合わせてご紹介していきます。

※価格表記に関して …価格は参考価格です。価格が変動している可能性があるため、販売サイトでご自身でご確認ください。また、表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

※画像に関して…画像はすべてイメージです。参照リンクは予告なく削除されることがあります。

ベース型(エラ張り)さんの特徴は?

ベース型(エラ張り)さんはシャープな印象が強くかっこよく見えますよね。前髪のあり・なしでイメージがとても変わるタイプなので特徴しっかりを捉え、なりたい仕上がりに似合わせていきましょう。

  • 耳下からあご下ラインまでが垂直
  • あごがしっかり見える
  • 顔の横幅が気になる

全体的に角ばった印象を与え、凛々しく安定感を感じさせるような雰囲気をもっています。

ベース型(エラ張り)さんの「エラ」って何?

ベース型さんの特徴のひとつに「エラ張り」があります。エラとは耳下からあご先をつなぐフェイスラインのことです。ここが張っているベース型さんはヘアスタイルでカバーしていくのがおすすめです。

前髪をつくるときの注意点

ベース型さんが前髪で失敗しやすい注意点をご紹介します。たとえ似合いにくい前髪スタイルも工夫次第で似合わせが可能なので安心してトライしてみてください♪

前髪の幅には気をつけて

顔の横幅が長めのベース型さんが前髪の幅を広めにつくってしまうとバランスが悪くなるので、狭めにつくりサイドの髪と自然につながるようなスタイルにするとエラもカバーできてGOOD。

「ぱっつん」の場合、横の線を出しすぎないように

ぱっつん前髪は横の線がでてしまい、フェイスラインのシャープさをより強くしてしまいます。ぱっつんにしたい人は、毛先をジグザグにする、または束感をつくり横線を出さないようにする工夫を。

【前髪あり・なし】少しのコツで小顔度UP

前髪のあり・なしは女性にとって大きな問題ですよね。コンプレックスカバーと憧れを網羅できるように、ここではありとなしに分けてベース型さんに似合う前髪と似合わせ方を紹介していきます。

「前髪あり」の場合

▼シースルーバングで束感を

シースルーバングは前髪ありのベース型さんにお似合いの前髪です! 束感があることにより、縦ラインができ、顔も縦長にバランスよく見せてくれます。

▼アシメで個性的にカバー

個性的に見せられるアシメ前髪もベース型さんにはピッタリなんです。顔を横断するような横線が入らず、斜めラインも見せられるので、輪郭もしっかりカバー!

▼オン眉に注目させて

オン眉のようなショートバングは目線を上に持っていってくれるので顔を縦長に感じさせてくれる効果があります。ベース型さんの場合は毛先をそろえないことと、幅に注意をすることで似合わせが可能。

「前髪なし」の場合

▼かき上げは相性抜群!

前髪をかき上げることによって高さが生まれます。そうすると黄金バランスのひし形シルエットができるのでベース型さんにもってこい! 顔まわりにも動きをだしてエラカバーをしましょう。

▼センター分けで一石二鳥

センター分けした前髪をエラに沿わせるようにすると輪郭カバーと縦幅をプラスの両方叶います。かき上げと同様、ベース型さんにはおすすめの前髪。

▼斜め分けで簡単カバー

前髪は斜め分けにするとおでこが見え、その分縦幅を長く見せることができます。斜めのラインは簡単に顔型をカバーできる万能な前髪スタイルなのでぜひ取り入れてみて。

【ショート・ボブ・ロング】に合う前髪スタイル

「エラが気になる…」「私には似合わない…」と思って、遠ざかっていたスタイルも前髪の工夫次第で似合わせることができます。ここからはレングス別にイチオシ前髪の似合わせ方を解説していきます!

ショート×センター分け

長めの前髪をチークラインに沿うようにすると、まるでエラがなかったかのように見えます。エラが気になる人に試してほしいスタイル。ショート×センター分けでかもし出すマニッシュ感も魅力的。

ボブ×シースルーバング

ベース型さんにはあごのラインでぱつんっと切り揃えてしまうボブではなく、毛先を巻いたひし形シルエットなボブがお似合い♪ 前髪はシースルーにし、顔まわりの触覚を外巻きにすると、ニュアンスを出しつつ輪郭もカバーできます。

ロング×ふんわりカール

縦長を強調できるロングスタイル。前髪はありでも横に流せる長さでカットすると◎。カールさせて程よく隙間を見せれば全体的に重くなりすぎず、ふんわり優しい印象に。

ヘアアレンジでさらに似合わせ

ベース型さんのアレンジで大切なのはおくれ毛をつくってあげることです。おくれ毛でエラを隠せば、アップスタイルにしてもカバーできるので、シーン別でスタイリングしたり、なりたいイメージによってヘアアレンジを楽しみましょう!

ポニーテールはおくれ毛でカバー

簡単なのにこなれ感が出せるポニーテールは優秀。前髪とおくれ毛を巻いてエラを隠しましょう。手ぐしで束ねることによって表面の凸凹とした立体感が出せます。

▼アイロン用ローションでしっかり形づけ

おくれ毛にカールをつける前に専用ローションを。熱に強く、1回巻くだけでくっきりカールがつけられ、ふんわりやわらかな仕上がりに。

▼自然なやわらかさを再現

髪を補修しながら素髪のような質感で、ふんわり巻きが続きます。パリッと固まらず、ほぐしてもやわらかな巻き髪に。

ハーフアップ×お団子でやわらかく

ハーフアップで結びながら毛束を全て引き抜かない簡単お団子。前髪をトップからつくり縦長効果を出しつつ、全体にカールをつけてフェイスラインのシャープさを緩和させましょう。

▼潤わせながらエアリーに仕上げる

巻き髪スタイルも軽やか質感を毛先までキープ。トリートメント成分配合で指通りなめらかにうるおい、ツヤ感を与えます。

▼こだわりスタイルが思いのままに

キールズ( Kiehl's)

キールズ グルーミング ソリューションズ クリーン スタイリングジェル

どんな髪質でも、どんなスタイルでも思い通りにきまる万能なスタイリングジェル。テカらずナチュラルな輝きが続きます。

くるりんぱで手が込んだ風アレンジに

ひと手間で手の込んだようなアレンジに見せられるくるりんぱは外せないテク! コツはしっかりほぐして地肌が見えないようにすること。前髪とサイドの髪を巻いて輪郭カバーすればOK。

▼無造作にきまるデザイン力

ヘアアレンジも毛先など細かいところもシャープにデザインを表現。狙い通りの動きのあるスタイルへと導きます。

▼泡でつくり出すこなれスタイル

巻き髪やスタイリングに使える泡タイプのスタイリング剤。やわらかいセット力でキメすぎないドライでルーズな仕上がりに。

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW