HAIR

外国人風カラーにしたい!ブリーチあり・なしの違いやセルフカラーまで紹介!

2020/02/27

外国人風カラーとはどんなカラーか知っていますか? 赤みのない寒色系やアッシュをメインに、ブロンドのようなミルクティーが定番。最近人気なのはブリーチをいかした透明感たっぷりのピンク系。さらに、ハイライトやバレイヤージュなどデザインカラーをあわせるとより外国人風に近づけるんです。ブリーチなしの暗めカラーでかわいくなれる方法も紹介! ボブやショートにあわせたい外国人風カラーもピックアップしたので、美容院に行く前にチェックして。また、おうちでセルフカラーしたい人のためにおすすめ商品と一緒にポイントを伝授。コツをおさえてキレイな透け感を楽しんで。

※価格表記に関して …価格は参考価格です。価格が変動している可能性があるため、販売サイトでご自身でご確認ください。また、表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

※画像に関して…画像はすべてイメージです。参照リンクは予告なく削除されることがあります。

外国人風カラーとは

外国人風カラーとは、欧米人のブロンドヘアのような「透明感のある色み」と「柔らかい髪質」を演出させるヘアカラーのことです。日本人の髪で出やすい赤みを青・緑で消したカラーにすることで髪を柔らかく見せ、透明感のある髪色に仕上げることができます。

《ブリーチあり》で透明感たっぷりに

透明感を出したい場合は先にブリーチするのが鉄板! ベースの髪色が明るいほど、そのあと入れるカラーの色みがくっきり高明度な仕上がりに。髪をいたわりたいときはダメージを軽減しつつきれいに脱色できる「ケアブリーチ」がおすすめ。

彩度の低いグレーもエアリーに

透明感ばつぐんのグレー。光にあたるとシルバーに透けてハイトーンにみえます。重ためにみえがちなロングや毛量の多い髪もエアリーな印象に。

ハイトーンで色素薄い系になれる

ハイトーンのクリーミーなパールグレージュ。マイルドなベージュは肌になじむので派手髪でも上品に。カラーコンタクトをいれたりメイクを合わせたりすると、より色素が薄い印象をつくれます。

▼グレーの透明感は『シルバーシャンプー』でKEEP

アレス(ALES)

アレスカラー シルバーシャンプー

青みのあるシルバーが赤みをしっかりおさえます。3日に1回くらいの頻度での使用がおすすめ。洗うときはしっかり泡立てて、流す前に数分ほど時間をおくことで色素が浸透します。

《ブリーチなし》はダメージ抑えめでツヤっぽく

元の髪色が暗めの場合はアッシュの色みが濃い暗めカラーに、すでにカラーやブリーチの履歴がある場合は明るめで透明感のある色になります。赤みのある暗いブラウンや黒髪の方でブリーチせずに透明感がほしい場合はブリーチなしダブルカラーがおすすめ。

※ブリーチなしのダブルカラーとは、ブリーチの代わりに明るいカラーをしてその上から好みのカラーをいれるというもの。本来のダブルカラーはブリーチをしてからカラーを入れますが、ある程度ベースを明るくすればその後にいれるカラーの発色をよくすることができます。

ブリーチなしだと、だいたいこの明るさに!

ブリーチなしでダブルカラーをする場合、ベースカラーはこの写真ほどの明るさまでトーンアップが可能。ここに外国人風カラーをオンすれば透明感をだすことができます。ただし、気をつけてほしいのは色落ちするとこの明るさになってしまうことです。職場などで髪を明るくできない方は注意して染めてくださいね。

ブリーチなしのダブルカラーで透明感GET

ブリーチなしダブルカラーで外国人風カラーをつくると「暗めの透明感」ある髪に仕上がります。外に出ると明るく透けてもっとかわいく。ストレートでちゅるんとしたツヤをみせて。毛先をハネさせて今っぽくするとおしゃれみえも。

ブリーチなしワンカラーで仕上げるグレージュカラー

ブリーチなしのワンカラーでも、外国人のような抜け感のあるカラーは可能。暗めでツヤっぽい質感のくすみダークグレージュに挑戦してみてはいかが?

▼もっと詳しく知りたい方はこちら

《暗め・明るめ》外国人風ヘアカラーを紹介

暗めの外国人風カラーはくすみのある髪色やツヤ感を楽しめて8トーンくらいまでなら学校や職場にも対応できます。明るめはハイトーンにすると透明感をしっかりみせられます。繊細な色みの中からあなたの好みを探してみて。

「暗め」は落ち着きのあるくすみカラー

▼ブルーブラック

ダークグレーに青みが加わってうすい黒髪のような仕上がりに。軽く巻くと毛束がちらちら光って立体感をだせます。オイルのスタイリングでたっぷりのツヤもプラスして。

▼ダークオリーブ

マットで赤みをしっかりおさえたオリーブカラー。オトナっぽく上品なやさしい色みに合わせて巻きはゆるく大きめに。アクセサリーはゴールドでもシルバーでも◎。髪からきらっとのぞかせて。

▼ダークシースルーグレー

パラパラと軽めにかかる毛束が光で白っぽく透けるグレー。外国人風な柔らかい質感がでているカラー。セットはブローだけでもOKなほど、色みと透明感が目を惹きます。

「明るめ」はカラーの発色を楽しんで

▼ブルージュ

ブリーチ特有のオレンジをブルーでくすませたカラー。少しあたたかみのある外国人風カラーはふわっと甘めな透け色に。ジューシーなリップのアクセントが◎。

▼グレー

高明度な発色の明るめグレー。赤みや黄みを感じさせない理想の外国人風カラー。きちんと巻くより、表面は空気をふくむようにゆるく巻いてくしゃっとスタイリングして。

▼ホワイトラベンダー

ハイトーンならではの外国人風カラーを試したいときはムラサキをいれながら黄みのないホワイトを。ダメージが目立ちやすいハイトーンのヘアはケアもかねてオイルでツヤをだして。プラチナのようなカラーをアピールしちゃいましょう。

▼コーラルピンク

赤みをとってからいれるピンクは発色がよくなるって知っていましたか? 透明感のある柔らかいピンクにしたい場合はベースをハイトーンにしてから染めるのがおすすめ。

《デザインカラー》で立体感をつけてより外国人風に

「グラデーション・ハイライト・バレイヤージュ」では立体感やまだら感を演出。ゆるさやムラっぽさをあえて出せるので、より外国人風のヘアカラーに近づけます

「グラデーション」でコントラストをはっきりとさせて

▼グレージュ

毛先にかけてグレージュに変わるグラデーション。根元からブリーチ剤をつけないので頭皮がダメージに敏感でも明るくしたい場合おすすめ。ハイライトでつなげているのでまだらさもあり外国人風の抜け感が◎。

▼ビビッドピンク

あざやかなピンクのグラデーションの外国人風カラー。根元付近の高い位置からグラデーションを始めると、ミディアムでもピンクがみえる面積が多くなり印象的に。ブリーチやカラーのダメージから頭皮を守れて一石二鳥。

「ハイライト」は筋の太さや量で華やかさを調整して

▼極細ハイライト

グレージュのベースに明るいグレーのハイライトを細くいれて。ぱつっと切ったストレートボブがクールな外国人風に変化。

▼まだらMIXハイライト

太い筋、細い筋とまぜていれるハイライトは外国人風なムラっぽさを演出。ウェーブ巻きにすると華やかさがよりUP。おくれ毛をおろしながらポニーテールにするのもあり。

「バレイヤージュ」は染める範囲で雰囲気を変えて

▼王道バレイヤージュ

太めの筋をたっぷり仕込んだバレイヤージュ。かきあげヘアとの相性がばつぐん。しっかりとはいった陰影はストレートでも立体的にみせられます。毛先を外ハネにして一手間加えるだけで旬なスタイルに。

▼技ありバレイヤージュ

低めグラデーションにはトップからキャシャな筋を少したらして。ダメージ少なめでも髪全体が外国人風にみせられるカラー。

《レングス別》ショート・ボブ・ロングのヘアカタログ

外国人風カラーのような旬な髪色にチェンジすると、メイクやアクセサリー、服と合わせるのがさらにわくわくしますよね。〈ショート・ボブ・ロング〉にわけて外国人風カラーがそれぞれどうマッチするのかCHECKしてみて。

「ショート」でクールな印象に

▼かきあげ×アッシュグレージュ

オトナっぽいショートには色みがマイルドな外国人風カラーを合わせてみて。かきあげるとやわらかい毛流れができるワンレンはハンサムにもフェミニンにも。

▼ミニボブ×シルバーブルー

青みが透けるシルバーは憧れの寒色カラー。クールな印象の髪色はえりあしをすっきりさせすぎず重ために残すとボーイッシュになりすぎず◎。

毛先が重めな「ボブ」はカラーの透け感であえて軽くみせて

▼ショートボブ×インナーカラー

青みのある黒髪のようなグレーはどんなシーンにも対応。根元が伸びても気になりにくいのもうれしい。透け感を足したいならダークシルバーのインナーカラーをON。耳にかけたり風が吹いたときチラッとのぞいておしゃれに。

▼くびれ巻き×カーキハイライト

カーキをベースカラーにベージュのハイライトを細かく入れたミディアムボブ。赤みが取れたクリアな外国人風カラー。すこしレイヤーをいれて軽さをみせて。外ハネにするとくびれ巻きっぽい印象に。

▼グレーの色みを保つなら『カラートリートメント』

アンナドンナ(annadonna)

カラートリートメント(グレー)

ブリーチでしっかり色を抜いている髪におすすめ。一回の使用でだいたい4~7日色味が感じられるカラートリートメント。週に2回ほど通常トリートメントの代わりに使用するのがおすすめ。1本の容量はだいたい、ミディアムの長さで4回ほどが目安。

「ロング」はデザインカラーや巻きをプラスして華やかさUP

▼太め巻きおろし×ダークアッシュハイライト

濃いアッシュのベースカラーにホワイトのハイライトをランダムにまぜて透明感をUP。太めに巻きおろしてエアリーに。

▼細め巻きおろし×ベージュハイライト

全体が明るめのやわらかベージュは極細ハイライトを細かくちらしてナチュラルに。タテに細かく巻くとソバージュっぽい外国人風の雰囲気にがつくれます。ウェットなスタイリングがマッチ。

【番外編】セルフカラーのやり方が知りたい

外国人風カラーは市販のカラー剤でできるのか気になりますよね。「今月は美容院にいく余裕ないかも……」という方のために、憧れの外国人風カラーをおうちでプチプラにつくれるコツを紹介!

そもそもセルフでも染められる?

外国人風カラーは基本的にセルフでも染められます。髪にブリーチや明るいカラー、デザインカラーの履歴がある場合、髪の状態にもよりますが明るい部分はしっかりアッシュに染まりやすいです。黒髪の場合は先にセルフブリーチをしてからセルフカラーをすることをおすすめ。ただし、外国人風カラー特有の透明感やデザインカラーのニュアンスはセルフでは難しいところがあります。髪の状態が見極めにくい場合や、細かいこだわりがある場合は美容院でプロに染めてもらうことをおすすめします。

用意するもの

  • ヘアカラー剤(キット)
  • 暗い色のタオル
  • フェイスクリーム(ニベアやワセリン)
  • ラップ
  • 新聞紙
  • 時計

基本のセットはカラーキットの中に一式入っていますが、壁や床、肌が汚れないように気をつけて。床に新聞紙、耳や首にラップ、生え際はフェイスクリームでカバーして色移りをさけて。置時計がない場合はスマホのAIにタイマーを頼んでみて。手元が汚れても時間はみやすくしておくことをおすすめ。カラー剤が乳液タイプの場合はブロッキングをするのでヘアクリップを用意しましょう。ブリーチをする場合は、カラーの前に済ませてください。

▼透明感をだしたいならカラー前に『ブリーチ』をON

フレッシュライト(FRESHLIGHT)

メガメガブリーチ

サンフラワーオイル※(うるおい成分)が配合されているので染めた後も手触りが◎。つむじから毛先までムラなくきれいに染まります。黒髪から一回で暗めのオレンジ色くらいまで明るくなります。

※ヒマワリ種子油

▼仕上がりをしっかり明るくしたいなら『ハイトーンブリーチ』で

ホーユー(hoyu)

ビューティーン ベースアップブリーチ

通常のブリーチよりも一度でグンと明るくしたいならコレ。1回で明るいオレンジ色になります。ロングの場合は2~3箱用意すると安心。ハイトーンシルバーなど明るい透けカラーにしたいなら2.3回ブリーチするのがおすすめ。

▼透明感カラーをかなえたいなら『アッシュカラー』をいれて

フレッシュライト(FRESHLIGHT)

泡タイプカラー(シュガーアッシュ)

外国人風の寒色カラーにしたい場合おすすめ。茶色の明るさの髪なら暗めのグレーアッシュに仕上がります。すでに金髪などハイトーンだと青みがかったダークグレーに仕上がります。

セルフカラーのやり方

  1. 市販のカラー剤を用意する
  2. 何もついていなく乾いている髪をよくとかす
  3. 付属のカラー剤2種を混ぜる
  4. 3を髪に塗布する
  5. 塗ってからそのまま15~20分ほど置く(※1)
  6. カラー剤を流してからシャンプーする
  7. トリートメントでダメージを保湿する

※1カラー剤によって放置時間など異なる場合があります。カラー剤付属の説明書きをご確認ください。また、事前にパッチテストなどを行い皮膚に異常がないことを確認の上で実施してください。

▼きれいに染めるコツは?

細い髪や体温で温かい根元はカラーが入りやすく、太い髪や黒髪はカラーが入りにくいので塗布量と時間を調整してみて。カラー剤を流すときはぬるま湯でもみこむように馴染ませながらだとムラなく染まります。

  • 乳液タイプなら襟足→中間→根元の順で
  • 洗い流すときはぬるま湯で乳化させてから
  • トリートメントするときはぎゅっと握りこめすぎない
  • 室温は20度以上が理想
SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW