HAIR

【クラシカルヘア】は黒髪?ティアラ?前髪なし?悩める花嫁さんに届けたいMOOK記事

2020/02/06

花嫁さんの間でも話題になっている“クラシカルヘア”。モダンでレトロな髪型が、時を一周して今人気を集めています。日本人の黒髪によく映え、ティアラやボンネ・花飾りとの相性も◎。セレブ界隈でも人気が高く、ミランダ・カーも結婚式ではクラシカルヘアを選んだほど。世界中の花嫁さんが、クラシカルヘアに夢中です。

※価格表記に関して …価格は参考価格です。価格が変動している可能性があるため、販売サイトでご自身でご確認ください。また、表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

※画像に関して…画像はすべてイメージです。参照リンクは予告なく削除されることがあります。

クラシカルヘアに夢中のワケ

ここ最近のウェディングヘアはルーズ感あるものが主流のなか、あえて真逆をいく大人っぽいクラシカルヘアも人気を集めています。ボブや短い髪でもスタイリングしやすい、クラシカルヘアの特徴と人気のヒミツをご紹介します。

人気のヒミツは“重厚感”と“品の良さ”

人気のヒミツはなんと言ってもその“重厚感”と“品の良さ”。ウェディングヘアは式場・ドレスを決めてから選ぶのがセオリーだから、とくに老舗ホテルやキレイめラインのドレスを選んだら、クラシカルヘアが好相性で断然おすすめ。

特徴は“キレイにまとまったツヤのある髪”

▼正統派でキレイにまとまったヘア

クラシカルヘアは、おくれ毛などがなくキレイにまとめられており、洗練されたシックなヘアが特徴です。クリーンでタイトなヘアアレンジが多いから、ボブや短い髪にもおすすめ。一生に一度、愛を誓う結婚式という神聖な日にふさわしい、正統派なイメージを醸し出してくれます。

▼ツヤのある髪

クラシカルヘアに欠かせないのが、ツヤのある髪。エナメルのような光沢が高級感を演出し、大人の女性へと導いてくれます。クラシカルヘアを選ぶなら、ヘアマスクで事前に日々のお手入れを忘れずに!

▼素髪の美しさを引き出すアイテム

ロレアル パリ (LOREAL PARIS)

エルセーヴ エクストラオーディナリー オイル エクラアンペリアル 艶髪マスク

こちら、ロレアルパリのヘアマスクは”髪のツヤ”を出すことに重視しているから、クラシカルヘアの事前お手入れにもってこい。作られたツヤではなく、内側から自然に光るツヤ髪が目指せます。プチプラだから、お手入れを続けやすいのも嬉しいポイント!

「クロノロジスト」シリーズは、ケラスターゼ最高峰ライン! アルガンオイルなどの各種成分が配合されており、ツヤとうるおいを与えなめらかで整った髪に。結婚式当日までに、本気で髪を蘇らせたいと思ったら、ケラスターゼのヘアマスクで入念にお手入れを。

ロクシタンのヘアマスクで、髪の集中ケア。週に2回を目安にお手入れすれば、憧れの天使の輪が。 毎日のコンディショナー代わりにも使えるから、ダメージが強く傷んだ髪にはデイリーケアがおすすめ。日々のお手入れが、結婚式までの気持ちをきっと高めてくれます。

【ティアラ・花飾り・ボンネ】で老け見え知らず

「クラシカルヘアは老けて見えそう……」そんなお悩みも、ティアラや花飾り・ボンネなどのヘアアクセサリーを付けることで老け見え知らず。一見大人しそうなイメージも、主役にふさわしいエレガントでゴージャスなクラシカルヘアが満載なんです!

「ティアラ」でロイヤルウェディング風に

▼トップシニヨン

“クラシカル×ティアラ”は、上品さと可愛さの両方が手に入る無敵の組み合わせ。首元まであるレースのドレスなら、高めの位置でまとめることでスッキリと若々しい印象に仕上がります。

▼プリンセスアップ

前髪からオールバックにまとめたアップスタイルも、後ろ髪はタイトにせず束感をもたせることで、トレンド感が加わり老け見え問題も解消! 最後にティアラを添えれば、まるで王族のプリンセス。

「花飾り」で往年の女優風

▼つるんとアップ

大胆なつるんとアップがクラシカルでセクシーな往年の女優スタイル。存在感のある花飾りと、今っぽメイクをほどこすことで、老け見えせずにまとまります。

▼フィンガーウェーブ

まるで50年代の映画から飛び出したハリウッド女優のような、フィンガーウェーブの前髪が印象的なクラシカルヘア。花飾りを片側に付け、程よくナチュラルメイクに仕上げるのが今風!

「ボンネ」で60年代にタイムスリップ

▼クラシカルアップ

大ぶりのボンネを前面に、魅せるクラシカルヘアが60年代のセレブ貴族風に。レトロなヘアアクセサリーのイメージが強いボンネアレンジには、ツヤ肌がマスト! メイクに光を取り入れることで、老け見えせず若々しく仕上がります。

▼ボリュームアップ

上品なボリュームアップに存在感のあるボンネが目をひく、華やかなクラシカルヘア。こちらもツヤ肌仕込みで老け見え知らず。花嫁さんの幸せな笑顔が一層際立つ、おすすめの化粧下地も合わせてチェックしてみて!

ツヤ肌作りに人気の化粧下地といえば、ポール&ジョーのラトゥーエクラファンデーション。普段使いだけじゃなく、特別な日にも頼れるアイテム! ラベンダーパールが光をコントロールし、明るく補正しながらオーラを放つ立体的なツヤ肌へと導いてくれます。

美容液タッチの化粧下地が、ツヤを仕込むだけでなくファンデーションの密着力を高めて化粧のりをよくしてくれます。1日中うるおいが続くから、結婚式の間も乾燥せずツヤとうるおいを任せられるから安心。

【黒髪・暗髪】ならより気品あふれるクラシカルヘアに

黒髪・暗髪は比較的、編み込みやくるりんぱなどのアレンジが目立ちにくいことから、クリーンなまとめ髪が特徴のクラシカルヘアがぴったり&おすすめ! 黒髪・暗髪が映える、重厚感と気品あふれるクラシカルヘアをご提案します。

夜会巻き

夜会巻きをアレンジしたクラシカルアップは、黒髪でよりつややかに。大人の魅力を引き出す上品なまとめ髪だから、老舗のホテルでも見劣りすることなく輝きを放ちます。

ビッグシルエット

トップと奥行きにボリュームをもたせたビッグシルエットは、ドレスに負けないくらいゴージャス。ツヤのある黒髪にプリンセスティアラをのせることで、クラシカルな王妃風に。

モダンスタイル

クラシカルヘアは、カールよりもウェーブ感がレトロでおしゃれ。後ろ髪が最高に美しいモダンスタイルなら、アクセサリーもシンプルが◎。

シンプルピンカール

後ろ髪にひとつ、ピンカールをほどこしボンネで飾り付け。黒髪・暗髪だからこそ、エレガントでより洗練されたクラシカルヘアに仕上がります。

前髪《あり・なし》でクラシカルヘアはどう変わる?

クラシカルヘアでは、 前髪ありだと可愛い雰囲気に、前髪なしだととことん上品に仕上がります。選んだドレスラインに合わせて、更に細かく理想のクラシカルヘアを厳選してみてください。

《あり》は品のある大人可愛いが作れる

▼ぱっつん前髪

オリジナル感の出しやすいクラシカルヘアも、ぱっつん前髪なら更に自分だけのスタイルに仕上がります。Aラインドレスと、ごつめアクセサリーの合わせ技が、シックな大人可愛いをより引き立たせます。

▼斜め前髪

前髪をサイドに流して、こんもりふくらみのあるシニヨンに。おくれ毛などは出さずにきっちりまとめつつ、決してタイトにしすぎずふくらみのあるフォルムと華奢なティアラが、やわらかな幸せオーラを放ちます。

《なし》なら大人らしくとことん上品に

▼タイトなセンター分け

前髪をタイトにセンター分けし、そのまま後ろ髪もスッキリとまとめたクラシカルスタイル。メインはドレスと自分自身! とことんシンプルに仕上げたい花嫁さんにおすすめ。

▼クラシカルシニヨン

タイトなクラシカルシニヨンは、エンパイアラインのドレスにおすすめ。パールを散りばめたら、高貴さと華やかさが加わりよりドレッシーに。

【ショート・ボブ・ロング】のクラシカルウェディングヘア

ロングが理想と思われがちなウェディングヘア。今どきはショートやボブでも、ちゃんと理想のスタイルが見つかります。ここでは、レングス別に魅力的なクラシカルヘアをご紹介します。

「ショート」はフィンガーウェーブでひと癖

アレンジが難しいショートでも、クラシカルな雰囲気を醸し出すなら前髪にひと癖加えるのが一番。真っ赤なリップが映えるフィンガーウェーブでシックなクラシカルヘアに。

「ボブ」でもできるタイトシニヨン

“マーメイドドレス×大ぶりのピアス”には、主張しすぎないタイトシニヨンが美しい。ボブや髪の短い人でもできる美シルエットな花嫁ヘアに、会場もうっとり。

「ロング」はエレガントなネオクラシカル

大きめのピンカールが新しい、ロングを活かしたエレガントなクラシカルヘア。きっちりしすぎない、その愛らしい後ろ姿はまるでお人形さんのよう。大人可愛いクラシカルなウェディングが叶います。

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW