HAIR

簡単!ポニーテール×アレンジのやり方を《ボブ・ミディアム・ロング》で紹介!

2020/02/06

ヘアアレンジの定番「ポニーテール」ですが、定番だからこそアレンジをすることでいろいろな雰囲気に変身できちゃうんです! 今回はそんなポニーテール×アレンジをやり方とともにボブ・ミディアム・ロングさん別で徹底レクチャー。あわせて、最近じわじわ人気が出ている巻かないストレートポニーテールをおしゃれに作るポイントや、リボンなどのアクセサリーを使ったアレンジもご紹介します! 普段使いから結婚式などの華やかな場所まで、ポニーテールアレンジをマスターしてかわいさをアップデートしちゃいましょう♪

※価格表記に関して …価格は参考価格です。価格が変動している可能性があるため、販売サイトでご自身でご確認ください。また、表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

※画像に関して…画像はすべてイメージです。参照リンクは予告なく削除されることがあります。

【基本のやり方】コツをつかんでポニーテールに挑戦!

定番のアレンジだからこそ、「ポニーテールが可愛く作れない……」なんてお悩みありませんか? 可愛いポニーテールはただ結ぶだけじゃなく、可愛く作るポイントがあるんです。今回は初心者さん必見、基本のやり方からコツまでしっかりレクチャー! これで垢抜けポニーテールをマスターしちゃいましょう♪

基本の“ポニーテールのやり方”

  1. 後れ毛を残し、顎と耳の延長線上に髪をまとめる。
  2. 結び目を押さえながらトップをほぐす。
  3. 結んだ毛束から細く1本毛束を取り、結んだゴムの上から巻きつける。
  4. ピンで3の毛束を留める。
  5. 後れ毛を巻いて完成。

▼崩れにくいポニーテールにしたいならこちらもチェック!

可愛くポニーテールを作るコツ

▼後れ毛を巻く

「もみあげ」「こめかみ」「襟足」3か所の後れ毛を巻くことでこなれ感がグンとアップ。このひと手間で雰囲気がガラリと変わるので、なんだか疲れた感じになってしまう人やだらしなくみえてしまう人はぜひ試してみて。

▼トップをほぐす

トップはしっかりほぐすことでボリューム感が加わりほどよい抜け感をプラスしてくれます。結び目に近いところと遠いところをトップからサイドの順で「レンガ状」にほぐしていき、トップが一番高くなるようにするとバランスが取れて◎。

▼ゴムが見えないように隠す

結んだゴムを毛束で隠すのが今は常識! 毛束をねじってからゴムに巻きつけるとピンで留めやすくなり、バラバラと崩れるのも防いでくれます。

▼スタイリング剤は「巻く前・結ぶ前・仕上げ」に使う

さまざまなニュアンスを演出してくれるスタイリング剤ですが、実はポニーテールアレンジに欠かせないアイテム。髪を結ぶ前にカール用のスタイリング剤でしっかりとベースの巻き髪を作り、結ぶ前にほどよくツヤ感とまとまりを与えてくれるオイルやソフトタイプのワックスを使うのがおすすめ。スタイリング剤をなじませておくだけで見違える仕上がりになります。仕上げにスプレーで崩れを防いで。

▼巻く前に「カール用スタイリング剤」を使って

ルシードエル(LUCIDO-L)

デザイニングアクア #エアリーカールローション(巻き髪用)

スプリングポリマー配合でふんわりカールが一日中続く! コテアイロンを使う前にシュッと吹きかけて使うカールスタイリング剤。熱のダメージから髪を守ってくれるのもうれしいポイント。

▼結ぶ前に「ソフトワックス」でまとまりを出して

自然由来成分のみで作られたオーガニックヘアワックス。ワックスなのにべたつかないテクスチャーで、アレンジ前に髪になじませればしっとりまとまってアレンジしやすい髪になります。

▼仕上げに「スプレー」で崩れを防止

これ1本で立体感・ボリューム・動きを一日中キープ! がっちり固めないから、空気をふくんだゆるふわアレンジも朝にセットしたまま崩さない。

【高め・低め】など結ぶ高さでどう変わる?

ポニーテールは高さを変えることで雰囲気をガラリと変えることができるのが魅力的。大人っぽい雰囲気からアクティブでキュートな雰囲気まで、それぞれの高さの違いと魅力をご紹介していきます!

ハイポニーテール

ポニーテールと言えばハイポニーテールを思い浮かべる方も多いはず。顎と耳の延長線上のゴールデンポイントで結ぶことで頭の形をキレイにみせてくれます。アクティブな印象のハイポニーテールですが、後れ毛や巻き方でキュートさや華やかさをプラスできるのでぜひ試してみて。

ミドルポニーテール

耳の後ろあたりで結ぶミドルポニーテールはクールでナチュラルな雰囲気に。ざっくりまとめることで頑張りすぎない感じが出て今っぽい! カジュアルからフォーマルまでどんなシーンにも合わせやすいのが魅力。

ローポニーテール

首の付け根あたりで結ぶローポニーテールは柔らかく落ち着いた雰囲気に。しっかりほぐすことで大人っぽさをプラスすることができます。髪が短くてもチャレンジできちゃうのもうれしいポイント!

【前髪ありorなし】で印象チェンジ

定番のヘアアレンジだからこそ、毎回同じような印象になりがち……なんてことありませんか? そんなときは前髪で印象をチェンジしちゃいましょう! ここではポニーテールにピッタリな前髪をご紹介。前髪を変えて脱マンネリ化してみてはいかが?

前髪あり

▼「ぱっつん」で王道のかわいさを狙う

ポニーテールとぱっつん前髪は相性バツグン! 高めのポニーテールに合わせると幼くなりがちですが、低めのポニーテールにすることで大人っぽさとあどけなさを同時に演出してくれます。顔まわりにボリュームがあるので、後れ毛は少なめにするのがポイント。

▼「オン眉」にするだけでおしゃれに仕上がる

オン眉前髪は一気に垢抜けておしゃれ度がグッとアップ。どのレングスのポニーテールでもほどよい可愛らしさを演出してくれるので、ぜひ一度試してみて。

前髪なし

▼「オールバック」でスッキリまとめて

元気たっぷりのハイポニーテールにはクールな印象を与えてくれるオールバックが正解! 触覚や後れ毛で顔まわりのボリュームを調整すればキツくならずにスッキリとした印象に。

▼「ねじり前髪」で大人可愛く

ねじった前髪はポニーテールと合わせることで大人可愛い印象に。伸ばしかけの前髪でもチャレンジしやすいのが嬉しい! きっちりさせずにゆるさを残すと抜け感がグンとアップします。

【レングス別】アレンジでひと手間くわえて

ポニーテールアレンジがしたいけど「自分の髪でできるアレンジがわからない……」そんなお悩みありませんか? ここではそのお悩みをズバリ解決! 初心者さんでもできる簡単なアレンジをレングス別にご紹介します。これをマスターして素敵なポニーテールライフを楽しんじゃいましょう♪

《基本》アレンジのやり方

定番アレンジのポニーテールは、アレンジをくわえると一気にこなれた印象に。ここでは簡単にできる基本のアレンジを先にレクチャー。くるりんぱや編み込みを覚えて、いろんなポニーテールに挑戦しましょう!

▼くるりんぱのやり方

  1. 耳の下あたりで髪をひとつに結ぶ。
  2. 結び目少し下げ、結び目の上に穴を作る。
  3. 2の穴に結んだ毛束を通す。
  4. 毛束を両手で2つに分け、左右にギュッと引っ張る。
  5. 結び目を押さえながらトップとくるりんぱ部分をほぐしたら完成。

▼編み込みのやり方

  1. サイドの毛を残し三つ編みをするように毛束を3本取る。
  2. 1回三つ編みをしたあと、2回目から左右の毛束を編むときサイドの毛を取りながら編んでいく。
  3. 2を繰り返し編んだら結ぶ。
  4. 結び目を押さえながらトップと編み込み部分をほぐす。
  5. 余分な後れ毛をピンで留め完成。

▼ロープ編み込みのやり方

  1. 両サイドとうしろの3か所に髪をわけ、うしろの部分をひとつ結びにする。
  2. 右サイドの毛束をハチ上からとり2本にわけ、それぞれ時計回りにねじる。
  3. 2の毛束を反時計まわりにクロスさせながら編み、下側にきてる毛束に髪をたしながら編み込んでいく。編み終わりをゴムで結ぶ。
  4. 左サイドは分けた毛束を反時計まわりにねじり、時計まわりにクロスさせながら右サイドと同じように編む。
  5. 編み終えたら1のポニーテールと一緒にひとつに束ねる。
  6. 全体をほぐしゴムを隠して完成。

▼サイドねじりのやり方

  1. サイドの毛を残し残りの髪をポニーテールにする。
  2. 1で残した毛を耳の真上で取り2つに分ける。
  3. 毛束をそれぞれ内側に同じようにねじる。
  4. ねじった3の毛束を内側にクロスさせながらねじる。逆サイドも同じようにねじる。
  5. 4のねじった毛束を1に巻きつけ、ピンで留めたら完成。

《ボブ》の長さでもアレンジはできる!

▼「くるりんぱ」でこなれ感をプラス

簡単なのにこなれて見えるくるりんぱアレンジ。長さがたりないときは髪を上下に分け、上の毛束をくるりんぱして下の髪と一緒に結ぶことで髪が短くてもアレンジできちゃいます♪

▼「編み込み」はボブと相性バツグン

ボブさんの編み込みアレンジは、トップ下から編み込むことで長さ問題を解決! 無理にたくさん編み込まなくても、2~3回ざっくり編むだけでOK。襟足の余分な後れ毛はピンでとめてスッキリさせて。

▼「サイドねじり」でナチュラルなかわいさを演出

ちょこんと出た毛先がかわいいボブポニーテールアレンジ。あらかじめ波ウェーブでベースを作っておくことでシンプルなポニーテールでもニュアンスが出しやすくなります。長さがたりないときは、ねじった毛束を結び目に巻きつけずにピンでとめるだけでも◎!

▼スプレーで一日スタイルキープ

ブイオーファイブ (VO5)

スーパーキープヘアスプレイエクストラハード (無香料)

雨や風の日でも崩れずアレンジを夜までキープ! バリバリにならないのにカールや立体感までしっかり崩さない優秀スプレー。

《ミディアム》はボリューム感のバランスがポイント

▼「くるりんぱ」で上品に仕上げる

ほどよく長さのあるミディアムさんのくるりんぱアレンジは、落ち着いて上品な雰囲気に仕上がります。くるりんぱはサイドにボリュームが出やすいので、トップにもしっかりボリュームをもたせて全体のバランスをとるのがポイント!

▼「ロープ編み込み」ならカジュアルとかわいいを両立できる

編み込みより甘くなりすぎないロープ編み込みは、普段使いにもピッタリなアレンジ! 編み込みアレンジは事前のベース作りがとても大切で、結ぶ前にミックス巻きかゆるふわ巻きにしておくのがポイント。前髪から編み込むときは後れ毛を出しすぎるとバランスが悪くなってしまうので、細い毛束1~2本にとどめて。

▼「サイドねじり」で簡単に凝ってみえアレンジ

バックを結んでねじったサイドを結び目に巻きつけるだけなのに凝ってみえる優秀アレンジ! ハイ~ローポニーテールまでどの高さでもかわいく仕上がります。事前にベースをしっかり巻き、トップにふんわり空気感をもたせることで簡単なのに手抜き感ゼロの凝ってみえアレンジに。

▼アレンジ前にオイルでまとまりをプラス

天然由来成分100パーセントでできたヘアオイル。アレンジ前に髪になじませれば、ほどよいツヤ感と潤いを髪にプラスしてアレンジしやすくなります。ワックスやバームより軽い仕上がりで普段使いしやすいのが魅力的。

《ロング》はアレンジ無限大!

▼「ねじり×くるりんぱ」で華やかに

耳のうしろでサイド以外をひとつ結びしたあと、サイドを内側にねじりながら結び目の上で結んだらくるりんぱするだけ! しっかりベースで巻き髪を作ってからアレンジすることで、アレンジにまとまりが出て初心者さんでも上手にアレンジすることができます。

▼「編み込み」で女性らしくまとめる

ロング×編み込みポニーテールは女性らしさがグッとアップするのが魅力的! トップではなく、耳上から髪をもってきてざっくり編み込むことでほどよい抜け感を演出してくれます。アレンジ前にオイルやソフトタイプのワックスをつけるとあつかいやすくなって◎。

▼「サイドねじり」でシンプルに仕上げて

ただ結んだだけだと味気ない……そんなときはサイドにねじりをプラスするだけでこなれ感がアップしちゃうんです! シンプルなのに手抜き感は出したくないときにおすすめのアレンジ。ベース巻きもざっくりでOKなので、時間がないときや初心者さんにもおすすめ!

▼ベース巻きはスタイリング剤をつかって

リーゼ(Liese)

素髪風カールつくれるオイル

セットする前日の夜に使うことで、寝ているあいだに形状コントロール成分が髪の内側まで浸透して朝のセットが楽チンに! 忙しい朝にうれしい時短アイテム。

【巻かない】ポニーテールはひと工夫をプラス

「髪を巻くのが苦手……」「巻かないとかわいいポニーテールはできないの? 」なんて思っている方も多いはず。ご安心ください。ポニーテールは巻かなくてもちゃんとかわいく作れるんです! 巻かないストレートのポニーテールをおしゃれでかわいくするには、ひと工夫をプラスするのがポイント。ここではその「5つの方法」をご紹介していきます♪

“アイロン”でストレートにする

じつは最近ストレートのポニーテールがじわじわと人気なんです! そんなストレートポニーをおしゃれにみせるには、ベースでしっかりとアイロンをかけること。ストレートアイロンでうねりやクセをなおしてから結ぶことで、ただ結んだだけなのにクールでおしゃれなポニーテールに仕上がります。アイロンをとおした髪にはオイルでツヤとうるおいをプラスして。

“逆毛”でボリューム感をプラス

結んでそのままのストレートポニーテールはなんだかもの足りない……そんなときは逆毛をプラスしてボリューム感を出しましょう。ポニーテールの毛束を持ち、根元から毛先の順で逆毛をたてるだけで、空気をふくんでふわっとしたポニーテールに仕上がります。

“後れ毛”で雰囲気チェンジ

今っぽいヘアアレンジにかかせないのが“後れ毛”。この後れ毛だけで全体の印象がガラリと変化します。後れ毛は出しすぎるとだらしない印象や疲れた印象をあたえてしまうので、細い毛束1~3本にとどめておくのが正解。

“アレンジ”でこなれ感をプラス

巻かないポニーテールは簡単なアレンジをくわえるだけでこなれ感がグッとアップします! ただ結んだだけだと手抜き感が出てしまう……そんなときはぜひアレンジをくわえてポニーテールをおしゃれにアップデートしちゃいましょう♪

▼「くるりんぱ」で落ち着いた雰囲気に

ストレートポニーテールはそのままだと“おばさん結び”になってしまいがち。そんなときはくるりんぱをプラスしてこなれ感をプラスして! くるりんぱなら落ち着いた雰囲気に仕上がるので、オフィスなどの清潔感が求められるシーンにもピッタリなアレンジです。

▼「編み込み」ならカジュアルに仕上がる

ストレートポニーテール×編み込みアレンジなら、甘くなりすぎずにカジュアルな雰囲気に仕上がります。毛先だけ外ハネにすることでさらにこなれ感がアップするので、ぜひ試してみて♪

“ヘアアクセサリー”で華やかに仕上げて

「ストレートってシンプルだから手抜き感が出てしまう……」なんてときはヘアアクセサリーをつければ、巻かないポニーテールもグッと華やかになるんです! お気に入りのヘアアクセサリーをみつけてアレンジをもっと楽しみましょう♪

▼「リボン」で大人ガーリーに

クールな雰囲気のストレートポニーテールには、リボンアクセで甘さをプラス! つけるだけで甘くなりすぎない大人ガーリースタイルに仕上がります。落ち着いたくすみカラーのものを選ぶのが大人っぽく仕上げるポイント。

▼「バレッタ」でエレガントさをプラス

シンプルなデザインの多いバレッタアクセは、ストレートポニーと相性バツグン! アレンジの最後につけるだけで、女性らしいエレガントさをプラスすることができます。どんなレングスにもアレンジにもあわせやすいので、ぜひトライしてみて。

【シーン別】通勤から結婚式までレクチャー!

最後にご紹介するのはシーン別アレンジ3選。定番のポニーテールアレンジだからこそ、どんなシーンでも取り入れることができるんです! 特別な日から普段使いまで、どんなときもポニーテールアレンジを楽しんで♪

《結婚式・パーティー》は華やかに

ボリューム感をたっぷり出したポニーテールアレンジ。サイドの毛を残し、ハーフアップのように耳より高い位置で上半分の髪を結ぶ。下側の毛を上の結び目の上で結びくるりんぱ。サイドに残した髪をねじってくるりんぱと一緒に結んだら完成! 普段使いのコテアイロンより少し細めのコテアイロンを使ってベース巻きをするのがポイント。ヘアアクセをつけるとさらに華やかになります。

《デート》はゆるふわ感でやわらかさを演出

大切なデートの日には、ベースをゆるくミックス巻きにしたルーズなローポニーテールがピッタリ! 女性らしいやわらかさを演出してくれます。後れ毛のあいだからちらりとのぞく首元で色気もONすれば、無敵モテアレンジの完成! 耳が隠れるようにサイドをほぐし、バランスをみてトップをほぐすのがポイント。

《通勤》は三つ編みでスッキリ

清潔感とかわいさを両立したい通勤アレンジには、ポニーテール×三つ編みが◎! 耳より上の位置でポニーテールをしたら、毛束を三つ編みにするだけの簡単アレンジ。高めの三つ編みポニーは、ゆるく編むよりきっちり編むのが今っぽく仕上げるポイント。後れ毛は顔まわりだけ出して、うしろはスッキリまとめることで清潔感のあるアレンジに♪

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW