HAIR

ブリーチなしでも《外国人風カラー》はできる!明るめ・暗めで印象チェンジ

2020/02/06

透明感のある憧れの外国人風カラーはブリーチなしでもOK。黒髪から染めてもただの茶髪にならず、明るいアッシュの色みに仕上げるポイントをおさえましょう。明るさ限界のトーンや、話題のイルミナカラーの魅力も伝授! さらに外国人風カラーの王道であるグレーアッシュや流行りのグレージュ、人気のピンクなどを明るめ、暗め別に紹介。ワントーンのヘアカラーに飽きたらグラデーション・ハイライト・バレイヤージュを組み合わせてみるのもあり。セルフでしっかり染められるおすすめの市販カラー剤もPICK UP。ブリーチなしでなれちゃう外国人風カラーのなりたい色みを探してみて。

※価格表記に関して …価格は参考価格です。価格が変動している可能性があるため、販売サイトでご自身でご確認ください。また、表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

※画像に関して…画像はすべてイメージです。参照リンクは予告なく削除されることがあります。

ブリーチなしの外国人風カラーにするには

外国人風カラーにしたいならポイントは2つ! ブリーチなしで透明感をだせる「イルミナカラー・ダブルカラー」を取り入れれば外国人風カラーにぐっと近づけるんです。そんな2つをここで徹底レクチャーします。

そもそも外国人風カラーとは?

外国人風カラーとは赤みをとることで透明感を出したヘアカラーのこと。日本人の髪特有の「赤み」を消すことで、外国人のような透け感のある色みと柔らかい髪質を演出できます。おもに外国人カラーといえば寒色系ですが、赤みを取ったうえで暖色系をいれると透明感がでて外国人風に仕上がります。ブリーチなしで染めるなら、クリアな発色に仕上がる“イルミナカラー”や透明感を引き出してくれる“Wカラー”がおすすめ。ここからはそんな「ブリーチなしの外国人風カラー」に近づけてくれるイルミナカラーとダブルカラーについて解説します!

《イルミナカラー》でクリアな発色にしよう

ブリーチなしで外国人風カラーをかなえてくれるカラー剤のイルミナカラー。「ダメージレス・ツヤ・外国人風の透明感」に着目してつくられているため、仕上がりは髪にやさしいのにクリアな発色に。黒髪から外国人風にしたい場合やブリーチが苦手な場合、髪を休ませながらカラーしたい場合はチェックしてみて。

《ダブルカラー》で透明感を引き出そう

髪質にもよりけりですが、ブリーチなしのワンカラーだと理想通りのかろやかな透け感がでないことも。そこでおすすめな方法が「ブリーチなしのダブルカラー」。ダブルカラーとは「明るい色にブリーチ×好みのカラーをオン」する二段階かけたカラーが本来の意味。でも、今回おすすめしたいのは「明るい色にカラー×好みのカラーをオン」するブリーチなしのダブルカラー。一度明るい髪色に染めると、寒色系カラーは透明感がグッとあがり、ベージュやピンクなどの暖色系カラーは発色がクリアになります。

▼ダブルカラーで気を付けること

黒髪から明るいカラーにできたり、透明感を出せたりする魅力がありますが、色落ち後は黒髪に戻らずにトーンアップしたときの色近くまで落ちてしまいます。ブリーチなしダブルカラーをしたいときは色落ち後の色の希望も美容師さんにしっかり伝えましょう

ブリーチなしでどこまで“明るく”できるか知りたい

髪色の仕上がりトーンはカラー前の髪色やカラーやブリーチ履歴の状態によって変わってきます。今回はブリーチなしでどこまで明るくできるのか、細かくわけてご紹介します!

黒髪から染める場合

日本人の地毛は5~6トーンが多く、ブリーチなしのカラー1回で8トーンくらいまでトーンUP。髪をいためたくない、暗めに仕上げたい方向けです。

黒髪からダブルカラーで染める場合

明るさを出したい、透明感を出したい場合におすすめ。10くらいまで明るいカラーに仕上げることができます。

もともと明るい髪から染める場合

もともと髪にカラーやブリーチの履歴がある場合はその回数や状態によりけりですが、10~14トーンまで明るくすることができます。

【明るめカラー】は色みがクリアに

明るめ×アッシュの外国人風カラーは透明感や発色がキレイにみせられるカラー。春夏は服装と合わせてさわやかに、秋冬は濃いめのメイクや暗めのコーデに抜け感を。アクセサリー感覚でいろんなコーデに合わせてみて。

オリーブグレージュ

オリーブの緑みをON。赤みをおさえたマットなグレージュが外国人風に変化させてくれる。ウェーブ巻きにして太陽の光にあたる束をつくるとハイライトのような立体感を楽しめます。

オリーブベージュ

シアーなグリーンが目をひくベージュカラー。細かめのタテ巻きをほぐすと広がりすぎずにジャストな空気感が出て◎。光に透けることで色みがくっきりでてかわいい。

ミルクティーグレージュ

シルバー感がありつつもベージュのあたたかみも感じられるカラー。毛先のワンカールは大きめに。髪色にマッチする外国人風の柔らかい髪質を演出できます。

ブルージュ

ブルーで髪色をくすませることでオレンジみをおさえた透けカラー。細かいハイライトをたくさんいれると、ベースカラーが暗めでも明るい髪にみせられます。

ブドウベージュ

人気のピンク系外国人風カラーは紫系ベージュでソフトな色みに。髪特有の赤みをおさえつつピンクを入れるとクリアさがUP。

▼アッシュの色味を保ちたいなら『シルバーシャンプー』

シルバーの色みをキープ出来るカラーシャンプー。理想は毎日ですが、週に2回ほどの頻度で使い続ければOK。一ヶ月経ってもシルバーやグレーといったアッシュの色みを長持ちさせることができます。ポイントはカラーしてから時間がたたないうちに使い始めることです。

【暗めカラー】でさりげなさを演出

暗め×寒色は学校や会社でもばれにくいカラー。濃いくすみを楽しめるのは暗髪ならでは。すっきりまとめて黒髪風にみせても、ゆるくスタイリングして透け感を足しても◎。どんなシーンにも合う暗め外国人風カラーをチェックしてみて。

ブルージュ

ダークトーンのブルージュはシルバー感のあるくすみたっぷりな外国人風カラー。色白さん、小麦肌さんどちらにもマッチするのでカラーに迷ったらトライしてみて。

ネイビーブラック

透明感バツグンなネイビーは憧れの外国人風カラー。髪質にもよりますが黒髪の場合はブリーチなしダブルカラーで、ベーストーンをあげてからカラーすることをおすすめします。

オリーブアッシュ

こっくりとしたモスグリーン感がオトナっぽい外国人風カラー。重ためにみえるカラーはレイヤーをいれたり、表面の髪をすこし巻いたりしてエアリーに仕上げて。透け感を足して余裕のあるスタイリングに。

カーキベージュ

ストレートでもフェミニンにみえる上品なカーキ。セットはあえておさえて、サラサラのままにしてもきれいなカラー。白トップスやシルバーアクセと合わせて透明感のあるコーデを試してみて。

ダークグレープ

ベージュ系の外国人風カラーにピンクをMIX。ブリーチなしでも仕上がる暗めの透けカラー。毛束は細かめにとって巻きはゆるく。オイルでツヤを出してしっとり仕上げるとカラーの深みをより感じられるスタイリングに。

▼『カラートリートメント』で髪をいためず色みをキープ

アッシュの退色を防げるカラートリートメント。髪をいためる成分が入っていないので通常トリートメントの置き換えとして毎日使えます。一回の使用で4~7日効果が持ち、ミディアムの長さで4回ほど使えます。

【グラデーション・ハイライト・バレイヤージュ】で垢抜けて

ワントーンでもかわいい外国人風カラーですが、2色以上つかって作る「デザインカラー」をプラスするとさらに垢抜けた印象に。ブリーチなしのデザインカラーは髪の状態にもよりますが、基本的に暗めでさりげないニュアンスの仕上がりになります。根元から外した染め方が多いので髪が伸びていってもプリンが気になりにくいのが魅力。おしゃれで長く楽しめるデザインカラーをチェックして。

グラデーション

ダークグレージュのグラデーションカラー。毛先にかけて透けてゆくので根元が伸びていっても外国人風の髪色が長持ちします。ワントーンカラーにマンネリしてアクセントをいれたいときにおすすめ。

ハイライト

ベージュでつくる肌なじみのいいハイライト。太い筋と細い筋をランダムにちらしていれ、見た目にボリュームをだして。ワックスやオイルで束感をつくるように指を通すと、より立体感が際立ちます。ほぐして外国人風のラフさをつくってみて。

バレイヤージュ

トップに細くハイライトをいれて毛先にかけて太く塗るバレイヤージュ。抜け感がでるとより外国人風な髪色に。暗めな色みで自然な立体感を楽しんで。バレイヤージュの塗り方はさまざまなのでやりたいニュアンスをサロンに相談すると◎。

▼『多機能ヘアオイル』で髪質やヘアカラーを守りましょう

ヘアカラーの色持ちを助けるヘアオイル。これまで受けたダメージの補修だけでなく、ドライヤーの熱や紫外線からの日常的なダメージも防いでくれる万能ヘアオイル。ノンシリコンで髪にやさしく。ヘアオイルを持っていない方、次のヘアオイルを探している方はぜひ試してみて。

おうちで【セルフカラー】したいなら?

「前回のカラーが色落ちして髪が明るくなってきちゃった」「コスパよく染めたい」「おうちで染めたい」という方には市販のカラー剤をおすすめ。黒髪からでもアッシュ系に染められるカラー剤もあるので参考にしてみて。

セルフカラーに必要なもの

  • ヘアカラー剤(キットのもの)
  • タオル(暗色がおすすめ)
  • フェイスクリーム
  • ラップ
  • 新聞紙
  • 大きめのポリ袋
  • 時計

基本のセットはカラーキットの中に一式入っていますが、おうちや肌が汚れないように気をつけましょう。床に新聞紙、顔まわりをラップやフェイスクリームでカバーして色移りをさけて。ポリ袋は底の端を切って頭からかぶりカラークロスに。手元が汚れても時間はみやすくしておきましょう。置時計がない場合はスマホのAIにタイマーを頼んでみて。カラー剤が乳液タイプの場合はブロッキングをするのでヘアクリップを用意しましょう。

セルフカラーのやり方

  1. 市販のカラー剤キットを用意
  2. スタイリングをつけていない乾いた髪をよくとかす
  3. 付属のカラー剤2種を混ぜる
  4. 3を髪に塗布
  5. 塗り終えたら15~20分ほど置く(※1)
  6. カラー剤をよく洗い流しシャンプーする
  7. トリートメントでしっかり保湿

※1 カラー剤によって放置時間など異なる場合があります。カラー剤付属の説明書きをご確認ください。

▼染めるときのポイント

  • 襟足は染まりにくいので先に塗る
  • 生え際、つむじ、細い毛は染まりやすいので最後に塗る
  • 洗い流すときはぬるま湯で乳化させてから
  • トリートメントするときはぎゅっと握りすぎない
  • 室温は20~25度が理想

細い髪の場合カラーが入りやすく、太い髪や黒髪の場合はカラーが入りにくいので髪の様子をみて塗布量と時間を調整してみることをおすすめします。カラー剤はぬるま湯でもみこむように馴染ませてから洗い流すとムラなく染まります。

▼みんな使ってる『泡カラー』でカンタン+低コスパでイメチェン

まろやかなグレージュに仕上がる「Leise」の泡カラー。黒髪につかうとくすみのある緑っぽい明るいグレージュブラウンに。カラー、ブリーチ履歴のある髪はグレーの色みがつよめな仕上がりに。太い髪、黒が濃い髪は置き時間が短いと思ったより暗めに仕上がってしまうのでしっかり置いて。

▼グレーの発色がしっかり出る『泡×乳液カラー』

ブリーチ履歴のある髪におすすめ。グレーの発色が明るめに出ます。黒髪から染めると黄みのあるカーキブラウンのような仕上がりに。泡と乳液の中間のゆるめのテクスチャーなので泡立てながらムラなく染められます。

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW