MAKEUP/COSMETICS

涙袋メイクの簡単なやり方は?《プチプラコスメ》でもキラキラ潤み目が叶う

2020/02/06

下まぶたのぷっくりしたふくらみ、そこにラメのキラキラが輝きを放って潤んだような瞳に。そんな印象的な目元を演出してくれる涙袋を、メイクで簡単に叶えてみませんか? 今回はラメ入りアイシャドウを使って、簡単にできる「涙袋メイク」をレクチャーします。不自然に見えないナチュラルなメイクなので、大人女子もぜひお試しください。おすすめのプチプラコスメもご紹介するのでなにを使うか悩んでいる方は要チェックですよ。

※価格表記に関して …価格は参考価格です。価格が変動している可能性があるため、販売サイトでご自身でご確認ください。また、表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

※画像に関して…画像はすべてイメージです。参照リンクは予告なく削除されることがあります。

以前の涙袋メイクは、下まぶたにギラギラしたラメをのせたりと濃いめのメイクが多かったですが、近年のナチュラルメイクブームに合わせて、涙袋メイクもアップデート。自然にぷっくりした涙袋を手に入れましょう。

涙袋メイクで『可愛く』なれるワケ

そもそも、なぜ「涙袋メイク」で可愛くなれるのでしょうか? 目元は顔の印象を左右する大切なパーツです。なかでも涙袋を強調することで目元の印象がどう変わり、どのような効果をもたらしてくれるのか、ここではそのワケをお教えします。きっとあなたも涙袋メイクを試してみたくなるハズ!

デカ目効果がある

顔のパーツのなかでも大きいとより可愛く見えるのが、「目」ではないでしょうか? 涙袋メイクは、涙袋の輪郭をはっきり見せることでその面積分だけ目を大きく見せてくれます。

優しい雰囲気が醸し出る

涙袋がぷっくりしていると、柔らかい優しい印象になります。また、可愛らしさが増して童顔に見えたり若く見えたりと、大人女子にも嬉しいことがたくさん。

基本の涙袋メイクに必要な道具とやり方

涙袋をメイクでつくるとなると少し面倒に思えてしまいますが、実はとっても簡単にできるんです! 必要な道具も普段使っている手持ちのコスメでできちゃう人がほとんど。そんな簡単にできるなら、やらない手はないですよ。涙袋メイクに興味がある人必見! 必要なアイテムと4つのステップで簡単にできるやり方をお教えします。

涙袋メイクに必要な道具は?

用意する物は全部で3つ。普段からメイクしている人ならすでに持っているアイテムになるので、後は手持ちの物と色が合えばすぐに実践可能です。

  • ベージュのマット系アイシャドウ
  • ベージュのラメ入りアイシャドウ
  • ブラウンのアイブロウかアイライナー

涙袋メイクのやり方

▼【その1】マット系のアイシャドウをのせる

明るいベージュのマットなアイシャドウを、指で涙袋全体にのせていきます。つけすぎると厚くなり不自然な仕上がりになってしまうので注意が必要です。

▼【その2】ラメ入りアイシャドウで涙袋を強調する

ラメ入りのアイシャドウを細めのチップで目の際にのせます。あまり広範囲につけすぎるとわざとらしくなってしまうので、注意しながら軽く乗せましょう。

▼【その3】涙袋の下に線を引く

明るいブラウン系のアイライナーかアイブロウで、影の線を入れます。線は、黒目の始まりから終わりくらいまで、細くスッと引くようにしましょう。

▼【その4】線を自然にぼかす

影として引いた線を指や綿棒を使ってぼかしましょう。このとき、広範囲に広げたり触りすぎると黒ずんでクマのように見えてしまうので気をつけましょう。

失敗しないコツ

クマやくすみのせいで涙袋の質感や色味が上手くいかないという人は、あらかじめコンシーラーでクマやくすみをオフしましょう。また目元のメイク崩れが気になる人は、下地としてアイシャドウ用のベースを使うのもおすすめです。

涙袋には【ピンク・ベージュ・ゴールド】も使える!

せっかく覚えた涙袋メイクも、いつも同じ色では飽きてしまいますよね? そこで、ほんのり色づいておしゃれに見える、おすすめのアイシャドウの色をご紹介します。どれも使い勝手のよい色味なので、いつものメイクにバリエーションを増やしたい人は試す価値ありですよ。ぜひトライしてみてください。

ナチュラルメイクの日は「ベージュ」

涙袋メイクのやり方でも使用したベージュは、ナチュラルメイクの王道カラーです。ナチュラルメイクだけでなく、リップにポイントをおきたいときなどにも使える活躍度大の色です。

デートは大人可愛い「ピンク」

ピンクというと甘い印象が強く、大人女子からは敬遠されてしまいがちな色かもしれません。そんなときは、ポイント使いが◎。下まつ毛の際にのせて血色UPを狙えば印象的な目元に。

女子会は媚びない「ゴールド」

大人女子に人気の高いシンプルカジュアルなコーデに映えるメイクが、ゴールドを使った涙袋メイクです。一見ゴージャスな印象がありますが、他部分のメイクやコーデをシンプルに仕上げれば、大人の女性にぴったりの抜け感を演出してくれます。

涙袋メイクにおすすめの【人気プチプラコスメ】は?

ドラッグストアやネットで手軽に買えるうえに、可愛くて使える商品が多いことですっかり定番となったプチプラコスメ。そんなプチプラコスメのなかでもとくに人気の高いブランドやジャンルに絞って、涙袋メイクに最適なブランドをご紹介します。新しくアイシャドウの購入を検討している人もぜひ参考に。

『キャンメイク』なら、可愛い系のカラーが充実

トレンドの色が豊富に揃ううえ、捨て色なしのアイシャドウパレットが好評なキャンメイク。可愛い系の色味やラメ入りアイシャドウのバリエーションが多いので、どのブランドを買うか迷っている人におすすめです。

肌なじみのよいベージュがメインとなった、涙袋メイクだけでなくアイメイクにも使える万能なパレットタイプ。中央に配置されたトッピング用のラメが涙袋に上品な輝きをプラスしてくれます。

『ケイト』なら、キラキラのラメ系が豊富

ケイトもプチプラコスメのなかでは評価の高いブランドです。とくにアイシャドウのラメが細かく繊細なので、透明感とツヤ感が目元をキレイに見せてくれます。もちろん、涙袋メイクとも好相性です。

ゴージャスな輝きを放ちながらも、派手になりすぎずに上品に仕上げてくれるラメが特徴のシングルタイプのアイシャドウ。涙袋だけでなく、上まぶたのポイント使いにも最適です。

『韓国コスメ』なら、トレンドの最先端に

トレンドメイクに敏感な韓国コスメブランドのなかでも、メイク好きから高い支持を受けているのがエチュードハウスです。その魅力は何といっても商品ラインナップの豊富さとコスパの高さ。ラメ入りアイシャドウもたくさんあるので、涙袋メイクにぴったりのアイシャドウが見つかるはず。

マットな質感からラメ入りまで、アイシャドウベースも含めて全10色も入った贅沢なパレットタイプ。発色も持ちもよいと口コミでも高評価です。

涙袋用ライナーでもっと簡単につくれる!

涙袋メイクのやり方についてご紹介してきましたが、時代とともにアイシャドウもどんどんアップデートされ、それに伴い涙袋メイクも進化をしています。そこで、そんな新時代の涙袋メイクに使える便利なアイシャドウをご紹介します。お手ごろのお値段かつ、手軽にできるので時短にもなっておすすめですよ。

『涙袋ライナー』って?

今までは肌なじみのよい色のアイシャドウを指やチップで涙袋にのせていましたが、『涙袋ライナー』ならそんな手間はなし。アイライナーのように涙袋にスルスルとのせていくだけで、簡単に涙袋メイクが完成します。

3つのタイプから選べます

▼リキッドタイプ

リキッドタイプは肌なじみがよくナチュラルに仕上がります。さらに指やチップでぼかしたり馴染ませたりと、つけた後に微調整が可能です。

肌になじむ色味とギラギラしないラメ感でナチュラルな涙袋メイクが簡単に叶います。また、美容液が配合されているのも嬉しいポイントです。

▼パウダータイプ

立体感と高発色でハイライト効果の高いパウダータイプは、涙袋をより強調したい人におすすめです。つけすぎてしまうと悪目立ちしやすいので気をつけましょう。

別売りされている本体の両端に好きな2色をセットして使えるペン型アイシャドウ。コンパクトで携帯に便利、かつ片手で簡単にアイメイクができるので朝の忙しいときにも活躍間違いなし。もちろん上品な色やパール感で、涙袋メイクにも最適です。

▼ペンシルタイプ

ライナーとして入れる細さを調整しやすいペンシルタイプは、パウダーほど粉っぽくならず、リキッドほど水っぽくもならないので、落ちにくく滲みにくいのがポイントです。

ペンシルタイプの中でもなめらかな書き味で使いやすいクレヨンタイプのアイシャドウ。クリーミーなので、重ねてしまうとよれてしまうのでつけすぎ注意です。こちらも美容液成分配合と、プチプラながら抜かりなし。

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW