HAIR

《オールバック×ポニーテール》で美人度をあげて!だれでも似合うアレンジ集

2020/02/06

「オールバックのポニーテールって輪郭がでるから私には似合わない……」なんて思ったことありませんか? 実はそんなことないんです! 結び方や後れ毛、アレンジのやり方次第でどんな人でも似合う素敵なアレンジなんですよ♪ 今回はそんなオールバックポニーテールの魅力をたっぷりご紹介。オールバックにしたときの産毛アレンジについてや、ストレートor巻き髪の印象の違い、レングス別アレンジなどを徹底レクチャー! さらに、面長さんや狭いおでこさんなどのお悩み別に似合う方法もあわせてご紹介します。これであなたもオールバックポニーテール美人をめざしてみませんか?

※価格表記に関して …価格は参考価格です。価格が変動している可能性があるため、販売サイトでご自身でご確認ください。また、表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

※画像に関して…画像はすべてイメージです。参照リンクは予告なく削除されることがあります。

オールバック×ポニーテールの“魅力”

おでこがスッキリ出るオールバックは、髪で輪郭が隠せないので一見ハードルが高いと思いがち。でも、おでこをみせるオールバックだからこそ手に入る魅力がたくさんあるんです! ここではそんなオールバックポニーテールの魅力と、上手に作るコツをご紹介していきます♪

クールな印象と大人の色気を両立できる

クールなイメージのオールバックですが、ポニーテールとあわせることで首元がみえて女性らしい魅力も手に入っちゃうんです! うなじをみせて色っぽさを演出してみてはいかが?

清潔感があるのでフォーマルの場でもOK

おでこを出すことで凛とした清潔感のある印象に。職場や冠婚葬祭など、フォーマルな場所でも取り入れやすいヘアスタイルなんです。

顔まわりがスッキリして明るい印象になる

前髪をあげるオールバックは顔まわりがスッキリして明るい印象に! 後れ毛を出してもだらしない印象にならないので、後れ毛で小顔効果を狙っても◎。

【3つのコツ】をおさえて、いまどきポニーテールに

オールバックポニーテールの魅力を知ったら、今度はアレンジにトライしてみませんか? どうしても“おばさん結び”みたいに地味になってしまう……なんて人は下の3つのコツをおさえてみて! ポイントはボリューム感とルーズさのバランス。後れ毛を出しすぎたり、きっちり結びすぎないように全体のバランスをみながらアレンジすると◎。

  • 逆毛でトップにボリューム感を出す
  • 後れ毛でこなれ感をプラス
  • ルーズにまとめて“脱おばさん結び”

【お悩み別】すっきり解決して似合うスタイルをみつけて!

「オールバックポニーテールに挑戦したいけど、どうしても似合わない」そんなお悩みをここではズバリ解決! 少し工夫をすれば、オールバックが苦手な人でも素敵なオールバックポニーテールができるんです! ぜひ悩みを解消して素敵なアレンジを楽しんで♪

「面長さん」は縦長シルエットが気になる

オールバックにすることで縦長のシルエットが強調されてしまう面長さんは、サイドにボリュームを出すことで解決! サイドにねじりや編み込みをくわえて、シルエットを横に拡張しましょう。きっちり結ばずにほどよくゆるさを残すのもポイント。

▼べたつかないのが魅力的なワックス

長いあいだ大人気のオーガニックヘアワックス。自然由来原料だけで作られているので、髪に使ったあとは肌の保湿クリームとして使えるのも魅力的! アレンジ前に髪になじませれば、あつかいやすいまとまりのある髪に。

「丸顔さん」は子供っぽい印象になるのが気になる

どんな髪型もやりやすい丸顔さんですが、オールバックポニーテールはあどけなく子供っぽい印象になりがち。そんなときは後れ毛とトップのボリューム感でカバーしましょう! 後れ毛はもみあげあたりだけ少し引き出すことで小顔効果と大人っぽさをプラス。それ以上出すと疲れた印象になってしまうので注意しましょう。トップはぺたんこにならないようにしっかりほぐすと◎。

▼余分な毛もしっかりまとまるスティック型ワックス

これひとつで浮き毛や余分な後れ毛をピタッとキープ! バリっと固めないので、ほどよいボリューム感を残したままスタイリングすることができます。スティックタイプで手が汚れないのも嬉しい♪

「狭いおでこ」はバランスのとりづらさが気になる

おでこが強調されるオールバックは、狭いおでこだと顔のパーツが上に寄っている感じがしてバランスが悪くなってしまいがち。そんなお悩みはトップにボリュームを出すことで解決! ふんわりと空気感をもたせるようにたっぷりほぐしましょう。こうすることで縦長のシルエットになり、全体のバランスがとりやすくなります。

▼空気感をプラスしながら一日キープ!

アレンジ前にスプレーして揉みこめばふわふわな質感に! べたつかずに空気感をプラスしてくれるので、ゆるふわスタイルにピッタリなアイテムです。

「短い前髪」はパラパラ落ちてくるのが気になる

ぱっつんやオン眉などの短い前髪はオールバックにしてもパラパラと落ちてきてしまいがち。せっかくセットしたのにだらしなくみえたりボサっとしてみえてしまうのは残念ですよね。短い前髪でオールバックにするなら、ポンパドールやねじり前髪で前髪だけ固定してみて! ハードスプレーでしっかりキープすれば崩れない前髪に仕上がります。

▼バリバリに固めずキープできる優秀スプレー

ヘアスタイルをしっかり固めて雨・風の日も崩れない! ハードスプレーなのに白浮きせず、バリバリに固まりすぎないのも嬉しいポイント。

【産毛あり?なし?】好みでアレンジを変えてみて

オールバックにするとどうしても出てきてしまう産毛。ここでは産毛をあえて残すアレンジと、産毛をまとめたきっちりアレンジをご紹介します! シーンや気分にあわせてトライしてみてくださいね。

産毛あり

▼オルチャンメイクとあわせて流行りの韓国風

産毛ありのポニーテールは今流行りのオルチャンメイクと相性バツグン! あえて産毛を残すことで、小顔効果も狙えちゃうんです。産毛が長めの人は波ウェーブや外巻きにするとさらにかわいさがアップ♪

▼ナチュラルなかわいさを演出

自然に出てしまう産毛も、あえてそのまま残すことでクールな印象のオールバックポニーテールに柔らかさをプラスしてくれます。オイルでツヤ感を出して「あえて出してる感」にするのがポイント。

産毛なし

▼スタイリング剤を使ってスッキリ

スッキリオールバックをまとめたい! そんなときはスタイリング剤を使って産毛をまとめましょう。ワックスとコームでまとめたあと、ハードタイプのスプレーを使うのがおすすめ。

▼ヘアバンドでまとめて

いらない産毛をまとめるなら、ヘアバンドを使うとおしゃれ度もアップして一石二鳥! 先に首までヘアバンドをおろし、ポニーテールにしてからつけると産毛がスッキリまとまります。お気に入りのヘアバンドでぜひトライしてみて。

【ストレートor巻き髪】でニュアンスをチェンジ

王道のポニーテールアレンジは、シンプルだからこそベースの作り方で印象がガラリと変化します。ここではストレートと巻き髪での印象の違いをご紹介! ぜひその日の気分やシーンにあわせて変えてみて♪

「ストレート」でクールに

サラサラのストレートで作ったオールバックポニーテールなら、クールなかっこよさと凛とした女性らしさを両立できるんです! レングスを選ばないので、どの長さでも挑戦できるのが魅力的。ただ結ぶだけだと“おばさん結び”になってしまいがちなので、トップにボリュームを出したり産毛や後れ毛で抜け感をプラスしましょう! オイルやワックスでツヤ感をプラスするのもポイント。

▼うるおいをあたえてパサつきを防ぐヘアオイル

アルガンオイル配合で髪に自然なツヤと潤いをプラスできるヘアオイル。アレンジ前に使うことで髪をまとめてあつかいやすくしてくれます。

「巻き髪」で大人可愛いを狙って

巻き髪のポニーテールは大人可愛いゆるふわ感を演出してくれます。巻き方を変えればさらにいろいろなニュアンスを楽しめるのも魅力的! 巻き髪の雰囲気にあわせて、きっちりさせずに手ぐしでルーズにまとめるのがポイント。

▼ダメージをおさえながらカールをキープ!

髪を巻く前になじませるローションタイプのスタイリング剤。ヒートプロテクト成分配合で熱によるダメージをおさえてくれます。これ一本で一日中キレイなカールをキープできるのも魅力的!

【アレンジ】をプラスしてまわりと差をつけて

最後に、オールバックポニーテールのアレンジをレングス別にたっぷりご紹介します。シンプルなポニーテールアレンジだからこそ、少しアレンジをくわえるだけで一気におしゃれ度がアップしちゃうんです! もうダサいなんて言わせない、これであなたも素敵なアレンジを楽しんでみませんか?

ボブ

▼「ストレート×ルーズ」で色っぽさをON

巻くのが難しい長さの短めボブさんは、そのままストレートでオールバックポニーテールにするのがおすすめ! きっちりまとめずにほどよく後れ毛を出して、ルーズにまとめたポニーテールが色っぽさをプラスしてくれます。

▼「無造作ピンどめ」でキュートに

結びきれずにパラパラ落ちてきてしまう毛を、ねじりながら無造作にピンでとめたアレンジ。ゴールドピンやカラーピンを使うとさらにかわいさがアップ! 前髪はポンパドール風に少し空気感をもたせるのがポイント。

▼「サイドねじり」で上品に

サイドをねじってポニーテールにした簡単アレンジ! ねじる部分とバックをわけ、バックの部分で先にポニーテールを作りサイドの毛をねじって一緒に結ぶと崩れにくくなります。ゴム隠しは無理にせず、ヘアアクセで隠しちゃうのがポイント。

ミディアム

▼「たまねぎ×ヘアバンド」でカジュアルに

最近人気のたまねぎヘアとヘアバンドの黄金コンビ! 簡単なのにおしゃれ感がグッとアップしちゃうアレンジです。先にたまねぎポニーテールを作り、前髪をポンパドールにします。後れ毛を出しながらヘアバンドをつければ完成! ヘアバンドで崩れも防げるのでぜひトライしてみて♪

▼「ゴールドピン」でシンプルなのにこなれ感

こちらは前髪の短いミディアムさん向けアレンジ。前髪をゴールドピンでとめるだけですが、それだけなのに一気にこなれ感が出せちゃうんです! 産毛を少し出すとさらにキュートさがアップ。トップにふんわりボリュームを出すのがポイント。

▼「サイド編み込み」で華やかさをプラス

サイドを編み込んだローポニーアレンジ。ポニーテール部分と編み込み部分を別で結び、最後にあわせると崩れ防止になります。サイドの編み込みはざっくり編んで抜け感を出すのがポイント。シンプルなオールバックポニーテールに編み込みが華やかさをプラスしてくれます。

ロング

▼「スカーフ」なら簡単におしゃれ感アップ

長さとボリュームのあるロングさんは、ただスカーフを結ぶだけで存在感のあるアレンジになるんです! ゴム隠しの代わりにスカーフを結ぶだけなので、アレンジ初心者さんにおすすめ。後れ毛や産毛でほどよくゆるさを出すのがポイント。オールバックもやんわりほぐして。

▼「クレセントコーム」でアクセントを

クレセントコームはコーム型で髪に挿すだけのヘアアクセサリー。ざっくり結んだオールバックポニーテールはそのままだとシンプルで寂しい……なんてときにピッタリのアイテム! 耳の近くや結び目の近くにさすだけでアレンジがグッと引き締まります。きっちりポニーテールにもざっくりポニーテールにも相性バツグンなので、ぜひ試してみて。

▼「サイドロープ編み」なら大人っぽく仕上がる

サイドをロープ編みにしたポニーテールアレンジ。ポニーテール部分とロープ編み部分を別々に結んでから、最後にあわせると崩れ防止になります。きっちりさせずにしっかりトップをほぐして、ふんわり空気感を出すのがポイント。ロープ編みは三つ編みや編み込みよりも簡単なので、ぜひチャレンジしてみて♪

▼オールバッグ以外の前髪なしポニーテールもチェック!

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW