HAIR

ボブのまとめ髪【はじめてカタログ】お仕事・お呼ばれにもOKな簡単アレンジを大特集

2020/06/09

ショートボブやボブには「まとめ髪」が難しいと思っていませんか? ポイントを押さえるだけで、綺麗なまとめ髪が簡単に作れるんです! 今回は、ゴムだけでできる簡単なまとめ髪アレンジやお仕事や結婚式などのシーン別アレンジ、前髪アレンジをご紹介。髪が短い方も、これを読んでもっとまとめ髪を楽しんでみてください!

【簡単】ゴムだけでOK!毎日できるお手軽アレンジ

「まとめ髪は難しそう……。」「不器用でもできるアレンジが知りたい!」という方必見! ここでは、ゴムだけでできる簡単まとめ髪アレンジをご紹介。忙しい朝でも簡単にできるものばかりなのでぜひ試してみて。

「ひとつ結び(ポニーテール)」ですっきりとした印象に

【やり方】

  1. 手にワックスをとり、髪になじませながらまとめる
  2. 低めの位置でひとつに結ぶ

ひとつ結びは地味に見えがちなので、後れ毛を出したりトップを引き出してふんわりさせると◎。ボブの方は無理せず低めの位置で結びましょう。落ち着いたこなれ感を出すことができますよ♪

「ハーフアップ」で女性らしさを叶える

【やり方】

  1. こめかみ辺りから髪を取り、後ろで結ぶ
  2. トップの毛をほぐせば完成!

女性らしさを出したいときはハーフアップがおすすめ。残っている髪は、外ハネにしたり軽くミックス巻きをしてあげるとしっかりとセットしている雰囲気が出て◎。

「輪っかお団子」でカジュアルな印象に

【やり方】

  1. 髪をひとつにまとめ、ゴムで結ぶ
  2. ゴムで結ぶときに最後まで毛先を抜かず、輪っかをつくれば完成

お仕事中やお買い物で外に出るとき、サッと髪の毛をまとめたいときにおすすめな輪っかお団子。結んだあとにトップの毛を引き出したり、耳のあたりから後れ毛を出せばサッと結んだとは思わないこなれヘアが完成します。

「たまねぎヘア」ならストレートでも大人カワイイ印象に

【やり方】

  1. ポニーテールを作る
  2. 毛束をゴムで等間隔に留めていけば完成!

大人かわいくなりたいならたまねぎへアがおすすめ! 巻かなくても簡単にでき、ポニーテールの高さやゴムで髪を結ぶ回数などで印象を変えられるのでその日のコーデに合わせて変えるのも◎。

【仕事編】ボブにぴったりなオフィスアレンジ

普段、ダウンスタイルでいることが多いボブでもお仕事中はすっきりまとめたいなんてこともありますよね。そんなときはオフィスにぴったりなアレンジをしてみて。きっとお仕事も捗るはず!

「ローポニー」ならい大人っぽい印象を演出できて◎

【やり方】

  1. ワックスやオイルを髪に馴染ませる
  2. 低い位置でひとつに結ぶ

大人っぽく見せたいオフィスではトップをふんわり引き出したローポニーが一押し。バレッタをプラスすればこなれ感もしっかりアピールできちゃいます。シンプルなスタイルなので大ぶりのピアスが映えるのもうれしいポイント♪

「くるりんぱ」ならボブでも崩れにくい!

【やり方】

  1. ひとつに結び、結び目の上を半分に割る
  2. 割った隙間に上から毛先を通しキュッと引っ張って固定すれば完成

不器用さんでもゴムさえあればできるくるりんぱ! ボブでも崩れる心配のないアレンジなので、なかなか髪型を直す時間のない忙しい方にもおすすめなんです。トップの毛を引き出してほぐせばこなれ感が出てオシャレに仕上がるのでぜひトライしてみて。

「シニヨン」できっちりした印象に

【やり方】

  1. 髪全体にワックスをなじませる
  2. ローポニーを作り、毛先までねじりゴムに巻きつける
  3. 毛先をピンやゴムで固定すれば完成!

すっきりとまとめたい方やきっちりとした印象を演出したい方はシニヨンにしてみて。耳の前から後れ毛を出したり、トップの毛をほぐせばこなれ感もプラスできて◎。

【お呼ばれ編】結婚式や入学式におすすめの特別ヘア

結婚式や入学式など特別な行事での髪型に頭を悩ましている方もいるはず。仕上がりを綺麗にしたい方はサロンにお願いするのもおすすめですが、実はセルフでもできるんです。意外と簡単にできるのでこの機会に挑戦してみて。

「結婚式」の場合

▼「ふんわりシニヨン」ならドレスアップにおすすめ

【やり方】

  1. 低めの位置でひとつに結び、くるりんぱをする
  2. 毛先を2等分にし、ツイストをしてその髪をゴムに巻きつけるようにくるっとひとまとめに
  3. 毛先をピンで留めればふんわりシニヨンのできあがり

髪を結ぶ前にしっかりめに巻いておくと華やかな印象になって◎! バランスを見ながら細めに髪の毛を引き出すとよりふんわり仕上がります。

▼「ギブソンタック」なら着物にぴったり

【やり方】

  1. ローポニーを作り、くるりんぱをする
  2. くるりんぱした後に残った毛先をゴムで結び、くるりんぱの中に入れ込む
  3. 毛先をピンで固定すれば完成!

きちんと感が出るので着物や浴衣と相性抜のギブソンタック。トップの毛を引き出せばきちんとした印象を保ちつつ、ふんわり感も出せて◎。和装によく合うので、夏祭りなどで浴衣を着るときにもおすすめ。

「入学式・卒業式」の場合

▼ふんわりアレンジで大人かわいくキメる

【やり方】

  1. 両サイドの髪をとり、ツイストして後ろで結ぶ
  2. 後れ毛を残し、ローポニーを作る
  3. 毛先をツイストし、くるっとひとまとめにしてピンで固定すれば完成

ふんわりとしたまとめ髪なら入学式から卒業式まで万能! 後れ毛とトップの毛を引き出すのがポイントです。かわいらしさも大人っぽさもゲットしたい方はぜひふんわりアレンジでキメてみて。

▼着物スタイルは崩しすぎないまとめ髪が◎

【やり方】

  1. 固まり過ぎないワックスを髪に馴染ませる
  2. ローポニーを作り、毛先を三つ編みにする
  3. 三つ編みを少しほぐし、くるっとひとまとめに
  4. 毛先をピンで留めれば完成!

入学式や卒業式で着物スタイルを選ぶ方もいるはず。着物スタイルには崩しすぎないまとめ髪がぴったりなんです。顔周りの毛に動きをつければきっちりしすぎることもないのでぜひ試してみて。

【前髪アレンジ】まとめ髪に合う前髪スタイリングはコレ!

ここでは、前髪あり派さんはもちろん、なし派さんにもおすすめな前髪アレンジをご紹介します! 前髪ひとつでガラリと印象が変わるので、気分やシーンに合わせて楽しんでみて。

オールバックですっきり見せ

オールバックは、すっきりとした印象に見せたいときにぴったり。おでこを見せると、できる女性を演出できるので「ここぞ!」というときや「大切なプレゼンがある!」なんてときにもおすすめ。ぜひ試してみて。

根元を立ち上げて大人の色気を醸し出して

根元を立ち上げた前髪は大人の色気が出て◎。コテやドライヤーで髪の根元に熱を与えるだけでできるので簡単にスタイリングができるのもメリット。まとめた髪もほどよくほぐしてラフに仕上げるのがおすすめです。

斜めに流して美人オーラをゲット

斜め前髪は、前髪なし派さんはもちろん、前髪あり派さんも一気に大人っぽくなれておすすめ。おでこを出すことで美人オーラがでて知的なイメージにもなれるので、大事なお仕事があるときにもぴったり。

【ヘアアクセ】をプラスして上級者みせを叶えて

「アレンジに飽きてきた」「アレンジをしてみたけどなんか地味……」なんて方にぴったりなのがヘアアクセサリー。その日の気分やファッションに合わせて印象をガラリと変えられるのでとってもオススメなんです!

「バレッタ」をつければマンネリ回避できる!

ヘアアレンジにマンネリしたらバレッタをつけてみて。バレッタはデイリー向けのものからお呼ばれへア向けのものまで種類がたくさん! ゴムの結び目につけるのはもちろん、耳のあたりにつければ存在感たっぷりのおしゃれヘアに仕上がります。ひとつ持っておくと役立つこと間違いなしなので、この機会に新調してみては?

「飾りゴム」で結べばシンプルなアレンジもおしゃれに

飾りゴムは、地味な印象になりがちなひとつ結びやハーフアップでもすぐにおしゃれになれるアイテム。派手にならず、さりげないのでオフィスにもぴったりなんです。たくさんのデザインがあるので、オフィスの雰囲気やファッションに合わせて選ぶと◎!

「ピン」を加えれば簡単に今っぽい雰囲気に

「なんかヘアスタイルが地味……」「ワンポイントほしい!」なんてときにおすすめなのがピン。ゴールドやシルバーのピンなら派手になりすぎず、上品にキマるので大人女子の方にもおすすめなんです! 午後になってセットが崩れてきたときにもサッとお直しできるのでポーチに入れておくと役立つはず!

「リボン」なら周りと差をつけられる

シンプルなアレンジでも特別感を出したいときはリボンがぴったり! リボンは今旬のヘアアクセで、シフォンやベルベット、サテンと種類もさまざまなんです。かわいらしい雰囲気からスタイリッシュな雰囲気まで演出できるので、いくつかもっておくとヘアアレンジが楽しめちゃいます!

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLES

WHAT'S NEW