HAIR

【ボブ×ポニーテール】高めで結ぶやり方から後れ毛ありなしまで徹底レクチャー!

2020/02/06

定番アレンジのポニーテールですが「ボブの長さだとアレンジの幅が狭い……」なんてお悩みありませんか? 今回はそんなお悩みをズバリ解決。実はボブでもかわいいポニーテールアレンジが楽しめちゃうんです! 今回はボブの長さでもできちゃう“ボブポニーテール”のやり方やコツ、短くても崩れない高めポニーテールの作り方などの基本から徹底レクチャー。さらに短いとどうしても出てしまう後れ毛のアレンジや、ボブポニーテールだからできるきっちりしすぎない今っぽアレンジ集までたっぷりご紹介していきます。ボブポニーテールをマスターして毎日のアレンジを楽しんじゃいましょう♪

※価格表記に関して …価格は参考価格です。価格が変動している可能性があるため、販売サイトでご自身でご確認ください。また、表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

※画像に関して…画像はすべてイメージです。参照リンクは予告なく削除されることがあります。

ボブポニーテールのやり方《3つのコツ》

  • ベース作りは「巻き方」が大切
  • ボブポニーテールは「ざっくりまとめて」
  • 「スタイリング剤」を正しく使う

ボブポニーテールをかわいく作るにはまずこの3つのポイントをおさえましょう! このあとはそれぞれのポイントをくわしくレクチャー。基本をしっかりマスターしてかわいいボブポニーテールをめざして♪

1.ベース作りは「巻き方」が大切

まず大切なのはベース作り。アレンジ前に髪を巻いておくことで髪があつかいやすくなり、ポニーテールにしても崩れを防止してくれます。髪が短めのボブは、コテアイロンよりもストレートアイロンで髪を巻くのが◎。ここではストレートアイロンを使った巻き方をご紹介していきます!

▼波ウェーブのやり方

  1. 髪をハーフアップをするようにブロッキングしておく。
  2. アイロンでブロッキングした下側の髪を挟んだら、手首を返すようにアイロンをゆっくり半回転させ内巻きにする。
  3. そのまま下に滑らせ、同じ毛束を今度は外巻きにする。
  4. 2~3を髪の長さに応じて繰り返す。
  5. 下の髪を巻き終えたら上の髪も同様に巻く。
  6. すべて巻いてアイロンの熱が冷めたら手ぐしでほぐして完成。

▼内巻きのやり方

  1. 髪をハーフアップをするようにブロッキングしておく。
  2. ブロッキングした下側の毛束を少量とり、根元からアイロンで髪をはさんだら一度サッと毛先までアイロンを滑らせる。
  3. 2の毛束をもう一度根元からアイロンではさみ、今度はゆっくり止めずにしっかりと滑らせる。
  4. 毛先に近づいたらアイロンをゆっくり内側に半回転させながら滑らせる。(このとき外側に向けて巻くと外ハネに! )
  5. 2~4をくり返し、下側が終わったら上側のブロッキングした部分も同じように巻いていく。
  6. しっかりアイロンの熱が冷めたら手ぐしでほぐして完成。

2.ボブポニーテールは「ざっくりまとめる」のが正解

次に大切なポイントは結ぶときのまとめ方。ボブの場合は、ブラシを使ってきっちりまとめるよりも手ぐしでルーズにまとめるのが正解! ざっくりまとめることでどうしても出てしまう後れ毛ともバランスをとることができます。

3.スタイリング剤を正しく使う

最後のポイントはスタイリング剤を正しく使うこと! 「スタイリング剤って使い方や使うタイミングがわからない……」なんて思ったことありませんか? スタイリング剤には「アレンジ前に使ってアレンジしやすくするもの」と「アレンジしたあと崩さないために使うもの」に大きくわかれます。ここではスタイリング剤の使い方をタイプ別にレクチャー。正しく使っていつものアレンジをグレードアップしてみてくださいね♪

▼アレンジ前に使うのは「オイル・バーム」

オイルやバームはアレンジ前に使うのがおすすめ! 手のひらで少しあたためて使うとしっかりのびて髪全体になじませることができます。髪がまとまってアレンジしやすくなり、ツヤ感やウェット感などの質感をプラスできるのもメリット。

▼スタイリングとダメージケアが同時にできる!

ロレアル パリ(LOREAL PARIS)

エルセーヴ エクストラオーディナリー オイル エクラアンペリアル 艶髪オイル

フレンチローズオイルを配合したヘアオイル。これ一本でスタイリングからダメージケアまでしてくれる優れモノ! ドラッグストアなどで手に入るのもうれしいポイント。

▼天然成分で髪にやさしい

天然成分だけでできたヘアバーム。シアバター、ホホバオイル配合で髪に潤いをあたえながらスタイリングすることができます。固めのテクスチャーなので、手のひらでしっかりあたためてから使うのがポイント。

▼アレンジ後に使うのは「ワックス」

ワックスは後れ毛や前髪のスタイリングにかかせないアイテム! 結んだあとに全体のバランスをみながら少量ずつ使うのがポイント。後れ毛が出やすいボブポニーテールなので、ワックスで後れ毛にもしっかりニュアンスを出すことでこなれ感がグッとアップします。

▼ミルクタイプで使いやすい

ミルクタイプのヘアワックス。べたつかず、自然なニュアンスでスタイリングすることができます。さらりとしたテクスチャーであつかいやすく、初心者さんにもおすすめ!

▼ほどよい束感を出すならこれ!

クリームタイプのワックスで、なめらかな質感と軽やかな伸びが魅力的。べたつかないのにほどよい束感とウェーブ感を一日中キープしてくれます。

▼アレンジをしっかりキープさせるなら「スプレー」

スプレーはアレンジの最後にサッとひと吹きすることで崩れを防いでくれます。しっかり距離を離して使うのがニュアンスを壊さずにスタイリングするポイント! 仕上げに使うのである程度キープ力のあるハードタイプのスプレーがおすすめ。

▼立体感まで一日キープ!

立体感・ボリューム感・動きを一日中キープ! バリっと固まらず、前髪など繊細な部分のセットにもピッタリです。

▼雨・風にも負けずにキープ!

ヘアスタイルをしっかり固めて雨・風の日も崩れない! 髪をケアする5種類のVital Oil配合で、スタイルキープしながらヘアケアできるのも嬉しいポイント。

《高め》ポニーテールはどうやって作る?

ボブだと長さがたりず低めの位置でしか結べない……なんて思ったことはありませんか? 実は結び方を工夫すればボブでも高めのポニーテールができちゃうんです! 方法はズバリ4つ。自分の髪の長さやボリュームにあわせてぜひトライしてみて♪

  • 「ヘアピン」で余分な後れ毛をまとめる
  • 「ヘアバンドやスカーフ」で後れ毛を固定する
  • 「スタイリング剤」で余分な後れ毛をまとめる
  • 「逆りんぱ」で後れ毛もまとめる

「ヘアピン」で余分な後れ毛をまとめる

髪を結んだあとにパラパラ落ちてきてしまう余分な後れ毛はピンでとめちゃいましょう! 黒いアメピンでもいいのですが、ゴールドピンやカラーピンを使うとおしゃれと崩れ防止が両立できるのでおすすめ。毛束に対して垂直になるようにピンをとめると毛束をしっかりとめることができます。

「ヘアバンドやスカーフ」で後れ毛を固定する

ヘアバンドを使ったアレンジも高めのポニーテールにはピッタリ。首までヘアバンドをおろした状態でポニーテールにし、最後にヘアバンドで余分な後れ毛も下から一緒にまとめてしまう方法です。崩れにくく、アレンジも楽しめるのでぜひチャレンジしてみて。

「スタイリング剤」で余分な後れ毛をまとめる

パラパラ落ちてくる毛が少なめの方は、スタイリング剤で後れ毛をまとめるだけでも◎。結んだあとコームで毛流れを整えながら、固めのワックスやスプレーをつけるのがポイント。つけすぎるとべたついたり白浮きしてしまったりするので注意して。

「逆りんぱ」で後れ毛もまとめる

きっちりまとめた高めポニーテールもかわいいですが、逆りんぱをくわえるとさらにかわいさがアップ! このひと手間でこなれ感たっぷりのアレンジになるのでぜひ試してみて♪

▼「逆りんぱ」ポニーテールのやり方

  1. 耳の上あたりで髪を上下にブロッキングする。
  2. 下の毛をひとつに結び、結び目の根元に隙間を作って下から毛束を通し逆りんぱにする。
  3. 上の毛と2の逆りんぱの毛先をあわせてひとつに結ぶ。
  4. 全体をほぐして完成。

《後れ毛あり》でゆるふわアレンジ

ボブポニーテールは、後れ毛でかわいいルーズ感を出せるのがとっても魅力的なヘアアレンジです。「あえて出してる感」を出すことで脱ボサボサ! ルーズ感のある後れ毛をマスターしてゆるふわアレンジにチャレンジしてみて♪

ルーズな後れ毛にするポイント

パラパラと落ちてくる後れ毛は、しっかり巻いてオイルやワックスでツヤ感を出すことで「あえて出してる感」に変化。また、後れ毛は必要以上に出ているとだらしなくみえてしまうので鏡で後ろ姿まで確認することを忘れずに!

  • 全体のバランスをみて必要ない後れ毛は“ピンでとめる”
  • 後れ毛はそのままにせず“しっかりと巻く”
  • 仕上がりに“オイルやワックス”でツヤ感を出す

ここからは、ボブポニーテールにピッタリな“後れ毛の巻き方”をご紹介していきます。

後れ毛の巻き方

▼外ハネ

毛束をとって毛先にコテをあて、外側にくるんっとするだけ。ストレートアイロンなら根元からスッとアイロンを通し、毛先のところでゆっくり外側にアイロンを半回転させれば完成! とっても簡単なので初心者さんにもおすすめ。

▼ミックス巻き

毛束を2~3本にわけ、コテアイロンやストレートアイロンで外巻きと内巻きで交互に巻くだけ。アイロンを長くあてるとカール感が強くなりすぎるので、サッと熱をとおすぐらいにするのがポイント。

《後れ毛なし》できっちりアレンジ

後れ毛のないきっちりポニーテールにもチャレンジしたい! そんなときはピンとスタイリング剤を上手に使って後れ毛をまとめちゃいましょう。アレンジ前にベースをしっかり作っておくと後れ毛もまとめやすくなりますよ♪

パラパラ落ちる後れ毛はピンで留める

短くて結びきれなかった毛はピンを使ってとめるとスッキリまとまります。とめたい毛束に対して垂直になるようにピンをとめるのがポイント。ゴールドピンやカラーピンを使えばおしゃれも両立できちゃいます。

スタイリング剤できっちりまとめる

細かい浮き毛や後れ毛はスタイリング剤を使えば解決! ワックスでまとめたあと、スプレーをすれば崩れづらくなります。このときコームを使って毛流れを整えるとよりキレイな仕上がりに!

《前髪あり・なし》で印象は変えられる

シンプルなポニーテールアレンジだからこそ、前髪で印象を変えてみるのも◎! ここではボブポニーテールにピッタリな前髪をご紹介します。ぜひアレンジに取り入れてみてくださいね♪

前髪あり

▼うざバングで色気をON

アクティブな印象のポニーテールアレンジに色っぽさをプラスしてくれるうざバング。長めの前髪をワンカールさせ、ワックスでスタイリングするだけなのでぜひトライしてみて!

▼オン眉ならキュートに仕上がる

一見難しそうなオン眉ですが、じつは顔の印象を明るくしたり目力がアップしたりとメリットがたくさん! 愛らしくキュートな印象を演出してくれます。セットするときは束感を出して無造作に仕上げるのがおすすめ。

前髪なし

▼センターパートで大人っぽく

前髪をセンターパートにするだけでいつものポニーテールがグッと大人っぽくなるんです! セットするときは後ろに流すように外巻きにするのがポイント。前髪の長さを問わずにできるので、同じ前髪に飽きてしまった人におすすめ。

▼ポンパドールで大人可愛いを狙う

クールにな印象のポンパドールも、ボブポニーテールとあわせれば大人可愛いスタイルに! きっちりまとめるよりも、少しラフに崩すのがこなれ感を出すポイント。前髪が短い人もチャレンジできるのでぜひ試してみて。

《アレンジ集》まわりと差をつけて!

「ボブポニーテールっていつも結ぶだけで飽きてきた」「短くてアレンジができない」なんてお悩みありませんか? じつは髪が短くてもアレンジはできちゃうんです! 最後に、ボブポニーテールにピッタリなアレンジをたっぷりご紹介。簡単なアレンジばかりなので、ぜひトライしてみてくださいね♪

「くるりんぱ×ねじり」でこなれ感

耳の上から髪をひとつに結んでからくるりんぱ、残った下の毛をサイドからねじって結ぶだけの簡単アレンジ! 簡単なのにこなれ感がグッとアップしちゃいます。ポイントはしっかり髪を巻いてからアレンジすること。

「くるりんぱ」で落ち着いた雰囲気に

耳の後ろあたりで髪をハーフアップにしてくるりんぱしたら残りの毛と一緒に結ぶだけ! 2回にわけて結ぶことで崩れづらくなり、キレイなくるりんぱにすることができます。ヘアアクセを使えば簡単にゴム隠しもできちゃう♪

「三つ編み」でガーリーに

髪を一度ひとつ結びにしてから三つ編みするだけの簡単アレンジ! 三つ編みはきつめに編んであまりほぐさないのがポイント。低めだと大人っぽく、高めだとよりキュートに仕上がります。

「リボン」で女の子らしさをプラス

アクティブな印象になりがちなボブポニーテールは、リボンを結ぶだけで女の子らしさがグンとアップ! 細めのくすみカラーを選べば大人可愛く仕上がります。ゴム隠しも一緒にできちゃうのでぜひ試してみて。

「クレセントコーム」でアクセントを

コーム型のヘアアクセサリー。挿すだけでこなれ感がグンとアップしちゃう優秀アイテムです! ボブポニーテールには小さめのものをあわせるのがポイント。耳のあたりにつけて横顔美人をめざして♪

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW