BEAUTY

結婚式の【髪飾り】のマナーをお届け!お呼ばれヘアアクセのお手本帳

2020/01/06

結婚式にお呼ばれしたらドレスや髪型のことが気になりますよね。かわいい髪飾りでオシャレしたいけれど、ヘアアクセサリーにもマナーがあるのをご存じですか?
「生花はNG?ドライフラワーはOK?パールなら間違いなし?」すべての疑問をまとめて解決します!
マナーを守ってオシャレを楽しむのが、大人女子のたしなみなんです♪

※価格表記に関して …価格は参考価格です。価格が変動している可能性があるため、販売サイトでご自身でご確認ください。また、表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

※画像に関して…画像はすべてイメージです。参照リンクは予告なく削除されることがあります。

結婚式の髪飾りの【NGマナー】は?

  • POINT【1】生花は絶対NG
  • POINT【2】大きすぎるヘッドアクセサリーNG
  • POINT【3】ファーや革、黒一色の髪飾りNG

結婚式には、大人女子なら守るべき最低限のマナーがいくつかあります。
なかでも知らないと恥ずかしい3つの「髪飾りのマナー」をご紹介!

主役はあくまでも花嫁。主張しすぎの髪型や髪飾りは好まれません。
場にふさわしい上品なおしゃれを楽しんで、気持ちよくお祝いしましょう♪

POINT【1】生花は絶対NG

ブーケや髪飾りで生花を使うのは、主役である花嫁の特権です。
たとえ造花であっても花モチーフは避けるほうが無難。


どうしても使いたい場合は、控えめの小さなものを、髪の後ろ側や下側に添える程度にしましょう!

POINT【2】大きすぎるヘッドアクセサリーNG

大きなヘッドアクセサリーで華やかに飾るのは結婚式ではNGのひとつ。
常識的な大きさの上品なものを選びましょう。

ティアラなどは当然花嫁だけが身に着けることができるアイテムなので、小さいものであっても避けるべきです。

POINT【3】ファーや革、黒一色の髪飾りはNG

殺生を連想させるファーや革製品もお祝いの席では好まれないアイテムです。同じように、お葬式のイメージが強い黒色の髪飾りを好まない方もいます。

しかし、最近の結婚式では黒アイテムが大丈夫な場合も多くなりました。
とはいえ年配の方は気にすることもあるので、黒の髪飾りのときは明るい色のドレスにするなど、黒一色にならないように気をつけましょう。

▼【5つ】の結婚式の服装マナー

お呼ばれの定番【パール】なら間違いなし!

冠婚葬祭の強い味方といえばパール。パールの髪飾りなら間違いなしです。

派手にならず、カジュアルにならず上品に。しっかりと華やかさもあるパールの髪飾りをお届け♪

王道パールバレッタ

パールのバレッタなら、ハーフアップはもちろん編みおろしやシニヨンなど、どんなヘアスタイルにもマッチ。上品に華やぎをプラスしてくれます。ショートからロングまでレングスを選ばないのも魅力♪

小花モチーフのパールピン留め

パールの小花飾りは上品で華やか。ちょこっと飾るだけで、シニヨンなどいつものまとめ髪がドレスアップされ、一気に結婚式仕様になります。

パールとゴールドの髪飾り

パールとゴールドの髪飾りはゴージャスな印象に。パールはつけるだけで特別感の出るアイテム。小ぶりで品もいいので着物姿にもぴったり。

マナーが難しい【花飾り】はこれで解決!

花飾りはマナーが難しいアイテム。できれば避けたほうが無難です。

しかし、ドレスやワンピースを彩る最適のアイテムでもあり、浴衣コーデなどに使いまわしができるので、できれば取り入れたいのも本音です。

そこで、 マナー違反にならない花飾りをお届けします♪

フラワーモチーフの白バレッタ

生花NGは当然ですが、たとえ造花であっても、まるで生花のようなリアルなつくりのものは避けるべき。そこで、リアル感のないかわいいフラワーモチーフをチョイス。華やかさもあるのでドレスにもマッチしてくれます。

パールのスモールブーケ

小さなパール調のビーズでつくられたスモールブーケは清楚で可憐なイメージにぴったり。ビーズやパールなどの花飾りなら、大きさにさえ気をつければマナー違反になりません。

優しい印象のドライフラワー

きれいな色合いのドライフラワーの髪飾りならドレスにぴったり。小さめのものをまとめ髪の下側に飾ります。前から見たとき顔まわりにかからないようにするのがポイントです。主張しすぎない控えめのオシャレを目指して。

甘すぎない大人の【リボン】はこれできまり!

「リボンは子供用の髪飾りだから、私たちには年齢的に似合わないし……」と思っていませんか?
いえいえ、 そんなことはないんです!

甘すぎないリボンの取り入れ方で、大人かわいいレトロモダンを演出できます♪

上品なベロア調リボンバレッタ

ベロア素材のピンクバレッタは適度な存在感あり。不器用で難しいアレンジは無理という方でもできるハーフアップ。仕上げにリボンバレッタを飾ればグッと特別感が出ます。

ブラウンリボンで落ち着いた雰囲気に

大きめのリボンは、幼く見えることもあるので色選びが大切。黒やブラウンなら大人っぽくきまります。ベロアやシフォン素材を選べば、カジュアルな印象になりません。

ネイビーのサテンリボンは好感度◎

バナナクリップは、崩れにくくカチッと留まってくれるので、アレンジのお役立ちアイテムです。デイリーでも重宝しますが、光沢の美しいエレガントな生地感のものを選べばお呼ばれ仕様に。

【おすすめ髪飾り】レングス別

短めのレングスならヘアクリップが扱いやすいし、長いレングスならまとめ髪にかんざしもきまります。

ショートならダウンヘアに映える髪飾り、ボブやロングはまとめ髪を上品に彩る髪飾り。それぞれのレングス別にステキな髪飾りはいかが?

「ショート」スタイル

▼凛としたあじさいのヘアクリップ

主張しすぎず、凛と咲いている印象のあじさいクリップを添え、おそろいのピアスをまとえば可憐なスタイルが完成。ストレートのショートヘアに適度な華やぎをON。

▼バレッタで簡単ハーフアップ

ショートヘアでもできる簡単ハーフアップアレンジ。レングスが短いショートはハーフアップでもじゅうぶん華やか。リーフモチーフのバレッタで輝きアップ。

「ボブ」スタイル

▼簡単くるりんぱをリボンで飾る

シンプルなくるりんぱハーフアップがこんなに目を引くのは、存在感のある大ぶりのリボンのおかげ。毛先を少し内巻きにして仕上げれば清楚なモテ髪に。

▼ドライフラワーで爽やかガーリー

花モチーフの髪飾りは後ろ側に控えめに飾ることがポイント。ネイビーのドレスに合わせたパープルのドライフラワーが、寒色カラーのグラデーションをつくり爽やかな印象に。

「ロング」スタイル

▼編みおろしにまとうシルバーのバレッタ

旬の編みおろしアレンジの真ん中に、バレッタの輝きをON。それだけで簡単な三つ編みアレンジが結婚式スタイルに格上げされます。シルバードレスとシルバーバレッタの色合わせもGOOD。

▼かんざしで和服に華やぎを添えて

大人っぽい和服には渋めのカラーのかんざしを添えて、さらに落ち着いた色っぽさを演出。揺れるかんざしは、小ぶりでも大きなヘッドアクセサリーに引けを取らない存在感あり。

自分でできる!簡単アレンジ

結婚式用にお気に入りのドレスと、それに合わせた髪飾りを用意したら、自分でヘアアレンジにも挑戦したいところ。

華やかなアレンジは難しいと思われがちですが、やり方さえ知っていれば、実は自分で簡単にできるんです!

そこで、「簡単アレンジのやり方」をお届けします。ぜひ参考にしてみてください♪

『ハーフアップ』で華やかに

  1. 両サイドの毛束を残すようにして、中央部分の髪を丸く取りゴムで結びます。
  2. (1)の結び目の数センチ下側をゴムで結びくるりんぱします。
  3. (2)と同じ工程をもう1回繰り返します。
  4. 両サイドに残した毛束をそれぞれロープ編みにし、ゴムで結びます。
  5. くるりんぱを巻きつけお団子にし、ピンで留めます。両サイドのロープ編みもお団子に巻きつけてピンで留めます。全体のバランスを見ながらよくほぐしてできあがり。華やかなお団子が結婚式にぴったり。

巻き髪を固めすぎずにふんわりキープしてくれる、ロレッタのヘアスプレー。巻き髪専用のスプレーなので特別な日の華やかなアレンジの強い味方です。

立体感や髪の動きを1日中強力にキープしてくれるケープエクストラキープ。結婚式アレンジのように、手の込んだ髪型を長もちさせてくれる優秀選手。

『ポニーテール』の編み込みアレンジ

  1. まず耳上部分の髪を後頭部に向かって編み込んでいきます。
  2. 両サイド同じように編み込んだら、編み込んでいない残りの髪と合わせて高い位置でポニーテールにまとめます。
  3. 結んだゴムを大きめのリボン型バナナクリップで留めればできあがり。編み込み部分をしっかりほぐしてあげることがポイント。

上品なリボンバレッタは大人っぽいまとめ髪にぴったり。オフィスも大丈夫なので、デイリーにも使えます。憧れのフェラガモを自分へのご褒美にいかが?

『編みおろし』はそれだけで旬

  1. 髪全体をコテで巻いて巻き髪にします。
  2. 顔まわりにおくれ毛を残し、うなじのあたりでひとつに束ねくるりんぱします。
  3. (2)の下側をゴムで結んでさらにくるりんぱします。
  4. 全体のバランスをみながらよくほぐしてあげればできあがり。華やかに仕上がるように顔まわりのおくれ毛をコテで巻いてウエーブにするのがポイント。

結婚式にも、ちょっとしたお呼ばれにも、ひとつあれば重宝するのがパールのヘアアクセサリー。上品で清楚なイメージのパールは誰からも愛されるので、安心して使える優秀アイテムです。

『シニヨン(シニョン)』で大人の上品さを

  1. 髪全体をコテで巻いて巻き髪にします。
  2. 顔まわりにおくれ毛を残し、うなじのあたりでひとつに束ねくるりんぱします。
  3. (2)の毛束の先の方をゴムで結びます。
  4. 結んだ毛束をくるりんぱの中に入れ込み、ピンで留めます。髪が余る人は何回かまわして入れ込んでいきますが、同じ所だけでなく広がるようにずらしながら入れ込みます。
  5. 全体のバランスを見ながらよくほぐしてあげればできあがり。華やかに仕上がるように顔まわりのおくれ毛をコテで巻いてウエーブにするのがポイント。

はやりのクレセントコームを手軽な価格で賢くゲット。シニヨンや編みおろしに上品な大人の華やぎをON。デイリーアレンジもこれだけで一気に結婚式仕様になります。

【髪飾りなし】でもさみしくならない華やかヘア

結婚式はあくまでも花嫁が主役なので、髪飾りなしでも問題はありません。
とはいえ、お祝いの気持ちが見えないような手抜きヘアや、さみし過ぎるヘアスタイルはNGです。

髪飾りなしでもさみしくならないように、編み込んだり、毛先を巻いたりして華やかさ忘れずにしましょう♪

簡単かわいいねじり前髪

前髪をくるくるねじってピンで留めただけの簡単アレンジ。ショートヘアならこれだけでも雰囲気が変わり特別感が出ます。毛先をコテで巻いて動きをつければ、お祝いにふさわしい華やかさに。

ゴージャス巻き髪の編みおろし

丁寧につくりこまれたロングヘアのアレンジは、髪だけでじゅうぶんゴージャスなので、髪飾りはなくても大丈夫。飾りを必要とさせないのは毛束のボリューム感のおかげ。

着物にぴったりの大人シニヨン

しっとりとした質感のツヤめくまとめ髪は和服美人の大切な要素。顔まわりにかかるニュアンシーなおくれ毛が、飾りなしでも香り立つ色気のポイント。

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW