BEAUTY

ショートボブに恋をして!《前髪あり・なし》《パーマ》《ヘアアレンジ》まで一挙公開

2019/12/27

今ちまたで大流行しているショートボブヘア。とくに、おしゃれな大人女子からの支持が絶大です。そこで、トレンドの黒髪スタイルから、前髪あり・なしの参考スタイルまで。さらに、髪が短くても簡単にできるヘアアレンジも併せてご紹介。これを読めば、あなたもショートボブのとりこになること間違いなしです!

※価格表記に関して …価格は参考価格です。価格が変動している可能性があるため、販売サイトでご自身でご確認ください。また、表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

※画像に関して…画像はすべてイメージです。参照リンクは予告なく削除されることがあります。

ショートボブは「可愛い・おしゃれ」なイメージで、一度ハマるとなかなか抜け出せないなんて噂も 。トレンドということもあり、可愛いヘアスタイルがたくさん登場するのでぜひご参考に!

ショートボブが大人女子に支持される《3つのワケ》

昨今のショートボブブームを後押ししている魅力とは一体何なのでしょうか? とくに大人女子の支持率が高いのも気になるところです。そんな大人女子がこぞってショートボブに夢中になっている3つのワケをご紹介します 。これであなたもショートボブにしたくなるかもしれません!

〈魅力1〉「可愛い」と「かっこいい」を兼備

ショートボブは、「可愛い」と「かっこいい」の両方が手に入るという、欲張りな願いを叶えてくれるヘアスタイルです! さらに、マニッシュ、モード、ガーリーとどんなコーデとも好相性。ルックスも使い勝手もいい、大人女子の強い味方です。

〈魅力2〉360度、全方位美人

首をほっそりキレイに見せる襟足のくびれ、頭の形をきれいに見せてくれる丸みのあるカットライン、顔周りをそっとカバーして小顔へ導くサイドの毛。どの角度から見ても美人に見えるヘアスタイルです。

〈魅力3〉「パーマ」も「ストレート」もどちらも今っぽくなれる

重くなりがちなパーマスタイルもショートボブなら、軽やかに動きを出して抜け感を演出。顔周りでパラりと揺れるストレートなら、色っぽさとハンサムさが絶妙にマッチして大人女子の欲張りを叶えてくれます。結果どちらをチョイスしても間違いないスタイルということなのです!

《3大トレンド》スタイルは【黒髪・暗髪・切りっぱなし】

ショートボブのトレンドとなっている 「黒髪・暗髪・切りっぱなし」スタイル。ショートボブにチェンジするなら、 この3大トレンド要素は抑えておきたいポイントといえます。ストレートからパーマまで、季節やコーデを問わず活躍するトレンドのショートボブスタイルをぜひ参考に!

トレンド1:『黒髪』で今っぽさをON

▼黒髪×ワンカールパーマ

顔周りに暗い印象を与えそうな前髪長めのショートボブは、大きめにカールを描いたワンカールパーマでふんわり軽い印象にチェンジ。

▼黒髪×前下がりショートボブ

後ろを短くし、サイドにかけて長くなるようにカットした前下がりのショートボブ。何といっても頭の形をきれいに見せながら、気になるフェイスラインをカバーする効果もアリ。

トレンド2:『暗髪』で溢れる透明感

▼暗髪×ニュアンスパーマ

ランダムに入ったニュアンスウェーブと、こなれ感抜群の暗髪の組み合わせは大人女子なら抑えておきたいスタイル。

▼暗髪×ハンサムショートボブ

マニッシュな印象のハンサムヘアを底上げする暗髪カラー。透き通るような透明感のあるカラーは大人のクリーンな美しさをよりアップさせてくれます。

トレンド3:『切りっぱなし』でしゃれ感UP

▼切りっぱなし×くせ毛風パーマ

ボブやミディアムなど少し長めのカットでもトレンド入りしている切りっぱなし。もちろんショートボブにも好相性です。ここはあえてストレートではなく動きのあるくせ毛風パーマでキュートさをプラスして。

▼切りっぱなし×ワンレンストレート

同じ切りっぱなしのカットラインでも、前髪なしのワンレンヘアならさらさのストレートで女子力UPを狙うのもあり。顔周りのカバー力が高いのも嬉しいポイントです。

【前髪あり・なし】大人の可愛いはどっちで叶える?

大人女子が髪型をチェンジするときにぶつかりがちな「前髪問題」。より大人っぽさを強調するなら前髪なしだし、可愛さをアップさせるなら前髪あり……。でもそこは両方叶えたいところですよね。さらにいえばトレンドはハズシたくない。そこで、ショートボブにぴったりの、トレンドを抑えた前髪あり・なしスタイル をお教えします!

前髪ありなら

▼ぱっつんオン眉

老け見えを簡単に回避してくれるオン眉のぱっつん前髪。頑張りすぎていないナチュラルな雰囲気が根強い人気です。

▼透けバング

短すぎるのはちょっと抵抗がある、もしくは普段着ているコーデの雰囲気と合わない……。という方はこの透けバングがおすすめです。長めの前髪に束感を与えるだけで一気に今どき顔に。もちろん可愛さもしっかり添えてくれます。

前髪なしなら

▼かき上げバング

前髪なしさんにぜひトライしていただきたいのがこのかき上げバング。パーマやコテなどでゆるくカールをかけたりすると、なおよし。柔らかい印象と抜け感がUPして大人っぽさと可愛さを同時にまとうことができます。

▼横分けバング

クリーンな印象がある黒髪のショートボブは前下がりでトレンドを意識して。センターではなく横分けにしてこなれ感を演出、さらに片方だけ耳にかけているのもポイント高めです。

前髪に最適!おすすめスタイリング剤

伸びのよいファイバークレイタイプのクリーム系ワックスで、カールや立体的なアレンジに最適。さらに、美容トリートメント成分とダメージケア成分が配合されているのも嬉しいポイント。

少量使えばナチュラルに、重ね付けすればウェットに、と使い方次第でいろいろな表情を演出できます。スキンケア成分を配合したバームなので、手に残ったらそのままハンドケアもOK。

【ヘアアレンジ】で魅力をもっと引き出す!

ショートボブは髪が短いゆえにヘアアレンジには向かない、または難しいと思われがち。そんなアレンジ迷子の人必見! おしゃれ上級者を参考にした、 コテやアイロン、ヘアアクセを使ったショートボブのアレンジ術を伝授します。髪が短いからと諦めないで! アレンジの幅を広げて魅力を引き出しましょう。

ゆるふわヘアと巻き方をレクチャー

▼ワンカール

コテやアイロンが苦手な人でも簡単にトライしやすいのが、このワンカールです。内巻きかつ大きめのエアリーなカールが、ふんわりと優しい印象の可愛さを添えてくれます。

〈やり方〉
コテでやる場合は、コテで毛先を挟んで内側に回転させます。
アイロンでやる場合は、束の中間くらいから毛先に向かってアイロンを滑らせながら、毛先を内側に回転させます。

▼外ハネカール

先ほどの内巻きとは逆に外にハネさせたカールも旬アレンジです。同じ「可愛い」でも、こちらは少しアクティブなイメージに。女性をポジティブに導く元気な印象を与えてくれます。

〈やり方〉
コテでやる場合は、コテで毛先を挟んで外側に回転させます。
アイロンでやる場合もコテと同様に、毛先を挟んで外側にはねるように回転させましょう。
これだけでも十分可愛いですが、毛束の中間部分に内巻きカールを加えるとよりこなれた印象に。

結婚式で悩まない!簡単テク

結婚式などの急なお呼ばれには、ピンアレンジがおすすめです。トップやサイドの長い部分をピンで留めるだけなので自分でも簡単にできるうえ、きちんと感や清潔感のあるアレンジに仕上がります。

〈やり方〉
サイドの髪の毛を2段に分けて、それそれをねじって後ろでピン留めします。事前に全体をコテで軽く巻き、スタイリング剤までつけておくとアレンジしやすくなります。また、意外と忘れがちな前髪も、毛先だけ軽く巻いてあげましょう。

不器用さんはハーフアップがいい!

面倒くさいことが嫌いだったり不器用という人は、ゴムでお団子をつくるだけでできるハーフアップがベスト。ピシッとまとまっていない方が、抜け感があっておしゃれに見える楽ちんアレンジです。

アレンジに最適!おすすめスタイリング剤

寝る前につけるだけで、翌朝のカールセットを楽にしてくれるスタイリング用のベースオイルです。時短と同時に、べたつかずにふんわりキレイなカールが叶うと口コミでも高評価です。

ダメージを補修しながらナチュラルなニュアンスを出してくれるので、ダウンスタイルはもちろんピンアレンジやハーフアップにもおすすめです。ミルクタイプのワックスなのでワックス特有の手のべたつきもなし。

セミウェットな質感で、ツヤ出しや前髪の束感つくり、まとめ髪などと幅広い用途で活躍してくれる、使い勝手の良いジュレタイプ。

年齢問わず似合う!【年代別】ショートボブおすすめスタイル

ショートボブがトレンド入りしているのは、 世代から高い支持を得ているから。確かに、若い女性には大人っぽい印象を与えてくれたり、大人の女性には若々しさをプラスしたりと、女性のなりたいを叶えてくれるヘアスタイルといえます。各年代別におすすめするスタイル提案を参考に、自分にぴったりのショートボブを見つけてください!

20代は、少しだけ背伸びして

カジュアルでボーイッシュな印象になりがちなショートボブ。20代は大人顔なスタイルがちょうどいいかも。女性らしいふんわりした丸みのあるフォルムに、毛先の動きと束感、透けバング、と少しあざとさを演出して。

30代は、カラーリングで遊ぶ

どんなヘアスタイルもスマートに馴染む30代。カットやスタイリングでイメチェンするのもいいけど、思いきってカラーで遊んでみてはいかがでしょうか? ワンカラーでただ染めるのではなく、アクセントになるカラーリングにすればそそれだけで一気にしゃれ感に。

40・50代は、優しさを添えて

肩の力を抜いたナチュラルな雰囲気が魅力的な40・50代は、丸みのあるフォルムと明るめのカラーリングで優しい印象にするのが◎。自然と女性らしさも格上げされます。

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW