BEAUTY

ポニーテールはストレートでもいいの?前髪ありなしや巻き方を工夫すればOK!

2019/12/25

最近は巻き髪が主流のポニーテールですが、“ストレート”でもとってもかわいくできるんです! でもストレートのままだと「手抜き感が出てしまう……」「おばさんっぽくなる……」なんて思ったことありませんか? 今回はそんなお悩みをズバリ解決! 基本のストレートにする方法からポニーテールのやり方、おしゃれなボブ・ミディアム・ロング別のアレンジまでたっぷりレクチャー。さらに前髪や結ぶ高さでの違いもご紹介していくので、ぜひ参考にしておしゃれなストレートポニーテールをマスターしてみて♪

※価格表記に関して …価格は参考価格です。価格が変動している可能性があるため、販売サイトでご自身でご確認ください。また、表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

※画像に関して…画像はすべてイメージです。参照リンクは予告なく削除されることがあります。

ストレートのポニーテールはかわいい!作り方を覚えてオシャレ度UP

まずは基本的なストレートポニーテールの作り方からご紹介していきます。ストレートアイロンを使ってストレートにする方法からポニーテールの巻き方まで徹底的にレクチャー! コツをおさえれば初心者さんでもおしゃれなストレートポニーテールができるんです♪
簡単にできるのでぜひトライしてみて。

ストレートにする方法とは

きれいなストレートヘアにするには、アイロンをかける前にしっかりとブラッシング&ブロッキングするのがポイント。ブロッキングは上下ふたつに分けるだけでもOK! アイロンをかけるときは毛束を一度サッとなでる程度の強さですべらせ、もう一度根元からゆっくりアイロンを毛先まですべらせましょう。こうすることでパサつきをおさえながらしっかりストレートにすることができます。

ストレートポニーテールの作り方

  1. 髪をしっかりブラッシングしてから、ブロッキングする。
  2. ストレートアイロンで髪をストレートにする。
  3. オイルやワックスを毛先から揉みこむようにつける。
  4. ブラシでとかしながらひとつにまとめて結ぶ。(ルーズにしたいときは手ぐしでも◎)
  5. 結び目をおさえながらトップをほぐす。
  6. 結んだ毛束からゴム隠し用の毛束を少量とり、結び目に巻きつける。
  7. ピンで6の毛束を留め、後れ毛を好みで巻いて完成。

▼仕上げのスタイリング剤でまわりと差をつけて

べたつかないミルクタイプのテクスチャーで、初心者さんにも扱いやすいワックス。アレンジ前に少量揉みこめば、髪がまとまってアレンジしやすくなります。ほどよいツヤ感もプラスしてくれるのでぜひ一度試してみて。

クリームタイプのテクスチャーで、べたつかず扱いやすいスタイリング剤。自然由来成分100%なので、髪に使ったあとはそのままハンド・ボディクリームとしても使えます。ダメージケアしながら髪にまとまり感をプラスしてくれる優秀アイテム。

髪を保湿しながらまとまりをあたえてくれるオイル。肌にやさしい低刺激性なので安心して使えます。ドラッグストアで手軽に手に入るのもうれしいポイント!

ストレートアイロンで作る“簡単な巻き方”

基本のストレートポニーテールの作り方がわかったら、ストレートヘアにひと手間くわえて簡単イメチェン! 外ハネ・ワンカールは毛先をすこし巻くだけの簡単アレンジなので初心者さんでもトライしやすい。動きをつけたいときに取り入れてみて。

▼「外ハネ」のやり方

ストレートアイロンはまっすぐにするだけじゃないんです! アイロンを毛先まですべらせるとき、毛先にいく前で外側にアイロンを半回転させることで「外ハネ」にできます。このときアイロンは止めずにゆっくり動かしながら手首を返すようにするのがコツ。一気にこなれ感が出るのでぜひ試してみて♪

▼「ワンカール」のやり方

アイロンを毛先部分で内側に半回転させれば「ワンカール」だってできちゃうんです! エレガントで落ち着いた印象を演出してくれるので、大人っぽくしたいときはワンカールがおすすめ。やり方とコツはストレートや外ハネと変わらないので、ぜひ一緒にマスターしてアレンジを楽しんじゃいましょう!

▼キレイなストレートヘアを作るにはこれ!

電源を入れてから約30秒で使用可能な温度に到達するので、すぐに使いたいときにピッタリ! ほどよいサイズ感で髪全体にも後れ毛などの細かい部分にも使いやすいのがうれしいポイント。

夜に仕込めば朝がとっても楽になる優秀オイル! セットする前日になじませて乾かせば朝はそのままセットするだけ。べたつかず軽い質感で素髪っぽさを演出してくれます。

【高め・低め】で結ぶと印象の違いはある?

基本のポニーテールの作り方がわかったところで、ポニーテールの高さもどうしたらいいか気になりませんか? 実はポニーテールって高さで印象を変えることができるんです! ここでは高さによって変わる印象をご紹介していきます。その日のシーンや気分にあわせて高さを選んでみてはいかが?

ハイポニー

王道の高め位置でのポニーテール。ハイポニーはズバリ「アクティブ」「明るい」印象に! スポーツのときや、顔まわりをスッキリみせたいとき、元気でやんちゃな雰囲気にしたいときにおすすめ。あごから耳の延長線上で結ぶとキレイなシルエットに仕上がります。

ミディアムポニー

ミディアムポニーは耳のうしろあたりで結んだポニーテールのこと。ハイポニーより落ち着いた印象になり、ミディアムのストレートポニーは「知的」「クール」といった印象を演出してくれます。オフィスで仕事のときや、アンニュイな雰囲気を出したいとき、清潔感を出したいときにおすすめ。うなじをみせることで色気も引き出してくれます。

ローポニー

ミディアムポニーより低い位置で結んだポニーテール。最近はポニーテールといえばこの高さが流行っています。ストレートのローポニーはズバリ「大人っぽい」「ナチュラル」という印象に! 大人っぽいヘアアクセサリーとも相性バツグンなので、アクセサリーを使いたいときや今っぽく仕上げたいときにおすすめ。ローポニーはきっちりまとめるより後れ毛やアレンジでこなれ感をプラスすると◎。

【前髪あり・なし】どっちが正解?

次にご紹介するのはストレートポニーテールにピッタリな前髪! ストレートポニーテールは前髪ありでもなしでもかわいく仕上がるんです♪ 前髪もポニーテールにあわせてかわいくしてみませんか?

前髪ありでナチュラルなかわいらしさを演出

▼「ぱっつん前髪」で王道のかわいさ!

ポニーテールとぱっつん前髪は超定番の組み合わせ! ぱっつん前髪がストレートポニーのクールさにキュートさをプラスしてくれます。トップにふんわりボリューム感をもたせることで王道アレンジのなかに今っぽさを引き出して。

▼「オン眉前髪」でさりげなく目力アップ

一見難易度が高そうなオン眉ですが、実はシンプルなストレートポニーと相性バツグンの前髪。オン眉にすることで顔の印象が明るくなり、目力もアップできちゃうんです! ミディアム~ローポニーとあわせると落ち着いた雰囲気も出るのでおすすめ。

前髪なしで大人っぽいクールさをプラス

▼「ポンパドール」でスッキリみせて

ポンパドールは伸ばしかけの前髪や長すぎる前髪でもチャレンジしやすい前髪です。高めのポニーテールにあわせればスッキリした印象に。顔まわりの後れ毛をプラスすれば大人可愛いが手に入っちゃう♪

▼「センターパート」で色っぽさを引き出して

ローポニーにはセンターパートをあわせて色気をたっぷり引き出して。頬のあたりにくる前髪で小顔効果もバツグンです。ワックスやオイルでウェット感を出せば簡単に旬なヘアスタイルに。

《ボブ》後れ毛や小物でこなれたアレンジに

髪が短く巻き髪がしづらいショートボブやボブさんは、巻かなくていいストレートポニーがピッタリ! あえて後れ毛を多めに出したり、ヘアアクセサリーを使えば短くてもポニーテールが楽しめるんです♪ とっても簡単なのでぜひトライしてみて。

ちょこんとミディアムポニーでキュートに

ちょこんと出た毛束がキュートなミディアムポニー。耳のうしろより少し下で結んだだけの簡単アレンジ! ヘアアクセをつければ一気にこなれ感がアップします。襟足の後れ毛はピンで留めたりせずにルーズさを残して。

サイドねじりでうしろ姿もスキなし

両サイドの耳上から毛束を取ってねじりながらうしろであわせて結んで。そのあと残りの毛とあわせてひとつに結ぶだけ! ヘアアクセサリーを使えばゴム隠しをしなくてOK! 初心者さんでもアレンジ上手にみえるのでぜひトライしてみて。サイドをほぐしすぎると顔が大きくみえてしまうので、トップだけしっかりほぐすのがポイント。

ヘアバンドで崩れ防止

難易度が高そうなヘアバンドアレンジですが実はとっても簡単。後れ毛や前髪を残しヘアバンドをつけうしろの髪をひとつに結ぶだけ! これだけなのに、崩れを防ぎながらおしゃれ度をグンとアップしてくれます。初心者さんは落ち着いたカラーの無地のものから選ぶと◎。

《ミディアム》束感やルーズさをアレンジにくわえて

ほどよい長さのあるミディアムさんはアレンジの幅が一気に広がります! シンプルになりがちなストレートポニーは、質感を変えてアレンジすることでこなれ感を引き出すのが正解。大人っぽさとかわいさを両立してアレンジを楽しんじゃいましょう♪

束感ローポニーでトレンド感をプラス

後れ毛や触覚ヘアを残しローポニーにしたあと、後れ毛や触覚部分にオイルとワックスを混ぜて揉みこみます。こうすることでウェットな質感になり束感のあるアレンジに! 一度につけすぎるとギトギトになってしまうので、少量ずつスタイリング剤をつけるのがポイント。

ルーズポニーでナチュラルかわいい

ポニーテールにするとき、ブラシを使わず手ぐしでまとめただけのルーズポニー。耳が隠れるぐらいゆったり結ぶのがポイント。ほつれるような後れ毛をプラスすることで、ナチュラルなかわいさを演出してくれます。

サイドねじりで大人可愛く

まず、両サイド耳上の毛束を残し残りの毛束をひとつに結びます。残った両サイドの毛束をねじりながら、結んだ毛束にそのまま巻きつけるだけの簡単アレンジ! トップをしっかりほぐしてサイドとのバランスを保つのがポイント。

《ロング》無限大のアレンジでうしろ姿美人に

十分な長さのあるロングさんはアレンジが無限大! ロングさんのストレートポニーは、スッとうしろに伸びる毛束が美しいのでそれをいかしたヘアアレンジがおすすめ。これをマスターしてうしろ姿美人になっちゃいましょう♪

ロープ編みでこなれ感を演出

トップと両サイドの毛束を襟足までロープ編みにして結んだあと、残りの毛とあわせてひとつに結ぶだけ! ロープ編み部分をゆるくほぐすのがポイント。簡単なのにアレンジ上級者にみえるのでぜひチャレンジしてみて。

三つ編みで今っぽさをプラス

耳上の高さでポニーテールにしたあと、毛束を三つ編みにするだけ。三つ編みをすこしきっちり編むことで今っぽいアレンジになります。三つ編みの部分に革ひもを巻いてもかわいく仕上がりますよ♪

清楚なストレートポニーでエレガントに

ローポニーを作ったあと、少し結び目を下にずらしてゴム隠しをするだけの簡単アレンジ。髪を結ぶ前にしっかりアイロンでストレートにすることと、アウトバストリートメントやオイルでツヤ感をたっぷりプラスするのがポイント。下準備をしっかりすればキレイなポニーテールに仕上がるのでぜひトライしてみて♪

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW