HAIR

【バンスクリップの使い方】ショートからロングまで簡単おしゃれなまとめ髪アレンジをご紹介!

2020/04/01

バンスクリップをご存知でしょうか? バンスクリップは簡単にオシャレなまとめ髪が作れるヘアアクセサリーなんです。今回は、バンスクリップの基本の留め方やレングス別のヘアアレンジを一気にご紹介します。ファッションやシーンに合わせてバンスクリップをプラスして、もっとオシャレになっちゃいましょう!

※価格表記に関して …価格は参考価格です。価格が変動している可能性があるため、販売サイトでご自身でご確認ください。また、表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

※画像に関して…画像はすべてイメージです。参照リンクは予告なく削除されることがあります。

バンスクリップって?〈4つの特徴〉

バンスクリップとは、毛束を横につかんで挟むヘアアクセサリーのことを言います。髪を簡単にまとめられるのでとっても便利なアイテムなんです。一度は目にしていたり、お家にひとつある方も多いのでは? ここでは、バンスクリップの特徴と魅力をあわせてご紹介していきます!

【1】さっとまとめ髪がつくれるのでお仕事にもぴったり!

バンスクリップは、テクニック不要でさっと簡単にまとめ髪がつくれます。お仕事中、「髪が顔にかかるのが気になる……!」なんてときや、お家でのちょっとした作業のときにぴったり。

【2】跡がつきにくい

髪を留めても跡がつきにくいのがバンスクリップの魅力のひとつ。お仕事後にダウンスタイルを楽しみたいという方はぜひバンスクリップを使ってみて。

【3】ショートからロングまで使い方さまざま

いろんなサイズのあるバンスクリップはショートの方からロングの方まで使えて◎。「いつも同じ髪型でマンネリしてきた……」なんてときに使うと雰囲気をガラリと変えられるのでおすすめ。

【4】アクセサリーとしても使える

バンスクリップはたくさんの種類があるのでファッションに合わせて楽しめるのも魅力。髪を留めるだけではなく、ファッションのアクセントとして取り入れることもできるんです。

バンスクリップの基本の使い方

「どう留めれば良いのか分からない」「髪の毛がボロボロ崩れてきてしまう……」という方必見! ここでは、 バンスクリップを使った基本のまとめ髪・ハーフアップ・お団子のやり方をご紹介します。この機会にマスターして簡単ヘアアレンジを楽しんじゃいましょう! バンスクリップの留め方が分かる方も一度おさらいしてみて。

バンスクリップを使った基本のまとめ髪

  1. スタイリング剤を毛先中心につける
  2. 髪の毛をひとまとめにして毛先までねじる
  3. ねじった髪を上に持ち上げ、バンスクリップで留めれば完成

バンスクリップ×ハーフアップのやり方

  1. 髪全体を緩く巻く
  2. こめかみ辺りから髪をとりバンスクリップで留めれば完成

バンスクリップ×お団子ヘアのやり方

  1. 髪全体を緩く巻く
  2. お団子を作りたい位置でポニーテールを作る
  3. ポニーテールにした毛先をねじり、ゴムの周りに巻きつける
  4. バンスクリップをお団子と地肌の髪の両方に引っ掛けて留めれば完成

人気のバンスクリップ〈6種類〉をCHECK!

バンスクリップとひとくちにいっても色や形はさまざま。ここでは人気のバンスクリップ6種類を一気にご紹介。ファッションやシーンに合わせてバンスクリップもチェンジしてみて。

ミニバンスクリップ

ショートの方からロングの方まで使えるミニバンスクリップ。ショートの方はサイドの髪をねじって留めたりすると◎。ロングの方は、髪を留める用途だけではなく編みおろしをしたときに複数使いをしてアクセサリーとして使ってもオシャレなのでぜひ試してみて。

リボンバンスクリップ

リボンのバンスクリップはフェミニンなファッションと相性抜群。髪の毛を挟む部分が見えないデザインのものが多いので、おしゃれにキマります。

三角形バンスクリップ

三角形のバンスクリップはノーマルのものよりもホールド力がしっかりしたものが多いのが特徴。ゴムで仮どめせずにこれひとつで髪の毛をしっかりと留めることが出来るのでとっても便利なんです。

べっ甲柄バンスクリップ

おしゃれな人は取り入れているべっ甲柄。ファッションがシンプルなときに使うと一気にオシャレな印象に。派手過ぎないないのでオフィス使いにも◎。

シェル柄バンスクリップ

今旬のシェル柄は派手過ぎず、上品な印象になれるのでオフィスにもぴったり。シャツやデニムなどのカジュアルシーンはもちろん、結婚式などのお呼ばれシーンにも使えるのでひとつもっていれば万能です!

【ショート〜ロングヘア】バンスクリップの簡単ヘアアレンジ

バンスクリップのたくさんの魅力や種類は分かっていただけたと思います。ここでは、 バンスクリップを使った簡単ヘアアレンジをレングス別に一気にご紹介! ぜひ試してみて。

ショート・ボブ

▼「複数使い」で今っぽオシャレへアに

ショートやボブの方は限られたヘアアレンジになってしまうのでマンネリ化してしまうことも。そんなときはミニバンスクリップを複数使いしてみて。ダウンスタイルやシンプルなポニーテールにプラスするだけで一気に今っぽくかわいらしく仕上がるのでおすすめです。

▼「ハーフアップ」で簡単かわいく

いつもと同じハーフアップもバンスクリップで留めればガラリと雰囲気を変えることができます。ショートやボブの方はロングの方ほど挟む髪の毛がないので三角形バンスクリップがぴったり。

ミディアム

▼「ハーフアップ×お団子」でラフに可愛く

「ハーフアップ×お団子」は忙しいときでもサッとできる簡単アレンジ。こめかみあたりから髪をとり、そのまま毛先までねじってくるくると丸めてバンスクリップで留めるだけ。ゴムで留めるよりも手抜き感がなく、上級者見えが叶います。トップを少しほぐしてこなれ感を出すのも忘れずに。

▼「フィッシュボーン」でガーリーに

フィッシュボーンとは、名前の通り編み目が魚の骨のように見える編み方のこと。実は、ポイントを抑えればとっても簡単なんです! トップから髪の毛を適量とり、髪の毛を左右に二等分します。二等分した毛束をさらに外側と内側で1:3に分け、分けた毛束の少ない髪を二等分したもうひとつの毛束に合流させます。これを毛先まで交互に繰り返していけばフィッシュボーンの出来上がり! ゴムで仮どめしてそのゴムを隠すようにミニバンスクリップで留めればガーリーなヘアアレンジに。

セミロング・ロング

▼「編みおろし」で簡単こなれヘア

編みおろしはロングヘアを存分に活かせるヘアアレンジ。ローポニーを作り、一度くるりんぱをしてから編みおろしていくとこなれた女子に。トップから編み込むと華やかな印象になるのでおすすめです。サイドにアクセントとなるバンスクリップを留めたり、ミニバンスクリップを編みおろした部分に無造作に留めていくと一気にヘアアレンジ上級者さんに。

▼ロングならバンスクリップで「くるりんぱ」でも凝った印象に

ロングの方なら定番アレンジの「くるりんぱ」も凝った印象に大変身! まずハチの辺りから髪の毛をとり、くるりんぱをします。中間部分の髪の毛はトップの髪と合わせてくるりんぱをし、残った髪もすべて合わせて低めの位置で髪をひとまとめにします。くるっとおだんごを作るように丸め、バンスクリップで挟めば完成。工程は多いように感じますが、実践してみると意外と手軽にササっとできるのでぜひ試してみて。

スリー(THREE)

スキャルプ&ヘア リファイニング トリートメント オイル R

天然由来100%で作られているアウトバスオイル。傷んでいるキューティクルを整えてながら、シルクのような髪質にしてくれます。毛量が少なめで細く柔らかい髪質の人にぴったりのオイルです。

まとめ髪や毛先を動かすヘアにぴったりのバームタイプのワックス。自然由来原料からつくられたオーガニックワックスなので、手に余ったものは保湿としても使える優れモノ。

ロレッタ(Loretta)

メイクアップワックス (4.0)

キープ力が程よく、重すぎないワックスなのでさっとまとめるときにおすすめ。ベタつきも少なくサラッと使えるので、ワックスに抵抗がある人でも使いやすくてぴったり。

パーマやパーマ風の巻き髪にぴったりな仕上げスプレー。ふんわりとした空気感を出しながら、ヘアスタイルをしっかりキープしてくれます。ガチっと固まらないのでアレンジもしやすくて◎。

ウテナ(utena)

マトメージュ まとめ髪アレンジウォーター

まとめ髪やアップスタイルにおすすめなアレンジウォーター。まとまりづらいサラサラの髪にも使えます。固まらないのにアレンジはキープできる優れモノ。

この記事で紹介された商品の一覧
全5商品
商品画像
ブランド名 スリー(THREE) ザ・プロダクト(product) ロレッタ(Loretta) ロレッタ(Loretta) ウテナ(utena)
商品名 スキャルプ&ヘア リファイニング トリートメント オイル R ヘアワックス メイクアップワックス (4.0) フワフワシュー マトメージュ まとめ髪アレンジウォーター
特徴 - - - - -
最安値※表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって異なります。 3,998 特定のストアに遷移します。 詳細を見る 1,440 特定のストアに遷移します。 詳細を見る 1,760 特定のストアに遷移します。 詳細を見る 1,320 特定のストアに遷移します。 詳細を見る 474 特定のストアに遷移します。 詳細を見る
SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLES

WHAT'S NEW