HAIR

トレンドの《オン眉×シースルー》前髪を徹底解説!セットや切り方をマスターして周りと差をつけて

2020/02/06

周りと差をつけるなら、“オン眉×シースルーバング”がピッタリ。今回は“オン眉×シースルーバング”の魅力を徹底解剖していきます。セルフでの「切り方・作り方」を始めに、髪の長さや「面長・丸顔」の顔型に合わせたスタイリングから、アレンジ方法までマスターできちゃいます。抜け感が出るので、初めてオン眉にしたい人にも挑戦しやすい前髪。ぜひ挑戦してみてください!

※価格表記に関して …価格は参考価格です。価格が変動している可能性があるため、販売サイトでご自身でご確認ください。また、表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

※画像に関して…画像はすべてイメージです。参照リンクは予告なく削除されることがあります。

“オン眉×シースルー”で最旬前髪に

「髪全体の長さはそのままに、前髪で雰囲気を変えたい!」というわがままを叶えてくれるのが“オン眉×シースルー”バング。 短い前髪が顔周りを明るくみせ、シースルーの透け感がイマドキに仕上げてくれます。

別名『チョッピーバング』、韓国でも流行中

『チョッピーバング』とは、韓国で話題の前髪スタイル。チョッピー(choppy)には、不揃いの・途切れ途切れの、という意味があり、そこから 「眉上でカットした薄めでふわふわした前髪」 のことを指すようになりました。そんな最新の韓国スタイルも取り入れながら、“オン眉×シースルーバング”にシフトしてみませんか?

オン眉を“シースルー”にするメリットは?

▼顔の印象が明るくなる

【(1)眉上にすることで明るく見える(2)シースルーの透け感】 の相乗効果により、顔全体が明るく見えるのがポイント。第一印象がパッと華やぎ、暗いイメージとは無縁に!

▼前髪アレンジがしやすい

前髪が軽い分扱いやすいので、ヘアアレンジも自由自在。 例えば、内側のサイドを少し残して、他の前髪をクリップでアップに。残した内側のサイドをヘアアイロンで外ハネにすれば、ひと味違った前髪に大胆チェンジ。

オン眉×シースルーの《切り方・作り方》

オン眉×シースルーバングのセルフでの切り方から“切らず”にオン眉をシースルーに変化させる方法をチェック! 自分で作るときに注意したいポイントがあるので、合わせて参考にしてください。

オン眉×シースルーの“切り方”

  1. 「黒目の間」の髪以外をサイドにピンで留める
  2. 上下(外側と内側)に髪の毛を分けて、上部(外側)を留める
  3. 残した下部(内側)の髪をはさみを縦にして少しづつカットしていく
  4. 上部(外側)の毛束をおろし、下部(内側)と同様にカット

▼理想の長さよりも『少し長め』を意識した長さが◎

前髪をセルフカットする場合は、理想の位置よりも「少し長め」に切るのが鉄則。短く切りすぎると元には戻せないので、少し長めに切った後に微調整を加えるのがおすすめ。

▼『前髪の3分の1』までハサミを入れる

軽め(シースルー)にしたい人は、 「前髪の3分の1」までハサミを「縦」に入れる ことで透け感をプラス。ハサミを縦に入れることで、切りすぎを防ぎ、ほどよい軽さを作ることができます。

“切らない”でオン眉×シースルーを作る

▼ピンで留める

切るのが不安な人は、ピンで留めてシースルーにしてみて。内側の前髪を理想の量に残し、外側の前髪を2つに分ける。それぞれを左右にピンで留めれば、簡単にシースルーバングが完成します。

オン眉×シースルーのイマドキな《セット方法》

人気のシースルーバングだからこそ、セット方法がおしゃれ度を左右する。そんな大切な最後の仕上げは、ポイントをおさえてイマドキに。最旬ヘアは、セット方法が肝心です!

  1. 前髪とそれ以外の髪の毛を分ける
  2. 前髪を3つにわける
  3. ストレートアイロンで「左右→真ん中」の順に巻く
  4. 最後に表面の髪の毛を軽く巻く

【ポイント】 ヘアオイルを薄くなじませてウェットヘアに

仕上げにヘアオイルを使ってウェットにするのが旬。 ヘアオイルは2、3滴程度を両手に伸ばしてから、髪の内側から毛先に向かってなじませて。 べたつかずに、ほどよい束感が作れます。

モロッカンオイル(MOROCCANOIL)

モロッカンオイル トリートメント

シルクのように、いきいきとしたツヤ髪になれるモロッカンオイルトリートメント。保湿成分とさまざまな美容成分が豊富に含まれているので、髪の毛が使うほどに潤っていきます。

《レングス別》オン眉×シースルーヘアカタログ

オン眉×シースルーに合わせるヘアスタイルに迷わないよう、長さ別のおすすめヘアをご紹介! 無理にカットせずに、今の長さのまま似合わせポイントだけ取り入れてみるのも◎。

ショート

▼丸みのあるショートでキュートに

丸みのあるショートヘアに、あどけなさを感じるオン眉を合わせることでキュートな印象にまとめる。ころんとしたシルエットが可愛らしく、守ってあげたくなる雰囲気になります。

▼黒髪ショートで清純派の透明感

ショートヘアのオン眉なら、黒髪でも顔周りが明るくなる。後ろ髪をストレートにして、毛先だけさりげない外ハネにすることで透明感のある清純派ヘアに。

ボブ

▼チョッピーバング×ミックス巻き

韓国でも流行中のチョッピーバングで、定番のシースルーバングと差をつける。髪全体はミックス巻きにすることで、ふんわりと女性らしいオルチャン風に。

ロレッタ(Loretta)

フワフワシュー

カールアイロン使用時の前後に吹きかけることで、ふんわりカールをキープできる。フワフワスタイルにぴったりな軽い質感を作り出せるスタイリングスプレーです。

▼シースルーの抜け感でこなれたボブに

普通のボブだとつまらない! 前髪はオン眉×シースルーにすることで、重たいイメージのボブを抜け感のあるこなれボブにシフトできる。ラフに仕上げることで、大人の余裕を感じさせて。

ミディアム

▼オン眉×黒髪でも顔が明るい

黒髪ミディアムでも、オン眉×シースルーのおかげで暗いイメージを回避。シースルーの透け感を強調する束感を意識したヘアセットで、軽やかさをプラス。

▼トップをふんわりさせてバランスよく

オン眉×シースルーは透け感がある反面、立体感がなくなりやすい欠点も。トップをふんわりさせて、やわらかなシルエットにすることで動きのあるミディアムヘアになります。

エムプラス(m+)

エムプラスオーガニックバター

髪だけではなく、肌にも良いものすべてにこだわったオーガニックトリートメントのバーム。伸びの良い質感で、ナチュラルな束感とツヤを演出できます。

ロング

▼ウェットな仕上がりがトレンド

前髪含めた髪全体の毛先を内巻きにして、表面の髪はバランスを見ながら少しずつ外巻きに。最後はウェットにセットすることで、さらに束感がうまれる。セット方法次第でトレンドを取り入れたロングヘアになります。

▼無造作な王道モテ髪

リラクシーな無造作スタイルは、力が入りすぎていないのがちょうどいい。ふんわり巻いたロングヘアは、しっかりとほぐすことでナチュラルなモテ髪に仕上がる!

花王(KAO)

ケープ フォーアクティブ(無香料)

激しい動き、汗、湿気に強いスタイリングスプレー。圧倒的なキープ力で一日中崩さずキープ。しなやかに、だけど固めすぎないセット。

【丸顔・面長】顔型別スタイリング

オン眉が似合うか心配な「丸顔さん」と「面長さん」も、似合わせることができます! ポイントをおさえて、それぞれの顔の形に沿ったスタイリングにしましょう。

<丸顔さん>トップを高くして目線をアップ

丸顔さんはトップを高くすることで、顔の縦のラインを強調してバランスをとるのが◎。横のボリュームを出しすぎすぎないように注意することも大事です。

<面長さん>眉上ギリギリのワイドバング

短すぎるオン眉は、さらに面長にみせてしまうリスクがあります。眉上ギリギリのワイドバングにすることで、横幅を強調するのが◎。ふんわり広がる巻髪もおすすめです。

オン眉×シースルーの《ヘアアレンジ》

ヘアアレンジを加えることで、オン眉×シースルーをクラスアップ! シースルーの軽やかさを活かしながら、自分らしいヘアスタイルにしてみて。さらに可愛くなれること間違いなし!

ポニーテール

オン眉×シースルーでつくるポニーテールは透け感抜群。「触覚・こめかみ・もみあげ」から少しずつ毛束を引き出せば、こなれたポニーテールに仕上がります。

お団子ヘア

ルーズにひとつにまとめた、おだんごヘア。ポニーテールと同じように毛束を引き出し、丁寧に巻いたら、無造作だけど手抜きに見えないオシャレアレンジに。

ねじり編み

トップを7:3に分けて、ねじりながら編み込んだ時短アレンジ。シースルーにカットしていなくても、ねじり編みならアレンジで透け感を演出することができます。

コーセーコスメポート(KOSE COSMEPORT)

サロンスタイル ヘアワックス(ファイバーイン)

毛先の細かな動きも自在にデザイン可能なヘアワックス。理想の仕上がりを実現できるだけではなく、キープ力も高い。毛先補修成分と紫外線カット成分も配合。

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW