HAIR

【ポニーテール×前髪なし】の簡単アレンジを徹底レクチャー!触覚や後れ毛でこなれてみせて

2020/04/23

ゆれる毛先が可愛らしい定番アレンジのポニーテールですが、「前髪なし」にすることで大人っぽくすることができるんです! 「前髪を上げると顔のラインが出てしまうのでは……」なんて不安も、後れ毛や触覚でカバーすれば大丈夫。今回はその後れ毛や触覚の作り方から、顔型・レングス別のアレンジまで徹底的にレクチャー! さらに、きっちりすぎないこなれストレートポニーを作るコツもあわせてご紹介します。前髪なしのポニーテールをマスターして、大人可愛いを目指してみて♪

ポニーテールに合う前髪なしスタイルとは?

前髪なしのポニーテールは大人っぽさをプラスするのにピッタリ! さらに分け目を変えたり、オールバックにしたりすることで雰囲気をガラリと変えることができるんですよ♪ ここではさまざまな前髪なしスタイルをご紹介していきます。ぜひ、あなたにピッタリの前髪スタイルを見つけて。

ねじり前髪

前髪をねじってピンで留めるだけの簡単アレンジ。伸ばしかけの前髪や、短めの前髪でもチャレンジできる前髪スタイルです。とくにローポニーと合わせることで大人っぽい雰囲気に。

オールバック

定番のオールバック前髪はきっちりしすぎないように後れ毛で抜け感をプラスするのが正解! 巻き髪でベースを作りしっかりとボリュームを出すのがポイント。高めのポニーテールでスッキリまとめると◎!

流し前髪

流し前髪は色っぽさをプラスできる前髪スタイル。頬骨にかかるぐらいの長さがあると◎! ストレートでも巻いても大人かわいく仕上がります。ポニーテールの位置はミドル~ローポニーが落ち着いた雰囲気に仕上がるのでおすすめ。

【顔型別】のお悩みを解決します!

「前髪なしだと顔の形がはっきり出てしまうのが不安……」そんなお悩みありませんか? 前髪なしスタイルでも、ポイントをおさえることで顔の形をカバーできるんです! ここでは顔型別のお悩みにあわせたアレンジをご紹介。これで悩みを解決して、アレンジを楽しみましょう♪

面長さんの場合

面長さんは縦長のシルエットで悩みがち。サイドねじりでボリュームをプラスし、シルエットを横に広げて縦長にみえるのをカバーしましょう。耳上の毛束をふたつに分け、クロスさせながらねじりポニーテールとあわせるだけ。簡単なアレンジなのでぜひチャレンジしてみて。

丸顔さんの場合

前髪なしにすることで顔が実際よりも大きくみえてしまいがちな丸顔さん。そんなお悩みは顔まわりの後れ毛で解決! こめかみやもみあげの後れ毛を出したポニーテールで、縦のシルエットを強調しましょう。後れ毛をしっかり巻くことでこなれ感もアップします♪

ベース型さんの場合

四角い形で男っぽい印象になってしまいがちなベース型さんは、頬あたりのセンター分けで角ばった頬骨を隠すのが正解。ポニーテールからサイドの後れ毛をしっかり出して、縦のシルエットを強調するのがポイント。

逆三角形さんの場合

シャープなあごが気になる逆三角形型さんは、後れ毛をルーズに多めに出すことであごまわりにボリュームをプラスして。ポニーテール部分もしっかり巻くことでバランスを取るのがポイント。

【触覚&後れ毛】で小顔にみせて

前髪なしのポニーテールアレンジはきっちりしすぎておばさんっぽくなりがち。今っぽいスタイルにするには「後れ毛」と「触覚」が必須! 小顔効果もバツグンなので、マスターして可愛いポニーテールにアップデートしちゃいましょう♪

触覚の作り方のポイント

  • 触覚の長さは顎ぐらいまでが◎
  • 触覚の量は細い毛束1本分が正解
  • とくに大切なのは巻き方!

触覚とは前髪の横、こめかみより少し前の毛のこと。ここの毛を出すことで、前髪なしスタイルでもバッチリ小顔効果が得られます。長さや量も大切ですが、一番のポイントはズバリ巻き方! ここではポニーテールにピッタリな触覚の巻き方をご紹介します。

▼外巻き

触覚は外巻きにすることで顔まわりに軽さをプラスし、ほどよい抜け感を演出してくれます。くるくるに巻くのではなく、太めのコテを使い毛先に動きをつけるイメージでゆるっと巻くのがポイント。ハイポニーからローポニーまでどんなポニーテールでも相性のいい巻き方です!

▼ストレート

触覚はストレートでも可愛いんです♪ ただ真っ直ぐにストンとアイロンをかけるのではなく、毛先だけほんの少し内側にしてアイロンをかけるだけでこなれ感がグンとアップします。ハイポニーとあわせてアクティブな可愛さを演出してみて。

後れ毛の作り方のポイント

  • 後れ毛と結ぶ髪を分けておく
  • 長すぎる後れ毛はピンで留めるor鎖骨くらいの長さでカット
  • 後れ毛は出す場所が大切

後れ毛とは髪を結んだときに結びきれず垂れてくる髪のこと。最近はこの後れ毛を意図的に出すのが常識! 前髪なしスタイルのポニーテールも、後れ毛を出すことでこなれ感をプラスしましょう。

▼後れ毛を出すところは?

後れ毛を出すところは「こめかみ・もみあげ・襟足」の3か所。これ以外の部分を出すと、疲れた印象になってしまうので注意! こめかみの後れ毛は触覚とつなげるように出すと小顔効果バツグン。ポニーテールの高さによっても出し方は変わってくるので全体のバランスを気にして。

▼後れ毛の量もポイント

後れ毛はたくさん出しすぎてもだらしない印象になってしまうので、細い毛束1~3本程度にとどめるのが正解。後れ毛もゆるく巻くことで抜け感がプラスされ、今っぽいおしゃれなポニーテールに格上げしてくれます♪

【ストレート】でこなれ感を出すには

最近人気が高まりつつある「ストレートポニーテール」。コテで髪を巻くのが苦手な人や、巻きがすぐにとれてしまう髪質の人にもおすすめ! そんなストレートポニーテールですが、簡単だからこそ手抜き感が出てしまったりダサく見えがち。ここでは前髪なしスタイルにもピッタリなストレートポニーテールをおしゃれに作るコツをご紹介していきます。

ストレートポニーをおしゃれに作るコツ

ストレートポニーテールをおしゃれに作るコツはボリューム感のバランスを意識すること。きっちりしがちなので、ボリューム感でしっかり抜け感をプラスすることが大切です。

逆毛を立てる

ポニーテール部分に逆毛をしっかり立てることでボリューム感をプラスし、ストレートでも抜け感を演出しましょう。大きいブラシを使うよりも小さめなコームで少しずつ逆毛を立てて、最後に軽くなじませると◎。

トップもほぐしてボリュームをプラス

ぺったりしてしまいがちなトップも、しっかりほぐして今っぽいポニーテールに仕上げるのが正解。結び目をおさえながらほぐすとポニーテール部分が崩れにくい。すっきりさせたいときは前髪も一緒にまとめてみて。

簡単アレンジを【レングス別】でご紹介!

「自分の髪の長さに合うアレンジが知りたい! 」そんな皆さんにレングス別のアレンジをたっぷりご紹介しちゃいます! どれも簡単にできるアレンジばかりなので、ぜひお気に入りを見つけて試してみて。

ボブ

▼ポンパドール×くせ毛風

髪が短いボブさんは、ポンパドールで前髪を上げてからポニーテールすることでスッキリした可愛らしさを演出。結びきれない部分も気にせずに後ろでちょこんとローポニーにするのがとってもキュートなアレンジです! 毛先だけ外ハネとワンカールをミックスしてベースを作ることで、くせ毛風のゆるふわ感をプラスしてくれます。

▼オールバック×ゆるウェーブ

ゆるくウェーブをかけたヘアにオールバックでシンプルに仕上げたアレンジ。頑張りすぎない大人っぽさを演出してくれます。前髪はピンで留めるときっちりしすぎてしまうので、スタイリング剤を使って空気感を出したオールバックにするのがポイント。

ミディアム

▼センター分け×ルーズポニー

ほどよい長さがあるミディアムさんはゆるさたっぷりのルーズポニーがおすすめ。頬にかかるセンター分け前髪で色っぽさをプラスすれば、今っぽいこなれ感たっぷりのヘアスタイルに! 襟足の後れ毛を出さないことでルーズになりすぎないようバランスを取りましょう。

▼オールバック×波ウェーブ

高め位置のポニーテールと、しっかりつけた波ウェーブでカジュアルに。オールバックにすることで顔まわりがスッキリして、表情を明るくみせてくれます。触覚部分を出してキュートさを加えると◎!

ロング

▼7:3分け×サイドねじり

髪のアレンジが無限大のロングさんは、分け目を変えたポニーテールで印象をチェンジしてみて! 7:3分けのハンサムな雰囲気にサイドのねじりで甘さをプラスすれば、クールからフェミニンまでさまざまなファッションにピッタリ。

▼触覚×革ひも

ポニーテールに革ひもを巻きつけるだけの簡単アレンジ。一度ポニーテールを作り、そのあとに革ひもを巻きつければ失敗しません。どの高さでも相性バツグンのアレンジで、初心者さんにもおすすめ。後れ毛はあまり出さずに触覚部分で小顔効果を狙うのがポイント。

【シーン別】仕事から結婚式までレクチャー

最後にシーン別のアレンジをご紹介します。ポニーテールと聞くとカジュアルな印象が強いですが、じつはオフィスから結婚式などのフォーマルなシーンまで幅広く活躍できるアレンジなんです! 前髪なしのポニーテールアレンジは大人っぽさを演出してくれるので、さまざまなシーンでポニーテールを取り入れてみて♪

仕事の日はきっちり

オフィスでは前髪もしっかりオールバックにした高めのポニーテールがおすすめ。後れ毛は出さずに、ポニーテールの毛束をしっかり巻いてきっちりと抜け感のバランスを取りましょう! 触覚を残すことで顔まわりに動きをつけるのもポイント。

休日は楽ちんに可愛く

休日はヘアバンドを使ったポニーテールアレンジで楽ちんに可愛くしちゃいましょう! 髪にオイルをなじませまとまりとツヤをプラスしたら、ヘアバンドをつけて髪を結ぶだけ。先にヘアバンドをつけて後れ毛を出しておくのがキレイに仕上げるコツ。

デートの日はキュートに

デートの日は動くたびにゆれるカールと高めのポニーテールでキュートさを演出。顔まわりの後れ毛や触覚で小顔効果を狙うと◎。前髪はポンパドールでやわらかい雰囲気をプラスしてみて。

結婚式の日は華やかに

結婚式やパーティーなどのフォーマルなファッションに合わせるなら、ふわふわカールとトップに高さを出した華やかポニーテールがおすすめ! サイドの毛を残し高めの位置でポニーテールをしたら、両サイドの毛をねじりながらポニーテールの結び目に巻きつけるだけ。しっかりベースの巻き髪を作ることと、トップやねじった部分をほぐすのがこなれて見えるポイント。

▼オールバックでかっこよく!ポニーテールを格上げしてみて

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLES

WHAT'S NEW