LIFE STYLE

【いて座・運勢占い】2020年上半期!人気占い師、真木あかりが発表

2020/02/06

人気占い師、真木あかりさんによる2020年上半期占い。さて、いて座/射手座(11月21日~12月21日)の運勢は?

<総合運>

2019年はチャンスに恵まれ、目が回るような忙しさのなか頑張って来られたいて座の方々。本当におつかれさまでした!

楽天的な性格のいて座とはいえ、多忙さゆえに心折れそうな気持ちになることもあったのではないでしょうか。2020年は、前年の努力が実力となって根付き、次のフェーズに向かっていくときです。実力を活かせるような仕事を手にする人もいるでしょうし、報酬というかたちで努力の結果が出てくる人もいるでしょう。

ここ2年ほど、実力や能力、報酬について我慢することが多かった人も、3月あたりからいい方向に向かっていきます。

2019年、これといって胸躍るようなチャンスがなかったように感じている人の場合は、2020年にいよいよそれを手にすることになるかもしれません。人によって、幸せになるベストな時期は違います。「これまでたくさん頑張ってきたのだから、報われていい」というお気持ちで過ごされることが、もっとも大切なのだろうと思います。

<恋愛運>

恋における好調期が重なり、胸が熱くなるような恋を経験する人は多いことでしょう。まず4月から8月、ここはパートナーシップに強い追い風が吹く季節です。結婚を考えている人であれば、この時期に話が進んでいくでしょう。

ただ、もしどちらかに不満が募っているようであれば、5月から6月にかけて危機が訪れやすいでしょう。どう乗り越えていくかが絆を強めるはず。もうひとつの好調期は下半期全体。熱い夏になりそうですね。

<仕事運・金運>

2020年のいて座の辞書に「お正月ボケ」という言葉はありません。年明けすぐからガツンとやる気が巡ってきて、2019年という年を彷彿とさせるようなアグレッシブな時期がスタートします。

しかし、このやる気が続くのは2月半ばまで。

それ以降は少し落ち着きを見せ、上半期の間は実力を磨いたり活かしたりする仕事が多くなります。「それ、できます!」と手を挙げること、「こういう仕事があったら回してください」とお願いすることを大切に。

家族・恋人・友達の運勢もチェックする!

PROFILE

真木あかり(まきあかり)
占い師。学習院大学卒業後、フリーライターなどを経て占いの道に。『2020年上半期 12星座別あなたの運勢』(幻冬舎)や女性誌での連載など、著書・連載・アプリ監修多数。占星術や四柱推命で運命を紐解き、人が自分の人生をより良く生きるためのアドバイスを行っている。

公式ブログ

Illustrator:Megumi Yoshida

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLES

WHAT'S NEW