BEAUTY

ベージュヘア【明るめ・暗め】どちらでも可愛すぎるモテヘアの魅力

2019/12/25

こなれ度アップで大人気なベージュヘア。どの季節にも合う髪色ですよね。そこで今回は暗めのベージュから、ブリーチありの明るめベージュ、ピンクベージュなどの人気カラーまで幅広くベージュ系ヘアをご提案します。女性らしさをアピールしながらも、キメすぎないベージュヘアで雰囲気をメイクして♪

※価格表記に関して …価格は参考価格です。価格が変動している可能性があるため、販売サイトでご自身でご確認ください。また、表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

※画像に関して…画像はすべてイメージです。参照リンクは予告なく削除されることがあります。

ゆるふわモテ色の“ベージュ系”ヘアの魅力

ゆるふわな印象が魅力的で男女からモテる色のベージュ。一度はしてみたい髪色ですが、自分に似合うのか不安でつい無難な髪色にしがち……。そんな悩める方必見! ここではベージュ系ヘアの似合う人と魅力を深掘りしていきます。

ベージュ系ヘアが似合う人ってどんな人?

ベージュ系ヘアはハイトーンなイメージがあるので、似合う人は限られてるのではないかと思いがち。 ですが実際は誰でも似合う髪色なんです。ベージュヘアと言っても、暗めのベージュから明るいハイトーンベージュ、ピンク系やイエロー系、ブラウン系までカラーベージュの種類はたくさん。自分に合うベージュカラーを見つければ誰でも似合ってしまう、魔法のヘアカラーなんです♪

ベージュ系ヘアの魅力《3つ》

▼自然と漂う透明感

ベージュヘアいちばんの魅力は、透明感。 女性らしい柔らかさと、ナチュラルな印象をあたえてくれる。そしてハイトーンでも、上品さも出せるのがベージュ最大の魅力。

▼いろんな色と混ぜて変化を楽しめる

ベージュヘアは、ベースの色を変えるだけで様々な表情を見せてくれるカラー♪ ひと言でベージュといってもピンク系やイエロー系など色の種類がたくさん。いろんな色を混ぜて、人とは違うベージュヘアにトライしてみて。

▼ハイトーンでも挑戦しやすい

初めてハイトーンに挑戦する方や、お仕事的に派手なカラーは……。という方にオススメなのがベージュヘア。ハイトーンでも、ベージュヘアは上品さと透明感を演出してくれるので挑戦しやすいヘアカラーなんです。

【ブリーチありorなし】どちらが好み?

ベージュヘアはブリーチなしではできないと思われがちですが、 実は色味によってはブリーチなしでもできる髪色なんです♪ 髪のダメージおさえたいならブリーチなしで、ハイトーンのベージュにしたいならブリーチありがオススメ。

『ブリーチなし』のカラー

▼ショート

ショートのベージュヘアはナチュラルなのに、オシャレ感満載。ふんわりとした丸みと束感で女性らしさを引き立てて。

▼ボブ

ベージュヘアのボブスタイルは定番の外ハネも相性◎。さらっとシースルーな束感が洒落感を演出し、自然なベージュカラーが透明感を引き出してくれる。

▼ミディアム

ミディアムヘアは、無造作に動く透け感ヘアが可愛さを急上昇させてくれる♪ ブリーチなしのカラー2回でこの透明感を出せるのはうれしい。

▼ロング

ナチュラルだけど今っぽさもあるブリーチなしのブラウンベージュ。毛先を緩く巻けば、やりすぎない柔らかい空気感のニュアンスロングに。

『ブリーチあり』のカラー

▼ショート

ブリーチありのベージュは、透け感満載。王道のショートヘアはイージースタイリングでも、ふんわりモテ髪になる♪

▼ボブ

ハイトーンのベージュを入れたボブヘアは、エアリーな風を感じるスタイルに。レイヤーを入れることで、髪の毛に軽さや動きをプラスしてくれる。

▼ミディアム

うるツヤでどこから見ても可愛いベージュのミディアムヘア。ラフなゆるウェーブは、髪色がきれいに見えるのでオススメ。

▼ロング

ワンカールで簡単スタイリングなのに、ハイトーンベージュはオシャレ感満載。ロングヘアでもハイトーンベージュにすれば、重たみえを回避して透け感漂うヘアに。

【カラー別】明るめor暗めで印象チェンジ

ベージュはベージュでもベースの色がちがうと、全然ちがったベージュに表情を変えるんです。今回は人気のベージュをカラーを明るめ・暗めにわけてご紹介! あなたのお気に入りのベージュは何色?

明るめカラー

▼ピンクベージュ

最近トレンドの外国人風ピンクベージュ。ゆるふわな雰囲気になれて、オシャレ感も抜群。一見派手すぎるようにもみえるけれど、ベージュを強く入れたり調整ができるので自分好みのピンクベージュを試してみては。

ピンクベージュヘアには、ヴィセのアイブロウマスカラのヘーゼルカラーが相性◎。コスパがいいのに、高発色で塗りやすいと大人気。ヘーゼルカラーは珍しいので、ぜひトライしてみて。

▼ミルクティーベージュ

不動な人気を誇るミルクティーベージュは、ミルクティーのようにミルク感たっぷりのハイトーンのベージュ。どのレングスとも相性抜群でモテカラー間違いなし。

ヘビーローテーション(Heavy Rotathion)

キスミー ヘビーローテーション カラーリングアイブロウ(01 イエローブラウン)

ミルクティーベージュの髪色にはヘビーローテーションのアイブロウ、イエローブラウンが相性◎。赤みがない髪色には眉毛も赤みを消して外国人風の、色素うすい顔立ちに仕上げて。

▼オリーブベージュ

くすみカラーのオリーブベージュはオリージュとも呼んだりします。くすみカラーはこなれ感満載でオシャレ度アップ間違いなし。オリーブベージュは透明感もあり、派手すぎないのでベージュ初心者さんにもオススメ。

オリーブベージュの髪色にはシュウウエムラのアイブローマニキュア、アッシュブラウンが相性◎。立体感を出して、少し太眉にするとオシャレ顔に仕上がる。

暗めカラー

▼ブラウンベージュ

ナチュラルなカラーのブラウン×ベージュ。ベージュ初心者さんには挑戦しやすいカラー。光が当たらない場所ではブラウンに見えるけれど、太陽や電灯の下ではベージュのように見えるので変化が楽しめる♪

ブラウンベージュには自然なブラウンの眉毛が相性◎。ケイトの3Dアイブロウカラーは落ちにくいけれど、ふわっとした立体感のある眉を作ってくれる。全4色展開。

▼アッシュベージュ

ヘビーローテーション(Heavy Rotathion)

キスミーヘビーローテーションカラーリングアイブロウ(07 アッシュベージュ)

アッシュベージュのヘアカラーには、同じカラーのアイブロウがオススメ。ヘビーローテーションのアイブロウは@コスメで長年1位を獲得し続けている人気商品。

▼グレージュ

大人気のグレージュカラーは、アッシュベージュよりもグレーが多く混ざってるのでグレーもしっかり感じられる。グレージュカラーの魅力はなんといっても透明感! 色落ちまでもがかわいい魅力満載のヘアカラーなんです。

ヘビーローテーション (Heavy Rotation)

キスミー ヘビーローテーション カラーリングアイブロウ(08 アッシュグレー)

グレージュには髪色よりも少し明るめのヘビーローテーションのアイブロウ、アッシュグレーが相性◎。眉毛を髪色より明るめにすることで柔らかい雰囲気になる。

▼モンブランベージュ

最近注目されているのがモンブランベージュ。栗毛のような暗めのブラウンにベージュを混ぜたナチュラルな髪色。赤みを極力なくすことで、ツヤ感満載なモンブランベージュになる。

モンブランベージュの髪色には、自眉を生かして。眉マスカラではなくケイトのデザイニングアイブロウを使って立体感を出して、茶色のグラデーション眉にするのがオススメ。

【デザインカラー】で入れるさり気なさが可愛い

ハイライトやインナーカラーでさり気なくみえるベージュは髪へのダメージも少なく、オシャレ感も満載なんです。こなれ度アップのデザインカラーで、オシャレに磨きをかけてみては?

ハイライト

ハイライトは、さり気なくて髪に立体感が出せると人気♪手軽で髪の傷みもおさえられるのに、ワンランク上のオシャレさんに。髪の流れをいかした華やかさがプラスされるので、シンプルな髪型にアクセントとして入れるのがオススメ。

インナーカラー

インナーカラーとは、髪の毛の表面ではなく内側を染めるカラーのこと。 髪の毛を耳にかけたり、ヘアアレンジをしたり、髪をあげたときにチラッとカラーが見えるのがかわいい。挑戦してみたいカラーをインナーカラーで試してみるのもオススメ♪ アクセサリー感覚で楽しめるインナーカラーにトライしてみて。

グラデーション

グラデーションカラーは、トップから毛先にかけて明るいカラーになっているヘアスタイルのこと。トップが暗めなので、髪が伸びてきてもプリン髪が目立ちにくいことが魅力のひとつ。また、明るくしたい部分だけをブリーチしてできるヘアなので、髪への負担を少なくできることも人気の理由。

気になる「色落ち後」や「色持ちさせる」には?

そもそも色落ちとは、ヘアカラー剤に含まれる染料が洗い流されたり、熱によってどんどん色が落ちていったりすることで起こります。そこでベージュの色落ち後と、色持ちをさせる秘訣をご紹介します。

色落ちするとどんな色になるの?

段々と明るいベージュに変化していきます。ベージュヘアには茶髪特有の赤みが少ないので、色落ちしても柔らかい雰囲気を保ってくれるのがうれしいところ。ベージュヘアは色落ちまでしっかり楽しみたい方にオススメ。

色落ちを防ぐ方法

色落ちが可愛いとは言っても、染めたてのきれいな髪色を長く保ちたいものですよね。そこで、自分で簡単にできる色落ちを防ぐ方法をご紹介します。ぜひ試してみて。

▼毎日のヘアケアが大切

毎日ヘアケアをしていますか? まずヘアケアの基本となるのが"ドライヤー”。お風呂から出たあと、すぐに髪の毛を乾かすのが重要なんです。なぜなら、濡れた髪の毛はキューティクルが全開になっているので、そのまま放置しておくと染料が抜けていってしまうんです。そしてドライヤーの際には、洗い流さないトリートメントで髪をカバーしてあげることも大切。

プロダクトはワックスも大人気ですが、この洗い流さないトリートメントもオススメ。100%オーガニック認証成分を使用しているので、肌に触れる髪の毛につけても安心できる。美容液としてはもちろん、朝のスタイリング剤としても使えるので1つ持っていて損はなし♪

▼あまり熱をあてない

ヘアカラーの色落ち原因のひとつに、コテやアイロンの熱があげられます。とはいっても、コテやアイロンはスタイリングに欠かせない存在ですよね。なので、できるだけ低温(120~160度)に設定して使うようにするのが大事です。低温だとしても長く熱をあて続けるのはよくないので、できるだけサッとスタイリングするのがオススメです。

メイクも変えて!ベージュヘアを引き立てるコスメ

ここまでベージュヘアについてご紹介してきましたが、ここからはベージュヘアを引き立てるメイクについてご紹介していきます。髪色を変えたらメイクも変えるのがオシャレ上級者。ぜひ参考にしてみて♪

アイシャドウは『ブラウン系』で大人っぽい印象に

ブラウンのアイシャドウは、ナチュラルだけれど立体的な目元になる。落ち着きある大人びた雰囲気になり、どんなシーンにもマッチする。

▼プチプラ

4色パレットタイプ。「驚くほどの発色」と口コミで話題を呼んでいるアイテム。今流行りのくすみカラーを取り入れて、シックで大きな目元が作れる。値段もお財布に優しいので、ぜひ試してみて。

▼デパコス

一見チョコレートのようにも見えるルナソルのセレクション・ドゥ・ショコラアイズ。実は香りもチョコレートなんです。高発色で質感も良いとリピーターが多い。どんなシーンでも使えるブラウン4色パレット。

チークは『血色オン』程度にいれて色気を

チークは艶っぽさをちょい足しすると色っぽい仕上がりに。きっちりチークを入れるのではなく、あえてハズすのが旬顔メイク。

▼プチプラ

プチプラ代表のキャンメイクのグロウフルールチークスは、パウダーチークなのにパウダーチークと思わせないほどのクリームのような質感。とろけるようにお肌に馴染んで、溶け込んでくれる。全8色展開。

▼デパコス

長年チーク部門で、ランキング上位のナーズのブラッシュ。なめらかな超微粒子のパウダーが、一瞬で肌に溶けこみ輝きをあたえてくれる。このチークを塗るだけで、肌が綺麗に見えると好評価。4033のカラーは、どんな肌色にも自然に溶けこむので、ひとつ持っていると絶対便利!

リップは『オレンジ系ベージュリップ』でジューシーな唇に

ベージュヘアは赤みより黄みが強い髪色なので、オレンジリップが相性抜群。お気に入りのオレンジリップを見つけて、触りたくなるようなうる艶唇になってみて。

▼プチプラ 

プチプラ代表のセザンヌのリップは、しっかり色づき落ちにくい。プチプラなのに保湿成分もしっかり配合されているのがうれしい♪

▼デパコス

少しオレンジにブラウンを混ぜたようなコッパーオレンジなので大人っぽい印象に仕上がるリップ。高い保湿力で柔らかくツヤ感満載の唇にしてくれる。

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW