BEAUTY

ショートボブの巻き方は?【コテ・アイロン】で大人可愛い巻き髪に簡単イメチェン!

2019/12/25

ショートボブは髪の毛が短い分ヘアアレンジの幅が少ないと思われがちですが、コテやアイロンで巻き方を変えれば、その幅は一気に広がります。また、柔らかい印象を与える巻き髪は可愛さも倍増。とはいえ、初心者の人は髪が短いゆえにうまくできるか不安に感じる人もいるかもしれません。そこでコテやアイロンで簡単に出来る巻き髪をレクチャーします。ショートボブの巻き方をマスターしてあなたの『可愛い』をもっと引き出しましょう。

※価格表記に関して …価格は参考価格です。価格が変動している可能性があるため、販売サイトでご自身でご確認ください。また、表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

※画像に関して…画像はすべてイメージです。参照リンクは予告なく削除されることがあります。

ショートボブはトレンドのヘアスタイルということもあって、普通のダウンスタイルにしていると人と被りやすいという難点も……。そんなときは巻き髪アレンジで、周りと差のつくしゃれ顔に!

巻くときに準備するもの

コテやアイロンに慣れていない人は髪を巻くときに必要なものを事前に準備しておくようにしましょう。慣れない巻き髪をスムーズに進めることができたり、きれいなカールがつくれるようになったり、初心者さんには欠かせないお助けアイテムも。そこで、ここではコテとアイロン以外に準備しておきたいものをご紹介します。

【コテ巻き前】のスタイリング剤

コテやアイロンは髪の毛に直に当てるため、熱のダメージを受けて傷みやすくもなります。きれいなカールをつくったりモチをよくするスタイリング剤にヘアケアの要素が含まれている商品も多くあるのでうまく活用しましょう。

コテで巻く前に使用すればコテの熱から髪を保護し、スタイルキープを叶えてくれます。また、巻いた後の仕上げにツヤ出しとしても使用可能です。

ルシードエル(LUCIDO-L)

デザイニングアクア #エアリーカールローション(巻き髪用)

コテやアイロンの熱から髪を守るヒートプロテクト処方とうるおいを逃さないパンテノール配合で髪に優しい仕様。コテ巻き前にスプレーするだけで自然できれいな巻き髪がつくれると好評価。

【コテ巻き後】のスタイリング剤

仕上げのスタイリング剤はツヤ出しやせっかく巻いたカールをキープするために使われることがほとんどです。なりたいイメージや髪質に合わせて選ぶようにしましょう。

コテ巻き前にも後にも両方使えるスプレータイプのスタイリング剤。名前の通り髪の毛をふわふわの質感に仕上げてくれるので、ゆるふわ巻きにしたいときにおすすめです。

コテやアイロンで巻いた後の仕上げに使うとバリバリに固めずに柔らかい動きや自然な仕上がりを維持してくれると好評価。

こちらはコテで巻いたカール部分に空気を含ませるように優しくもみこめば、固まったりごわついたりせずに柔らかい仕上がりに。

ブロッキングするもの

慣れている人なら必要ないかもしれませんが、初心者や不器用な人はあらかじめクリップやピンなどでブロッキングしておくと巻きやすいのでおすすめです。ブロッキングをすることで、巻きムラが防げますよ。

【コテのサイズ・ストレートアイロン】の選び方

コテにはいくつか太さの種類があり、作りたいカールの大きさ・髪の長さ・カールをつくる部位によって太さを変える必要があります。またコテとは全く用途が違うストレートアイロンを応用することもあるので、それぞれの特徴を覚えておけば巻き髪アレンジの幅が広がります。今回はショートボブの長さに合わせてアイロンとコテのサイズごとの特徴をご紹介します。

32mm

コテ部分が太いため、自然に大きめなカールが作れます。ゆるめのカールは柔らかい雰囲気になるので優しい印象が作れます。

26mm

巻き方次第で細かいカールも緩めのカールも両方作れるので使い勝手のよいサイズです。また、前髪やサイドなどのニュアンスを出すために部分的に使うのにもおすすめです。

19mm

コテ自体が細くなるので細かいカールがつくれます。しっかり巻くとパーマをあてたような感じになります。

ストレートアイロン

名前の通りストレートにするためのアイロンになりますが、使い方次第では内巻きや外ハネ、ウェーブ巻きなども可能です。

初心者さん必見!【コテ・アイロン別】ショートボブの巻き方

巻き髪のヘアアレンジに欠かせないコテやアイロンは、コテを持つ向きや手首の返し方など一見難しそうに見えますが、複雑な巻き方でない限りやり方はとてもシンプルです。そこで初心者でもチャレンジしやすい巻き方をご紹介します。準備が整ったら早速巻いてみましょう。

外ハネ

▼コテ

おすすめのコテの太さは《26mm》です。

  1. コテを地面と平行に持ち、毛束を少し取ります。
  2. 毛先を挟んで外側に回転させます。
  3. 両サイドと後ろもやったら完成です。

▼アイロン

  1. アイロンを地面と平行に持ち、毛束を少し取ります。
  2. 中間あたりを挟んで下に滑り下ろし、毛先を外側に回転させます。
  3. 両サイドと後ろもやったら完成です。

ワンカール

大きめの内巻きカールが可愛いワンカールも要領は外ハネと同じです。
おすすめのコテの太さは《32mm》です。

▼コテ

  1. コテを地面と平行に持ち、毛束を少し取ります。
  2. 毛先を挟んで内側に回転させます。
  3. 両サイドと後ろもやり、束を軽くほぐして完成です。

▼アイロン

  1. アイロンを地面と平行に持ち、毛束を少し取ります。
  2. 中間あたりから下に滑り下ろしながら、毛先に向かって大きく内側に回転させます。
  3. 両サイドと後ろもやり、束を軽くほぐして完成です。

ウェーブ巻き

少し難易度が上がるウェーブ巻きは「波巻き」とも呼ばれています。ここでは簡単なウェーブ 巻きの方法をご紹介します。
おすすめのコテの太さは、髪の短い人は《19mm》、長さのある人は《26mm》です。

  1. 上中下段の2つにブロッキングします。
  2. まずは下の段の毛先を全て外ハネにします。
  3. 次に中段の毛束を少し取り、毛束の中央を内巻き、毛先を外ハネにします。これを中段全てに行ってください。
  4. 続いて上の段の毛束を少し取り、毛先を外ハネに、カール一つ分上にずらして内巻き、上にずらして外ハネと上まで交互に繰り返します。
  5. 両サイドと後ろもやり、束を軽くほぐして完成です。

▼アイロン

  1. 上中下段の2つにブロッキングします。
  2. まずは下の段の毛先を全て外ハネにします。
  3. 次に中段の毛束を少し取り、毛束の中央を内巻き、毛先を外ハネにします。これを中段全てに行ってください。
  4. 続いて上の段の毛束を少し取り、生え際を内巻きに、そのまま下にずらしながら外ハネ、内巻きと順に毛先まで繰り返します。
  5. 両サイドと後ろもやり、束を軽くほぐして完成です。

ショートボブの今っぽ『ゆるふわ』スタイル

ショートボブはウェットな濡れ髪スタイルや切りっぱなしスタイルがトレンドとなっていますが、おしゃれな人達がやっているスタイルがショートボブをコテやアイロンで巻いた『ゆるふわ』スタイルです。パーマをかけずにコテやアイロンでつくれるので、その日の気分やコーデに合わせていろいろな巻き髪を楽しめるも嬉しいポイントです。巻き髪にばれてきた人はぜひチャレンジしてみて下さい!

S字ウェーブでスタイリッシュに

大きくゆるいウェーブでアルファベットの「S」をつくれば、顔周りにニュアンスが出て一瞬でスタイリッシュな印象に。また小顔効果も期待大。

無造作ウェーブでこなれ感UP

無造作につくったウェーブがラフでこなれた雰囲気に格上げしてくれます。スタイリングはラフな印象を崩さないようにエアリーに仕上げるのがポイント。

くせ毛風外ハネで外国人風に

ゆるめにつくった外ハネカールと前髪のカールがアクセントとなって、くせ毛のような柔らかい印象に。まるで外国人のようなナチュラルな仕上がりで好感度は高め。

30代はランダム外ハネ

外ハネ×縦巻きのミックスならランダムに揺れる束感で、一気にニュアンス感UP。大人女子だからこそ醸し出る程よい抜け感が、色っぽさをプラスしてくれます。

40代はハンサムショートボブ

巻き髪ヘアは大人可愛いだけじゃなく、年齢とともに感じる髪の毛のボリュームダウンをカバーすることができるという嬉しいポイントも。ハンサムショートボブなら、頭の形をよりきれいに見せつつ小顔効果としゃれ感UPも叶うので、大人の女性にとくにおすすめしたいスタイルです。

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW