BEAUTY

簡単&崩れない!【お団子ヘアの作り方】短い髪の人向けのコツもレクチャー

2019/11/29

定番で人気のお団子ヘア。でも「作り方がわからない」「難しそう」「可愛くできない」などのお悩みありませんか? 初心者さん・不器用さんも必見、今回は今さら聞けない基本のやり方から、可愛いアレンジまでたっぷりご紹介します! これでお団子ヘアをマスターして、おしゃれ度をアップデートしちゃいましょう♪

簡単にできる!基本のお団子ヘアの作り方

お団子ヘアってすぐ崩れそうだし難しそう……と思ったことはありませんか? 初心者さんでも大丈夫! まずは基本のお団子からしっかりレクチャーします。基本のやり方をしっかりマスターして素敵なお団子ヘアを楽しみましょう♪

基本のお団子ヘアのやり方

  1. 髪を後ろでひとつ結びにする。
  2. ひとつ結びした毛束をねじる。
  3. 毛束を根元のゴムに巻きつける。
  4. ピンでとめ、お団子部分をほぐしたら完成。

崩れないようにするためには?

▼きちんと下地を作る

とくに直毛の方や毛量が少ない方は下準備をすることがとても大切。きちんと巻き髪にしたりスタイリング剤をうまく使うことでグッと崩れにくくなります。

▼ピンは4か所にクロス留め

お団子にするとき、どこにピンをさすのかわからない方も多いのではないでしょうか? ピンは「ばってん」の形になるよう、4か所にさすのがポイント! 崩れやすさに悩んでいるなら是非試してみて。

▼毛束は「ロープ編み」or「三つ編み」をしてから

簡単なお団子ヘアだとねじってとめるだけの簡単アレンジが多いですが、毛束をしっかりロープ編みや三つ編みにすると髪同士が絡み合い崩れにくくなります。お団子にしたときの見た目も凝って見えるので◎。

初心者さんのためのQ&A

▼「ほぐす」って何?

さて、アレンジ本やサイトによく出てくる「ほぐす」ってご存知ですか? 「ほぐす」とはトップの毛やサイドの毛を少しだけ引き出し抜け感を出す技のこと。お団子をほぐさずにきっちりまとめてしまうと隙のない印象になってしまうので、適度にほぐしてこなれ感をアップさせちゃいましょう!

▼「おくれ毛」ってどこを出す?

お団子ヘアにするとき最も大切なポイントがこのおくれ毛。でもどこを出せばいいか分からない……そんなお悩みありませんか? ズバリおくれ毛を出すのは「こめかみ」「もみあげ」「えりあし」の3ヵ所。量を調整することで印象を変えることができます。おくれ毛をしっかり巻くことで小顔効果もあるので、是非試してみて♪

▼「巻き髪」にしたほうがいい?

お団子ヘアは巻き髪をしてからアレンジすることで、可愛さがグッとアップします。巻き髪は必須ではないですが、巻いてからの方がおすすめ。ダウンヘアのようにキレイに巻く必要はないので、不器用さんも是非チャレンジしてみて。

▼「スタイリング剤」はどんなものがいい?

黒ばら本舗

黒百合 速乾巻き髪ローション

コテで巻く前にシュッとひと吹き! 速乾なのですぐに巻くことができます。くるんとふんわりカールに仕上げ、1日中キープしてくれます。忙しい朝にもピッタリ!

ワックスなのにべたつかず、初心者さんでも扱いやすいテクスチャーです。ミルクワックスなので、ふんわりとしたニュアンスを演出してくれます。甘くさわやかなフローラル系の香りも魅力的。

デューサー(DEUXER)

ミディアムソフトワックス 3

ほどよいセット力で、どんな髪質にも相性◎なワックス。ミディアム系なのに軽さが引き出せるので、エアリーな束間をしっかり作ってくれます。

スプレーなのにガチっと固まらず、ふわっと仕上がるのが嬉しい! コテを使う前後に使用でき、空気感のある質感にしてくれます。

セットしたてが何時間もキープできちゃう優れもの。ハードタイプほど固まりすぎず、ふわっとした質感なので初心者さんにもおすすめ。

〈ゴムだけ〉でできちゃうお団子ヘアアレンジ

▼輪っかお団子ヘア

  1. おくれ毛を残し手ぐしで髪をまとめる。
  2. ゴムで結ぶ。この際、最後に毛先を出し切らず輪っかの状態で止める。
  3. 輪っか部分とトップをほぐし、おくれ毛を巻いて完成。

▼ねじりお団子アレンジ

  1. おくれ毛を残し手ぐしで髪をひとつにまとめる。
  2. 根元を押さえながら髪をねじり、そのまま丸めてお団子状にする。
  3. 毛束の毛先を押さえたまま、お団子をゴムでまとめる。
  4. トップをほぐし、おくれ毛を巻いて完成。

【短い髪の人向け】お団子ヘアを崩さないコツ

髪が短くても可愛いお団子ヘアがしたい! そう思っている方は多いはず。ここでは髪が短くてもお団子ヘアをキレイに作るポイントをご紹介します。 ショートさんもヘアアレンジを楽しんじゃいましょう♪

ピンでオシャレに“崩れ”を防止!

ショートさんでも低めの位置でお団子を作り、ピンでしっかりおくれ毛をとめればお団子ヘアが楽しめます! ピンでとめる前にワックスを揉みこんでおくと崩れにくくなります。ピンの色を変えればおしゃれ度もアップ♪

スカーフ・ヘアバンドで崩れ知らず&こなれ感アップ

スカーフやヘアバンドはつけるだけでサイドの毛が落ちてくるのを防いでくれちゃう! しかもおしゃれ上級者に見えちゃうこなれアクセ。是非試してみて。

ハーフアップもおすすめ

ショートさんはハーフアップお団子も可愛い♪ ダウンヘアをワンカールにしたり外ハネにしたりアレンジの幅も広がります! 簡単にできるので是非試してみて。

【高め・低め】で印象チェンジ!

ひとくちにお団子ヘアといっても、アレンジのやり方はさまざま。高さを変えるだけでガラリと印象をチェンジできちゃうので、マンネリ化してしまったら違う高さのお団子も試してみて♪

『高め』アレンジで可愛らしさを演出

高めのお団子ヘアは可愛さや愛らしさを醸し出してくれます。少し幼い印象になりがちなので、メイクやファッションでバランスを取ると◎。

『低め』アレンジで大人っぽさをグッと引き出す

低めのお団子ヘアは大人っぽい雰囲気をグッと引き出してくれます。ただ、おくれ毛を出しすぎると疲れて老けた印象も与えてしまうので、おくれ毛の量に注意してこなれ感を目指しましょう!

【レングス別】おすすめお団子ヘア

「自分に似合うお団子ヘアがわからない……」「髪が短くてもお団子ヘアはできる? 」そんなお悩みも解決すべく、ここでは長さ別のアレンジをご紹介します。 是非自分にピッタリなアレンジを見つけてみて。

ボブ

▼高めアレンジ

髪の短いボブさんでも、ハーフアップなら高めアレンジが楽しめちゃう! ダウンヘアは外ハネにすると今っぽい雰囲気に。

▼低めアレンジ

ボブさんの低めアレンジはボリュームが少なくて寂しくなりがち……そんなときは最近人気の革ひもをプラス。少ないボリュームでも十分な存在感を出すことができます。

ミディアム

▼高めアレンジ

髪の毛の表面を強めに巻いてからラフにまとめたお団子アレンジ。強めにカールをつくったことで立体感がでて、こなれ感たっぷりのアレンジに。高めでも子どもっぽくならないのも◎!

▼低めアレンジ

低めアレンジはバレッタを使ってこなれ感をアップ。お団子部分をしっかりほぐしてあげることでほどよいボリューム感が出るのでバランスが取れて◎。

ロング

▼高めアレンジ

ロングさんの高めアレンジは前髪を上げてキュートに。しっかりとくるくるふわふわな巻き髪を仕込むのがポイント。そのままでも可愛いですが、クリップなどのシンプルなヘアアクセをつけても可愛い!

▼低めアレンジ

低めアレンジでは最近人気のヘアバンドを使ったアレンジがおすすめ。低めお団子の落ち着いた印象に合わせて、ヘアバンドのカラーも落ち着いたカラーにすると大人っぽくおしゃれに仕上がります。

【シーン別】こなれて見える簡単アレンジ集

最後にご紹介するのはシーン別アレンジ。カジュアルなイメージのお団子ヘアですが、アレンジを変えるとどんなシーンにも合わせることができます! いろいろなお団子ヘアをマスターして楽しんで♪

スポーツにも最適なきっちりアレンジ

スポーツのときお団子は崩れがち……そう思ったことありませんか? お団子ヘアもきっちり作れば崩れにくくなるんです。おくれ毛をほとんど出さずに高めの位置でお団子を作り、しっかりピンでとめるのがポイント。

オフィス向きな大人っぽアレンジ

オフィスでは低めのお団子ヘアで落ち着いた雰囲気を醸し出しましょう。おくれ毛はゆるっとした印象を与えてしまうので出さないのが吉。トップを少しほぐすだけで十分なこなれ感が出せます。

休日でも気を抜かないカジュアルアレンジ

お団子×帽子なら簡単で楽ちんな休日ヘアが完成! 低めのお団子を作り帽子をかぶっておくれ毛を巻くだけ。キャップやキャスケット、ニットやベレー帽など、どんな帽子にも合わせられるのが嬉しい!

デートにピッタリなキュートアレンジ

デートのときの髪型って悩みませんか? 実はお団子ヘアは男性ウケもバッチリなんです。ふわふわなおくれ毛と、華奢なうなじ見せで可愛さと色っぽさを演出。小顔効果も抜群なので是非お試しあれ♪

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW