BEAUTY

グラデーションカラーはロングヘアと相性バツグン!人気カラーから暗めまでご紹介

2019/11/27

人気のグラデーションはロングヘアと相性抜群! 重たい印象になりやすいロングヘアはグラデーションに染めることで立体感がうまれ軽い印象になります。派手にならないか不安な方は暗めなカラーの黒髪ベースや、ブリーチなしの自然なグラデーションを取り入れて。誰でも簡単におしゃれ髪が手に入る、ロンググラデーションの魅力やおすすめカラーなどをご紹介します!

グラデーションカラー×ロングヘアの魅力が知りたい

女性らしい雰囲気がでるロングヘアと、髪に動きがでるグラデーションカラー。 そんな人気の2つが合わさると、髪が軽やかに見えグッとおしゃれな髪型にブラッシュアップ。もっとロング×グラデーションの魅力を知って、理想の髪型に近づくヒントに! 今回はグラデーションカラーがどんなものか、魅力とともにご紹介します。

グラデーションカラーとは?

「グラデーションカラー」とは根元から毛先にかけて色味を変えたり、トーンを明るくしたりするカラーリング方法のことをいいます。グラデーションをいれると立体感がうまれるので、重たくなりがちなロングヘアにぴったり! ヘアカラーのアクセントになってくれるので、オシャレをもっと楽しみたい人におすすめ。

▼ブリーチは必要?

ブリーチをしてもしなくてもグラデーションカラーはできます! ただ、ブリーチをしてから染めた方が色の濃淡がはっきりと出ます。グラデーション特有の立体感や変化を楽しみたい方はブリーチをするのがおすすめ。明るい部分だけブリーチをしてダメージを軽減することもできるので、美容師さんと相談して染めるのが◎。

グラデーションカラー×ロングヘアの魅力

▼髪の長さがあるからグラデーションが映える

ロングヘアだからこそカラーの変化やトーンの明暗がくっきりとでて綺麗に仕上がります。また、髪を巻くことでより立体感が際立ち、格上げされたスタイリングが楽しめますよ♪

▼顔まわりの色味をおさえればハイトーンも挑戦しやすい

グラデーションなら全頭をハイトーンにするわけではないので、奇抜になりすぎて違和感がうまれる心配はありません。また明るくしたいところだけブリーチをするので、ハイトーンでも髪がうけるダメージを最小限に抑えてヘアカラーすることができます。

▼凝ったアレンジをしなくてもオシャレにみえる

グラデーションカラーに染めることで髪自体にアクセントがつきます。凝ったヘアアレンジをしなくても立体感があるのでのっぺりみえず、ヘアスタイルがきまってみえます。毎日の準備時間を短縮できるのがうれしいところ。

【人気カラー】一気に垢ぬけられるおすすめヘアカラー5選

王道なグレー系から落ち着いた印象のブルー系、ちょっぴり個性的なピンク系のカラーまでロンググラデーションに合う人気カラーを5選ピックアップ! 垢ぬけヘアが手に入るカラーをぜひトライしてみて。

グレー系

▼アッシュグレー

濃いグレーから毛先にむかって淡いグレーに変わっていくグラデーション。かっこいい印象の中にもロングヘアならではの女性らしさがあり、「媚びない女性」をつくるヘアカラーに。

▼シルバーグレー

シルバーのグラデーションは重ためなレングスでも軽やかな印象に。圧倒的なクールさが魅力なヘアカラーです。コテやアイロンでゆるく巻いてセクシーさをプラスしたら、ぐっとオシャレ度がアップする。

ベージュ系

▼スモーキーベージュ

ハイライトの入った自然なグラデーションと、色落ちがあまり気にならないベージュカラーは長く楽しめるのがいいところ。ストレートのままでも可愛いですが、毛先を巻いてスタイリング剤で束感をだすとよりオシャレ感がアップ。

▼ミルクティーベージュ

人気のあるミルクティーカラーのグラデーションは女性らしさを与えるカラー。重めなレングスと合わせることで上品さもプラスされ格上げされた女性らしさが叶います。

ブルー系

▼ネイビーブルー

トップの暗髪との馴染みがいいネイビーブルーのグラデーション。鮮やかなカラーですが寒色系なので落ち着いた印象になり、大人なムードを楽しめるカラーです。

▼ライトブルー

鮮やかなライトブルーのカラーは2回ほどブリーチが必要です。海のような明るいブルーですが顔まわりは暗色で、落ち着いてみえるのでトライしやすカラーです。

ピンク系

▼チェリーレッド

モードな雰囲気漂う赤っぽいピンクカラーのグラデーション。色落ちしやすいカラーなのでカラーシャンプーやカラートリートメントなどのホームケアでカラーを持続させて。

▼パープル×コーラルピンク

クリアパープルからコーラルピンクにグラデーションとなった個性が光るヘアカラー。トーンをおさえているので奇抜になりすぎず、甘さをふくんだ大人レディな印象に。

カラーシャンプーの中では珍しいポンプ式で人気なロイドのカラーシャンプー。色落ちしやすいピンク系のヘアカラーに、ピンクの色素を補充してくれるシャンプーなのでカラーを長く楽しめます。

パープル系

▼ピンクパープル

トップはナチュラルなパープルですが、毛先にむかって鮮やかなパープルに変化していくデザイン性のあるカラー。波巻きをして女性らしさをアップさせて。

▼ラベンダー

グレーからラベンダーのグラデーションになっている髪色。グレーのカラーが髪の赤みや黄みを抑えてくれるので透明感のある仕上がりに。適度な抜け感がイマドキな印象をあたえます。

ロイド(ROYD)

ロイドカラーシャンプー(ムラサキ)

頭皮の汚れをしっかりと落としながら、カラー後の黄みを抑えます。マンゴーのようなフローラルな香りでバスタイムが心地のいいものに。

アミノ酸系美容液成分で潤いを補給し、まとまる髪にしてくれる洗い流さないトリートメント。ヘアカラーで傷んだ髪のケアに。

【黒髪ベース】暗めグラデーションのさりげなさが◎

黒髪をベースとしたグラデーションは、暗めなトーンで染めるとナチュラルに馴染むので初心者さんにおすすめ。職場で浮いてしまわないほどさりげないカラーなのに、普通のカラーよりアクセントがあり小洒落た雰囲気を出してくれる。カラーがだめな職場でも髪を結んで隠すことができちゃう! そんな黒髪ベースのグラデーションをご紹介します。

アッシュグレー

グレー系のグラデーションはクールな雰囲気になりますが、やわらかな色みのアッシュグレーならやさしい雰囲気にシフト。初心者さんでもチャレンジしやすく、憧れの外国人風になれるカラーです!

アッシュミント

光に当たると淡くミントカラーが色づいて、暗髪にこなれ感をうみます。ヘアカラーの気になる赤みや黄みはミント系のカラーでおさえることができるので、髪に透明感がでて華やかさがアップします。

ダークトーングレージュ

ダークトーンのグレージュのグラデーションはまるで黒髪のようなナチュラルなカラーです。職場がきびしく髪を明るくできない方でも挑戦しやすいカラーです。

グレージュ

落ち着いたブラウンのグラデーションで華やかさのある雰囲気に。ナチュラルな髪色だけど垢抜けた印象になり、職場でまわりが驚くようなイメチェンができる。

ちょっぴりベージュ

毛先に明るめのベージュを入れたグラデーションは暗髪なのに華やかな雰囲気に。明るすぎるかも、と心配な方はヘアアレンジで毛先だけ隠せば問題なし。休日は髪を巻いてイメージを変えれば、オンオフで楽しめちゃう。

ネイビー

毛先に向かってネイビーをいれた自然なグラデーション。黒髪よりもツヤ感があり色気を醸しだせるカラーです。お団子にすると毛先を隠せるので、場の雰囲気にあわせてヘアアレンジをするのが◎。

【ブリーチなし】ならダメージをおさえて染められる

グラデーションの色味をおさえればブリーチなしでも染めることは可能なんです! ブリーチほどつよいカラー剤を使わないので、髪のダメージを最小限におさえれるのがいいところ。ただ、ブリーチと比べ明るいところと暗いところの差が出にくいので、ぱっきりした色にしたい方は美容師さんと相談してからグラデーションカラーに挑戦してみて。

グレージュ系

▼ソフトグレージュ

ナチュラルなグレージュのグラデーションは、ほぼ黒髪に近いようなカラーなので職場がきびしく髪を染められない方でもトライできるカラーです。透明感があるのでここまでトーンが暗くても重たい印象にならず清楚な雰囲気に。

▼ラベンダーグレージュ

ほんのりと色づくラベンダーグレージュのグラデーション。ラベンダー系のカラーはくすみ感をだしながら色落ちしていくので、染めたてから色落ち後まで長く楽しめるカラーです。もともとの髪が明るい方におすすめのカラー。

ベージュ系

▼ブラウンがかったベージュ

ベージュ系は肌との馴染みがいいので、どんな方でも取り入れやすいのが特徴。暗めなトーンでも軽やかにみせてくれるのと、やわらかな雰囲気をつくってくれるので大人女子必見のカラーです。ブラウンがかったベージュならブリーチなしでもトライできる。

▼シアーベージュ

透明感たっぷりのベージュグラデーション。抜け感があり、どんなスタイリングも今っぽく仕上がるレディライクなカラー。もとの髪が明るいほうがきれいに発色します。

【スタイリング別】ひと手間加えておしゃれ度アップ

ロングヘアだからこそスタイリングやアレンジが幅広く楽しめる! スタイリングやアレンジをするとグラデーションならではの立体感が活きて、ブラッシュアップされたヘアスタイルに。

『ストレートヘア』の場合

▼ホワイティグラデーション

ストレートヘアのままでも立体感があり、のっぺりとしないのがグラデーションの魅力。ホワイトカラーのグラデーションはクールさがあるので、ストレートのままでもインパクトがあります。

▼ブラウン

筋感のあるハイライトがはいったグラデーションで髪に動きが追加され、ナチュラルなのに存在感がでます。ブラウンカラーなので比較的ナチュラルな印象になり、グラデーションをためらっている方でもチャレンジしやすい。

『巻き髪』の場合

▼ランダム巻き

ブラウンのグラデーションを毛束細めにとり、ランダムに巻いたスタイル。ボリューミーなスタイルが存在感がありセクシーな印象を与えます。

▼無造作ヘア

太めなコテで髪を多めにとり、巻いたあとにしっかりとほぐしてつくった無造作ヘアもグラデーションと相性抜群。スタイリング剤で束感をだすのが今っぽい雰囲気になれるポイントです。

自然由来の成分だけでつくられたワックスで、適度な束感とツヤがでる人気商品。髪だけでなくハンドクリームやリップクリームの代わりとしても使える優秀なアイテムです。

『ヘアアレンジ』の場合

▼ハーフアップ

ハーフアップにまとめた髪をくるりんぱして、トップをほぐしたらこなれたヘアスタイルの完成。グラデーションがアクセントになっていつもとは違う雰囲気をたのしめます。

▼ポニーテール

女性のヘアスタイルとして1番人気なポニーテールもグラデーションとの相性が◎。ポニーテールが揺れるたびに目で追ってしまうほどの存在感があります。

髪をガチッと固めずにまとめ髪をキープできるので、巻き髪のポニーテールなどに最適。アレンジ前に髪に吹きかけるだけで短い髪でさえもまとめてくれ、アレンジ後でも手ぐしを通すことができるのがうれしいところ。

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW