BEAUTY

【センター分け×ボブ】のセット方法は?トレンドを取り入れてオシャレ度UP

2019/11/28

街のオシャレさんたちはこぞって【センター分け×ボブ】にシフトチェンジ中。センターパートとボブレングスの組み合わせは、今一番キテるヘアスタイルなんです。今回は、初心者でも失敗しない基本のセット方法からイマドキアレンジまで盛りだくさんにご紹介。さまざまなスタイルを楽しんでグッと垢抜けちゃいましょう!

センター分け×ボブの基本のセットのやり方は?

センター分け前髪とボブはとても扱いやすくて、トレンド感抜群のヘアスタイル。ただしセットをしっかりしないと何だか物足りない印象に……。きちんとオシャ見えするための基本のセット方法をマスターしましょう。

基本のセット方法は?

▼乾かし方

「毛先が変な方向にハネる」「トップ・フロントがつぶれる」ボブへアの悩みといえばこちら。綺麗に乾かすために、大前提としてタオルドライでしっかり余計な水分を取り、熱から髪を守ってくれるベースケアのヘアオイルを髪に馴染ませてみて。

  1. まずはクセが出やすい前髪からトップにかけて。重要なのは、クセを修正するイメージで毛の流れと逆方向に髪を引っ張りながら乾かすこと。前髪は、ふんわり立ち上がるように上に引っ張りながら根元にドライヤーをあててみて。
  2. 次はトップからそのままバックへ。根元が乾くように指を優しいタッチで動かしながら乾かします。そして、髪を上に引っ張って高さを出すように根元にドライヤーをあてましょう。
  3. 最後にサイド。ここも根元から乾かすのが鉄則。根元にあてたドライヤーの熱は毛先に向かって流れるので、毛先から乾かしてしまうとオーバードライ(乾かしすぎな状態)になってしまいます。また、ドライヤーを一か所だけにあて続けるとダメージの原因に。広範囲に熱が届くようにドライヤーを小さく振りながら乾かしましょう。

軽いさらさらとしたテクスチャーのオイルトリートメント。タオルドライ後に傷みがちな毛先を中心に髪になじませます。髪にうるおいを与え、翌朝のブラシの通りが格段にいい、さらさらヘアにしてくれます。手に残りにくくて使いやすさもバッチリ。乾いている髪にも使えます。

▼アイロンのコツ

  1. サイドの髪を上下にブロッキングします。下の髪の毛は短いので根元のうねりを伸ばす程度でOK。毛先のハネが気になる場合は内側にアイロンをスライドさせましょう。
  2. ブロッキングした上の髪の毛ですが、毛量が多い人やクセが気になる人はさらにブロッキングすると仕上がりが綺麗に。さらツヤに仕上げるために「アイロンスルー」という“毛束にアイロンを二度通す”というテクニックにチャレンジしてみて。
  3. バッグの髪もサイド同様に。バッグの髪が絶壁になってしまうと一気にダサ見えしてしまうので、丸みを出すイメージでアイロンを徐々に半回転させると◎。
  4. センターパートの前髪は、サイドの髪に馴染ませるようにアイロンを軽くスライドさせましょう。もし、根元の立ち上げが物足りなかったらアイロンの熱で根元を立ち上げるのもGOOD。

アイロン・コテの高熱から髪を守ってくれるヘアミスト。さらさらストレートヘアが一日中続きます。ミストが内部まで浸透するので高熱で失われたツヤをケアしてくれます。湿気コントロール効果もあるので雨の日にも大活躍。

▼コテのコツ

ボブにオススメのコテは、カールを細かくするのもゆるめに作るのも巻き方次第でどちらにもできる26mm。巻き方はさまざまあるのでお好みの巻き方をしてみて。トレンドの「ふわくしゅボブ」でオシャレ度がアップします。

  1. アイロンもコテ同様に髪を上下にブロッキングして巻きましょう。
  2. 巻き方はさまざまありますが、ボブの長さでは“巻く”というよりも“コテの丸さに髪をあてる”イメージで。
  3. 全体を巻き終わったら、ベストな状態をキープするためにスタイリング剤を適量つけましょう。

センター分け×ボブの巻き方

▼外ハネ

外ハネのアレンジにはストレートアイロンを使うのがオススメ。アイロンで全体的の毛先を外ハネにしたら、顔周りにも動きを付けてみるとこなれ感を出せます。

▼内巻き

ウェーブ巻きはアイロンでもコテでもどちらでも綺麗にセットが出来るので、慣れている方を使ってみてください。根元からウェーブするよりも、毛先から根元に向かってウェーブをつくった方がバランスがとれてGOOD。

伸ばしかけ前髪でもキマるセット方法

▼ポイントは「毛先の流し方」

伸ばしかけ前髪でもセンター分けはできます! 前髪をセンターで分けたらアイロンを通して毛先を 耳の上あたりに向かってスライドさせます。シースルーバング風に少し髪をおでこに残しても可愛いですよ。

【韓国風・前下がり・切りっぱなし】トレンドライクなボブカタログ

話題沸騰中のセンター分けボブの中でも、抜群にイマドキなスタイルを一挙ご紹介! 初心者でもチャレンジしやいので、ぜひチャレンジしてみて。

韓国風ボブ

▼オルチャンなタンバルモリ

タンバルモリとは日本でいう“おかっぱ”のこと。タンバルモリのポイントは「ボリュームカット」「動きのあるアレンジ」「片側を耳にかける」この3つ。これを機に韓国のヘアメイクやファッションブームに乗っかってみては?

▼ウェーブタッセルカット

タッセルカットは切りっぱなしカットのこと。タンバルモリよりアレンジの幅が広がり、印象をガラッと変えることができます。そして、このタッセルカットに波ウェーブを合わせるのが今一番人気! タンバルモリよりもナチュラルでオシャレな髪型です。

スプレーなのに固めずにアレンジをキープしてくれるアイテム。立体感・空気感・束感ニュアンスどんなアレンジもテクニックいらずでボブアレンジ初心者さんにオススメです。内側と外側にジグザグにスプレーしてもみこめばふわふわヘアに。

前下がりボブ

▼王道内巻きスタイル

前下がりボブは首元がスラッと見えて上品な印象に。内巻きにすることで柔らかい雰囲気で女性らしさがグンッとアップ。仕上げにオイルを付けて程よい抜け感を出すのがオススメ。

▼愛されふんわりシルエット

外巻きヘアにすれば、空気感のあるシルエットでピュアな印象に。前下がりボブは顔周りが重たく見えてしまうこともあるので、軽やかなアレンジで抜け感を出してみて。

切りっぱなしボブ

▼変幻自在なオトナ清楚

センター分けと切りっぱなしボブはアレンジがしやすいんです。オールバック風にしてみるも良し、外ハネ、内巻きにももってこいな髪型。ダウンスタイルだとシンプルなのに綺麗なオトナ清楚な雰囲気に。

▼エアリーなウェーブ

エアリー感たっぷりのウェーブ巻きは、多くのオシャレ女子を虜にしているトレンドヘア。センター分け×ボブと合わせるとキメすぎない大人のラフスタイルに仕上がります。顔周りに立体感がプラスされるので小顔効果も。

【面長・丸顔・ベース型】に合うスタイル

髪型次第で顔の印象がガラリと変わるもの。センター分けボブを一気に垢抜けさせるためには、顔の形にあったスタイルを知るのがポイントです! 面長・丸顔・ベース型のヘアカタログをお届け。ぜひ参考にしてみて。

面長はくびれシルエット

面長さんは「縦幅を抑え、横幅を出す」のがポイント。レイヤーを入れたカットで動きが出やすいカットがおすすめです。トップのボリュームを抑え、くびれシルエットで横幅を出すとバランスが整います。

丸顔は横を短く

丸顔さんは「横幅を短く見せる」のがポイント。ショートボブカットは顔回まりにフィットするので、横幅を短く見せることができます。さらに、前髪を顔にかかるようにセットすると縦のラインを強調できてGOOD。

ベース型は縦を協調

ベース型さんは「縦幅を強調しつつエラを隠す」のがポイント。センターで分けた前髪ふんわりと立ち上げて縦幅を強調させてみて。そして、フェイスライン包み込むようなスタイリングをすることでエラをカバーできます。

パーマ・ストレートでイメチェン

髪型がパーマかストレートかでかなり顔の印象が違ってきます。つまり、イメチェンに効果的! これで可愛らしいパーマも、クールなストレートもお手のもの。なりたい雰囲気にあわせてヘアスタイルを選んでみて。

両性ウケ抜群!モテ髪パーマ

▼大人なゆるっとウェーブ

センター分けボブとパーマは相性が良い! 柔らかな質感で両性ウケ抜群のモテ髪です。お手入れが簡単なのに日常を少し変化させることができちゃいます。

▼毛先パーマでこなれ感

ショートボブにパーマをかけると、色っぽさが増して垢抜けたルックスに。ふんわりと揺れる髪とスッキリとした首元で美人オーラ全開にしてみて。

触れたくなるレディなストレート

▼艶で女性らしさアップ

つい触りたくなるさらさらストレート。センター分けボブのストレートは艶っぽさが魅力的。気品のあるおしとやかな女性らしさを演出してくれます。

▼カジュアルなワンレンボブ

前髪も切りそろえたワンレンボブはカジュアルなファッションとバランスGOOD。大人の女性ならではの余裕感あふれるへアスタイルです。

フェルナンダ(FERNANDA)

ヘアフレグランス(プリメイロアモール)

フルーティーで清潔感のある万人ウケする香りのヘアフレグランス。缶を立てた状態で振らずに髪から15cmほど離してスプレーし、手ぐしやブラシで馴染ませて使います。トリートメント成分・保湿成分配合で髪に潤いと艶を与え、さらさらヘアに仕上がります。

センター分け×ボブ【脱マンネリアレンジ】

センター分けボブのメリットのひとつはアレンジを楽しめること。この機会にアレンジのレパートリーを増やしましょう! 簡単アレンジでワンランク上のオシャレで旬のムードを高めてみて。

甘くなりすぎない!おしゃ見えアレンジ【4選】

▼ピン

センターで分けた前髪をピンで留めるだけの簡単アレンジ。バッテンにしてみたり、ランダムにつけてみたりピンアレンジだけでもさまざま。気分に合わせて留め方を変えてみて。

▼ひとつ結び

センター分けのボブの“ひとつ結び”は子供っぽくならない大人キュートなアレンジ。結ぶ前に全体を巻いておくとこなれ感が出せます。結ぶ位置も低いほうが断然オシャレ! おくれ毛も出してアンニュイな雰囲気にしてみて。

▼お団子

大人女子に人気の低めのお団子アレンジは、ボブでもできます。フロントとおくれ毛を残して低い位置にくるんとまとめるだけ! 髪は耳にかぶせるとラフさがでてトレンド感満載。残した部分はゆるく巻いて、後頭部の髪を引き出してバランスを整えましょう。

▼ハーフアップ

ボブのハーフアップには外ハネとウェーブ巻きがオススメ。結ぶ髪を少なめにするとオシャレ度がアップします。上の髪をまとめたらトップの部分を引き出してボリュームを出すとほどよい抜け感がプラス。

ウテナ(utena)

マトメージュ まとめ髪アレンジウォーター

まとめる前にスプレーするだけでヘアアレンジもキレイに仕上げてくれるワックスウォーター。細かい髪やパサついた髪をしっかりキャッチして、パラパラ落とさずアレンジがしやすい髪にしてくれます。湿気の多い日もスタイルのくずれや髪の広がりを抑える効果もあります◎。

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW