BEAUTY

【センター分け×ショート】の似合わせ方法は?これであなたも美人度アップ!

2019/11/25

オシャレさんの新定番として話題沸騰中の「センター分け×ショート」スタイル。初心者さんでも簡単にオシャレに見せられるセット方法や美容院での失敗しないオーダー方法をご紹介。また、顔型別の似合わせスタイリングなども徹底解説します。これでセンター分け×ショートの攻略は完璧!

【センター分け×ショートヘア】の基本のセットのやり方は?

顔の輪郭を隠せないセンター分けショートは「難易度高くない……?」と不安に思う人もいますよね。そんな不安を解消すべく、初心者さんでもダサ見えしないセンター分け×ショートの正解をお教えします!

前髪の長さでセットが変わる

▼眉下から目の上

前髪が短いならサラッとナチュラルに分けましょう。「センター分け」と聞いてイメージするようなかきあげたような根元を立ち上げたスタイルは、眉上の短い前髪にはオススメしません。短い前髪を立ち上げると浮いてしまいます。センター分けにしたいなら眉より下からの長さがオススメ。

【セット解説】
いつも通りスタイリングしたら、指を使って自然にセンターで前髪を分け、キープ力のあるワックスをほんの少しつけてみて。ひと手間加えるだけで、オシャレ度がグッとアップ!

▼目より下「ストレート」

目の下から頬までの前髪でも、ふんわり立ち上げずにストレートにおろすスタイルも似合います。オイルなどでふんわりとした軽さを出すと顔回りも重たくならず、表情も明るく見えます。

【セット解説】
まず、サイドの髪と一緒に髪にボリュームを出すように根元からしっかり乾かしてブローをしましょう。次に、髪の毛を下に引っ張りながら髪を伸ばすイメージでドライヤーをあてます。最後にスタイリング剤をつけて完成。毛先を巻いてもGOOD。

▼目より下「立ち上げバング」

目の下から頬までの前髪なら、根元をふんわり立ち上げましょう! そうすることで一気にこなれ感を演出できるんです。センター分け×ショートのスタイリングはエアリー感が大切!

【セット解説】
まず、ドライヤーを前髪の根元にあて、ふんわりと立ち上げましょう。次に、コテやアイロンで縦長の「S」を描くようにゆるくカーブさせて巻きます。仕上げにお好みのスタイリング剤をつけて完成。

失敗しない!似合うためのオーダー方法

美容院でのカットやカラーのあと、「あれ、なんか想像してたのと違う……」という経験が誰しも一度はありますよね。ショートヘアでセンター分け(センタパート)は顔の輪郭やおでこなど、パーツがいろいろと露わにいろいろ露わになってしまうからこそ、今回こそは失敗したくない! ここでは、似合うスタイルになるためのオーダー方法をお伝えします。

美容師さんの「似合う」と自分の「似合う」は違う

ここで知っておいてほしいことは、 美容師さんと自分の「似合う」は違うということ。美容師さんの「似合う」は骨格や雰囲気など「客観的に見ての似合う」。これに対して、自分の「似合う」はこうなりたい、今の気分や好みといった「主観的な理想」。美容院後の仕上がりがこの理想に近いほど自分にとって「似合う」という感覚になるんです。

伝え方のコツは3つ

「じゃあ、どうやって伝えればいいの……?」そんな不安を取り払う美容院で失敗しない伝え方のコツを教えちゃいます! オーダーの基本は「〇〇だから△△」。「この髪型にして!」だけではなく、その髪型にしたい理由もしっかり言えるようにしておきましょう。

▼【1】なりたいイメージ、今の気分をしっかり伝える!

その髪型にしたい理由は「こうなりたい」「今の気分や好み」から見つけることができます!「こうなりたい」は、どう見られたいかを考えてみてください。可愛さや大人っぽさ、クールさなど、周りの人から言われたい言葉を考えると近道に。「今の気分や好み」は、このドラマの女優さんの髪型がかわいいとか、軽い感じにしたいなど。美容院を予約した理由って、結構この「気分や好み」だったりしませんか? だからこそ、この「気分や好み」をしっかり伝えると満足感が増すんです!

▼【2】「これは嫌だ!」を言って失敗予防

「こうなりたい」の反対は「こうはなりたくない」ですよね。実はこれ、失敗予防にとても重要な感覚。“軽い感じが良かったのにレイヤーをいれたら理想とは違うウルフカットになった……”とか“スッキリ爽やかショートにしたかったのに前下がりボブでなんか違う……”など。「こうなりたい」が見つけられたら「こうはなりたくない」も想像して合わせて伝えましょう。

▼悩み優先か、気分優先か

美容院で髪型を変えるときは「悩みカバー」か「そのときの気分」の2つのパターンが多いですが、この2パターンを同時に叶えようとするのは失敗の原因になってしまいがち。どちらかひとつに絞って、優先させたいほうを美容師さんに伝えましょう。

オブ・コスメティックス(Of cosmetics)

ヘッドスパブラシ (ローズ)

美容院後のキレイな髪を保つ秘訣は頭皮にあり! 程よい硬さのブラシで、頭皮を傷つけず毛穴の皮脂や汚れもさっぱり洗えます。握りやすさを計算して作られたハートの形が手にフィットして◎。

オブ・コスメティックス(Of cosmetics)

トリートメント オブ ヘア・2-ER

パーマやカラー後の髪のダメージを集中補修し、地肌を優しくいたわる弱酸性のホームケアトリートメント。保護&保湿頭成分が皮環境を整えながらカラーを長持ちさせるための必須アイテム。

【丸顔・面長】に似合うスタイリングはこれ!

ここではそれぞれの顔の形に似合うストレートスタイルとパーマスタイルを解説。グッと印象が変わるのでイメチェンに最適です。 ぜひ美容院に行くときの参考にしてみて。

ストレートスタイル

▼丸顔

ストレート気分の丸顔さんは、丸みのあるシルエットがピッタリ! 顔の輪郭に沿った丸みショートは顔の輪郭をカバーして小顔効果バッチリ。前髪もセンターでナチュラルに分けて、すっきり清潔感溢れるシンプルスタイルがお似合いです。

▼面長

面長さんには、毛先重ためな切りっぱなしストレートをオススメ。切りっぱなしスタイルは縦の長さを緩和させてくれるので◎。カバーしてる感を出さずに面長を自然にカバーできちゃいます。思い切ったオールバックアレンジでも面長が強調されにくいです。

パーマスタイル

▼丸顔

丸顔の方はサイド重ためのパーマがオススメ。顔まわりを重たくすることでふっくらとした頬の丸さをカバーさせることができます。顎にかけてのフェイスラインもキレイに見えます。センターで分けた前髪をねじってピンでとめると丸顔の優しい印象を活かしたキュートなアレンジに。

▼:面長さん

面長の方はトップにゆるめパーマがお似合い。トップや後頭部に丸みをもたせる奥行きのあるフォルムが面長をカバーしてくれます。トップのゆるパーマに合わせて、毛先はリラクシーな外ハネが◎。ひし形を意識したアレンジで丸みのある印象に。

【美人ショート・ハンサムショート】気分に合わせてチョイス

ショートヘアのさっぱり感にキュートさがプラスされた「美人ショート」と流行中の「ハンサムショート」、それぞれのタイプに似合うファッションも合わせてご紹介。 ヘアスタイルも含めたトータルコーディネートで一目置かれる存在になっちゃいましょう!

カジュアル×美人ショート

カジュアルファッションがお好きな方は美人ショートでバランスをとってみて。毛先にウェット感をプラスするとさりげない色気が醸し出されてGOOD。カジュアル×キュート×色気のギャップ満載なスタイルの完成。

きれいめ×ハンサムショート

きれいめファッションとハンサムショートはナチュラル上品な印象に。クールで抜け感のあるハンサムショートは、きれいめのファッションと合わせると女性らしさがグッとアップ! きめすぎない、好感度抜群の大人かわいいスタイルです。

フェミニン×美人ショート

フェミニンファッションとパーマ感のある美人ショートは相性100%。ショートへア自体が爽やかでボーイッシュな印象を与えるので、柔らかい雰囲気の美人ショートでも甘くなりすぎません。可憐な少女っぽさと大人の女性らしさが共存するまとまりのある女性らしいスタイルに仕上がります。

モード×ハンサムショート

洗練された大胆&個性的なモード系ファッションには流行中のハンサムショートがピッタリ。クールさを前面に出して思いっきりカッコよく決めましょう! シルエットが特徴的なモード系ファッションには、シンプルなサラサラストレートで引き算を。バームで自然なツヤとまとまりを出してみて。

【アレンジ】でマンネリ知らず

せっかくのセンター分けショートを思いっきり楽しむためにアレンジは欠かせません。 簡単で垢抜けるアレンジをご紹介。マンネリ知らずな新しいスタイルでアレンジを楽しんでみて。

ヘアバンドでこなれ感

オシャレの幅が広がるヘアバンドは、手が出しにくいイメージを持たれがちですがコツさえ掴めば簡単です。全体的に髪を巻きフロンを残してヘアバンドをON。ショートヘアは耳の後ろにヘアバンドを通すとバランスがとれます。

前髪をピン留め

センターで分けた前髪をピンで留めるとクラシックな雰囲気に。ピンの色や形のデザインで印象もガラリと変わるのでアレンジの幅がグッと広がります。シースルーバング風にパラリと前髪を残してもオシャレに仕上がります。

サイドをバレッタ留め

バレッタは存在感があるのでヘアセットはシンプルにしましょう。サイドの髪を耳上でまとめると顔回りがパッと華やかに。留めた上の髪を少し引き出してゆるさを出すとアンニュイな雰囲気に。

【スタイリング剤】は欠かせな

ショートヘアにスタイリング剤はマストアイテム! スタイリング剤の種類もさまざまで、使い分けることによってグッと印象が変わります。ここではスタイリング剤の特徴や使い方をご紹介。

オイルでウェット感を出す

ウェットな質感は髪に立体感プラスし、ラフで余裕のある大人の女性に見せてくれます。艶感がほどよい色っぽさとこなれ感を演出。キチンとしたオフィスカジュアルの日や重たくなりがちな冬服にウェットヘアを合わせると抜け感が出てバランスがよくなります。アイロンやコテで動きをつけて乾いた髪につけましょう。毛先からつけて手に余ったものを顔周りになじませて。

ムコタ(MUCOTA)

Promille oil(クラシックブーケの香り)

ヘア・ボディ・ハンド全てに使える万能オイル。主成分はセサミンオイル、ホホバオイル、シアバターなど保湿成分たっぷりで髪にも頭皮にも優しい。つけ心地は重たすぎずベタつきすぎずちょうど良い質感で、セットキープ力も◎。

ワックスで毛束感をキープ

ひと口にワックスといってもたくさんの種類がありますがショートヘアに合うのは、ショートヘアに合うのは自然なセット力とキープ力がある「ファイバーワックス」。全体的に束感を出し毛先に動きをつけたら、センターで分けた前髪がしっかり立つように根本にも軽くつけてみて。

程よい軽さとキープ力で毛先の動きを狙い通りに表現してくれる使いやすい優秀ワックス。保湿にも優れていてケア効果も期待できます。少量を指先や手の平でよく伸ばして毛先や髪全体につけてみて。

バームならナチュラルスタイルに

つくられた感のないすっぴん風スタイルがお好みの方はバームを使ってみましょう。バームは髪を保護し、潤いを与えながらナチュラルにスタイリングができるアイテム。ワックスの一種ですが主成分がオイルなのでセットキープ力は弱めです。お肌の保湿やリップクリームとして使えるのも◎。

毎日のスタイリングがヘアケアに。髪のコンディションを最良に整えてくれるヘアバームです。シリコンフリー、合成香料フリーなど「9つのFREE」だからマルチバームとして全身にも使えます。数量を手の温度で溶かしオイル状になったら髪につけましょう。

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW