BEAUTY

【結婚式のお呼ばれヘアアレンジ】徹底解説!セルフアレンジでも華やかに

2019/12/02

結婚式や二次会のパーティーでは、いつもと違うワンランク上のドレスとヘアアレンジでお祝いの席に華を添えたいものです。そこでMINEより、ロング、ミディアム、ショート、ボブ、それぞれのレングスにぴったりの華やかな髪型と、自分で簡単にできるアレンジのやり方を多数紹介いたします。フォーマルな席だけでなく、ちょっとしたお出かけや職場でも活用できるアレンジがたくさん。これを読んでセルフアレンジを楽しんでみてください♪

知らないと恥ずかしい!大人の【結婚式ヘアスタイルマナー】

  1. 生花NG
  2. 大きすぎるヘッドアクセサリーNG
  3. バサバサ邪魔になるダウンスタイルはNG

主役はあくまでも花嫁なので、あまり華美なヘアスタイルにしてはいけないし、かといってお祝いの気持ちが見えないような手抜きヘアもNG。大人女子なら気をつけたい結婚式のマナーがいくつかあります。

結婚式デビューが多い20代は、かわいらしく会場に華を添えて。余裕の出てくる30代は、大人っぽくきめて。経験豊富な40代は、ヘアも服装も模範となるように。
フォーマルな席の大切なマナーを守って気持ちよくお祝いしましょう♪

▼こちらもチェック!《【5つ】 の結婚式の服装マナー》

【プレスタイリング】ヘアアレンジは下準備が大事!

結婚式のヘアアレンジはプレスタイリングで差がつくと言ってもいいくらい、はじめのひと手間が大切です。見た目に差が出るだけでなく、アレンジのやりやすさも変わってきます。コテでゆるふわカールや華やか巻き髪をつくれば、ダウンヘアも手抜きに見えないし、アップスタイルも華やかにきまります♪

  1. 髪全体にヘアオイルをなじませます。
  2. 160度くらいに温めたコテを使い、少量の束ごとに、内巻き、外巻きと交互に巻いていきます。(ミックス巻き)
  3. 巻いた毛束をほどいて、全体を見ながら手ぐしで整えれて、ワックスやスプレーで仕上げればできあがり。

レングスが短かめのショートヘアやボブヘアにおすすめなのは、直径が小さい19㎜から26mmくらいのコテ。ミディアムヘアやロングヘアにおすすめなのは、普通サイズの32mmのコテ。レングスごとにぴったりの直径のコテを使うときれいなカールがつくれます。ドレスに合わせてヘアスタイルをゴージャスに格上げしましょう♪

アハロバター(AHALO BUTTER)

アハロバター スムースリペア(バターとハーブオイルのサラサラヘアオイル)

バターとハーブオイル配合のヘアオイルはベタつかずに、ツヤめく髪へと導いてくれます。心華やぐフルーティーブーケの香りが使うたびに癒してくれます。

ウテナ(utena)

マトメージュ まとめ髪アレンジウォーター

アレンジの前にさっとスプレーするだけで、まとまり成分がなじんで髪アレンジをしやすくしてくれます。これがあればラフなまとめ髪から、結婚式のような手の込んだヘアまで自由自在にアレンジできます。

【ショート・ボブ】自分でできる簡単セルフアレンジ

髪の長さが短いショートヘアやボブヘアは「どうアレンジしていいかわからない……」という方多数。そこで、誰でもできるセルフアレンジ方を多数ご紹介いたします♪ 手抜きに見えないダウンスタイルも併せてお届しているのでお見逃しなく。

『ショート』ダウンヘア

▼ピンクスーツ×七三分け前髪

辛口マニッシュのベリーショートが、甘口ピンクのスーツをほどよく引き締めて大人っぽく仕上げています。すっきりとしたベリーショートは、大ぶりのピアスや存在感のあるチョーカーが際立ちます。

▼ブラックレース×ふるふわショートボブ

華やかなくせ毛風パーマのワンレングスのショートボブ。はじめに紹介した基本のコテの使い方で、内巻き外巻きを交互に作るミックス巻きにします。くせ毛風のゆるやかなウエーブが映えるヘアカラーも◎。

『ボブ』ダウンヘア

▼ブルーワンピース×濡れツヤストレートヘア

髪全体にオイルかワックスで潤いを与えて、ストレートアイロンでまっすぐにし、毛先だけ外ハネにします。前髪をセンターパートからタイトに分けてあげると、すっきりと爽やかな印象に。爽やかなブルーのワンピースにぴったりマッチ。

▼ベージュドレス×プリンセス風ウエーブ

細めのコテでしっかりとつくったお姫様のようなウエーブスタイルは、光沢が美しいベージュのドレスによく映えます。前髪もコテで丸くつくり、女性らしくやわらかく仕上げて。

『ショート』アレンジスタイル

▼簡単かわいいねじり前髪

前髪をくるくるねじってピンで留めただけの簡単アレンジ。カジュアルなアレンジも毛先をコテで巻いて動きをつければ、お祝いにふさわしい華やかさにシフトチェンジ。

▼すっきり編み込みアレンジ

はじめに髪全体にワックスをなじませ、アレンジしやすくします。サイドの毛束をを少しだけとり、編み込みしピンで留めます。えりあしの髪もピンで留め、サイドからえりあしにかけてすっきりとさせると、ショートヘアでもできるすてきなまとめ髪風スタイルが完成。

『ボブ』アレンジスタイル

▼くるりんぱのお団子ハーフアップ

  1. 両サイドの毛束を残すようにして、中央部分の髪を丸く取りゴムで結びます。
  2. (1)の結び目の数センチ下側をゴムで結びくるりんぱします。
  3. (2)と同じ工程をもう1回繰り返します。
  4. 両サイドに残した毛束をそれぞれロープ編みにし、ゴムで結びます。
  5. くるりんぱを巻きつけお団子にし、ピンで留めます。両サイドのロープ編みもお団子に巻きつけてピンで留めます。全体のバランスを見ながらよくほぐしてできあがり。華やかなお団子が結婚式にぴったり。

▼ポンパドール前髪で知的なおでこ出し

  1. 髪全体にワックスをなじませます。
  2. コテでミックス巻きをつくり丁寧にプレスタイリングしましょう。
  3. 前髪をねじって高さをだしてからピンで留めればできあがり。おでこをすっきりと出した知的な雰囲気は、着物姿にもフィット。

【ミディアム・ロング】自分でできる簡単セルフアレンジ

結婚式やパーティーなどのヘアアレンジは、特別な日だからこそワンランク上を目指したいもの。そこで、手が込んでいるように見えるのに、簡単にできるアレンジを多数ご紹介します。 旬の抜け感はおさえつつ、自分のレングスにあった華やかなスタイルに挑戦しましょう♪

『ハーフアップ』で華やかに

▼片サイドねじりのふわぴたハーフアップ

  1. 髪全体をしっかりコテで巻いて、ゴージャスな巻き髪にします。
  2. 右サイドの毛束をねじってすっきりと耳の後ろ側でピンで留めます。左サイドはふわっと、右サイドはぴたっとしたアシンメトリーなフォルムが洗練された印象に。

▼プロっぽお団子のハーフアップ

  1. 両サイドの毛束を残すようにして、中央部分の髪を丸く取りゴムで結びます。
  2. (1)の結び目の数センチ下側をゴムで結びくるりんぱします。
  3. (2)と同じ工程をもう1回繰り返します。
  4. 両サイドに残した毛束をそれぞれロープ編みにし、ゴムで結びます。
  5. くるりんぱを巻きつけお団子にし、ピンで留めます。両サイドのロープ編みもお団子に巻きつけてピンで留めます。全体のバランスを見ながらよくほぐしてできあがり。華やかなお団子が結婚式にぴったり。

『ポニーテール』は存在感あり

▼編み込みがキュートなガーリーポニーテール

  1. まず耳上部分の髪を後頭部に向かって編み込んでいきます。
  2. 両サイド同じように編み込んだら、編み込んでいない残りの髪と合わせて高い位置でポニーテールにまとめます。
  3. 結んだゴムを大きめのリボン型バナナクリップで留めればできあがり。編み込み部分をしっかりほぐしてあげることがおしゃ見えのポイント。

▼くるりんぱでゴージャスな美ポニーテール

  1. 前側の毛束を残して高めの位置でポニーテールをつくります。
  2. 残した毛束を、トップ、右サイド、左サイドに分け、トップの毛束を結んだらポニーテールに向けてくるりんぱします。
  3. 両サイドの毛束をそれぞれ結んで、ポニーテールに向けてくるりんぱします。
  4. (2)(3)を(1)と合わせてひとつに結びます。
  5. 全体のバランスを見ながら、毛先を巻いてくるりんぱををほぐせばできあがり。存在感のあるゴージャスなポニーテールにスタイルです。

『編みおろし』はそれだけで旬

▼クレセントコームを重ねて今っぽ編みおろしに

  1. 両サイドに毛束を適量とり、残りの髪を中央部分でゴムで結びます。
  2. 両サイドの毛束をそれぞれロープ編みしゴムで結びます。
  3. (1)の毛束と(2)でロープ編みした2本の毛束を三つ編みにしゴムで結びます。
  4. 全体のバランスを見ながらトップから毛束を引き出し、よくほぐしてクレセントコームで飾ればできあがり。

※ロープ編みとは、毛束をふたつに分けそれぞれの毛束を同じ向きにねじり、ねじった向きと反対の方向にふたつの毛束をねじり合わせる編み方

▼超簡単! 2段階のくるりんぱでつくる編みおろし

  1. 髪全体をコテで巻いて巻き髪にします。
  2. 顔まわりにおくれ毛を残し、うなじのあたりでひとつに束ねくるりんぱします。
  3. (2)の下側をゴムで結んでさらにくるりんぱします。
  4. 全体のバランスをみながらよくほぐしてあげればできあがり。
  5. 華やかに仕上がるように顔まわりのおくれ毛をコテで巻いてウエーブにするのがポイント。

『シニヨン』で大人の上品さを

▼注目のギブソンタックは簡単なのにこなれ感アップ

  1. 髪全体をコテで巻いて巻き髪にします。
  2. 顔まわりにおくれ毛を残し、うなじのあたりでひとつに束ねくるりんぱします。
  3. (2)の毛束の先の方をゴムで結びます。
  4. 結んだ毛束をくるりんぱの中に入れ込み、ピンで留めます。髪が余る人は何回かまわして入れ込んでいきますが、同じ所だけでなく広がるようにずらしながら入れ込みます。
  5. 全体のバランスを見ながらよくほぐしてあげればできあがり。華やかに仕上がるように顔まわりのおくれ毛をコテで巻いてウエーブにするのがポイント。

▼ドレスにも着物にもマッチの上品シニヨン

  1. 髪全体をコテで巻いて巻き髪にします。このとき、ゆるめではなくしっかりとしたカールなるようにしましょう。
  2. 両サイドに毛束を少しとり、残りの髪を上下ふたつに分けます。上半分の髪を右側で結んでくるりんぱし、下半分の毛を左側から右側に三つ編みしていきくるりんぱと重ねてゴムで結びます。
  3. 右サイドに残した毛束を三つ編みして(2)と合わせて結び目を隠すようにピンで留めます。
  4. 左サイドに残した毛束はロープ編みして(3)と合わせてピンで留めます。
  5. 残っている髪をねじりながらロープ編みの中に入れ込みピンで留めます。全体のバランスをみながらよくほぐしてあげればできあがり。上品なパールを飾って結婚式仕様に。

巻かない!簡単セルフアレンジ

コテを持ってない。ヘアアイロンやコテで準備をするのが面倒。そんな皆さんのために、巻かないで簡単にできるアレンジをご紹介いたします♪

短めボブはくるりんぱで華やかヘアアレンジ

  1. 両サイドに毛束を残し、余った髪をふたつに分けくるりんぱをゴムで結びます。
  2. サイドに残した毛束をそれぞれロープ編みしゴムで結びます。
  3. 右サイドのロープ編みをスティックなどで(1)のくるりんぱの中に入れ込みます。
  4. 左サイドのロープ編みも(3)と同じようにします。
  5. ゴムを隠すようにバレッタを飾り、全体のバランスを見ながらほぐしてできあがり。髪の短いボブヘアでもスティックなどを使うことでアレンジしやすくなります。

ラッキーウィンク

ポニーアレンジスティック(POAR480)

使い方次第でいろんなアレンジが楽しめるアレンジスティックはひとつあると重宝すること間違いなし。短めのレングスでもグッとアレンジしやすくなります。

三つ編みですっきりシニヨン

  1. 髪全体を上下で半分に分け、下側を三つ編みにします。このとき、サイドの髪は上側に取り分けます。
  2. 三つ編み部分をうなじのあたりでお団子にし、ピンで留めます
  3. 残していた上半分の髪を左サイドにまとめて、三つ編みにします。
  4. (3)で作った三つ編みを、お団子の下に巻き込むようにまとめ、ピンで留めます。全体のバランスを見ながら、しっかりほぐして完成です。

黒髪おさげもパーティー風に

  1. えりあしの毛束を残して、それ以外の髪を右上から左下に斜めに半分に分けそれぞれ耳の後ろでゴムで結びます。斜めに分けることで分け目が目立たず、キレイにきまります。
  2. 耳の後ろで結んだ毛束をできるだけ毛先の方まで三つ編みし、目立たない小さなゴムで結びます。
  3. えりあしの残した髪を中央で半分に分け、右側の毛束は右側の、左側の毛束は左側の結んだゴムを隠すようにねじりながら巻いてピンで留めればできあがり。

【ヘアアクセサリー】でもっと華やかに

つけるだけでお祝い気分が盛り上がる華やかになヘアアクセサリーは、結婚式やパーティーの席で大活躍します。 着物やドレスに合わせてヘアアクセサリーを選んで華やぎにふさわしい装いましょう♪  

『カチューシャ』でキュートをまとう

下側にお団子をつくり、顔まわりのおくれ毛をコテで巻いて華やかにします。全体のバランスを見ながら、トップにボリュームを出すように毛束を指でつまんで引き出します。最後に細めの華奢なカチューシャをONすれば、グッとフェミニンな表情に。

『パール』が輝く上品大人っぽアレンジ

フォーマルな席で愛されるアクセサリーといえばパール。ヘアアクセサリーもパールを選べば間違いなしです。大人っぽいシニヨンに合わせても、ボブやショートのダウンヘアに合わせてもきまります。

オペークドットクリップ(OPAQUE.CLIP)

パール調ビジューミニバレッタ

結婚式にも、ちょっとしたお呼ばれにも、ひとつあれば重宝するのがパールのヘアアクセサリー。上品で清楚なイメージのパールは誰からも愛されるので、安心して使える優秀アイテムです。

『リボン』でフェミニン気分が加速中

両サイドから毛束を少量取り、残りの髪は中央で編み込みします。編み込みは低い位置でシニヨンにし、左右のサイドに残した毛束をロープ編みしてピンで留めます。バランスを見てリボンを添えればできあがり。フェミニンな編み込みシニヨンが完成です。

ラクしてかわいい『バレッタ』の存在感

シンプルなくるりんぱハーフアップがこんなに目を引くのは、存在感のある大ぶりのリボンバレッタのおかげ。ストレートアイロンやコテをつかって、毛先を少し内巻きにして仕上げれば清楚系モテスタイルに。

ありなんです! 『ピン留め』の確かな実力

まるでプリンセスのようには華やかな編みおろしは、最近人気のお呼ばれスタイル。センスの光る星形ピン留めを重ね使い、周りと差をつけましょう。

着物姿に差をつける『和風髪飾り』のあでやかさ

▼かんざしをまとった『ポンパドール×和風アップ』

前髪なしスタイルのポンパドールはすっきりとした装い。ポンパドールの結び目を隠すように、高い位置で髪全体をまとめたヘアアレンジは赤いかんざしがアクセントに。モダンな雰囲気のアップスタイルが、レトロな着物に不思議とマッチ。

▼花かんざしで優雅な和風美人

上品な色味の着物に合わせたエレガントなまとめ髪。髪を下側にまとめると落ち着いた大人の雰囲気に仕上がります。ぱっつん前髪がかわいらしさを演出し絶妙なバランスに。

立体感や髪の動きを1日中強力にキープしてくれるケープエクストラキープ。結婚式アレンジのように、手の込んだ髪型を長もちさせてくれる強い味方です。

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW