LIFE STYLE

楽して貯まる「節約術」!女性が知っておきたいお金の習慣とは

2019/11/21

高年収の男性と結婚すれば生涯安泰、なんてライフプランが当たり前でなくなった今、女性にとってもお金と向き合うことは避けては通れない道。一生まとわりつくお金の悩みに「お金は考えているよりも、とっても身近なものですよ」と語りかけるのが、日本最大級のマネースクールであるファイナンシャルアカデミーの創設者で代表の泉正人先生。
自らの経験から的確な貯蓄方法を編み出してきた“お金のプロ”が、お金の考え方から、貯蓄の方法、生涯に必要な金額など、お金にまつわるアレコレをわかりやすく説明してくれました。

これで楽して貯まる!たった2つの節約術

「僕自身が貯蓄と向き合って学んだのが、“節約してお金を貯める行為は、ダイエットと同じ”ということ。努力・我慢・根性に頼っていては長続きしないし、ストレスが溜まってリバウンドする可能性大。そんな経験から編み出した、ストレスフリーに続けられる節約のコツをご紹介します」(泉正人さん)

1:細々したお金を切り詰めるより、大きい予算を見直すべし!

「どこを節約するか判断する際、家計に占める金額が大きいものから優先的に見直しましょう。例えば、月に数百円の節約になる光熱費や水道費を切り詰めるより、住居費ならうまくいけば数万円単位で削減することが可能になります」(泉正人さん)

2:真っ先にチェックすべきは家賃・スマホ代…固定費です!

「多くの人が節約するのに真っ先に思い浮かべるのが、毎日に欠かせない食費やカフェ代だと思います。しかしそれだと、日々努力を続けなければ節約効果は出ないし、ストレスが溜まるいっぽう。メスを入れるなら、スマホの固定料金や住居費、生命保険、ジムの会員費など、毎月決まった額が引き落とされる固定費がおすすめ。とにかく我慢は長続きしません。一度見直せばいいものなら自動的に貯蓄できます」(泉正人さん)

目安は1年300万円! 結局、生涯必要なお金って?

「今は健康で定期的に収入があるけど、将来は大丈夫だろうか……。そんな不安を抱いているなら、まずは、生涯に必要な額を計算するところから始めましょう。家賃や、光熱費・食費を含む生活費、最低限の医療費などを含む年間の最低必要額の目安は300万円。現在30歳の人は、今後100歳まで生きることを想定すると、残りの人生で約2億1千万円が必要な計算に。
総額だけを見るとギョッとしてしまいますが、現在それ以上の年収がある人は、65歳まで働けば残り35年間は黒字の分だけ貯蓄できる。そこから想定できる年金収入などを差し引けば、さほど非現実的な金額ではないはず」(泉正人さん)

増やすなら、お金=お財布に入っている“道具”と考えるべし!

「多くの人は、“マネーマネジメント”“資産運用”という言葉を聞くと、急に苦手意識を持ってしまいますよね。でもそれらは、財布や銀行に入っている“道具”の使い方を考えるだけのこと。ランチで500円使うも、株を500円で買うも、結局は同じことなんです。株や投資は、その先の利益につながる可能性がある、それだけのことなんです」(泉正人さん)

家を購入するのは、結局、損か得か?

ここまで節約・貯蓄について触れてきましたが、皆さんが支出を見直した際、大部分を占めるのが家賃ではないでしょうか。

「家賃は将来いかなる形にも残らない支出。支出が無駄にならないよう、“家を買うべきか?”、という問いをお金の損得のみで判断するならば、買った方が断然得。例えば2,000万円のマンションを購入し、月に支払うローンを家賃と同じ10万円としたら、完済にかかる年月は約17年。35歳でマンションを購入しておけば70歳まで生きたとき、18年間も家賃を支払う必要がなくなります」(泉正人さん)

しかし、家を購入するということは、場所や環境に縛られるということでもある。また、遠方の人との結婚に悩んだり、転職先が限定されるなどの可能性もあります。
「流動的なライフスタイルを好む人には向かず、ストレスを抱える原因になることもあります。しかし家を買ったからと言って、そこに住み続けなければいけないわけではなく、利便性のある都心の立地ならば賃貸にしても、借り手が絶えづらく、家賃収入で別の土地に住むという活用法も。
いずれにせよ大きな買い物ですから、しっかりと見極めてから判断しましょう」(泉正人さん)

Profile:泉正人

2002年にファイナンシャルアカデミーを創立。代表として運営するほか、一般社団法人金融学習協会理事長も務める。主な著書に『「仕組み」仕事術』、『「仕組み」整理術』、『お金の大事な話』、『お金の教養』などがある。

Photo:Shutterstock Text:Ayano Nakanishi

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

WHAT'S NEW