BEAUTY

旬のムードを高める『外ハネショートボブ』とは?お手本スタイルとやり方をご紹介

2019/11/20

トレンドのショートボブヘアを気軽にイメチェンできる『外ハネショートボブ』。女性らしさや適度な抜け感を与えてくれるヘアスタイルとして、おしゃれな人たちを中心にトレンド入りに。毛先を『外ハネ』にするだけでおしゃれ度が一気に増して旬のムードも高まります。そこで今回は、旬のスタイルとセルフでできる外ハネのやり方をレクチャー。ストレートや内巻きに飽きた人も試す価値ありです。

一言で外ハネショートボブと言っても、外ハネの巻き方や髪色、前髪のあり・なしなどで見え方は大きく変わります。自分にピッタリのスタイルで、マンネリしがちなヘアスタイルをアップデートしましょう!

『外ハネショートボブ』が人気の3つの理由

今おしゃれな人たちの間で『外ハネショートボブ』がトレンドとなっていますが、なかでも大人女子からの支持率が圧倒的に高め! なぜそこまで人気の高いスタイルとなったのでしょうか? それでは早速『外ハネショートボブ』の人気の理由を紐解いていきましょう。

【理由1】小顔効果がある

カットラインがちょうど頬からあごまでの長さになるので、気になるフェイスラインのカバー力は高め。さらに外ハネにした毛先が顔周り全体の軽やかさを演出してくれます。

【理由2】こなれて見える

まっすぐのサラサラストレートも素敵だけど、毛先を外ハネにすることで動きが出て一気にこなれた印象に。ガーリーコーデのハズしにしたり、メンズライクなコーデを引き立てたりと、トレンドのファッションとも相性抜群。

【理由3】スタイリングが楽

外ハネはコテやストレートアイロンで簡単につくれるので、朝のスタイリングがとっても楽。仕上げにスタイリング剤をつければきちんとセットした感も出るので、忙しい人にも嬉しい時短スタイルです。

外ハネのやり方とおすすめアイテム

外ハネの作り方は3種類あります。1つ目は、カットで外ハネをつくる方法。これは髪質や毛量、美容師さんの技術によって仕上がりが変わります。2つ目はパーマをかける方法。これは内巻きなどの他の髪形と併用ができないという不便さも。そして今回ご紹介したいのが、3つ目の自分で巻いて外ハネにする方法です。コテやアイロンを使えば自分でも簡単に外ハネスタイルがつくれるので、ぜひお試しあれ。

シンプル外ハネ

オーソドックスな外ハネは、ストレートアイロンもコテもほぼ同様に、毛先を外側にはねさせるだけなので、難しい工程は一切なし。不器用な人や朝のスタイリングに時間をかけたくない人におすすめです。

内巻きミックス

平巻きで、外巻きと内巻きを交互に繰り返してつくるスタイルです。2種類の巻き方を使いますが毛先だけなので難易度は低めです。

  1. まず、顔の脇をひと束取り毛先を外巻きにします。
  2. 次はその隣の毛束を取り、毛先を内巻きにします。
  3. さらに隣の毛束は取り、外巻きに……と交互に繰り返して完成です。



縦巻きミックス

ベースは外ハネですが部分的に縦巻きをミックスしているので、難易度は少し高めです。

  1. まずは毛先を全て平巻きで外ハネにします。
  2. 次に縦巻きをつくります。顔の脇の毛束を取り、上から下に向かって挟んで巻き、下に滑らせながら巻く、を毛先まで繰り返します。
  3. 等間隔を空けて毛束を取り、(2)の縦巻きをつくっていきます。
  4. 最後に巻き髪を軽くほぐして完成です。

パーマ風波ウェーブ

一見難しそうに見える波ウェーブですが、平巻きだけでつくるので慣れると簡単に出来るようになります。

  1. 毛束を取り毛先を外巻きにします。
  2. 同じ毛束をそのまま上にずらしながら内巻きと外巻きを交互につくります。
  3. 全体にウェーブが出来たら完成です。

※ストレートアイロンの場合は、髪の根元から内巻き外巻きを交互につくります。

巻き髪をつくるときの便利アイテム【5選】

コテやアイロンに慣れていない場合はヘアクリップやピンなどであらかじめブロッキングしておくと楽です。また、カールのもちをよくしてくれたり熱のダメージから髪を守ってくれるスタイリング剤もおすすめです。

▼ヘアクリップ

トリコインダストリーズ(Trico Industries)

ワニワニクリップ(ブラウン)

ラバーコーティングされているので髪の毛が滑りにくく掴んだ毛束をしっかりホールドしてくれます。コテやアイロンなどの作業中はもちろん、邪魔な髪の毛を留めておくような普段使いでも活躍度大。

▼洗い流さないトリートメント

ルシードエル(LUCIDO-L)

オイルトリートメント ♯EXヘアオイル

アウトバスで使うトリートメントでコテやアイロンの熱による髪のダメージを減らしながら、艶と潤いのある髪を保ってくれます。スタイリングの仕上げにも使えるので乾燥の気になる季節にもぴったり。

▼スタイリング剤

お風呂上がりのドライヤー前につけて乾かせば、寝ている間に形状コントロール成分が髪の毛を形づけやすくしてくれるので翌朝の巻き髪が楽につくれます。ベタつきのない素髪のような巻き髪スタイルが可能。

パウダータイプのスタイリング剤なので頭にトントンとつけて整えればエアリーなスタイリングに仕上がります。ミネラルパウダーが余分な皮脂やベタつきを吸収してサラサラふんわりヘアが叶います。

▼カーラー

コテやアイロンが苦手な人におすすめなアイテムがカーラーです。カールをつけたい部分にセットして寝るだけで朝起きたらカールができているので、朝少しでも楽したいという人にもぴったり。

『外ハネショートボブ』の旬スタイル

ショートボブの外ハネスタイルと言っても実はいろいろあるので実際にトライしようと思ってもどれをチョイスするのが正解か悩ましいところ……。そこで、ここでは旬のスタイルに絞ってご紹介します。どんなショートボブにしようか迷い中の人は必見です。

旬の黒髪とも好相性

旬の黒髪や暗髪ならショートヘアでもハンサムになりすぎず、上品な女性らしさに加え透明感がグッとUP。

前髪なしで大人っぽく

思い切って前髪をオールバックにすればクールビューティーな印象に。ヘアスタイルのかっこよさが大人っぽさを放ちつつも、メイクやコーディネートの女性らしさを引き上げてくれます。

30代、40代の大人の女性にも似合うボブは

正面から見れば一見普通のショートボブも、バックスタイルはスッキリとした襟足のカットラインから出るうなじで色っぽさがUP。大人の女性だからこそ漂う上品な色気にもぴったりマッチします。

可愛い簡単アレンジは?

気合の入りすぎていないナチュラルな外ハネショートボブは、アレンジを楽しめるのもいいいところ。そこで、髪が短くても簡単におしゃれ度を高めてくれるヘアアレンジをご紹介します。ヘアアレンジの幅を広げて遊びやニュアンスの違いを楽しんでみて。

ピンアレンジ

短い髪の毛でも簡単にアレンジできるヘアピンはデザイン違いでいくつか持っておくとアレンジの幅も広がって便利です。サイドの髪をねじって留めるだけなので、お仕事後の急なお出掛けにも最適。

カチューシャ

おしゃれ上級者の間でじわじわと人気が高まっているカチューシャもおすすめです。ダウンスタイルにそのままつけても可愛いですが、三つ編みやロープ編みでハーフアップさせれば、ラフに遊んだ毛先が今っぽさを添えてしゃれ顔に。

ハーフアップアレンジ

ハーフアップのお団子なら適当にお団子をつくるだけで瞬時に今どき顔にアップデート。顔回りに後れ毛をつくってあげればカジュアルになりすぎずに、可愛さもプラスできます。

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW