HAIR

即、試したい!かきあげ前髪の作り方【3パターン】短い前髪でも簡単に

2020/04/24

海外セレブをはじめ、日本でも人気のかきあげ前髪。しかし「なかなかうまくセットできない」「キープできない」とお悩みの方が多いのでは? 今回は、コテ・アイロン・ドライヤーそれぞれのかきあげ前髪の作り方や前髪のキープ方法をご紹介します! 伸ばしかけの前髪や、短い前髪でもうまくいく方法を伝授するので、ぜひこの機会にかきあげ前髪をマスターしてみてくださいね。

かきあげ前髪の〈3つの魅力〉

髪の根元がふんわりと立ち上がったかきあげ前髪。 どんな雰囲気にもなれる魅力満点のヘアスタイルです。ここでは、そんなかきあげ前髪の魅力をひとつずつご紹介。

【1】いいオンナ感をゲット出来る

ナチュラルすぎず、キメすぎないかきあげ前髪は、いいオンナ感をゲットするにはぴったりのヘアスタイル。程よい大人っぽさと色気を簡単に手に入れられるので、オトナ女子こそ挑戦してみて。

【2】小顔効果がある!

ぺたんとした前髪を立ち上げてボリュームを出すだけで、一気に小顔に。それだけではなく、女性らしさや若々しさも同時にゲット出来るのが魅力ポイント。

【3】伸ばしかけの前髪もおしゃれに!

中途半端な長さの前髪に悩んでいる方は多いのではないでしょうか。そんな方にこそおすすめしたいのが、かきあげ前髪。伸ばしかけの髪が顔にかかることでこなれ感がでて、キメすぎてないのにおしゃれ見えに。

簡単!「コテ」を使ったかきあげ前髪の作り方

ここでは、コテを使ったかきあげ前髪の作り方をレクチャー。長い前髪の方はコテを使ったやり方がおすすめです。コツを掴めば時間のない朝でも簡単にできるので、ぜひ試してみて。

コテを使ったかきあげ前髪のやり方

  1. 分け目を決めたら、ドライヤーを下から当てて根元を立ち上げる
  2. 前髪と顔まわりの毛をコテやアイロンで外巻きにする
  3. スタイリング剤で立ち上げた根元と外巻きにした部分を整えれば完成

ぺったんこ前髪さんには前髪パーマがおすすめ

「何をしてもかきあげ前髪がキープされない」という方には前髪パーマがおすすめ。部分的にパーマをかけることも可能なので、ぜひ美容室で相談してみて。

短い前髪は「アイロン」を使うと◎

前髪が短いからとかきあげ前髪ができないと思っていませんか? アイロンとスタイリング剤をうまく使えば、ぱっつん前髪さんやオン眉さんでもかきあげ前髪をつくることはできるんです! いつもの前髪に飽きたらトライしてみて。

アイロンを使ったかきあげ前髪のやり方

  1. 根元を軽く濡らして、下から上に向かって髪をドライヤーで立ち上げる
  2. 後ろに流すようにストレートアイロンで熱を通して外巻きに
  3. 立ち上げた根元は崩さずに、ジェルやワックスを根元からつける
  4. 手に残ったジェルやワックスを顔まわりの毛と馴染ませたら完成

上手に仕上げるコツ

  1. ブローを念入りにして髪の毛をしっかり立ち上げる
  2. 分け目をいつもと逆にしてふんわりしやすくする
  3. 跡がつかないピンを使ってまわりの髪と馴染ませる

〈1〉ブローは念入りに

短い前髪で綺麗なかきあげ前髪を作るには、ブローを念入りにして髪の毛をしっかり立ち上げることが大切。これをやるかやらないかで「仕上がり」と「もち」が変わってきます。

〈2〉分け目はいつもと逆に

分け目を普段と反対にすると、よりふんわりと立ち上がった前髪をつくることができます。いつもと同じ分け目の割合を変えるだけでも◎。

〈3〉跡がつかないピンを使うと◎

短い前髪は上手くまわりの髪と馴染まないことも。そんなときは、留めた跡が付かないヘアピンを使って癖付けを! 馴染まない部分や根元の立ち上げる部分、形を固定したい部分につけて時間を置くとキレイなかきあげ前髪に仕上がります。時間のないときにはピンを付けたままドライヤーで温風10秒、その後冷風10秒当てれば完成します。

実は「ドライヤー」でもできる!

コテやアイロンが手元にない……そんなときでも大丈夫。ドライヤーでもかきあげ前髪をつくることはできるんです! 

ドライヤーを使ったかきあげ前髪のやり方

  1. 髪を濡らして、かきあげたい方向に向かって下から上にドライヤーを当てる
  2. 顔まわりの毛は手ぐしで伸ばしながら熱を当てていく
  3. 表面の毛に上から熱を当てて毛流れを整えたら完成

ドライヤーを使うときのコツ

ドライヤを使ってかきあげ前髪をつくるときは髪の毛を十分に濡らしましょう。乾いた髪に必要以上の熱を与えるとオーバードライになり、パサパサ髪に。濡らした後に流さないトリートメントでケアをするのが理想です。

前髪をキープさせるための〈3つのコツ〉

せっかく作った前髪はしっかりキープさせたいですよね。そんな方のために、かきあげ前髪をキープさせるための3つのコツをご紹介します! これで1日中崩れ知らずの前髪に。

【前髪キープの3つのコツ】

  1. 髪を立ち上げたら、ドライヤーでしっかり冷ます
  2. 短い前髪はワックスやジェルで馴染ませる
  3. 仕上げにスプレーでセット

〈1〉髪を立ち上げたら、ドライヤーでしっかり冷ます

ブローをして立ち上げた後やコテなどで熱を通した後はキープさせるためにドライヤーの冷風でしっかり冷ましましょう。こうすると、熱で形を付けた部分が固定され、崩れにくいヘアに。

〈2〉短い前髪はワックスやジェルで馴染ませる

伸ばしかけの前髪や短い前髪はキレイに馴染まず、崩れてしまうことが多いはず。そのため、ワックスやジェルを使ってまわりの髪と馴染ませると仕上がりが良くなります。

〈3〉仕上げにスプレーでセット

完璧にキープしたいならスプレーでしっかりと固めるのがおすすめ。上からスプレーをかけてしまうとせっかく作った根元が潰れてしまうので、根元部分は下から少しずつかけると◎。

似合わない人の特徴と解決方法

「なんだかかきあげ前髪が似合わない気がする......」そう感じている方もいるのではないでしょうか。ここでは、かきあげ前髪が似合わない人の特徴とその解決方法を提案! ぜひ試してみて。

特徴1.「面長」

面長さんは、かきあげ前髪のようなおでこが見えるヘアスタイルにすると顔が間延びしてしまうため、似合わないと感じることが多いよう。

▼解決方法

そんな面長さんには、チークラインでカットする「チークバング」でかきあげ前髪にするのがおすすめ。横のラインにボリュームが出てひし形シルエットになるため、面長解消になるんです。

特徴2. 「おでこが狭い」

おでこの広さは顔の広さに対して3分の1くらいが理想とされています。それよりも狭いとバランスの取り方が難しく感じることも。

▼解決方法

おでこが狭い方は、トップにふんわりとボリュームをもたせたかきあげ前髪にすることで縦のラインが強調され、バランスが整います。

【レングス別】かきあげ前髪に合うヘアスタイル集

かきあげ前髪はいろんな髪型と合う万能ヘア。ここでは、かきあげ前髪に合うヘアスタイルをショート、ボブ、ロングに分けて一挙にご紹介します。あなたのなりたいイメージに合わせてヘアスタイルを変えてみて。

『ショート』の場合

▼ハンサムショートでかっこよさもかわいさも手に入れて

顔周りがすっきりと見えるのが魅力のハンサムショート。かっこいいヘアスタイルですが、かきあげ前髪にすることで女性らしさもプラス。ひし形シルエットを意識してセットすることで小顔見せも叶います。

▼丸みのあるショートヘアで女性らしさをアップ

丸みのあるショートヘアは、柔らかい雰囲気で女性らしさを倍増させるヘアスタイル。そこにかきあげ前髪を合わせることで、ヘルシーさがプラスされるので大人女子に挑戦してほしいヘアスタイル。

『ボブ』の場合

▼黒髪×ワンレンボブで垢抜け女子に

黒髪のワンレンボブはいろんな雰囲気が出せる万能スタイル。かきあげ前髪と合わせればイマドキの垢抜け女子に変化。

▼切りっぱなし×ストレートで美人オーラを味方に

切りっぱなし×ストレートは簡単にオシャレになれるヘアスタイル。かきあげ前髪と合わせると全体のシルエットがキレイに見え、美人オーラを醸し出すことができます。大人女子にぴったりのスタイリングに。

『ロング』の場合

▼チークバングで色っぽ大人女子

チークバングは、頬あたりまでの長さがある前髪のことを言います。簡単にこなれ感がでる前髪ですが、ロングヘアと合わせることで色っぽさもプラス。おフェロメイクとも相性抜群なので、ぜひ試してみて。

▼ロング×パーマでアンニュイに

ロングヘア×パーマは手軽にこなれ感がでてアンニュイな雰囲気を演出してくれる。黒髪なら軽く見せることができます! ロングヘアは髪が広がりやすいので、ムースや柔らかめのワックスでスタイリングをしてナチュラルな仕上がりに。

【巻き髪・ヘアアレンジ】でもっとオシャレに!

ここでは、かきあげ前髪に合うアレンジやスタイリングを一気にご紹介します。アレンジやスタイリングを変えて毎日オシャレに過ごしちゃいましょう♪

『巻き髪』で簡単こなれヘア

▼Sカールで韓国風ヘア(ウェーブ)

韓国で大人気の巻き方といったら、「Sカール」。名称の通り、Sの形をしているカールのことを言います。耳の下あたりから、ヘアアイロンで内側に向けて巻いていくのがポイント。Sカールで韓国の大人ガーリースタイルに。

▼ワンカールでラフに

ワンカールはかきあげ前髪はもちろん、どんなシーンやファッションにも合わせられる万能ヘアスタイル。毛先をワンカールにするだけで、しっかりとセットしている感が出るのでおすすめ。

『ヘアアレンジ』で印象チェンジ

▼「ポニーテール」で元気な印象に

ポニーテールはヘアアレンジの王道。かきあげ前髪との相性も抜群で、シーンを選ばずに出来ちゃうのも魅力のひとつ。トップを少し引き出してあげるとラフさも加わり、デイリーっぽく仕上がります。ローポニーならオフィスにも。

▼「お団子ヘア」ならすっきりとした印象に

高めのお団子ならカジュアルに、低めのお団子ならかっちりとした時にぴったり。ローポニーを作ってから三つ編みをつくりひとつにまとめるだけで、ボリュームはあるけれどすっきりとしたお団子が完成。シーンに合わせて、バレッタなどのアイテムを付けるのも◎!

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLES

WHAT'S NEW