HAIR

低めお団子ヘアは《ゴムだけでゆるっと?きっちり結ぶ?》簡単なやり方、教えます!

2020/04/07

初心者さんでもチャレンジしやすいお団子ヘアは、低めにすると大人っぽい落ち着いたスタイルに! 今回はそんな“低めお団子ヘア”のやり方やコツなどをお届けします。合わせて「ボブ・ミディアム・ロング」のレングス別アレンジもご紹介! どれも簡単なアレンジばかりなので、ぜひマスターして大人可愛いお団子ヘアを目指してみて。

※価格表記に関して …価格は参考価格です。価格が変動している可能性があるため、販売サイトでご自身でご確認ください。また、表示価格に送料は含んでおらず、販売サイトによって送料は異なります。

※画像に関して…画像はすべてイメージです。参照リンクは予告なく削除されることがあります。

アレンジ前に!低めお団子ヘアを上手に作る《3つのコツ》

  • トップをほぐしてほどよいゆるさをプラス
  • 後れ毛を意識して小顔効果を狙う
  • スタイリング剤を上手に使って崩れを防ぐ

「低めお団子ってなんだかおばさんっぽくなる……」「ゆるさを出すと崩れてくる……」とお悩みの方も多いはず。じつはおしゃれな低めお団子ヘアを作るにはちょっとしたコツがあるんです! ここではそんな低めお団子ヘアを作る基本のコツをしっかりレクチャー! このあと詳しくご紹介していきます♪

トップのほぐし方をおさらい!

おしゃれな低めお団子ヘアには、トップのほぐしが欠かせないんです! でもどうやってをほぐせばいいの? と思っている人も多いはず。トップのほぐし方はズバリ「レンガ状」がポイント! ほぐすときはトップから結び目に向かってほぐしていきましょう。また、ほぐすときは結び目をおさえながら髪を引き出すと崩れずらくなります。

後れ毛を出すのは3か所だけ

最近のアップアレンジに必要不可欠な“後れ毛”。ポイントは「こめかみ・もみあげ・えりあし」の3か所から出すこと! じつは、後れ毛を出しすぎると疲れた印象やだらしない印象になってしまいがち。なので出す位置はこの3か所にとどめましょう。顔周りの後れ毛を出すことで小顔効果も期待できちゃいます♪

スタイリング剤を上手に使おう!

せっかく上手にアレンジできたのになんだかあか抜けない……。そんなときはスタイリング剤が上手に使えてないのかも。ここでは今さら聞けないオイルやワックス、バームやスプレーの使い方をご紹介します! これをマスターしてアレンジをもっと楽しんじゃいましょう♪

・「オイル」
髪をまとめてツヤをあたえてくれます。アレンジ前に髪全体にになじませるだけでOK。
・「ワックス」
髪にまとまりをあたえて、オイルよりも束感をつくることができます。後れ毛や前髪に少量つけて使いましょう。いきなりたくさん付けるとベタっとしてしまうので、少量ずつつけるのがポイント!
・「バーム」
髪をまとめてウェットな質感にしてくれます。少量を手に取り、手のひらの体温で温めてから髪につけましょう。毛先の方からつけるのがポイント!
 ・「スプレー」
髪を固めてくれるので、仕上げに使いましょう。30センチほど離して手を振りながらつける。前髪や浮き毛はコームにつけてとかすのが正解

ゴムだけで簡単!《ゆるっとお団子のやり方》

アレンジのコツがわかったところで、ゴムひとつで簡単にできちゃうお団子アレンジをご紹介します! 簡単なのに今っぽいルーズさが出せるので、パパっとおしゃれしたいときにぜひトライしてみて。

<髪をひとつにまとめて結ぶ>
まずは髪をひとつ結びするところから。耳より下の位置で結ぶのがおすすめ! 手ぐしではなくきちんとブラシを使ってまとめて。

<結び終わりを輪っかにする>
ひとつ結びの最後は、毛束を全部通さず“輪っか”の状態にしてフィニッシュ。髪の量が多い人はシリコンゴムより普通のヘアゴムを使うとしっかりまとまります。

<輪っか部分を横に開いてほぐす>
輪っかのお団子部分をまずは横にひらくようにほぐします。ぎゅっとやりすぎるとだらしないお団子になってしまうので、毛をつまみだすようにするのがポイント!

<輪っか部分を縦に開いてほぐす>
次は縦にお団子部分をほぐしましょう。横のときと同じく、少しずつほぐすのがポイント! お団子部分を割くようにほぐしてみて。

<完成!>
お好みで毛先を巻いたり後れ毛を出したらゆるっとお団子の完成! ゴムひとつで簡単にできるのでぜひトライしてみて。

仕事でもOK!《きっちりお団子のやり方》

「お仕事の日もおしゃれがしたい! 」そんなときはしっかり毛束を編んでからピンでとめる“きっちりお団子”がおすすめ。しっかりほぐせばこなれ感も出せるので、お仕事の日以外にも◎。覚えておきたいお団子アレンジのひとつです♪

<髪をひとつにまとめて結ぶ>
まずは髪をひとつ結びにします。あらかじめ髪を巻いておくことで崩れ防止&アレンジしやすくなるのでおすすめ!

<髪をふたつに分けロープ編み>
ひとつ結びした毛束をふたつに分け、ロープ編みにしましょう。こうすることで崩れにくいお団子になります。髪が多い人は三つ編みにしても◎。

<ロープ編み部分をほぐす>
毛束を全部ロープ編みにしたら、ロープ編み部分をほぐしていきます。ピタッとしたお団子にしたい人はこの工程を省いてもOK!

<結び目に毛束を巻きつける>
つぎに、ロープ編みにした毛束を結び目に巻きつけていきます。このとき、ロープ編みを作ったときと同じ方向にねじりながら巻きつけると崩れにくくなります。

<完成!>
これできっちりお団子の完成です! 少しルーズさをプラスしたいときは、後れ毛を出したりトップをほぐしてみて。

アメピンの使い方

アレンジで最も使われるピン。1本のピンに対して挟む毛量がポイント! 多すぎるとピンが開いて崩れの原因になるので注意して。

Uピンの使い方

Uピンはズバリ“2本使い”がおすすめ! 2本をクロスさせてとめることで安定感がグッと上がります。お団子ヘアやシニヨンに使うと◎。

【ボブ】ならではの、ちょこんとお団子がかわいい!

髪が短くアレンジ難民になりがちなボブ。でも、肩ぐらいの長さがあればボブもお団子ヘアができるちゃうんです! ボブのお団子ヘアは、ちょこんとした小さいお団子がとってもキュートで魅力的。前髪や後れ毛で雰囲気を変えるのがおすすめ!

ルーズさとスッキリを両立

波ウェーブの後れ毛がかわいいお団子ヘア。トップをほぐすとき、サイドも髪が少し耳にかかるようにほぐすのがポイント! ルーズになりすぎず、ナチュラルなかわいさを演出してくれます。

多めに出した後れ毛でルーズさを出して

襟足のところでゆるめにお団子を作ったスタイル。ボブは後れ毛が短めなので、多めに出してもほどよいルーズさになってかわいいんです! きっちりお団子にせず、頭皮から少し離した位置でゆるめにお団子を作るのが◎。

「外ハネバング」でキュートをプラス

くるんとした外ハネバングが、大人っぽい低めお団子にキュートさをプラスしてくれます。前髪の毛束を細めに取って外ハネにするのがコツ。ワックスで束感を出すと動きが出るので試してみて。

ピンできっちりまとめてもかわいい

髪が短く後れ毛が余分に落ちてきてしまうときは、思い切ってピンできっちりまとめちゃいましょう! ゴールドピンやカラーピンを使ってとめれば、おしゃれをしながらスッキリみせれるんです♪

▼バームならしっかりまとまる

アリミノ(ARIMINO)

スタイルクラブ ライトバーム

\ ポイント10倍!お買い物マラソン実施中 / 楽天で詳細を見る ¥1,813 (税込) Amazonで詳細を見る ¥1,798 (税込)

パラパラ落ちてくる毛をしっかりまとめてくれる、バームタイプのスタイリング剤。べたつかずサラッとなじむテクスチャーで、初心者さんでも使いやすいのが魅力!

▼ワックスでニュアンスを残しながらまとめて

ルシードエル(LUCIDO-L)

アレンジアップワックス

\ ポイント10倍!お買い物マラソン実施中 / 楽天で詳細を見る ¥477 (税込) Amazonで詳細を見る ¥476 (税込)

ウォータージェリータイプのワックス。髪にスッとなじんで固まらずにまとまります。浸透型ヒアルロン酸配合でうるおいもキープしてくれる優れもの。

【ミディアム】はいろいろなお団子で印象チェンジ

ほどよい長さがあるミディアムさんはアレンジしやすいのが魅力。いろんなお団子にトライできるので、ササっとアレンジして印象をガラリと変えることができるんです! どれも簡単なのでぜひ試してみてくださいね♪

「ゆるっとお団子」は毛先を巻いてこなれ感UP

基本のゆるっとお団子は毛先を巻くことで動きを出すのが正解! トップをしっかりほぐせばこなれ感がグッとアップするので、簡単なのに凝ってみえるアレンジに仕上がります。アレンジが苦手な人や初心者さんにもおすすめのアレンジ。

「ねじねじお団子」なら落ち着いた雰囲気に

こちらも基本のねじねじお団子。しっかり髪をまとめることができるので、崩れづらくスッキリみえるのが魅力! 仕事のときやちょっとしたフォーマルな場にも合わせやすいアレンジです。事前に髪をざっくり巻いておくとアレンジしやすくなるのでおすすめ!

「メッシーバン」で色気をON

髪を耳の後ろあたりから取り、ハーフアップのようにまとめてゆるっとお団子に。残りの毛をねじりながらお団子のゴム部分に巻きつけ、ピンでとめたら完成! ボリューム感のあるお団子ヘアに仕上がるので、ざっくりまとめたようなラフさが色気を引き出してくれます。

「変形お団子ヘア」でまわりと差をつけて

低めの位置でポニーテールをし、くるりんぱ。毛束をロープ編みにして、くるりんぱの下でラフにお団子を作りゴムでとめたら完成! 簡単なアレンジの組み合わせなので、アレンジに少し慣れてきたらぜひトライしてみて。

▼アレンジ前にオイルでツヤをチャージ

サイン(Sign+)

サインシステミックオイル

\ ポイント10倍!お買い物マラソン実施中 / 楽天で詳細を見る ¥1,650 (税込) Amazonで詳細を見る ¥2,250 (税込)

髪や肌への浸透性が高いシアバターとコメヌカ油配合のナチュラルオイル。ヘアのスタイリングだけでなく、ボディにも使えるのが魅力的。

▼ワックスでまとまりやすく

ザ・プロダクト(product)

ヘアワックス

\ ポイント10倍!お買い物マラソン実施中 / 楽天で詳細を見る ¥1,440 (税込) Amazonで詳細を見る ¥1,980 (税込)

大人気のオーガニックヘアワックス。自然由来原料だけで作られているので、髪に使ったあとは肌の保湿クリームとして使えるのも魅力的! アレンジ前の髪になじませれば、あつかいやすいまとまりのある髪に。

【ロング】はアレンジが無限大

長さがあるロングさんはアレンジの幅がグンと広がります! シンプルなアレンジから少し凝ってみえるアレンジまでできるので、いろいろトライしてみるのがおすすめ。お気に入りのアレンジでお団子ヘアを楽しんで。

ルーズさで大人っぽく仕上げて

基本のねじねじお団子も、ルーズに作るだけで大人っぽさがグンとアップ! 事前に髪を巻いておくことで空気感のあるスタイルに仕上がります。トップをしっかりほぐし、後れ毛は細めに出すのがポイント。

「三つ編みお団子」なら存在感のあるお団子に

耳の後ろあたりでひとつ結びにし、三つ編みにしてゴムでとめる。毛先の方からくるくるっと内側に巻き込み、ピンでとめたら完成! トップにしっかりボリュームを出して、お団子とバランスを取るのがポイント。三つ編み部分もほぐすと抜け感のある仕上がりに!

「ツインお団子」も低めなら大人っぽくキマる

大人になると似合わない……という印象のツインお団子ですが、低めにすることでおしゃれ度がグッとアップします。三つ編みをキツめに編んでくるくるっと巻きつけるだけの簡単アレンジです! 三つ編みはほぐさずタイトに仕上げると甘くなりすぎなくて◎。

「スカーフ」を編み込んで上級アレンジ

耳の後ろあたりで髪をひとつ結びしたら、ゴムの部分にスカーフを通します。そのまま髪とスカーフを一緒に三つ編み。最後にゴム部分に巻きつけてピンでとめたら完成! スカーフは細めに折りたたんで編み込むとアレンジしやすくなります。ちょっと応用編ですが、アレンジに慣れてきたらぜひ試してみて。

▼オイルでまとまりとツヤをON

ロレアル パリ(LOREAL PARIS)

エルセーヴ エクストラオーディナリー オイル エクラアンペリアル 艶髪オイル

\ ポイント10倍!お買い物マラソン実施中 / 楽天で詳細を見る ¥1,592 (税込) Amazonで詳細を見る ¥2,220 (税込)

フレンチローズオイル配合のヘアオイル。べたつかずにサラッとした仕上がりなのにうるおう髪へ! トリートメントオイルなので、かみをケアしながらスタイリングできるのがうれしい。

▼スプレーでスタイルキープ

ロレッタ(Loretta)

カチカチシュー

\ ポイント10倍!お買い物マラソン実施中 / 楽天で詳細を見る ¥1,392 (税込) Amazonで詳細を見る ¥1,618 (税込)

スタイルフォルムやポイントメイクも自在にキープしてくれるハードスプレー。しっかりキープしてくれるのにバリっとせず、自然な仕上がりなのが魅力的!

《番外編》ヘアアクセサリーでもっとかわいく

かわいい低めお団子ヘアをマスターしたら、それに合わせたヘアアクセサリーも気になりませんか? どんなヘアアクセサリーとも相性バツグンの低めお団子ヘアですが、なかでもおすすめな3つをご紹介します! ヘアアクセサリーでお団子ヘアをかわいくアップデートしちゃいましょう♪

「バレッタ」で華やかさをプラス

パチッとつけるだけのバレッタは、簡単にお団子ヘアを華やかにすることができる優秀アイテムなんです! シンプルなものから存在感のあるものまでさまざまな種類があるので、お気に入りをみつけてトライしてみて。

「カチューシャ」は細めが正解

フェミニンに仕上がるカチューシャは、お団子と合わせるなら細めがおすすめ。細めなら主張しすぎず大人っぽさを演出してくれます。普段使いからパーティーまで活躍するアイテムだから、ひとつは持っていてもいいアイテム!

「革ひも」で個性を引き出して

ぐるぐる巻くだけでこなれ感がアップしちゃう革ひも。ナチュラルなトレンドスタイルにするなら、くすみカラーをえらんでみて。

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW