BEAUTY

ミディアムウルフカットで雰囲気美人に!ヘアスタイル【おすすめ10選】とアレンジ方法をチェック

2019/11/20

雰囲気美人を目指すミディアムヘアさんにおすすめのヘアスタイル【ウルフカット】。1970年代に流行したウルフカットが、進化を遂げて再燃中! かつての重めヘアから、レイヤーを入れた軽めなヘアスタイルに今生まれ変わった【進化系ウルフカット】。そんなウルフカットの《雰囲気美人になれる3つの理由》を理解したら、《おすすめヘアスタイル》をチェック! もちろん《前髪別》のヘアスタイルもご紹介します。最後にミディアムウルフカットを活かした《ヘアアレンジ方法》をマスターして、流行りのヘアスタイルを楽しんで。

“ミディアムウルフカット”で雰囲気美人になれる《3つの理由》

大注目の進化系ウルフカット=“ネオウルフ”は、全体的に軽やかな印象にしてくれるので、柔らかいイメージになれるヘアスタイル。 とくに、ミディアムヘアはウルフカットと相性抜群なんです! やさしげな雰囲気を醸しだしながら、自分らしいアレンジを積極的に取り入れてみて。

1. アレンジ次第で雰囲気が変わる!

ウルフカットはレイヤーが入っているので、丸みのあるトップや毛先を自由自在にセットできるのが嬉しい。さらにミディアムヘアさんの場合、髪の毛をアイロンで巻いたり、ワックスだけでヘアセットができるので、アレンジのバリエーションがとっても豊富です。

2. どんなカラーリングとも相性◎

ある程度の長さがあるミディアムヘアさんなら、どんなカラーリングも楽しめる! ハイライトを髪全体に入れると、さらに立体感のあるシルエットがつくれます。他にも、ハイレイヤーで少し長くなっている毛先をインナーカラーやポイントカラーで変化をつけることも出来ますよ。

3. ミディアムヘアがとってもナチュラルに仕上がる!

ミディアムヘアさんのウルフカットは他の長さよりもナチュラルに仕上がるので、初めての挑戦におすすめ。ウルフカットのよさをしっかりと残しながら、毛先にハイレイヤーが入りすぎないので適度な重みも残せます。

【スタイル別】おすすめなミディアムウルフカット

ここでは、ミディアムウルフカットのおすすめスタイルをご紹介します。さまざまな種類があるので、自分のなりたい雰囲気に近いヘアスタイルを探してみて。きっと、とっておきのウルフカットがみつかります!

王道スタイルの『黒髪ミディアムネオウルフ』

今、一番目が離せないのが“ネオウルフ”。丸みのあるレトロなシルエットを残しつつ、軽くてふんわりとした質感にするのが定番スタイル! ハイレイヤーの入ったネオウルフなら、黒髪でも重たい印象を回避できる。

落ち着いた印象の『ミディアムマッシュウルフ』

ウルフカットのトップの丸みを強調したマッシュウルフは、落ち着きのある大人なウルフヘア。レトロなニュアンスと柔らかい立体感から余裕を感じる、おしゃれ感度高めなヘアスタイル。

シンプルな美しさは『ストレートウルフ』

シンプルなのにボブよりもナチュラルな立体感がうまれるのが、ストレートウルフ。艶やかなストレートヘアの中に、毛先の軽やかな動きを感じられる。重たくない、上品シルエットが美しく映えます。

モードな仕上がりの『ミディアムウルフパーマ』

動きのあるウェーブは自分ではセットしにくいので、パーマに頼るのも◎。ヘアオイルで濡れ感をプラスすると、くしゃっとしたルーズなウェーブが色っぽくチェンジ。ヘアだけでモードにキマるのがウルフパーマの良さ。

モッズ・ヘア(mod’s hair)

グラマラスメイクシャープウェーブフォーム

パーマヘアが一気によみがえる効果抜群のスタイリング剤。くるくると指先で髪の毛に馴染ませると、さらにカールが綺麗に復活する。髪の芯からスタイリングされ、べたつかないのにパーマが一日中持続。

周りと差をつける『ミディアムウルフのグラデーションカラー』

ハイレイヤーを入れることで毛先に向かって動きがでるウルフカットは、グラデーションカラーに透け感がうまれる。グレージュのグラデーションなら、派手すぎずに個性をプラスすることができるのでおすすめです。

さりげないカラーリングが今っぽい『ミディアムウルフのポイントカラー』

軽やかな毛先の中にポイントカラーをランダムに仕込むと、動くたびに自然にチラ見え。顔周りや前髪にもポイントカラーを忍ばせれば、さらにモードにシフト。最後にウェットにウルフヘアをセットすることでこなれ感もでます。

【前髪あり・なし】ミディアムウルフに合わせたい前髪は?

ミディアムウルフは「どんな前髪にするか?」で印象が大きく変わるヘアスタイル。これからカットするウルフヘアに合わせたい前髪を探してみて。目指すイメージに沿った前髪を選んで、お気に入りのウルフカットに仕上げましょう!

『ななめ前髪』で大人可愛く

「ななめ前髪」は横に流すことで抜け感がでる。トップと合わせて長め前髪もふんわりとさせると、動きがたっぷりつきます。ソフトな大人可愛いウルフカットにしたいなら、ななめ前髪でモテ髪を手に入れて。

『シースルーバング』でイマドキに

「シースルーバング」は透けるような質感が、ほどよい抜け感をつくる。自然な束感を意識して、オイルを薄めにつけてセットするのがおすすめ。全体的に軽やかで明るい雰囲気になります。

『ぱっつん前髪』であどけなさを残す

「ぱっつん前髪」なら毛先に重さを残すことで、あどけない可愛らしさを感じさせる。さらに、「オン眉のぱっつん前髪」にすることで、可愛らしさだけではない個性を感じるヘアスタイルに。

『前髪なし』で大人の色気を

「前髪なし」のウルフカットは、アンニュイなオシャレさを醸し出してくれる。やわらかな軽さを出したウルフカットのくびれラインをつくると大人っぽい色気のある雰囲気になれます。

【巻き方・ヘアアレンジ】ミディアムウルフの簡単アレンジ

ミディアムウルフならアレンジ次第で好きな雰囲気に近づける! ミディアムウルフだからこそ可愛くキマる「簡単ヘアアレンジ方法」をご紹介。いつもの雰囲気に飽きたら積極的に挑戦してみて。

外巻きでイマドキな『外ハネウルフ』

ヘアアイロンで毛先を軽く滑らせて、外巻きにすると「外ハネウルフ」が完成。首あたりが内側にくぼむような“くびれシルエット”を目指すことで、綺麗な外ハネヘアになりますよ。

顔周りは内巻きで『甘めウルフ』

顔周りと頭上部の丸いシルエット部分は、ヘアアイロンで大胆に内巻きにして。襟足部分の毛先は、外ハネに揃えることで、ウルフカットのシルエットを最大限に活かした甘めヘアに。

上品な可愛らしさはミックス巻で『ふんわりウルフ』

髪全体をヘアアイロンでミックス巻きにすることで、ふんわり柔らかな立体感のあるウルフカットに。仕上げにヘアオイルをもみ込むと、濡れ感のあるやりすぎない大人可愛いヘアスタイルになります。

ラフな大人っぽさはワックスで『無造作ウルフ』

ワックスを髪全体にもみ込むとほどよい束感のツヤがプラスされる。ナチュラルストレートウルフは、無造作にトップと毛先に動きをつけて、頑張りすぎない抜け感を大切にして。

ハイレイヤーを活かして『ルーズなおだんご』

まずは毛先を中心に外ハネに髪の毛を巻いて。そのあとは、ハイレイヤーで短くカットされた髪上部を一つにまとめてルーズなおだんごヘアに。全体にいれたハイライトが、簡単なおだんごもナチュラルに立体的にみせてくれます。

襟足のカラーをみせる『三つ編みハーフアップ』

毛先を外ハネにしたら、ハイレイヤーで短くカットした髪上部を編み込みにする。結んだら、編み込みを少しずつほぐしてバランスをとって。ハーフアップのヘアスタイルなら、襟足部分のインナーカラーがポイントになります。

おすすめのスタイリング剤

これまで紹介したヘアアレンジをクラスアップするためには、スタイリング剤を使うのがおすすめ。いつもの簡単なヘアスタイルやヘアアレンジをさらにオシャレに仕上げるイチ押しのアイテムをご紹介します!

▼ヘアミスト

朝の寝ぐせ直しとしてだけではなく、サラッと仕上げたい日に髪を保湿できる。髪の毛だけではなく、乾いた肌にも使用できるので全身の保湿にも活用できるのがうれしい。

▼ワックス

ほどよい軽さなのに、毛先の動きを自由自在にキープできるヘアワックス。こだわりの自然素材でつくれられているので、安心して使用できます。ローズやラベンダーの天然感のあるやさしい香り。

束感がデザインしやすく、ほどよく軽い動きを作りだしてくれるワックスフォーム。少量の使用でも効果が長時間持続します。さわやかなペア―ミントの香り。

▼ヘアスプレー

高いツヤ感と潤いをもたらしてくれるグロススプレー。ストレートだけではなく、ウェーブの毛先のパサつきをおさえてくれる。ヘアデザインをしなやかに仕上げてくれます。

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW