BEAUTY

【バレッタ×ハーフアップ】のコツは?簡単アレンジをマスターして後ろ姿美人に

2019/11/08

ハーフアップをするならバレッタ必須! と言ってもいいくらい、相性抜群なこの組み合わせ。しかも、どんな長さ・シーンにも使い勝手◎。あなたにもひとつかふたつ、引き出しにしまい込んで眠っているバレッタがあるはず。今こそバレッタの留め方・付け方をマスターして、これまでのシンプルハーフアップをレベルアップさせてみてください。

ハーフアップはバレッタの使い方で印象が変わる!

耳上の髪を中心に向かって取り、斜め上にまとめたハーフアップ。まとめた部分をくるりんぱしたり、ときにはお団子にしてみたり。色んなアレンジでハーフアップを楽しむのもいいけど、 バレッタを付けるだけで、印象がガラリと変わります。ここでは、実際にバレッタを使ったハーフアップを紹介しながら、その魅力をお伝えします。

サイドにつけるだけであか抜けて見えるバレッタテク

ボサボサでまとまらない髪をどうにかしたくて、手早く作ったお団子ハーフアップもこの通り! サイドにバレッタを付けるだけでおしゃれ度がプラスされ、髪まで抜かりのないコーディネートが作れます。やんちゃに飛び出した毛束や毛先もバレッタにしまい込めるので、ちょっとくらいルーズにつくってもしっかりまとめられて一石二鳥。

結び目を隠したこなれバレッタテク

コテで巻いてクルクルねじり、ハーフアップを作ったらゴムで結ぶ。という普段のヘアセットも、結び目にバレッタを付けるだけで女性らしさが一気に増します。簡単だけど凝って見えるので、これなら明日にでも挑戦できそう!

ふんわり優しい雰囲気を演出するバレッタテク

バレッタにもいろんな種類があるけど、ふんわり優しい雰囲気を演出するならパールのバレッタがオススメ。緩めのカール×ハーフアップにピンク色のメイクと合わせれば、上品なのに大人可愛い印象に。

サラ(SALA)

ナチュカールワックスミスト(サラの香り)

コテで巻いた髪へシュッとスプレー。ベタつかず、バリっとしないからふんわり弾むナチュラルカールが持続します。主張しすぎないさり気ない香りを演出できるのも嬉しい。

スティーブンノル(STEPHEN KNOLL)

モイスチュアコントロール ヘアパック

女性らしさを作るなら、まずは髪をいたわることが何よりも大切。パサつきやゴワつきのない、なめらかな髪を毎日のお手入れで手に入れて!

浮かない!落ちない!バレッタを使ったハーフアップの作り方

一生懸命髪型を整えて、最後にバレッタを付けたら、浮くしズレ落ちるしどうもうまくいかない。しまいにはバレッタを付け直そうとしたら、せっかく整えた髪型がぐちゃぐちゃ。こんな経験ありませんか? そんな失敗を繰り返さないためにも、ここでは土台となる、 簡単なくるりんぱハーフアップのつくり方をご紹介します。

【1】毛束を多く取り過ぎない

まずは、上の方の髪をひとつにくくります。この後、サイドの髪もくくるので毛束を多く取り過ぎないよう注意してください。

【2】ゴムできっちりと結んで土台作り

次に、サイドの髪の毛をくるりんぱします。基本的に、結び目はゴムでしっかり固定した状態でくるりんぱすると、崩れにくくなります。また、ひとつめの結び目の上でサイドの髪の毛をくるりんぱすることで、しっかり固定されて綺麗なハーフアップがキープできます。

【3】くるりんぱは真ん中を通し穴は小さく

更にサイドの髪の毛をくるりんぱします。この時、くるりんぱの穴は小さく、真ん中を通すことで土台をしっかり作ることができます。最後にほぐして巻いて、くるりんぱハーフアップは完成です。

【4】バレッタは少量挟むのがコツ

最初にくくった髪と、くるりんぱの間にバレッタを付けるも良し。結び目を隠すようにバレッタを付けるも良し。好きな場所に飾り付けをする気持ちで、付けてみてください。バレッタには髪の毛を全部挟もうとせず、髪の毛の間に通して挟める分だけを取るのがポイント!

セット力があるワックスは重く仕上がり、固すぎて髪の毛に馴染ませづらいとお悩みの方。これなら、固すぎずほどよい軽さとキープ力を表現でき、普段使いにもぴったりのワックスです。

ショートボブ・ボブの簡単アレンジ

ショートボブ・ボブだといつも決まったアレンジになりがち。そんなあなたにこそ試してほしいのがこのバレッタ使い! 付け方を工夫すれば、垢抜け感を実現できます。

編み込み&ロープ編み×ハーフアップ

中心は大きく編み込み、横はロープ編みをしてひとまとめに。結び目にバレッタを付ければグンと華やかに! 前項で紹介したくるりんぱハーフアップでもOKなので試してみて。

お団子×ハーフアップ

ボブとの相性がいい安定のお団子ハーフアップ。お団子をつくってラフに崩し、毛先を遊ばせつつバレッタで程よく引き締めて。

ふんわりロープ編み×ハーフアップ

ふんわりロープ編みしたハーフアップ。まとめる場所を左右どちらかにズラし、バレッタを付けるだけでより凝ったアレンジに。

ミディアム・ロングのアレンジ

寒くなりアップスタイルの出番が減る秋冬、ミディアム・ロングのハーフアップにバレッタを添えるだけで、シンプルなのにおしゃれに見える! おろした髪からやわらかい印象も感じられる、女性らしいアレンジです。

くるりんぱ編み込下ろし×ハーフアップ

髪の毛を少量取りくるりんぱ! これを2~3回繰り返すと、編み込んだようなハーフアップが仕上がります。セルフでの編み込みが苦手な方にもおすすめ。

ゆる編みお団子×ハーフアップ

ロングのお団子ハーフアップは、バレッタを付けることでより完成度が高まります。ゆるっとルーズな印象に、今っぽくアップデートしてみて。

サイドからのねじり×ハーフアップ

サイドをラフにまとめただけのハーフアップでも、バレッタがあれば時短とおしゃれの両方が叶います。どんなバレッタを付けるかで、カジュアルにもエレガントにもなれるので、なりたい雰囲気に合わせてチョイスして。

【結婚式・オフィス・デート】シーン別バレッタの活用法

普段使いから特別なシーンのヘアスタイルまで、どんなときでもその瞬間に彩りを与えてくれるバレッタ。バレッタの活用法を知れば、後ろ姿にも一瞬で自信が持てます!

【結婚式】いつもよりゴージャスに

友人の結婚式など、特別に華やかなシーンでもバレッタを使ったハーフアップが大活躍! グッとゴージャスなヘアスタイルができちゃいます。ナチュラルやラフな印象は不要なので、この日ばかりはだらしなく髪型が崩れるのを防ぐためにも、いつもよりハードなワックスを使うとキープ力がアップし安心して1日を楽しめます。

キープ力の高い、ウォーターベースのスタイリングゼリー。伸びがよく、ベタつかないので使い心地も◎。男女兼用でメンズスタイルにも適しているので、彼とも一緒に使えちゃいます。

【オフィス】清潔感をもたせキレイめに

トロワツイストでハーフアップを作り、留めたい部分にバレッタで飾り付け。仕事のできる綺麗なお姉さんは、後ろ姿も肝心です。

【休日】ラフだけどオシャレに

「休日は頑張りたくない、けど出かけなきゃ……」そんな女子でも大丈夫。お団子の下の部分にバレッタを付けることで、感度の高いおしゃれ女子に! ちょっとそこまで、なときだっておしゃれを楽しんで。

【デート】柔らかく愛らしい女子に

初心者さんでも使いやすい三角バレッタ。付け直しもしやすいので、メイク直しのついでにヘアも直せるのが嬉しいところ。急なお泊まりにも役立つかも!

ミルボン(MILBON)

ディーセス エルジューダ エマルジョン+

洗い流さないタイプのトリートメント。美容室での使用頻度も高く、また香りがとってもいいことから、モテ効果もあるかも? 普通~太髪さんにおすすめです。

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW