BEAUTY

髪の多いロングヘア【広がる・硬い】お悩み解決!最旬ヘアアレンジもご紹介

2019/11/12

髪が多い人のロングヘアというと、「おさまりが悪い」「まとまりにくい」「扱いづらい」などと少しマイナスなイメージをもたれてしまいがち。しかし、髪の多さを活かした旬のヘアスタイルがあるのをご存知でしょうか。今回は髪が多いからこそ叶う、可愛いロングヘアのスタイルをご紹介します。髪が多いことでなりたいスタイルをあきらめていた人も試す価値ありです。

「ロングヘア」とは鎖骨より下の長さをいいます。この長さは女性らしい華やかな雰囲気を醸し出してくれるので、ガーリーやコンサバな装いにはもちろん、カジュアルやストリートなスタイリングのハズしにもぴったりです。

カット時の注意点とお悩みへの対処方法

髪の多い人がまずはじめに気をつけたいポイントはカットの方法です。カットのやり方次第では自分でも簡単にスタイリングができるようになり、扱いもとても楽になります。逆に、髪の量や髪質に合わない方法でカットしてしまうと、一気に扱いにくくなってしまうの注意が必要です。ここでは、髪の悩み別に対処方法をご紹介! ぜひ参考にしてみてください。

カットで気をつけたいこと

髪の多い人がやってしまいがちなのが、ボリュームを減らすために内側をたくさん梳いたり表面にたくさんレイヤーを入れるカット方法。しかしこれは逆にボリュームアップに繋がってしまうので要注意です。とはいえ、適度な毛量調整も必要。調整をするときは中間から毛先へ向かって調整し、やりすぎないように注意しましょう。
また毛先のカットラインは少し厚みをもたせるのがポイント。余計な広がりを抑えてくれるので覚えておきましょう。

『広がる』髪への対処法

ドライヤーの熱によるダメージは髪の毛が広がってしまう要因に……。日頃から丁寧に乾かすのがベストです。髪の表面にあるうろこ状のキューティクルが逆立つと、パサついたり広がりやすくなってしまいます。そのためドライヤーを当てるときはキューティクルを逆立てないように、根元から毛先に向かい、手で優しく撫でるように当てましょう。また、熱によるダメージから守るためにも、乾かす前はヘアオイルや洗い流さないトリートメントをつけるようにしましょう。

『硬い・太い』髪への対処法

髪を柔らかく扱いやすくするには、髪の内部から失われた水分を補ってくれる保湿成分配合のシャンプーがよいといわれています。また、乾燥によるパサつきにはオイル成分配合のシャンプーもおすすめです。
損傷したキューティクルを保護してくれるトリートメントやヘアパックを週に1〜2回は行うようにしましょう。

くせ毛もOK!髪が多い人は『ゆるふわパーマ』が断然可愛い

女性らしく可愛いらしい雰囲気で男女ともに人気の高いロングヘア。なかでも今季トレンドの『ゆるふわパーマ』なら髪の多さを最大限に活かせます! ゆるっとした大きめのカールとふわっとするボリュームが抜群に可愛いうえに、くせ毛の人なら地毛を活かせるのも嬉しいポイント。これからご紹介するヘアスタイルを参考に、旬のゆるふわパーマで外国人風のこなれ感を手に入れよう!

ゆるふわウェーブ×シースルーバング

ゆるくて大きいウェーブのボリュームをオイルで落ち着かせてセミウェットに仕上げたら、アンニュイな雰囲気のシースルーバングで抜け感をプラスして。

天然由来の成分のみでつくられたオイルはドライ時のスタイリングだけでなく、ウェット時のアウトバスにも使用可能な万能アイテム。

ゆるふわウェーブ×オン眉バング

一見コンサバなスタイルに着地しそうなゴージャスな縦巻きカールは、オン眉バングで大人カジュアルに変換。ゴージャスなカールにぱっつん前髪のコントラストを効かせて、こなれ感もUP。

くっきりしたカールながらも、少しゆるめのテクスチャーでやわらかな仕上がりになると、おしゃれ上級者からの指示が高め。ガス式ではなくポンプ式のムースタイプなので使い勝手のよさも◎。

ゆるふわウェーブ×厚めバング

髪が多い人と好相性な厚めバングがゆるふわパーマのガーリーさを払拭。暗髪カラーでも重たく見えにくいのは、ゆるめのカールが全体を軽やかに仕上げてくれているおかげ。

スリー(THREE)

ヘアケア&スタイリング エマルジョン

サラッとした乳液タイプで手にべたつきにくく軽い付け心地を叶えながら、ツヤ感や束感を実現してくれる。さらに天然由来成分が91%というのも嬉しいポイント。

ゆるふわウェーブ×ワンカールバング

ゆるふわカールの可愛さを最大限に引き出してくれるのが、ワンカールバング。カールした毛先が外国人のようなナチュラル感を演出。くせ毛の人にもおすすめのスタイルです。

とろりとしたテクスチャーで無色透明のジェルタイプ。一部分にたくさんつけると固まってしまう可能性もあるので、手のひらで伸ばしてからウェーブ部分にもみ込むようにつけるとGOOD。

ゆるふわウェーブ×センターパート

広めの間隔で大きく作ったウェーブで大人っぽい雰囲気を演出したら、センターパートの前髪でさらに色っぽさもプラスして。

カッチリ固めずにカールやウェーブをキープしてくれるのに、パサつかずにふんわり仕上げてくれると好評価。さらに保湿成分配合と抜かりなしのムース。

ゆるふわウェーブ×かき上げバング

甘くなりがちなゆるふわパーマをかき上げバングでクールにしてバランスを取って。サイドやバッグスタイルだけでなく前髪部分にも髪のボリュームを活かした、全体的にバランスのよいスタイル。

ニゼル(nigelle)

ラフュージョンステイフォグ

パリパリにならずに自然なふんわり感をキープしてくれるスプレータイプのスタイリング剤。程よくツヤ感も与えてくれるのでパサついて見えにくいのも嬉しい。

髪の多さをいかした可愛いアレンジ【5選】

アレンジの幅が広がるのも、髪の多い人のメリット。アレンジのバリエーションを増やすと、毎日の洋服選びの幅も広がりトータルコーディネートでおしゃれを楽しむことができます。そこで、髪が多いからこそ可愛く仕上がるヘアアレンジを集めました。いつものヘアアレンジにマンネリしている人も必見です!

【1】シニヨン

シニヨンはボリューム感がある方がゴージャスにきまります。さらに低めの位置につくることで落ち着いた印象もプラス。トップの髪の毛を少しずつ引き出してあか抜け感も忘れずに。

【2】ローポニー

多めに取った毛束を結び目にぐるぐると巻きつけるだけで、シンプルなのに周りと差がつくローポニーの簡単アレンジ。

【3】玉ねぎポニー

少し高めの位置でポニーテールをつくったら、結び目から毛先までの間を数か所ゴムで留めていき、後はゴムとゴムの間を少しづつ引き出すだけで今っぽアレンジが完成

【4】インナーカラー

髪の量が多いとカラーリングの幅も広がります。とくにおすすめなのがインナーカラー。ダウンスタイルなら動くたびに覗くインナーカラーがおしゃれですが、アップにしても可愛いのでいろいろなアレンジが楽しめます。

【5】キャップ

こちらはヘアアレンジに定番の小物をプラスしたスタイル。低めの位置でハーフアップのお団子をつくったら、ミリタリーテイストのキャップで甘辛スタイルに。

【4つのシーン別】おすすめアレンジとやり方

髪が多いとヘアアレンジのバリエーションも豊富になりますが、ロングヘアになるとさらにそのバリエーションも増えます。とくにトレンドとなっている三つ編みとくるりんぱは基本さえ覚えてしまえば、自分でさらなるアレンジを加えることも可能です! また、三つ編みやくるりんぱのアレンジは、華やかな印象もありますが、実は普段使いやカジュアルなスタイリングにも応用できるので、覚えておくと便利ですよ!

【シーン1】お仕事

お仕事の場では派手すぎるアレンジは避けたいところ。とはいえ、大人女子ならきちんと感もプラスしたいですよね。そんなときはやり過ぎない編みおろしが最適。

<やり方>

  1. 後ろの中央を適量とり、三つ編みにする。
  2. 残りの髪の毛を1.の三つ編みの下でくるりんぱしてひとつにまとめる。
  3. 三つ編みをくるりんぱの中に通す。
  4. 髪の毛をほぐし、毛先を軽く巻いて完成。

【シーン2】女子会

女子会でのおすすめアレンジはボリューム感たっぷりの編みおろし。後ろで垂らすことでシンプルに大人っぽく見せつつ、三つ編みのほぐしが華やかさと可愛いさを演出して手抜き感はゼロ。

<やり方>

  1. 後ろの中央を適量とり、三つ編みにする。
  2. 三つ編みの両サイドをくるりんぱしてひとつにまとめる。
  3. 2のくるりんぱの両サイドを数回くるりんぱし、ひとつにまとめる。
  4. 残りの髪の毛を全てひとつの三つ編みにする。
  5. 全体をほぐして完成。

【シーン3】デート

気合いが入りがちなデートには、頑張りすぎない三つ編みのアレンジにトライしてみて。前から見るとシンプルなまとめ髪も、後ろから見ると適度な緩さがナチュラルで可愛いアレンジ。

<やり方>

  1. 後ろの中央を三つ編みにする。
  2. 左右もそれぞれ三つ編みにする。
  3. それぞれの三つ編みを三つ編みにしてひとつにまとめる。
  4. まとめた三つ編みを丸め込んで完成。

【シーン4】パーティー

パーティのときは着る服も華やかになるので、ヘアスタイルもそれに合わせて華やかさもアップ。大人女子なら程よいゴージャス感が可愛い低めの位置でのアレンジが好感度高めです。

<やり方>

  1. 後ろの中央を少し多めにとり、ひとつに結ぶ。
  2. 1でまとめた毛束を三つ編みにする。
  3. 両サイドの残りの毛束をそれぞれねじって留めておく。
  4. 中央の三つ編みをお団子にし、両サイドのねじった毛をお団子に根元に巻きつける。
  5. 全体をほぐして完成。
SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW