HAIR

【結婚式ヘアアレンジ】短いボブでも自分でできるお呼ばれ髪型特集!簡単なのに華やかさUP

2020/07/17

レングスが短いボブヘアは、「結婚式のお呼ばれアレンジは難しい……」という声も多く聞こえてきます。そこで誰でも簡単にできるセルフアレンジのやり方や、そのままでも手抜きに見えない上品なダウンヘアをご紹介いたします。

これを読めば、アップスタイルもダウンスタイルも自分でセットできるようになれるかも! 満足できるヘアスタイルで、結婚式や二次会の席に華を添えましょう♪

知っていると安心!【結婚式ヘアスタイルマナー】

  • 生花NG
  • 大きすぎるヘッドアクセサリーはNG
  • だらしないダウンスタイルはNG

結婚式に出席する際には大人として気をつけたい最低限のマナーがあります。
主役はあくまでも花嫁なので、あまり華美なヘアスタイルにしてはいけないし、かといってお祝いの気持ちが見えないような手抜きヘアもNGです。

ヘアも服装もマナーを意識して。フォーマルな席の大切なマナーを守って気持ちよくお祝いしましょう♪

   ▼【結婚式の服装マナー】も気になる方は、こちらをチェック!

上品《ダウンスタイル》はまとまり感がポイント

結婚式のお祝いにふさわしい、素敵なダウンスタイルは、すっきりと上品に仕上げることが大切です。バサバサのだらしないダウンスタイルにならないように注意しましょう。

スタイリング剤を上手に使うことで、まとまり感が出て上品に見えます♪

《内巻き》で可憐な雰囲気に

ストレートアイロンで毛先を自然な内巻きにセットし、軽くワックスをなじませ手仕上げます。束感を表現すると、バサバサとした印象にならず可憐な雰囲気のボブに♪

《外ハネ》で簡単におしゃれをGET

簡単なのにおしゃれな外ハネは、セルフセットにおすすめのスタイル。ストレートアイロンかコテで毛先を外ハネにし、オイルで仕上げます。外ハネをやりすぎないことも上品さのポイントです。オイルで潤いをプラスすることで、ツヤがあるキレイな髪に。

《ミックス巻き》はフェミニンな印象に

ダウンスタイルのミックス巻きはボリュームを抑えることが大切。強く巻きすぎず、ゆるく巻いて、まとまりが出るようにワックスなどのスタイリング剤で仕上げると、上品なダウンスタイルになります♪

《波ウェーブ》でニュアンシーに装う

ゆるく波ウェーブをつくり前髪は内巻きにセットしたダウンスタイル。だらしなく見えないように、ボリュームを抑えたウェーブにするのがコツ。前髪にはワックスなどで束感をつくり、おでこが見えるようにするのもすっきり見えるポイントのひとつ。

【自分でできる】簡単アレンジでお金も時間も節約!

簡単にできるのに華やか! セルフアレンジなのに手の込んだ仕上がり! そんな素敵なアレンジをご紹介します。

美容室に行かずに結婚式のお呼ばれアレンジができたら、お金と時間の節約になること間違いなし!



《くるりんぱ》を重ねてお呼ばれアレンジに

《使うもの》
 ・ツヤ出しのオイル
 ・ストレートアイロンか32㎜のコテ

 《やり方》
 【1】髪を上下に分け、ハーフアップの要領で下部分はおろします。上部分だけをさらに上下にふたつに分けます。
 【2】上部分のさらに上下に分けた毛束をそれぞれゴムで結びダブルくるりんぱをつくります。ゴムの結び目が見えないようにバレッタやリボンなどで仕上げるとパーティー仕様に。 
【3】毛先を外ハネにセットし、オイルで仕上げて完成♪ 

《三つ編みハーフアップ》編み込みができなくてもOK

《使うもの》
 ・キープ力のあるスプレー
 ・ストレートアイロンか32㎜のコテ

 《やり方》
 【1】中央の毛束を三つ編みして、ゴムで結びます。
 【2】三つ編みの両サイドの毛束を少量取り、三つ編みの結び目の前側で結びます。結んだ毛束をくるりんぱしましょう
。 【3】残りの両サイドの髪をねじって、中央のゴムを隠すようにピンで留めます。ピンで上手く固定できないときは、ねじった毛束同士を中央であわせてゴムで結び、バレッタなどでゴムを隠しましょう。
 【4】毛先は軽く外ハネに巻いてできあがり♪ 

《編み込み》ゆるふわウェーブで華やかに

《使うもの》
 ・編み込みしやすくなるワックス
 ・キープできるスプレー
 ・26㎜か32㎜のコテ

 《やり方》
 【1】髪全体にワックスをなじませアレンジしやすくし、後頭部の中央部分の毛束を適量取り、編み込んでゴムで結びます。
 【2】残りの両サイドの毛束をねじって、中央で編み込みの毛束とあわせて結びます。
 【3】【2】の結び目の少し下をもう一度ゴムで結び、結び目と結び目の間を指をつまんで引き出して、ゴムが隠れるようにしましょう。
 【4】全体のバランスを見ながらコテで髪を巻いていきます。最後にキープのためにスプレーで仕上げれば完成♪ 

《お団子アレンジ》短い髪でも簡単かわいく

《使うもの》
 ・ワックススプレー 
・32㎜のコテ

 《やり方》
 【1】レングスによって、ひとつに結べる髪の量が変わりますが、できるだけ髪全体をひとつに結びます。
 【2】レングスが短めで全体をひとつにまとめられない人は、下側の毛束だけ別にゴムで結びます。このとき【1】の結び目の下に隠すように結ぶことがポイント。
 【3】【1】の毛束をねじりながらまとめ、ピンで留めてお団子をつくります。
 【4】全体のバランスを見ながらトップや後頭部、サイドの毛束を指でつまんで引き出し、自然に仕上げます。バレッタやヘアクリップでお団子を飾ればできあがり♪ 

【美容院】短くても華やかアップアレンジに

ダウンスタイルも上品でいいけど、せっかくの結婚式なので、美容室でいつもと違うアップスタイルに挑戦してみませんか?

はじめにしっかりとコテでカールをつくれば、簡単に華やかなアップスタイルができます。
華やかなアレンジは会場で褒められること間違いなしです♪

《ハーフアップ》巻き髪でゴージャスに

編み込みハーフアップのアレンジ。初めにコテでしっかりと巻き髪のベースをつくっているので、編み込みをほぐした毛束にもウェーブがついていて華やかな仕上がりに♪

《ギブソンタック》おくれ毛で雰囲気アップ

くるりんぱや三つ編みなどでハーフアップをつくり、そこに残りの毛束を入れ込んでいくギブソンタックは意外と簡単なのに手の込んだアレンジに見えます。おくれ毛はコテで巻いていくとさらに雰囲気よくフィニッシュ。

《シニヨン》は下側が約束

高い位置のお団子は子供っぽくなってしまうので、下側にゆるくまとまるのが最近のお約束。大人っぽいシニヨンは、さまざまなタイプのドレスにマッチしてくれる万能アレンジ。ヘアスタイルに迷った時はこれで決まり♪

【アクセサリー別】おすすめアレンジを探せ!

20代はかわいらしいカチューシャやリボンで仕上げて。30代・40代は上品なバレッタやヘアクリップをまとって。

それぞれの年代にあわせたヘッドアクセサリーを身につけて、お祝いの席に華をそえましょう♪

《カチューシャ》華奢で品のあるものをチョイス

髪全体にワックスをなじませ、コテをつかいミックス巻きをつくります。下側にお団子をつくり、全体のバランスを見ながら毛束を指でつまんで引き出します。最後に細めの華奢なカチューシャをONすれば、グッとフェミニンな表情に。

《リボン》を添えた簡単くるりんぱアレンジ

簡単くるりんぱでつくれる華やかなハーフアップ。両サイドから毛束を少量取り、その毛束を中央部分で結びくるりんぱします。バランスを見てリボンを添えればできあがり。リボンは形をつくってからピンで留めましょう。アレンジの前にしっかりと髪全体を巻くことで、仕上げの際にトップや後頭部から引き出した毛束がウエーブして、かわいらしい仕上がりに。

《パール》は全ての年代の方におすすめ

パールはお祝いの席のアクセサリーにぴったり。何がいいのか迷ったらパールにしておけば間違いありません。ドレスも着物も合わせられるし、年代問わずに使えるのも嬉しいポイントです。

《バレッタ》上品とキュートを両立

三つ編みをフラワーモチーフのバレッタで飾っただけでエレガントな装いに。ゆるく巻いた髪はアレンジの前にコテで丁寧につくります。生花はNGだけど、お花を使いたいという方におすすめです。

すっきり【前髪アレンジ】で好感度アップを狙おう!

前髪をどうするかもヘアアレンジの大切なポイント。

短めの前髪はアイロンで整えただけでもきまりますが、とくに伸ばしかけの人は前髪をアレンジしてすっきりとした印象になるように心がけましょう。

清潔感のある前髪アレンジで、好感度アップを狙いましょう。

《かきあげ》前髪でゴージャスに

大人っぽいかきあげ前髪は、ゴージャスな雰囲気があるので、お祝いの席にもぴったり。後ろ側にシニヨンをつくりアップスタイルアレンジしてもGOOD。まとめ髪で着物に合わせても、ブラックのドレスに合わせてもマッチします。

《ロープ編み》パールのバレッタで華やぎをプラス

前髪部分をふたつに分け左右からロープ編みにし、パールのバレッタで飾ったアレンジ。ロープ編みは難しいという人はくるりんぱやねじって留めるのでもOK。華やかにきまります。

《ポンパドール》モダンな着物美人になれる

ポンパドールは、おでこが露出しかっこいい雰囲気に。簡単なのに洗練された着物美人になれます。最後にキープ力のあるスプレーを使うとヘアスタイルが長持ちします。

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLES

WHAT'S NEW