BEAUTY

【髪が多い人のショートヘア】失敗しないアレンジ・スタイリングのコツ!

2019/11/06

髪が多い人におすすめしたいのは2019年のトレンドヘアのひとつでもある【ショートヘア】です。なぜならショートヘアはボリュームがあった方が断然可愛いから! そこで、髪の多さを味方につけた今どきショートヘアのスタイルやアレンジをご紹介します。

「ショート」とはあごより上の長さをいいます。ヘアスタイルをマニッシュにすることで、メイクやコーディネートの女性らしさが際立つので、おしゃれ上級者からも人気の高いヘアスタイルです。

髪が多い人が得する《3つ》のポイント

ショートヘアにしたときに髪が多い人と少ない人では、それぞれメリットデメリットがあります。しかしショートカットを魅力的に見せるという点では、髪の多い人の方が圧倒的に得をしているのではないでしょうか。ここではそんな髪の多い人が得をしている3つのポイントをお教えします。

【1】ボリュームを出しやすい

ボリュームはショートヘアのシルエットをキレイに見せるために欠かせない要素です。髪が少ない人はカーラーやコテで巻いたり根元を立ち上げたりと、意外と苦労しています。一方、髪が多い人は元々のボリュームをそのまま活かすことができます。

【2】丸みを作りやすい

横や後ろから見たときのシルエットも重要です。基本的にショートカットは丸みがある方がキレイに見えますが、これも髪の少ない人は一苦労。髪が多い方がカットでキレイな丸みをつくりやすくなります。

【3】スタイリングが楽

髪が多いことでボリュームや丸みを出す工程はすでにクリアできているので、コテで巻いたり事前の作業が省略できスタイリングが楽になります。

失敗しないために!【くせ毛・太い・硬い】人はココに注目

髪の多い人によくあるお悩みが、髪の毛の硬さや太さ、さらにくせ毛などの扱いにくい髪質です。髪質はなかなか簡単に変えられるものではないので、美容師さんになりたいイメージを伝え、カットする長さやカットの方法などをしっかり相談するとよいでしょう。また、ショートヘアはスタイリング剤もマストです。カットの際におすすめのスタイリング剤を確認するのも忘れないようにしてください。

長さと量の調整は慎重に

少しでも自分でコントロールしやすいようカットしておくと、スタイリングが楽になります。サイドは耳にかけられるように耳より下の長さに、また髪が多い人は襟足から下に向かって膨らみが出やすくなるので襟足はタイトにカットしてもらうとよいでしょう。

くせ毛の膨らみ部分を見極める

くせ毛の髪の毛には、膨らみが出る部分と出ない部分があります。膨らんでいない部分は残し、膨らんでしまう余計な部分をカットしてもらうことで、クセの広がりが抑えられ扱いやすくなります。

適したスタイリング剤を使う

スタイリング剤選びもとても重要です。カットのコンセプトやイメージ、また髪質やカットの方法よって、適しているスタイリング剤は変わります。カットしてもらった際に美容師さんにおすすめのスタイリング剤を聞いておくようにしましょう。

【テイスト別】髪が多い人におすすめのショートヘア

一言でショートヘアといっても実はさまざまな種類があるのをご存知でしょうか? 長さやヘアカラーなど仕上げる雰囲気、またなりたいイメージや服装のテイストによっても似合うヘアスタイルは変わってきます。そこで、髪の多い人におすすめしたい、服装のテイスト別ヘアスタイルをご紹介します。

トレンド派は『ベリーショート』

ベリーショートは、耳にかからないくらいの短さなので髪が多くてもコンパクトに仕上がりつつトップは丸くつくれるので、ボリュームを最大限に活かせる髪型です。
常にトレンドに敏感で、普段のコーディネートも抜かりない人はヘアスタイルも周りと差のつくベリーショートがおすすめです。

モード派は『ショートボブ』

ショートボブはあごより上の短いボブで、毛量の重みで適度にボリュームが抑えられます。また横長のシルエットなので、前髪を長めにつくったり斜めに流せば面長の人にもおすすめです。
クールさと女性らしさを併せもったショートボブは着る服を選ばない優秀なヘアスタイルですが、モードなスタイリングならショートボブの洗練さをより際立たせてくれます。

カジュアル派は『ハンサムショート』

前やサイドは重めで、後ろが普通のショートよりも短いので、髪が多くても後ろの膨らみが気になりにくいヘアスタイルです。
名前の通りハンサムな雰囲気があるので、メンズライクやストリートなどのカジュアルテイストと好相性。

ナチュラル派は『マッシュショート』

きのこのようにサイドを丸くしたスタイルで、ショートのなかでも女性らしい印象に仕上がります。ショートボブ同様に横長のシルエットなので、こちらも面長の人もトライしやすいスタイルです。
マッシュショートの優しい柔らかい雰囲気は、ゆったりしたワンピースやざっくりしたローゲージニットなどのナチュラルなテイストにぴったりです。

清楚派は『前下がりショート』

後ろから横や正面にかけて前下がりになっていくカットラインは、後ろのボリュームを減らし正面が重めになるので髪の多い人にもトライしやすいスタイルです。サイドに長さがあるので小顔効果も期待できます。
フェミニンなのにおしゃれな印象も与えてくれるので、トレンドのロングスカートも清楚に仕上がり大人のこなれ感が叶います。

髪が多くても簡単!ショートヘアアレンジ【3選】

そのままでも十分可愛いショートヘアですが、髪が多いとヘアアレンジも楽しめるのがいいところです! 髪が短いとアレンジもやりにくいのではと思われがちですが、不器用さんでも簡単に出来るアレンジもあります。また、困った寝ぐせや寝坊したときなどにもぴったり。ぜひトライしてみてください。

【1】ピンアレンジ

トレンドになっているピンアレンジなら、適当につけるだけでも今っぽさ満載。カラーピンをたくさんつければおしゃれ度も増すうえ気になるところのボリューム調整が出来るので便利です。

【2】ターバンアレンジ

デザイン性と機能性を兼ね備えたターバンはひとつ持っていると便利なお助けアイテムです。カジュアルな服装や夏の暑いときにも最適で、肩の力を抜いたようなほどよい抜け感も◎。

【3】スカーフアレンジ

スカーフを巻くアレンジは、マニッシュなショートヘアをエレガントに格上げしてくれる優秀アイテムです。毛先をコテで巻けばさらに華やかさがUPします。

【髪が多め×ショートカット】におすすめのワックス

ワックスは主にテクスチャー別に、ノーマル・ハード・ソフトの3種類に分けられます。また、クリーム・ジェル・バームなどとタイプもさまざま。これだけ種類が豊富なら、自分にぴったりのワックスも見つかるかも。さらに、髪型や髪質に合わせたスタイリング剤を選べば、髪が多くても日々のスタイリングはグッと楽になり同時におしゃれなスタイルが完成するはずです。

保湿に優れたシアバターやアロエベラなどの自然由来の原料のみで作られているため、その潤いのキープ力の高さからショートヘアにおすすめのワックス。手の甲やひじ、かかと、リップなど全身に使えるのも嬉しい。

手のひらの常温で温めるとゆるいテクスチャーに変化し、硬い毛やパーマなどの乾燥しがちな毛のボリュームも抑えてくれます。成分は天然由来原料のみなので身体にも使え、残ったバームを手にすりこんでもOK。

ルベル(LebeL)

モイ バーム ウォークインフォレスト

潤いに特化した美容液成分配合で髪の内部補修をしながら、ボリュームダウンとうる艶の濡れ髪も叶えてくれます。こちらも自然由来成分100%で身体にも使用可能。

ハードなセット力ながらも動きのある束感が作れて、適度なツヤ感も出してくれるのでショートヘアのニュアンス出しにもぴったり。また、固すぎず伸ばしやすいテクスチャーでスタイリングしやすいと好評価。

ルシードエル(LUCIDO-L)

ナチュラルメイクワックス

ジェル状のワックスなのでベタつかずにサラッとしたつけ心地で固めずに自然なまとまりを実現。ジェルの水分が髪を柔らかくしてくれるので髪の硬い人にもおすすめ。

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW