shutterstock.com
LIFE STYLE

嫌われてるのに気付いてる…?実は職場の人が本気でウンザリしてる行動5つ

2019/11/29

職場の人たちが本気でウンザリしている行動について5つご紹介。やってしまっていたことがあれば、即・改善を……!

遠慮・気遣いを全くしない&悪口を吹き込む

私と同時期に高卒で入社してきた5歳下の女子が、とてもウザかったです。同期とはいえ、かなり年上の私にマウンティングしまくり。しかも「便利な足」だと思っていたようで。。

ある日仕事の講習のために、職場から30分ほど離れた場所に行かなければならないときがあり、件の高卒の子が私の車に「一緒に乗せて行ってほしい」とお願いしてきました。

そこまでは何も問題なかったのですが、なぜか高卒の子に「家まで迎えに来てほしい」と言われ・・・。
(さすがにそこまで私も優しくない!)と思い、断って会社で待ち合わせすることを申し出たのですが、今度は「なぜ迎えに来てくれないのか」と不満たらたら・・・。
(あなたの考えに常識がないんだよ)とはさすがに言えず「あなたの家の前の道は朝混むから」と伝えたのですが、後日同じ部署の男性に私の悪口を吹き込んでいたことが判明。ものすごく不快でした(24歳/会社員)


人をなんだと思っているのでしょうか……。相手に対して本当に失礼!
ここまでひどい話は珍しいかもしれませんが、仕事で他人と接する以上、年齢関係なく気遣いや遠慮は確実に必要です。自分にとっての利益が、相手に取っての不利益・不都合になりえるということをよく考えて行動したいものですね……。

仕事中に、武勇伝・悪口・噂話を持ちかける

独り言が非常に多い上司が隣の席でした。勤務時間、休憩時間にかかわらず、常にブツブツと独り言。かと思えば「ねえ〇〇さんもそう思うよね?」と私に話を振ってくるのです。
上司なので無視も注意もできず、その話に相槌を打つも、内容のほとんどはその上司の武勇伝や人の悪口、噂話……。ぴたりと話す声が止んだと思ったら、大口をあけて寝ているのです。そのせいで仕事も遅れ、職場の全員でフォローに回る始末。
次第に毎朝職場に行くのが辛くなり、上司の声が聞こえると動悸が激しくなる…など軽いうつ状態になりかけましたが、周りの助けもあってなんとか仕事は続けられています…。(27歳/公務員)


仕事中にそんな心からどうでもいい会話を振られても困る……! 上司だと上手く合わせないといけないのが余計に辛い。素敵な周囲の方々に恵まれたのが、本当に救いですね。
仕事中の会話については、表面上には出さなくても迷惑に思っている人が多いのが実際のところです。仕事中に話しかけるときには相手の仕事の進捗や忙しさなどを考慮して、端的に済ませるよう心がけましょう。「今、お時間大丈夫ですか?」という確認も重要です。もしくは、お昼に誘うなどして仕事中以外で話すようにしましょう。

相談されたことを勝手に言いふらす

信用して相談したことを、上司と同僚に勝手に周りに言いふらされました。もう二度と仕事先の人は信用しないと決めました、、(30歳/会社員)


どのような内容であっても、裏切られた気持ちになってしまいますね……。もしプライベートで仲が良かったとしても、「後輩・同僚から言われたことは上司に共有すべき」という風土になっている会社も実際あるよう。
もちろん会社によって異なるので一概には言えませんが、とくに周りに言われたくない相談をしたいのであれば、所属している会社やその人の人間性をふまえて、相手を慎重に選べるとよいのかもしれません……。社外の信頼できる友達に話すのが一番安心なのかも。

入社してきた人をいびる・挨拶しない

社内にお友達が多いか少ないかで、なぜか格上格下認定をするお局さまがいました。
中途入社の新人いびりをしていて、私もそのターゲットになりましたが、同じ土俵に上がったら負けと思い、礼儀正しく接するようにしていました。
お局さまは、他人の目のアリorナシで、私に対して挨拶の返事をするかしないかをきっちり分けていました。そんな面倒くさいことをミスらないのはむしろ凄い。笑
結局勝手に居づらくなって辞めていきましたけど、「私をちやほやしないこんな職場、私には相応しくないわ」って思ってたんだと思います。
ビジネスシーンに着てきたバブリーなボディコン肩パッド入りチェック柄のスーツ姿は忘れられません。※2010年代の話です。(30歳/会社員)


新人いびりをするお局さま、多くの会社に出没しているようですね。そのお局さまと同じ土俵に上がったら負け……! こちらに非はないのだということを主張するためにも、逆に礼儀正しく接すると良いのかもしれません。それに、そんなことをする人は、多くの同僚から良く思われないもの。きっと味方は大勢いることでしょう。いびり行為をしている全国のお局さまが、今回の例のように、周りの空気をなんとなく察して改善するor辞めるなど行動を起こしてくれることを祈ります。

仕事を後輩に押し付ける

新卒で入社してから3ヶ月。入社して1年しか変わらない先輩に、「まだ何も出来ないきみに求めるのは圧倒的な手数だ」と言われ、仕事を全て押し付けられた。その先輩が、仕事中居眠りをしていた事が上司にばれ、叱られていたのでザマアミロとこころの中で思っていました。(24歳/会社員)


その先輩こそ、まだまだ圧倒的な手数が必要なのかもしれませんね。仕事を分担するのは重要ですが、押し付けになるのはもってのほか。先輩であるならば、後輩の仕事の進捗から考えて任せる量を調節してほしいものです。
そういった悪しき風習は、その先輩の先輩から代々受け継がれてしまっていることが多々。自分が先輩になったときには、悪しき風習を受け継ぐことなく、ぜひ後輩が仕事をしやすい環境作りをしていってください。

他の記事もCheck!

▼こちらもおすすめ

▼こちらもチェック

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

WHAT'S NEW