BEAUTY

ロングヘアはカラーで垢抜け!ハイライト・グラデーションで印象チェンジ

2019/11/12

ロングヘアはカラーによって印象がガラリと変わるため、染めるときは失敗したくないですよね。今回はロングヘアさんのためのカラーのコツを解説! 【人気カラー】や【ハイライト・インナーカラー・グラデーション】で垢抜けロングヘアになりましょう! 明るめ・暗めカラーに分けて雰囲気をご紹介します。

ロングヘアの人気カラー【3色】

まずは人気な旬ヘアカラーを3色ご紹介。やわらかくてあか抜けて見えるヘアカラーが人気な傾向。色を混ぜたりほんのり強めのカラーを加えたりして、グッと今っぽい色に。

[1]ミルクティーベージュ

ミルクティーベージュは透明感のある人気ヘアカラー。ブリーチなしでもブリーチありでも楽しめます。ブリーチなしだと自然な印象に、ありだとフェミニンっぽさを出すことができます。女性らしい色合いにしたい方におすすめです。

[2]グレージュ

暗めな抜け感のある髪色にしたかったらグレージュがおすすめ。グレージュは暗髪でもやわらかい印象になります。落ち着いた色合いの外国人風のヘアカラーにしたい方はぜひクレージュにチャレンジしてみてください!

[3]ピンク系

今流行りのピンク系のヘアカラーは、かわいらしさたっぷりな髪型に仕上がります。ブラウンにピンクを混ぜるとナチュラルな印象に、ローズ系のピンクを入れるとヴィンテージっぽい雰囲気になります。いつもの色に飽きたらピンク系カラーにしてみるのもいいかも!

【ブリーチなし】のヘアカラー見本6選

まずはブリーチなしのヘアカラー6色を解説。髪質を気にしていたり、明るい髪色にできない会社の方は、ブリーチなしの髪色でさりげなくカラーを入れてあか抜けて。落ち着いた暗めの色とブリーチなしでも明るい印象になる色どちらもご紹介していきます!

『暗めカラー』の場合

▼セピアグレージュ

儚げなやわらかいおしゃれカラーのセピアグレージュ。グレージュよりベージュに近く日本人の肌色になじみやすいです。暗めの髪色ですがベージュ感もあるので野暮ったさがありません。

▼ダークネイビージュ

ダークネイビージュは青みががかったダークトーンのヘアカラー。色持ちもよく透明感が長い期間持続します。またネイビーが日本人の髪質のよくある髪の赤みを消してくれて、外国人っぽさも演出してくれます。

▼ラベンダーベージュ

大人かわいさ満載のラベンダーベージュは、ラベンダーの華やかさとベージュの優しい色合いがあわさって、色っぽさとかわいい雰囲気をつくってくれます。挑戦しにくいイメージのラベンダーですがベージュが自然な仕上がりにしてくれるので、初心者さんでも簡単にチャレンジすることができます。

『明るめカラー』の場合

▼グレージュ

ベージュの配分が多めのグレージュなら、ブリーチなしでも色の明るさが出て女性らしい雰囲気を演出。グレーが髪の赤みを抑えて目立ちにくくしてくれるので、明るい色ながらも透明感のある髪色に。

▼ベージュブラウン

ベージュブラウンはブラウンを基調にベージュをいれたナチュラルカラー。ブラウンベースなのでオフィスでも浮かないヘアカラーです。どんな人でも合いやすい色なので初めて髪を染める人にもおすすめです。

▼ミルクティーベージュ

透明感のある人気カラーのミルクティーベージュ。ブリーチなしでもヌーディーな色が光に当たるとツヤ感が出て髪に立体感が出ます。髪を巻いてフェミニンさのある雰囲気にしてもよくあいます。

【ブリーチあり】のヘアカラー見本5選

ブリーチをすると透明感が出ます。また色がしっかり出るので色で遊びたい方はぜひブリーチをしてみて! ダークカラーでもブリーチをしてから重ねるとエアリー感のあるこなれた色合いに仕上がります。

『暗めカラー』の場合

▼グレーアッシュ

ブリーチをした後にグレーアッシュを入れると透明感のある暗髪に。艶やかさとこなれ感がある髪色で、大人女子にはぴったりなヘアカラー。

▼ラベンダーアッシュ

色っぽいラベンダーにアッシュを入れて馴染みやすい大人の女性感漂うヘアカラーに。光に当たると透け感のあるラベンダーの色が強くなりかわいいヴィンテージ感のある印象に。

『明るめカラー』の場合

▼ミルクティー

外国の女の子のようなかわいらしいヘアカラーのミルクティー。やわらかい女性らしさを出すことができます。ベージュ系なので肌馴染みがよく、色落ちしてもきれいな色のままなので安心です。

▼ピンクベージュ

ピンクだけだと派手で浮いてしまうか心配になりますが、ベージュを入れることで派手さがやわらいで落ち着いた色合いに着地します。人と違う明るい髪色にチャレンジしてみたい方にオススメです。

▼ラベンダーベージュ

ブリーチありのラベンダーベージュは、色の鮮やかさが出てより大人かわいい雰囲気に。ラベンダーの色の強さをベージュが落ち着かせてくれて、ほんのりラベンダー色づいたおしゃれな髪色になります。

ハイライト・インナーカラー・グラデーション

全体の髪色を変えたくない方や部分にいつもと違う色を入れてみたい方は、ハイライト・インナーカラー・グラデーションに注目! 一部に色を入れると、グッとこなれた印象になりますよ。

『ハイライトカラー』で立体感を

全体の髪色はそのままに、さりげなく色を入れて髪に立体感が欲しいという人には、ハイライトがおすすめ。基本的にはブリーチして色を入れますが、ブリーチなしのハイライトもあります。細く入れると透明感のある美しい髪型になり、また色落ちしてもキレイな状態をキープできます。

▼「グレージュ」はブラウン系初心者さんにおすすめ

ブラウンを基調とした髪色の方にはグレージュがぴったり! 細めに入れるとハイライト部分が浮きすぎず色落ち後もおしゃれ。くすみカラーを入れることで髪に透明感が出てきれいに見えます。

▼「アッシュベージュ」で暗めカラーに立体感をプラス

ダークトーンの髪色は落ち着いて見える反面、やや野暮ったく見えることも……。そんなときはアッシュベージュのハイライトを入れて立体感を作って。ハイライトを入れることで髪に動きが出て一気にあか抜けます。

▼「ラベンダーアッシュ」でさりげなく派手カラーに挑戦

派手色もハイライトで細く入れれば、髪色によく馴染みます。アッシュを加えることで黒髪でもよく合う色合いになり全体的に柔らかい仕上がりに。

『インナーカラー』でオシャレ感アップ

インナーカラーは髪の一部や内側に違う色を入れる髪型で、派手になりすぎず色で遊ぶことができます。内側に入れるとヘアアレンジによってはカラーの部分を隠すことができます。派手めなヘアカラーに憧れるけど自分に合うか心配という方は、インナーカラーに挑戦してみてはいかがでしょうか。

▼「ピンク」でかわいさをプラス

ピンクはベージュやブラウンの髪色との相性が抜群で、グッとフェミニンで可愛らしい印象に。ピンクアッシュやラベンダーピンクが人気で、髪色とよく合い、また派手すぎないので初心者さんもチャレンジしやすいです。

▼「パープル」でロマンチックな仕上がりに

紫は大人っぽさとかわいさを兼ね備えた人気カラー。グレーやグレージュなど暗めで透明感のある髪色にインナーカラーで入れると、ハンサムながらも色っぽい髪色にチェンジ。ラベンダーが挑戦しやすくて人気なカラーです。

▼「ベージュ」なら落ち着いた印象のままカラーで遊べる

暗めの髪色にベージュをインナーカラーとしてON。どちらも馴染みのある色のため、派手な印象はなく落ち着いた大人な女性の印象に仕上がります。シックな服装が好みの方におすすめ。

『グラデーションカラー』であか抜け

周りと差をつけたい人はグラデーションでおしゃれさを出して。ベーシックカラーでナチュラルにしても、派手カラーにチャレンジしてみるのもあり。グラデーションするならぜひブリーチして色を入れてきれいなグラデーションをつくって。

▼「ベージュ系」で色っぽく

ラベンダーグレージュに毛先をブリーチしてベージュを入れたグラデーションカラー。ベージュはアッシュやカーキとの相性がよく、ハイセンスな雰囲気になります。

▼「ゴールド系」でゴージャスに

アッシュ系の髪色に毛先をブリーチしてゴールド系を入れると、グッとゴージャスな印象に。大きめのコテでウェーブを作ると、グラデーションの魅力が引き立ってさらに色っぽくなります。

▼「ピンク系」でかわいさと個性を出す

ややくすんだピンクをは、明るいブラウンやベージュ系の髪色と合わせるとフェミニンっぽく、アッシュやカーキ系の髪色と合わせるとこなれた印象になります。ラベンダーやローズ系などピンクの色みによって表情が変わるので、ぜひ自分好みのピンクを入れてみてください。

カラー後はヘアケア必須!おすすめアイテムを紹介

カラーをすると髪が痛みがちなので、ヘアケアが必須となります。これから紹介するアイテムを参考に、ヘアケアをして艶やかな髪をキープしてください。

『シャンプー・トリートメント』

▼シャンプー

アンファー(angfa)

スカルプD ボーテ ナチュラスタースカルプシャンプー

70種類以上の植物から抽出した、豊富なオーガニックミネラルが配合されていて、髪にとって悪影響な金属イオンを除去してくれます。頭皮ケアしながら、本来の髪のツヤを取り戻してくれる優れもの。清潔感のあるリリーの香りで、髪の美しさを演出します。シャンプーは使う前にぬるま湯でよく髪と頭皮を洗ってから、シャンプーを泡立てて頭皮をマッサージするように洗うのがポイントです。

▼トリートメント

スカルプD ボーテ

ナチュラスタースカルプトリートメントパック

シャンプーと同じシリーズのトリートメント。トリートメントは髪の水気をよく切ってから頭皮と髪全体にマッサージしながらなじませます。3分ほどおいてからすすぐのがポイントです。

▼洗い流さないトリートメント

エリップス(ellips)

ヘアトリートメント (ローズ&グリーンの香り)

バリ島発祥の洗い流さないヘアトリートメント。カプセル状になっていて、使うときは髪の水気をきりカプセルの先端をハサミで切り中のオイルを髪にまんべんなく塗ります。そのまま洗い流さずドライヤーで乾かすとうるおいのある髪に。

『ヘアオイル・ヘアミスト』

▼ヘアオイル

髪・頭皮・肌のケアを叶える多機能オイル。無香料・無着色・天然椿油100%の植物性オイルです。ドライヤーの熱や紫外線(UVB)などによるダメージから髪を守ってくれて、またうるおいとツヤを与え、髪の強度をアップ。毎日のシャンプー後に使用し、なめらかで光沢感のある髪質に。

天然由来成分のみでできたオイル。タオルドライ後、適量を手のひらでよくのばし、毛先中心に塗布して髪全体になじませ、乾かして使います。髪が艶やかでふんわりとします。

▼ヘアミスト

ナプラ(napla)

イノート ヘアケアミスト

毛髪柔軟効果に優れたフルーツエキスやナノエルカラクトンを配合し、使うたびに髪本来のツヤとうるおいを与えます。清涼感溢れるペアー&フローラルの香り。髪を乾かす前に髪全体に吹きかけた後、ドライヤーで乾かして使います。

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW