LIFE STYLE

両想いの雰囲気って?相手の気持ちを確かめて恋人を目指そう

2019/10/23

両想いの男女は周囲に伝わるほど『両想いの雰囲気』が出ています。今回は、両想いの雰囲気や特徴を紹介し、自分たちはどうなのかをチェックできる記事です。両思いの雰囲気は周りを幸せな気持ちにさせているはずです。周りに聞いてみるのも良いですね。

両想いの雰囲気を出す2人の特徴

まだ付き合いだしたり、気持ちを確かめあったりしていなくても、両想いの2人の間には独特の甘い雰囲気が漂っているものです。周りにも両想いだと何となく伝わる男女の特徴とは、どのようなものでしょうか。

まめに連絡を取り合う

好きな人ができると、相手をもっと知りたい、相手にも自分のことを知ってほしいと思うものです。お互いに恋愛感情を持つ2人なら、「いい雰囲気なんだ」と双方が確信できるくらいに連絡を頻繁に取り合うようになるでしょう。

両想いの場合、双方が1日中相手からの連絡を楽しみにしていたり、どんな返信をしたら相手に好印象か常に考えていたりするものです。よほど忙しくない限りは、返信を忘れることないのでLINEのラリーが永遠に続くこともあります。

自然と会話が弾む

好きな相手との会話は、どんな話題であっても興味を持って聞けるものです。相手も自分の話をよく聞いてくれたり、楽しそうにしていたりすると、自然と会話が弾みます。 共に時間を過ごせるだけで幸せなので、周囲からするとくだらない内容でも盛り上がることができるでしょう。

両想いの場合、双方が相手の情報を漏らさないように一生懸命話を聞くので、相手のプライベートや生い立ち、家族のことまで知っているなんて事態も起こります。 時には、相手に自分を大きく見せようとしたり見栄を張ったりするかもしれません。

両想い期間の会話から自分と合う相手なのか慎重にジャッジしていたり、交際後に会話の内容を持ち出されたりするので、正直でポジティブな発言をするよう心がけたいですね。

よく目が合う

好きな人ができると、いつでも相手の姿が目に入ったり存在が気になったりするものです。自然と目で追いかけていることもあるでしょう。

もし、相手とよく目が合うことがあれば、相手も同じ気持ち、すなわち両想いなのかもしれません。さらに、目があった時に微笑みかけて相手も返してくれるようなら、両想いの可能性は高いです。

ただし、視線に気づくと自分も見つめ返す癖のある人や、誰とでも目を合わせるタイプもいます。相手から先に見つめられて目が合うシチュエーションがあるか、他の女性とも頻繁に目を合わせていないか、慎重に判断しましょう。

両想いの雰囲気は周りも気づいているかも?

当人たちが両想いだと確信する前に、周りから両想いだと認定されることもあります。周囲の人が気付くほどの両想いの雰囲気が出やすいのは、どのような場面なのでしょうか。特に両想いの雰囲気が周囲に伝わりやすい三つをご紹介します。

一緒にいると楽しそう

仲良しのカップルや付き合いだしたばかりのカップルから、キラキラしたオーラを感じることがありますよね。両想いのカップルにも同じような雰囲気が出ているものです。

2人が一緒にいる時、周囲の人の目が行くほど楽しそうだったり、2人だけの世界があるように見えたりする時は、周りの人も「あの2人って両想いだよね」と感じます。

他の異性といる時と表情が違う、なんだかセットのように見える2人は、周囲の協力を得て両想いから交際に発展することが多いでしょう。

2人の距離感が近い

人には固有のパーソナルスペースがあり、心の距離もパーソナルスペースにあらわれます。男女2人の距離が近い時は、周囲から見ても無意識に「心の距離も近いのだろう」と判断することがあるでしょう。

両想いの2人は、お互いに距離感を縮めたいと考えているので、寄り添うようにしていても無理がなく、周囲も違和感を感じないものです。

周囲から見ていつも近くにいるのが当たり前に映る2人は、自然と周りの人から両想いだと思われるようになるでしょう。

お互いのことをよく知っている

両想いの2人は周囲が驚くほど相手のことに詳しく、またそれが特別なことだと気づいていないことがあります。それだけ自然にお互いのことを打ち明けあう2人といえるでしょう。

また、両想いの2人は連絡を密に取り合うので自然と話題が広がり、小さなことや他の人には話していないことも口にすることが多いでしょう。ただの友達や同僚なら簡単に忘れてしまうことでも、好きな人のことだとしっかりインプットされます。

ただし、彼から何気なく聞いた話でも、周囲の人は知らない場合もあるでしょう。両想いかもしれない微妙な時は迂闊に相手のことを話さないように気をつけたいですね。

それでも、周囲が相手についてあなたにたずねてくるなら、両想いの雰囲気が溢れ出ているのでしょう。

好きな人と関係を進展させるには

紹介してきた両想いの雰囲気に心当たりがあったり、両想いだと周囲から言われたりしていると、だんだん自信が湧いてきますよね。好きな人との関係を進展させるタイミングともいえるでしょう。

しかし、最近特に男性には恋愛経験が少ない人が多く、アプローチや告白に踏み切れないうえ、恋愛に鈍感な男性も多いそうです。両想いの関係が心地良かったり、友達としても失いたくないと感じていたりする人もいるでしょう。 女性にはもどかしい限りですよね。

2人の距離を今以上に近づけ、晴れて彼氏・彼女となれるアプローチ方法を二つ紹介します。

2人きりの時間を作る

両想いの相手とLINEや電話で時間を共有していても、顔を合わせるのは、職場やほかの友達も含めてばかりであれば、なかなか2人の関係は進展しないでしょう。

まずは、2人きりでゆっくりできる時間を作ることを提案してみませんか。共通の趣味や会話の中から相手の興味をひけそうなことなら誘いやすいでしょう。「おすすめのアーティストを教えてほしい」「相談がある」なども女性からデートに誘いやすく、男性が喜ぶ誘い文句です。

両想い状態が長い場合は、お互いにデートに誘うタイミングを延々と探っているうちに気持ちが消滅するケースもあります。はっきりと「今度2人で会えない?」と口にしてみるのもおすすめです。

女性から積極的になるのもアリ

周囲から両想いだと思われ、2人きりで会ってもいるのに、なかなかお付き合いに進展しないケースもあります。時には、勇気を出して女性から積極的になるのもいいでしょう。

告白とまではいかなくても、自分のことをどう思うか聞いてみたり、「もし付き合ったらどんな感じだろうね?」と想像させてみたりも効果的です。もう少し勇気を出せそうなら手をつないでいいか聞いたり、腕をそっと絡めたりするのもいいでしょう。

相手も両想いなんだと実感するでしょうし、甘い雰囲気を味わうことで恋愛感情も大きくなるでしょう。会話の流れによってはそのまま告白やお付き合いにつながるかもしれません。

まとめ

まだカップル成立に至っていなくても、両想いの男女には独特の雰囲気があるものです。言動や表情から、本人たちより先に周囲が2人の両想いに気付くこともあるでしょう。

また、周りが気付くほど両想いの雰囲気が出ている2人であれば、付き合ってからもうまくいく可能性が高いです。

しかし、現代の若い男性は告白の経験がない人も多く、時には女性からデートに誘ったり、リードしたりすることも必要かもしれません。

両想いが進展したら、もっと彼のさまざまな面を知ることができます。勇気を出してもう一押ししてみましょう。

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW