LIFE STYLE

恋人との別れ方が知りたい。彼に気持ちを伝えて前に進もう

2019/10/23

相手を傷つけずに恋人と別れる方法はあるのでしょうか。別れを決断する前には、改善点がないかなど、一度冷静に考えてみましょう。それでも別れる気持ちが揺らがないなら、気持ちを伝えて前に進みましょう。男性を傷つけない別れ方をお伝えします。

恋人と別れたいと思う理由

彼ともう別れたい…そう思っても、今までつき合ってきた相手のことを簡単には傷つけたくはないでしょう。また、嫌いになったわけじゃなくても、別れたくなるときもあると思います。

そんなとき、どうしたら円満に別れられるか、悩んでしまいますよね。はっきりした理由がない場合は、別れの告げ方も迷ってしまうでしょう。女性が恋人と別れたいと思う理由をいくつか挙げてみます。

一緒にいても楽しくない

つき合い始めの頃は楽しかったのに、最近は彼と一緒にいても楽しくない…そんなとき女性は、ふと恋人と別れたいのかもと思います。

一緒にいても楽しくない理由は、つき合いが長いカップルであれば、刺激がなくなったからかもしれません。つき合いたてのカップルであれば、ただ単に相性が合わなかった可能性があります。

彼との将来が想像できない

結婚したい女性にとって、彼との未来が想像できるかというのは重要でしょう。恋人との将来に確信が持てない理由は、二通りあります。

一つは、彼が結婚について考えてくれていない場合です。いつまでも待つことはできないと思ったとき、女性は別れを考えます。

もう一つは、彼自身の将来性が不安な場合です。収入が安定していない、浮気癖があるなどで、一緒になる未来が描けないとき、女性は別れたいと思います。

男性を傷つけない恋人との別れ方

もう関係が修復できないと思ったら、なるべく男性を傷つけずに別れる方法を考えましょう。円満に別れるには、相手に別れる理由を納得してもらうことが不可欠です。

感情的に突然連絡を断ったりすると、相手の心に傷が残り、ずっと「自分の何がいけなかったんだろう」「彼女に何があったんだろう」と思わせてしまうことになります。

たとえ冷めてしまったとしても、好きで一緒にいた相手にそんな思いはさせたくないですよね。相手を思いやりながら別れるためのポイントをお伝えします。

理由をきちんと伝えて

男性を傷つけずに円満に別れるには、理由をきちんと伝え納得してもらうことが大切です。そのため、どのような理由であったとしても、別れたい理由をきちんと伝えましょう。

その理由をどう受け止めるかは相手が決めることなので、納得させるために嘘をついたりする必要はありません。

あなたにできることは、「もしかしたらヨリを戻せるかも」という期待を相手に抱かせないように、もう戻る気はないことをしっかり伝えることです。

不満や恨みつらみを言わない

自分から別れを切り出すときは、常識的に行動しましょう。間違っても、今までの恨みつらみをぶちまけるようなことをしてはいけません。自分はさっぱりするかもしれませんが、相手の心に傷がつくことは間違いないでしょう。

もしどうしても伝えたいことがあるなら、感情的にならずに冷静に、アドバイスとして伝えられるかを一度考えてみましょう。

感謝の言葉を伝える

どのような理由で別れるにしても、今まで愛し合ってきた相手です。最後に感謝の言葉を伝えられるといいですね。 例えば男性に非があり、それがゆるせなくて別れるのだとしても、2人で楽しかった時間も必ずあったはずです。

そんな楽しい思い出まで、別れ際につぶす必要はありません。 「いろいろあったけど、楽しいときもあったよね。感謝しています」という言葉を、最後に相手に伝えるようにしましょう。

恋人と別れる前に

さまざまな理由で恋人と別れたくなるときがあるでしょう。しかし、もしかしたらそれは一時の感情かもしれません。その場合、別れてしまった後に後悔しても遅いでしょう。

例えば何か気に入らないところがあって別れたいと思っているなら、それを改善できないか、相手と話し合ってみてはいかがでしょうか。決断する前に冷静な気持ちになって、よく考えてみましょう。

冷静になって自分の気持ちと向き合う

別れを決断する前に、冷静になって自分の気持ちを探ってみましょう。まずは、自分の中に相手を好きな気持ちが残っているかどうかを考えてみます。

好きな相手でないとボディタッチに躊躇してしまうことがあるでしょう。手をつなぐことやキスをすることが嫌になっていれば、それは気持ちが冷めてしまっている証拠です。また、相手の言動にストレスを感じるかどうかも重要なポイントです。

改善できるところがないか考える

もし、まだ好きな気持ちが残っているのであれば、改善できるところがないか検討してみましょう。相手に嫌なところがあって別れたいと思っているなら、それは本当にゆるせないことなのか、考えてみます。

また、相手といつもけんかになってしまうのが嫌なのであれば、そのけんかの原因が自分にないかどうかを考えてみてください。つき合いが長くなると、相手に対しての尊敬を失い、傲慢になってしまうこともあるでしょう。

まとめ

恋人と別れるときは、すでに嫌いになっていない限り、改善できるものかどうかを一度検討してみるといいでしょう。 冷静になって考えてみると、意外と受け入れられることかもしれません。

また機会を作れるなら、一度彼と話し合ってみるのがおすすめです。 それでも別れたいという気持ちが揺らがないなら、男性を傷つけない方法で、円満に別れられるようにしましょう。

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW