FILM

【素敵】ナタリー・ポートマンを、若い頃から振り返ってみたら?

2019/10/21

【ナタリー・ポートマン特集】映画『レオン』での衝撃的なデビューから25年。今もハリウッドの第一線で活躍する女優、ナタリー・ポートマン(Natalie Portman)。10代の頃から変わらない美しさをもつ彼女は、女優業と並行して勉学に励み名門ハーバード大学を卒業するなど、まさに才色兼備な女性! そんなナタリー・ポートマンの歴史を子ども時代からプレイバック!

【プロフィール】

写真:Backgrid/アフロ

氏名:ナタリー・ポートマン(Natalie Portman)本名:ナタリー・ヘルシュラグ(Natalie Hershlag)
生年月日:1981年6月9日(38歳)
出身地:イスラエル
身長:160cm


産婦人科医の父とアーティストの母の間に生まれたナタリー。3歳のときにアメリカに渡り、ユダヤ系の小学校に入学。英語とヘブライ語に加えフランス語とドイツ語を独学で学び、アラビア語も流暢に話せるのだとか。IQはなんと140。幼少期からとても頭が良く、学校の成績は常にオールAだったそう。

【幼少期】英語とヘブライ語を操る才女

写真:Splash/AFLO

4歳からダンスを始め、エンターテインメントの世界に足を踏み入れる。のちに化粧品会社レブロン(REVLON)のモデルにスカウトされ芸能界入りすることに。

写真:Photofest/アフロ

当時モデルに興味がなかったナタリーだったが、スカウトされたとき、ファンであった「パトリック・スウェイジに会える」という言葉に惹かれたそう。実際にはモデルより演技に興味をもっていたため、俳優への道を目指すようになる。

【10代】天才子役として世界に羽ばたく

写真:Photofest/アフロ

子役モデルをしながら、演技にも挑戦したナタリー。彼女が13歳のとき出演したデビュー作『レオン』では、その美貌と演技力を世界に知らしめ、衝撃を与えた。

13歳(1991年)オフ・ブロードウェイの舞台『Ruthless!!』に出演

写真:Shutterstock/アフロ

彼女の演技デビューは、オフ・ブロードウェイの舞台『Ruthless!!』だった。校内劇で主役の座を射止めるために人殺しをしてしまう少女ティナと、彼女の母親を中心に描かれるコメディー作品。ナタリーはティナの代役をブリトニー・スピアーズとともに務めていたのだとか。

13歳(1994年)2,000人の中から『レオン』のマチルダ役に抜擢

写真:Shutterstock/アフロ

リュック・ベッソン監督の『レオン』で、約2,000人の候補者の中から見事マチルダ・ランドー役に抜擢! 今もなお名作として語り継がれる本作は、ナタリーだけでなく監督のリュック・ベンソン、レオン役のジャン・レノなど作品に関わった全ての人の知名度をあげた。

写真:Photofest/AFLO

マチルダ役で“天才子役”の地位を確立したナタリーだったが、注目されたのはその美しさ。中東特有の美貌で、各メディアから「絶世の美女」とも呼ばれた。撮影当時は若干11歳にして、その整った顔立ちと大人びた表情で注目を集めた。

ヤング・スター賞ドラマ部門最優秀女優賞を受賞

写真:Photofest/AFLO

『レオン』での演技が世界的に称賛され、ハリウッド・リポーターが後援するヤング・スター賞のドラマ部門最優秀主演女優賞を受賞し、最も有名な子役スターとなる。

18歳~24歳(1999年~2005年)『スターウォーズ』のパドメ役を演じる

写真:Everett Collection/アフロ

『レオン』以降も様々な映画に引っ張りだこのナタリーは、約16年ぶりの新作となったSF大作『スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス』で、ナブー王国の元首アミダラ女王を演じることに!

元々運動神経が良く「アスリートとしても成功していた」と言われた彼女。5メートルの高さから落ちて気絶するシーンを、代役を使わずに自分で演じ切ったのだとか。

写真:Everett Collection/アフロ

自身が演じた役の中で最も長く演じたのがパドメだったため、一番思い入れのある役なんだそう。本作での演技が評価され、老若男女問わず幅広い世代からの人気を得たナタリー。『スター・ウォーズ』シリーズで恋人役を演じたヘイデン・クリステンセンとの熱愛も報じられた。

キーラ・ナイトレイと激似⁉

『パイレーツ・オブ・カリビアン』などに出演した女優、キーラ・ナイトレイと容姿が似ていると度々つぶやかれるナタリー。実はキーラは『スター・ウォーズ エピソード1/ファントムメナス』に、ナタリー演じるアミダラ女王の影武者役で出演している。しかもキャスティングの理由は「本当に似ているから」だった!

ハーバード大学に入学

写真:Everett Collection/アフロ

『スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス』が公開された1999年、名門ハーバード大に現役合格したことを報告。演技だけでなく語学でも優れていることを証明し、知的女優として名をはせた。

【20代】大学卒業・アカデミー賞

写真:Everett Collection/アフロ

学業を優先していた大学生時代は映画の出演が少なかったナタリー。2003年に無事大学を卒業したあとはまた演技の道へ戻り、これまでの“強く賢い美人”のイメージを覆すような役に挑戦し始めた。

22歳~23歳(2003年~2006年)ナタリーのファンであった俳優ガエル・ガルシア・ベルナルと交際

写真:Everett Collection/アフロ

恋多き女優として知られるナタリーが初めて真剣に交際した人物が、メキシコ人俳優のガエル・ガルシア・ベルナル。元々彼女のファンであったガエルからの猛アタックで交際に発展。オンオフを繰り返しながらも、関係は約3年ほど続いた。

22歳(2003年)大学を卒業

写真:Splash/AFLO

ハーバード大学での4年間が終わり、2003年に無事卒業! 女優業にまっしぐらかと思いきや、ヘブライ大学の大学院生となり中東問題の研究に参加。学問や政治に対する強い意思を見せた。

23歳(2004年)映画『クローサー』でゴールデングローブ賞に輝く

写真:Album/アフロ

ロンドンで出会った男女4人の恋愛模様を描いた映画『クローサー』で初めてストリッパー役を演じた。今までのイメージと異なった役柄で、見事ゴールデングローブ賞とアカデミー賞の両方で助演女優賞を受賞!

24歳(2005年)『Vフォー・ヴェンデッタ』での坊主姿に世界が驚愕!

写真:Photofest/アフロ

政府に対して強い反感を持つ男“V”と出会い人生が激変していく映画『Vフォー・ヴェンデッタ』で女の命とも言える髪の毛を剃って丸刈りに! ナタリーの女優魂には世界中から驚きと絶賛の声があがった。

26歳(2007年)5分間のヌードシーンが話題となった映画『ホテル・シュヴァリエ』が公開

写真:Splash/アフロ

1組のカップルのミステリアスな関係を描いた『ホテル・シュヴァリエ』。今までラブシーンやヌードを敬遠していたナタリーの初ヌードが話題に。共演者のジェイソン・シュワルツマンとの5分間に及ぶヌードシーンのなかにはお尻が丸だしのシーンも......。

27歳(2008年)『ブーリン家の姉妹』でスカーレット・ヨハンソンと共演

写真:Album/アフロ

同じく子役から活躍する女優スカーレット・ヨハンソンとの共演が話題となった『ブーリン家の姉妹』。ナタリーは後のエリザベス女王を生む姉のアン・ブーリンを演じ、この年のカンヌ国際映画祭で審査員を務めた。映画製作に興味をもっていることを示したナタリーが、映画製作会社「Handsomecharlie Film」を設立したのもこの年。

写真:Shutterstock/アフロ

ハリウッドでは珍しい貧乳と言われ、自分でも自虐ネタにして笑いを誘うナタリー。しかし、ほぼ同じ身長のスカーレットとのあまりのサイズの違いにはショックを受けたと告白。スカーレットに「発育不足ね」と言われてしまったナタリーだが、これをきっかけに2人は仲良くなったそう。

29歳(2010年)『ブラックスワン』でアカデミー賞主演女優賞を受賞!

写真:FameFlynet/アフロ

9キロ減量して挑んだ映画『ブラック・スワン』では、次第に精神が壊れていく完璧主義者なバレリーナ役を演じ、悲願のアカデミー賞主演女優賞を受賞! 3億ドル以上の興行収入を叩き出し、ナタリーにとって『スター・ウォーズ』以来のヒット作となった。

写真:Splash/アフロ

劇中の約80%のバレエシーンを自分で踊りきったナタリー。幼いころに習っていたバレエの経験を活かし、週6日間、1日5時間の過酷なトレーニングを1年間続け役に挑んだそう。別作品の撮影も重なり、ときには帰宅した午前5時から練習を開始することもあったのだとか......。

夫ベンジャミン・ミルピエと出会う

写真:Backgrid/アフロ

同年、『ブラック・スワン』を通じて出会った振付師のベンジャミン・ミルピエとの婚約と妊娠を発表。当時ベンジャミンには交際していたバレエダンサーがいたため、ナタリーが略奪したのでは......とのウワサも囁かれていた。

ディオール(Dior)のミューズに選ばれCM出演も

写真:Splash/アフロ

2010年から現在までディオール(Dior)のミューズとして広告塔を務めている。とくに2017年に公開された「MISS DIOR-The New Eau De Parfum」のCMでは、ナタリーの「And You? What would you do for love?(で、あなたは愛のために何をするの?)」というフレーズが話題に。

【30代】結婚・2児の子どもの母に

写真:Shutterstock/アフロ

『ブラック・スワン』でアカデミー賞に輝いたナタリーは、さらに役の幅を広げラブコメやアメコミ映画にも挑戦! 私生活では結婚や出産を経験。母となり、さらに活躍し続ける彼女の魅力は増すばかり。

30歳(2011年)『抱きたいカンケイ』で初のラブコメ映画に出演。

写真:Everett Collection/アフロ

週80時間働きづめの医者エマと、彼女のことが好きなアダムの身体の関係から始まる恋愛を描いた『抱きたいカンケイ』では主演と製作総指揮を務める。初のラブコメ映画は大ヒットとなり、新境地を開いた。

マーベル映画『マイティ・ソー』のヒロイン、ジェーン・フォスター役に抜擢

写真:Splash/アフロ

MCU(マーベル・シネマスティック・ユニバース)の人気キャラクター、ソーを主人公とした単独映画『マイティ・ソー』への出演が決まる。ナタリーが演じるのは、ソーと恋に落ちる天体物理学者のジェーン・フォスター。『スター・ウォーズ』以来のアメコミ作品への出演となった。

息子アレフを出産

写真:Backgrid/アフロ

ナタリ―・ポートマンは、2011年6月に長男アレフを出産。ヘブライ文字の最初の字を取り付けられたアレフという名前は「唯一神」という意味をもっているそう。私服姿もかわいい!

写真:Backgrid/アフロ

現在8歳のアレフ。成長した彼は、幼いころのナタリーにそっくりと言われることが多いよう! 確かに『レオン』時代のナタリーとふとしたときの表情が瓜二つ......! 将来は母の後を追って美少年俳優の道に進むかも?

31歳(2012年)結婚式をあげる

写真:Backgrid/アフロ

アレフ出産の翌年に結婚式をあげたベンジャミンとナタリー。式は60人ほどの親しい友人と家族のみで行われたそう。

写真:Backgrid/アフロ

ナタリーが選んだドレスは、アメリカのデザイナー姉妹が手掛けるブランド、ロダルテ(RODARTE)のもの。

32歳(2013年)『プラネタリウム』のプロモーションで来日。日本語も披露

主演映画『プラネタリウム』のプロモーションで2013年に来日。日本語が少し話せるというナタリーは記者会見で「こんばんは。初めまして。私の名前はナタリーです」と流暢に自己紹介。さらに「酉年です」と話し会場を沸かせた。

35歳(2016年)娘アマリアを出産

写真:Backgrid/アフロ

2017年2月、長女アマリアを出産。アマリアという名前はヘブライ語で「神の仕事」という意味だそう。長男アレフと揃ってヘブライ語から名前を取り、ユダヤ人であることに対しての誇りを表した。

36歳(2017年)『ジャッキー/ファーストレディ 最後の使命』でケネディ夫人を演じる

写真:Everett Collection/アフロ

『ジャッキー/ファーストレディ 最後の使命』では、アメリカで最も有名なファーストレディ、ジャクリーン・ケネディを演じアカデミー賞にノミネート。手に入る全ての本を読み、話し方やアクセント、声の出し方まで研究したそう。

37歳(2018年)Netfilxで『アナイアレイション-全滅領域-』が配信される

写真:Everett Collection/アフロ

未知の生物との戦いに挑む調査員を演じた『アナイアレイション-全滅領域-』で主演を務める。しかしこの映画はアメリカや中国などの一部の劇場でしか公開されず、日本を含む他の国では配給権を獲得したNetflixから配信される形となった。

『アベンジャーズ』に出演

写真:REX/アフロ

MCU(マーベル・シネマスティック・ユニバース)の人気作品『アベンジャーズ』の集大成となった『アベンジャーズ/エンドゲーム』にカメオ出演したナタリー。『マイティ・ソー/ダーク・ワールド』以降の出演はないと言われていただけに、レッドカーペットで彼女の姿が確認できたときは、パパラッチが総出で取り囲む事態になった。

38歳(2019年)『マイティ・ソー』の最新作にジェーン役での復帰が決まる

写真:REX/アフロ

アメリカ・サンディエゴで行われた「コミコン・インターナショナル2019」にて、『マイティ・ソー』シリーズの第4弾『ソー:ラブ・アンド・サンダー』への出演、シリーズ復帰をファンに報告。原作でも人気の高い“女性版ソー”を演じることが発表され、ファンを喜ばせた。

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW