LIFE STYLE

上品な人になりたい。日々の積み重ねで魅力的な人になろう

2019/10/21

品がある女性というのは、どの年代でも魅力的ですよね。上品な所作や言葉使いなどはすぐに身につくものではないため、日々意識して積み重ねていくことで近づくことができます。上品な人の特徴や男性の本音を見ていきましょう。

上品な人の特徴とは

男性からも女性からも憧れられるような女性には、共通点があります。それは『品がある』ということです。 外見だけではなく、知性や教養、マナーなども身につけているため、人から尊敬のまなざしを向けられるのです。そんな上品な人は、どのような特徴を持っているものなのでしょうか。

所作が落ち着いている

上品な人は、ドタンバタンと大きな音を立てるようなことはありません。一つ一つの所作が丁寧で、落ち着いています。

品というものは、ゆっくりと余裕のある動作から感じられるものです。どんなに急いでいても、ドタバタと走るのは、上品さからはほど遠いと言えます。

また、上品な人は立ち姿、歩き方も美しいものです。体の隅々まで神経が行き届いていているので、重心が片方に偏って立ったり、足を開いて座ったりすることはありません。

言葉使いがきれい

上品で美しい人が、「マジやばい」「ウケる」など、流行りの言葉を使うところを想像できるでしょうか。上品な人は、言葉使いがきれいなことが特徴です。常に正しい、美しい日本語を使うでしょう。もちろん汚い言葉は使いません。

また、話し方というのも重要なポイントです。上品な人は、その場の雰囲気に合わせたトーンで、丁寧に話すことができます。周りの迷惑になるほど大声で話すとか、手を叩きながら大きく口を開けて笑うことはありません。

清潔感のある見た目

上品な人は、いつも清潔感のある見た目をしています。シミや汚れのある洋服をそのまま着ていたりすることはありません。

ファッションも、露出のあるものや派手なものではなく、落ち着いたシックな色合いの、きれいなデザインの服を着ているでしょう。

また、全身くまなく気を使えるのが上品な人の特徴ですので、手・指・爪・歯まで、きちんと手入れがされています。ナチュラルなメイクで、つややかな髪の毛を保っているでしょう。

食べ方や文字が美しい

食べ方が美しいというのも、上品な人の特徴です。くちゃくちゃと音をたてたり、一度に多くの食べ物を口にほおばったりはしません。食べているときに肘をついたり、食べ物をこぼしたりすることも、上品とは言えないですよね。

字には性格が出ると言われますが、書く文字が美しいのも、上品な人の特徴と言えます。きれいな字を見ると、書いている人もきれいなのかなと思うものです。

オンラインでの連絡が主流の現代ですが、上品な人は、美しい字でお世話になった人にお礼状を書いたり、たまには友人に手紙をしたためたりすることもあるでしょう。

上品な女性への男性の本音

上品な女性は、同性からしたら憧れの対象でしょう。それでは、男性は上品な女性をどう思っているのでしょうか? 実は、上品であるということに否定的な意見も男性からは上がっているのです。

上品さがあることで、なかなか周りと打ち解けられないことがあり、上品な人は場の空気を乱すので苦手、という意見もあるのです。とは言え、上品な女性は基本的に、男女ともに好感を持たれるものでしょう。男性の本音を紹介します。

ほとんどの人が好きという意見

上品な女性のことは、ほとんどの男性が好意的に見ています。特に男性も社会人になり、結婚を意識する年齢になってくると、自分の両親に合わせても恥ずかしくない子がいい、と思います。

いくら美人でも品がないと、一緒にいる自分が恥ずかしい思いをすると思っているのです。 その点、一緒にいる自分の品格も上げてくれるような上品な女性は、どこに連れて行っても恥ずかしくないため、人気があります。

上品すぎると嫌われる・苦手意識を持たれる

上品な女性はほとんどの男性が好ましいと思っていますが、あまりにも上品過ぎると、男性から逆に苦手意識を持たれてしまうようです。

「ずっと敬語を使ってくるため、なかなか打ち解けられない」「1人だけ声を出して笑うことがないので、みんなで爆笑しているとき、場が変な空気になる」などの意見があります。

上品な女性は、上品過ぎるがゆえに打ち解けづらいところがあります。笑顔でのコミュニケーションを心がけると良さそうですね。

上品な人と思われるには

誰から見ても落ち着いていて美しい、上品な人と思われたいですよね。そのためにはどうしたらいいのでしょうか。

ファッションでは、露出を抑えつつセクシーさをほんの少し出すことなどで、上品さを演出することができます。女性らしい雰囲気をうまく見せることがポイントです。

また、日常で気をつけられることは、姿勢をよくすることや、マナーを身につけることです。大きな声で話さず、控えめなトーンで話しましょう。笑うときは、口元を手で隠す仕草が女性らしくて好感を持たれます。

姿勢をよくする

上品な人に共通していることは、姿勢が良いということです。背筋をピンと伸ばすことで、座っていても立っていても、美しい状態でいられます。 姿勢の良し悪しで、人から見られたときの印象が全然違うものになるので、意識して姿勢を正しましょう。

姿勢が良いと凛とした印象を与え、自信と気品に満ちたイメージになるでしょう。今この瞬間からできることなので、ぜひ実践してみてください。

露出を抑えたファッションを

セクシーな雰囲気は、胸の谷間や脚を出せばいいというものではありません。露出の多いファッションは、上品からはほど遠く、下手すると下品に見えてしまうものです。

上品な女性というのは、露出は控えめなのに、セクシーな印象があることが魅力です。それは、肌がどのくらい出ているかではなく、女性らしい雰囲気や仕草などからセクシーさが出ているからなのです。

上品な女性のファッションでは、露出があるとしても一部だけでしょう。例えば脚を出している場合には、肩・胸元は隠されているなどです。少しだけ肌を見せることで、上品なセクシーさを演出することができます。

大きな声に気をつけて

しゃべるときには大きな声を出さないように気をつけましょう。大声は、それだけで品がないように感じるものなので、上品な女性は大きな声を出しません。

笑うときも、口元を手で隠すようにするといいでしょう。大きな口を開けて笑うと下品に見られてしまいます。クスクスと女性らしい笑い方をすると、男性には好印象です。

マナーを身につける

上品な女性になるには、マナーを身につけるというのは重要なことです。特に、食事のときのテーブルマナーを知っておくのは必須でしょう。テーブルマナーが身についているかどうかを、男性は観察しているものです。

また、一般的なマナーを身につけることで、どんな場面でも上品な振る舞いができるようになります。それはあなたの自信となり、どこに行っても恥ずかしくない、堂々とした自分でいられるようになるでしょう。

まとめ

若いうちから、誰もが憧れる上品な女性を目指すことで、年を重ねるごとに洗練された雰囲気を身にまとえるようになります。所作や言葉使いなどはすぐに実現できることではないので、少しずつ、意識的に身につけていきましょう。

しかし、何事も行き過ぎると男性からは敬遠される可能性があるので、場面に応じて臨機応変に対応していくのがおすすめです。まずは真似しやすいファッションや姿勢などから、上品な女性に近づけていきましょう。

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

WHAT'S NEW