LIFE STYLE

好きな人がいないと不安…。好きな人の作り方や寂しさを埋める方法

2019/10/18

恋は毎日を充実させてくれる素晴らしいものですが、好きな人がいないと不安定になる場合は少し問題です。寂しさや退屈から逃れるためではなく、自分の人生を充実させることを目的にしましょう。好きな人ができない人の特徴と心理、対処法をまとめました。

好きな人がいないと寂しい・不安になる理由

「恋をしていないと寂しい」「なんだかたまらなく不安になる…」という、いわゆる恋愛体質の人はたくさんいます。恋愛に対する気持ちが強すぎるあまりに『常に恋をしていなければいけない』状態になってしまうのです。

人生には恋以外にものめり込めるものがたくさんあります。それでも、どうしても恋が第一優先になってしまうのは、一体どんな原因が隠されているのでしょうか。

生活の中心が恋愛だから

生活に必要な活力を恋愛から得ているという人は、常に好きな人がいる状態でないと無気力状態になってしまいます。

「素敵な恋をしているから、嫌なことがあっても我慢できる」「恋人のことを考えていると、仕事や勉強も頑張ろうと思える」、そう思えることはもちろん素敵なことです。

しかし、恋をしていなければ何をする気も起きず、いろいろなものを無価値に感じてしまうというのは問題です。恋愛に振り回されて、仕事もプライベートも影響を受けてしまうでしょう。

周りに流されている

周りの人から影響を受けて「常に好きな人がいる状態でなければいけない」と思い込んでいるケースもあります。

とくによく一緒にいる友人グループが、恋人が途切れることがなかったり、常に恋をしている状態だったりすると陥りやすい考えです。

「常に好きな人がいないと変に思われる」「みんなの恋バナに参加できなくなってしまう」といったように、自分自身の気持ちよりみんなと話を合わせられるかどうかを優先してしまいます。

自分に自信がないため

自分一人では自分に価値を見出せないという人も、好きな人がいないと不安になりやすいタイプといえます。誰かから好意を寄せられ、求められなければ自分に自信が持てないのです。

自己評価が低く「恋人のいる自分」でなければ、劣等感にさいなまれてしまうため、恋人に依存気味になる傾向もあります。

好きな人と結ばれた後も不安のあまり「私のことちゃんと好き?」「嫌わないで!」と迫ってしまうこともあるのです。

好きな人がいない女性の特徴

恋をしたいと思っているのに、好きな人ができなくて悩んでいる人もいるでしょう。恋愛は2人でするものである以上、まずは相手を見つけることが肝心です。

しかし、異性との出会いになかなか恵まれなかったり、出会いがあったとしても恋愛までには発展しなかったりと思うようにいかないこともありますよね。好きな人がいない女性によくみられる特徴をまとめました。

男性と接する機会がない

男性と接する機会がなかなかないため、必然的に好きな人ができないという女性は多いです。職場と家の往復で毎日を過ごしている、といった環境では、新しい出会いも見つけにくいでしょう。

また、いつも一緒にいる友人グループが同性ばかりだと、ますます出会いは遠ざかります。女性複数で集まっていると男性からの声もかかりにくく、同性同士で盛り上がっていると寂しさも紛らわせるため、恋をしにくい状態になるのです。

理想が高すぎ

理想が高すぎて、相手を見る目が厳しくなっている女性もいるでしょう。理想が高いということは、恋愛対象になる人の数が少なくなることに繋がります。

もし好きになれたとしても、欠点を見つけるとすぐに気持ちが冷めて長続きしないでしょう。 恋をしていない期間が長くなるほど、気が付かないうちに理想が高くなってしまう傾向もあります。

「次の恋は妥協したくない!」という気持ちも当然ありますが、好きになる人のイメージにだんだんと実感が伴わなくなってくることも原因です。 顔が良くて背が高くて高収入で…とたくさんの条件を付け、いつまでも見つからない理想の男性を探し続けることになります。

仕事や趣味が充実している

恋をしたいと思うものの、他に夢中になれるものを見つけてしまっている、という女性も多いでしょう。恋に全力を注ぎたいと思うほどには不満を感じておらず、充実した毎日を送っているということです。

仕事に全力を注いでいるため、なかなか出会いを探す暇がないという人や、休日は趣味に時間をかけており、積極的に出会いを探していないという人もいるでしょう。

恋愛は二の次という状態の時に出会いを探しても、ストレスになることがあります。自然と恋がしたくなる時が来るのを待っているのも一つの方法です。

好きな人がいないとつまらないと感じたら

恋愛に対する価値観は人それぞれですが、恋をすると今よりもぐっと毎日が楽しくなることは誰にとっても事実です。

好きな人がいない今の生活がつまらない、恋をして刺激を受けたいと思っている人は、さっそく行動に移しましょう。 今感じている退屈さや不満を解消するため、効果的な対処法を4つまとめました。

思い切って出会いの場へ

好きな人を探すなら、まずは積極的に出会いの場に出かけるのが一番です。合コンや人脈のある友人との集まりに顔を出したり、新しい趣味や習いごとにチャレンジしたりしても良いでしょう。

異性との出会いの数を増やせば増やすほど、好きになれる人が見つかる可能性が必然的に高まるため、行動あるのみです。

さらに、たくさんの人と出会うと、自分のタイプの見た目や性格、譲れない条件などが整理されていくメリットがあります。いわばサンプルを増やすことで、より現実的な恋ができるようになるのです

さまざまな人に興味を持つ

好きな人を作ろうと思うと、最初から恋愛対象になる人にばかり注目しがちですが、できるだけ幅広い人に対して興味を持つ方が良いでしょう。

出会いの場にいる異性に対しては、少しでもいいなと思ったらなるべく関わってみるのがおすすめです。初対面の時にはわからなかった相手の良さが見えてくることがあります。

ぜひ試して欲しいのが「この場にいる人の中で、誰となら付き合えるか」というイメージトレーニングです。合コンなどの出会いの場以外でも、たまたま利用したお店や電車内でも構いません。

初対面の人の良いところを見つけるトレーニングになると同時に、自分の中に無意識にある人の好みが見えてくるでしょう。

友人や家族との時間を増やして

無理に好きな人を探すことに違和感がある人や、恋をしたい理由が『寂しさ』にある場合は、友人や家族と過ごす時間を見直してみましょう。

恋愛対象でなくても、誰かと一緒にいることで寂しさはかなり解消されるはずです。 友人や家族と会う時間が最近少なくなっていたという人は、一緒に遊ぶ計画を立てたり、一家団欒する時間を定期的に確保したりしてみましょう。

恋愛から一旦離れて肩の力を抜くと、逆に思わぬ形で素敵な出会いが見つかることもあります。久しぶりに集まった友人の一人と恋に落ちたり、家族の人脈で良いご縁を紹介されたりすることもあるのです。

夢中になれることを探そう

毎日の生活を面白く過ごす方法は、恋愛だけではありません。仕事や趣味など、自分が夢中になれるものに全力を注ぐのも良いでしょう。好きな人がいない寂しさを感じる暇もなくなります。

また、恋愛以外に打ち込むことで自分磨きができるという側面もあるでしょう。より魅力的になることで、思わぬタイミングで良い出会いが見つかることもあるのです。

まとめ

好きな人を見つけて恋愛を楽しむのは良いことですが、寂しさや不安を解消するために相手を探してもなかなかうまくいかないものです。 好きな人を探すときには、新しい場所や人との関わりそのものを楽しみましょう。

時には恋愛をお休みして、自分一人の時間や周りの大切な人との時間を大切にするのも有効です。自分に合った方法で恋愛に向き合えるといいですね。

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW