LIFE STYLE

つまらない人間・人生とは。毎日を楽しく過ごすためにするべきこと

2019/10/18

自分の人間性や人生を『つまらない』と感じ悩んでいる人は多いのではないでしょうか。周囲の人に好かれる面白い人間になったり、刺激的な人生を送ったりするためには自ら行動する必要があります。具体的な行動を知り、充実した毎日を送りましょう。

つまらない人間と思われる人の特徴

「つまらない人だね」と言われてショックを受けたことはあるでしょうか。悪気はないのに相手を不快にさせたり退屈させてしまったりして、円滑な人間関係を上手く作れず、悩む人も多いでしょう。

どんな思考や言動が、他人に「つまらない人間」だと思われる原因なのか、代表的なものを3つ紹介します。今まさに悩んでいる人は、自分に当てはまっているものがないか自己分析してみてはいかがでしょうか?

ネガティブ思考

暗い話題ばかり口にしていては、その場の雰囲気を悪くしてしまいます。一緒にいる方までどんよりとした気分になり、居心地の悪さを感じるでしょう。当然会話も弾まず、話してもつまらない人だと認識されます。

「どうせうまくいかない」「こんなことしたくない」などの否定的な言葉や、愚痴・悪口はネガティブ思考を持つ人の口癖です。会話している人には嫌がられている可能性が高いでしょう。

話すのが下手・話題がない

会話のスキルが低く、話を盛り上げることができない人は「つまらない人間」だと思われがちです。一つの話題に対して掘り下げたり、話を広げたりできないため、会話のラリーが続きません。

会話が弾まず、気まずい空気が流れることも多いでしょう。 自分から新しく発信できるような話題がないことも、話をつまらなくさせる原因です。

とくに趣味もなく、真新しい出来事もなければ、話の内容はいつも同じようなものになってしまいます。会話する相手を退屈させてしまう原因です。

完璧主義者でスキがない

人は、完璧な人よりも少しくらい欠点がある人の方に親しみを感じるものです。自分の失敗を笑い飛ばし、ユーモアを交えて話のネタにするくらいの方が好感を持たれます。

完璧主義者の人は、失敗するまいと気を張りつめ、実際に抜けがなく何でも完璧にこなしてしまいます。話題にできるようなスキがなく「話しにくい人」「人間味がなくてつまらない人」だと思われることがあるのです。

つまらない人生と感じる理由

人から指摘されたわけではなく、自分自身を客観的に見つめた時に「つまらない人生を送っているな」と感じたことはあるでしょうか。 人生の捉え方は人によってさまざまですが、人生をつまらないと感じている人は、漠然とした不満を抱えていることが多いのです。原因となりうるものを三つ紹介します。

人生に目標がない

夢や目標があると人生に張り合いが出るものです。努力をすることも毎日の暮らしも、目標に近づいていると感じられれば喜びを感じられるでしょう。

逆に目標がない人生は、達成感が感じられません。やりたいことが見つからず、何のために人生を歩んでいるかわからない…そんな考えに陥ってしまうのです。

一生をかけるような大きな目標でなくとも、趣味や仕事、プライベートなどさまざまな形で小さな目標をたくさん持っている方が、人生を楽しく感じられるでしょう。

毎日が単調で刺激がない

「毎日毎日同じことの繰り返し」「新しいことも起こらないし、平凡な人生」そう感じることはないでしょうか。

とくに社会人になると、朝起きてから夜寝るまでのサイクルができあがってしまいます。変わり映えしない毎日につまらないと感じてしまうことがあるのです。

仕事への取り組み方を変えたり、仕事終わりや休日に会う友人を変えてみたりと、日常の中に小さくても変化を取り入れようと工夫している人は、充実した毎日を過ごせているでしょう。

将来に不安を感じる

人生をつまらなく感じる理由は、現在のものだけとは限りません。将来の見通しが暗いと、自分の人生を悲観しがちです。

「きっとこのままつまらない人生で終わるんだ」「これからどうしたらいいのかわからない」と不安ばかりが募るでしょう。

さらに、未来のことを悲観することは、今の人生を十分に楽しめない原因にもなります。何十年先の老後のことなど心配することは時には必要かもしれませんが、過度に悩むのは今の自分のためにもよくありません。

つまらない人間・人生になったと思ったら

「つまらない人間だと思われている」「つまらない人生を送っている」そう感じたら、自分から変化を起こしましょう。ただ何もせず待っているばかりでは『つまらない時間』がただ長くなるばかりです。

変化といっても、心がけるべき行動は難しいものではありません。つまらない人間・人生を変えるために、今日から始められる行動を4つ紹介します。

笑顔を意識する

内面をすぐに変えることは難しいものです。まずは見た目から変えていきましょう。つまらない人間と言われる人は、あまり笑わない傾向があります。

自分への自信のなさや、人生を退屈に感じている気持ちが顔に表れているのです。 人と関わっているときには、笑顔を浮かべるようにしてみましょう。

無表情や仏頂面の人よりも、周囲の人から「面白そうな人だ」「いい人そうだ」と思われる可能性は格段に上がります。

他人に興味を持つ

次に、他人に対して積極的に関わり、興味を持つようにしましょう。人に興味を持つことで、もっと相手のことを知りたいという思いが生まれ、会話のネタがどんどんと増えていきます。相手の情報を知っていればいるほど、話題が豊富になるのです。

さらに、人とのコミュニケーションが好きで活発な人と関わると、自然と自分も感化されていきます。自分の中で、好感を持たれやすい性格やユーモアセンスを育てていくことができるでしょう。

環境を変える

人を大きく変化させるのは環境です。身を置く環境を変化させることで、自分自身の人格や人生も大きく影響を受けることができます。

例えば、今の仕事に満足していないのであれば、異動や転職を検討してみると良いかもしれません。新しい仕事や資格の勉強、今までとは違う人間関係からたくさんの刺激が得られます。

ずっと同じ土地に住んでいる人は、思い切って引っ越すと毎日の生活が一変します。景色がガラリと変わり新鮮な日々を過ごせるようになるでしょう。

急に大きな環境の変化を起こすのは難しい、という人は、趣味や習い事の集まりに参加したり、旅行に出かけたりしてはいかがでしょうか。短時間の環境の変化でも、効果はてきめんです。

自分を好きになる

最も大切なことは、自分のことを好きになることです。自分をつまらない人間だと卑下したり、自分の人生をつまらないものだと言い捨てたりしてしまっては、どんどん自分に自信がなくなっていきます。

自分を傷つけることが、一番自分を『つまらない』ものにしているのです。「自分は新しい挑戦ができる」「人生を面白くする力がある」と信じて、前向きな思考に切り替えてみましょう。

自分への自信がエネルギーになり、自分自身の人格や人生を楽しいものにするための行動を起こさせるのです。

まとめ

今の自分や人生をつまらないと感じるのは、現状に不満があるからでしょう。自分の性格を変えたい、人生をもっと刺激的で素敵なものにしたいと考えているのです。

変化を起こすためには、自分で行動を起こす必要があります。つまらない自分のままで、つまらない人生を送り続けるか、より魅力的な人物になりワクワクするような人生を目指すかは、本人次第です。あなたはどちらを選びますか?

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

WHAT'S NEW