BEAUTY

【オルチャンメイク】愛されリップになる塗り方・おすすめの色を徹底解説!

2019/11/12

おしゃれ女子から注目を集めている、愛されフェイスの代名詞「オルチャンメイク」。オルチャンメイクを成功させるには【リップメイク】がかなり重要なことを知っていますか? 今回は愛され「オルチャンリップ」になる【塗り方】からおすすめのリップカラーまでMINEが徹底解説していきます! ピュアなあどけなさと凛とした大人っぽさの両方をもつ、まさにいいとこ取りな「オルチャンメイク」をマスターして♪

韓国風美人になれる〈オルチャンメイク〉

韓国語で「美少女」という意味を指す造語であるオルチャン。透明感のある白い肌やナチュラルで印象的な瞳、幼さの残る平行眉は「かわいくなりたい!」と願う女子たちの願望が詰まった美人フェイスそのもの。そんなオルチャンメイクは、ポイントさえ押さえれば誰でも簡単にできちゃうんです!

目を惹く『リップメイク』が特徴的

オルチャンメイクのなかでも、とくに目を惹く発色のよい『リップメイク』。ナチュラルな仕上がりをベースとするオルチャンメイクですが、唇は赤やピンクなどのレディなカラーで彩るのが主流。しっかり『リップメイク』が苦手な人も、これを機にぜひチャレンジしてみて。

〈オルチャンメイク〉リップの塗り方

オルチャンらしいリップメイクは【グラデーションリップ】と呼ばれる仕上がりで、唇の中心から外側にかけて徐々に薄く色をのせていくのが一般的なやり方。そんな特徴的なリップですが、用意するアイテムは

●コンシーラー
●口紅
●グロス

の3点できれいにつくることができるんです! 普段とは少し違う使い方をするところもあるので、オルチャンメイク初心者さんも要チェック。

【1】コンシーラーでもともとの唇の色を消す

まずは最初のプロセスであり、最後の仕上がりに大きく関わってくるオルチャンリップのベースづくり。コンシーラーでもともとの唇の色を消すことで、あとからのせるカラーの発色をより際立たせることが可能に。

▼使いやすいコンシーラー

ベアミネラル(bareMinerals)

ベアプロ フル カバレッジ コンシーラー(F/L ニュートラル 03)

カバー力と持続力に優れたコンシーラー。ソフトなテクスチャーで肌にフィットし、つけていることさえ忘れる軽い仕上がりが魅力。リップスティックに似ている形状なのも、唇に使いやすいポイントのひとつ。

【2】リップを唇の中心にのせる

つづいて、今回のメインとなる口紅を唇の“中央にのみ”ON。ポンポンと軽くのせながら調節していくと、好きな色味に仕上げることができるので◎。オルチャンぽさを引き立てるなら女性らしい発色が目を惹く赤やピンク系のカラーがおすすめ。

【3】中央から外側に向かって指でなじませる

(上:指でなじませた状態/下:全体にのせた状態)
中央にのせた口紅を指でやさしく外側へなじませていくと、美しいグラデーションが完成。色味が足りずにグラデーションがうまくいかないときは、もう一度唇の中心に"丁寧に”色を重ねていくと、仕上がりがきれいになるのでトライしてみて。

【4】最後にグロスでツヤ感をプラス

口紅でグラデーションをつくって出来上がり! と思いきや、最後にオルチャンらしい女性らしさを際立たせるグロスをONすることを忘れずに。ぷるんとうるおったリップだからこそ、愛らしいオルチャンメイクは魅力が倍増。唇にのせすぎず、ティッシュで軽くオフするなど調節するとよいかも。

オルチャンリップに欠かせない【3色】

基本となるリップメイクのプロセスも大事だけど、仕上がりの雰囲気がガラリと変わる「色選び」も、とても重要。ここではオルチャン顔にさらに近づくための欠かせない3色をご紹介。それぞれの色がもつ雰囲気を知って、アナタらしいオルチャンメイクのバリエーションを増やしてみて。

赤リップ

オルチャンリップ=「赤リップ」というイメージがある人も多いのでは? あどけない少女らしさから、キリッとした大人ムードまで幅広く演出してくれる万能カラーなので、オルチャンメイクを極めるなら必ず1本は持っておきたいところ。

ピンクリップ

どんなメイクもかわいらしく甘めに仕上げる「ピンクリップ」はオルチャンメイクでも大活躍。赤リップに比べると肌になじみやすい色味も多いので、初心者さんはピンク系カラーから揃えてみるのもよいかも。

オレンジリップ

意外だと思われる「オレンジリップ」。かわいらしい雰囲気が苦手な人や甘めムードはちょっと……。という大人なオルチャンたちにとっては定番のカラー。魅力的な女性らしいクールでヘルシーな仕上がりにしたいときは、ぜひ選びたい1色。

愛されリップが叶う《おすすめコスメ5選》

オルチャンリップのやり方や選ぶべきカラーなど、憧れのオルチャンフェイスに近づくためにはリップメイクがかなり大事なことがわかってきましたね。そこで、ここからはオルチャンリップをより手に入れやすいおすすめコスメを厳選してお届け。プチプラアイテムも一緒にご紹介しているので、要チェック!

女性らしさを感じる唇元を演出する口紅

全体的にナチュラルな仕上がりのオルチャンメイクだけど、鮮やかなカラーを選びたい口紅は発色にこだわるのがポイント。何度も重ね付けを繰り返して色を目立たせてしまうと、派手になりすぎてしまったり、衣類を汚してしまう原因に。ひと塗りではっきりと色味を感じられるアイテムを探すのが鍵。

▼発色がおすすめな口紅

マック(M・A・C)

パウダー キス リップスティック(サルトリー ムーブ)

心地よいパウダリーテクスチャーが、ひと塗りでかすみがかったようなマットリップを実現。M・A・Cらしいロマンチックで魅惑的な唇に仕上げてくれるリップスティック。軽いつけ心地なのも魅力のひとつ。

▼プチプラで発色を手に入れるのも◎

保湿成分が配合された唇うるおうクレヨン型リップ。リップクリームと口紅が合体し、ひと塗りで鮮やかな発色と、長い色もちが実現。特徴的な形だからこそ、ふちなど細かいところまできれいに色をのせることが可能。

しっかり発色のリップティント

韓国発祥のコスメで、口紅やグロスとは異なるアイテムであるリップティント。「ほのかな色」や「染め上げる」などの意味があるティント(tint)は、唇の水分量によって発色の度合いが変わったり、色落ちしにくいというメリットがあります。

▼オルチャンらしい韓国リップコスメ

エチュードハウス( ETUDE HOUSE)

ソフトドリンクティント(RD301 ストローピックレッド)

見た目のかわいさはもちろん、発色も抜群によいリップティント。ライトなつけ心地でみずみずしいジェルテクスチャーが唇にピタッとフィット。甘くさわやかな香りで、メイクの仕上がりだけでなく気分もUP!

▼プチプラでもリップティントをGET

キャンメイク(CANMAKE)

リップティントマット(02 レッド)

プチプラの代表格「CANMAKE」の高発色リップティント。見たままの発色を実現してくれるマットリップなのに、ベタつきなどがなく鮮やかに唇を彩ってくれる優れもの。たっぷり塗ってしっかりマットにしても、少量でソフトマットにしてもOK。塗布量を調節して自分好みに仕上げて。

リップグロス

オルチャンメイクに欠かせないリップコスメ。最後はグロスで唇にうるおいを与えることを忘れずに。仕上げのひと手間でメイク全体の見え方が変わるので、グロス選びもかなりこだわりたいところ。レディな唇をつくることで、憧れのオルチャンフェイスに近づいて。

▼トリートメントも兼ね備えているおすすめグロス

クラランス(CLARINS)

コンフォートリップオイル(05 タンジェリン)

見た目のツヤ感だけでなく、唇自体もしっかり保湿してくれる魅力的なオイルリップグロス。美容液のようにリッチなうるおいで、トリートメントしながらほんのり色づく唇を叶える優秀アイテム。

いいとこ取り『大人顔×オルチャンリップ』を合わせるコツ

愛らしさを漂わせるオルチャンメイク。赤やピンクで華を添えるのが主流だけど、クールな大人顔さんにとってはアンバランスに見えてしまう可能性も……。ところが、大人なムードとオルチャンメイクの相性がよいのを知っていましたか? リップメイクをほんのちょっと加減して大人オルチャンメイクを実現させましょう!

大人顔オルチャン×くすみピンクリップ

発色を重視してきたオルチャンリップだけど、大人顔さんのパーツになじませるときはあえて色味を控えめに。おしゃれ女子のあいだで人気のくすみピンクなどを「普段より少しだけ重ねる」程度に唇にON。どうしても目を惹いてしまう赤リップはいったんお休みするのもよいでしょう。

大人顔オルチャン×オレンジリップ

意外性のあるハンサムなオルチャンメイクも、落ち着いた大人顔さんだからこそできる大きなメリット。ナチュラルだけど女性らしさを感じる唇に仕上げるなら、オレンジやコーラルピンクなど肌なじみのよいカラーを選ぶと◎。

大人顔オルチャン×青みピンクリップ

控えめ発色とはいえ、やっぱりオルチャンらしいかわいらしさは残したい! という大人顔さんは、一度塗りではっきりとカラーがのる青みピンクのリップがおすすめ。重ね塗りをしてしまうとキツく見えてしまうので、ティッシュオフで調節しながら好みの色味に仕上げるのもよし。

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW