LIFE STYLE

もしかして嫌われてる?嫌われてるか周りの態度で見極めよう

2019/10/04

人は誰しも嫌われてるよりは好かれたいものです。不意に「嫌われてるのでは?」と心配になることもあるでしょう。今回は、嫌われてる男女の特徴を解説します。嫌われてるかどうかの診断基準や嫌われてるときの対処法も参考にしてください。

嫌われてる男性の特徴

男性は一般的に人に嫌われてるかどうか、女性に比べれば無頓着に見えます。しかし、心の中で気にする男性も少なくありません。

人には好みがあるため、どんな人でもある人には好かれ、また別の人には嫌われてるものです。ただし、嫌われやすい特徴のある男性も存在します。嫌われてる男性に見られる特徴を紹介します。

プライドが高い

一般的に、嫌われてる男性は上から目線の人が多い印象がありませんか?プライドが高く、人を見下すことでプライドを保とうとする男性は嫌われるでしょう。

プライドが高い男性でも、本来は優しくあたたかい心の持ち主の人もいるものです。ただし、周囲の人への意見やアドバイスが押し付けがましく、見下した言い方になりがちなため、人に煙たがられ、モラハラと取られることもあります。

本人は自分の態度に気づいていなかったり、周囲が理解して当然と考えたりしがちです。そのため、人の意見が受け入れられず同じ失敗を繰り返し、だんだんと人が離れていくでしょう。

清潔感がない

多くの女性が男性の身だしなみを気にするものです。さらに、最近、美容男子の芸能人がもてはやされ、男性が身なりや清潔感に気を使うのは常識の一つと考えられています。

そのため、清潔感のない男性は、異性だけでなく同性からも嫌われやすいです。食事作法や持ち物の汚れなども清潔感の判断基準といえます。 どんなにおしゃれをしていても、マナーが悪かったり、体臭・口臭やフケ、汚い爪などが印象に残ったりすると、清潔感がないと嫌われるかもしれません。

体調や持病のせいである場合もありますが、治療やできる限りのケアをしましょう。いかに気をつかっているかどうかが見た目の清潔感に影響します。

言い訳や嘘が多い

周囲に嫌われてる男性のなかに、歴代の元カノにも嫌われてる男性っていますよね。こうした男性は、言い訳や嘘が多い傾向です。

「自分をよく見せたい」「がっかりさせたくない」などの気持ちは誰もが持っています。しかし、このタイプは、話し合いや説得が苦手な男性が多く、言い訳や嘘でその場を乗り切ろうするので、信用できない人物とみなされがちです。

仕事や恋愛、友人関係など人間関係でトラブルを起こしたり、自分も人が信じられなくなったりしかねません。些細なことや、関係が浅い人とでも『誠実さ』を心がけたいものです。

嫌われてる女性の特徴

女性は男性に比べてコミュニケーションが得意とされています。円滑な人間関係を望むあまり、人に嫌われてるかを過度に気にする女性もめずらしくありません。

多くの女性にとっては、自分が人に嫌われてるか好かれているかは重要な関心事項といえます。嫌われやすい、もしくは嫌われてる女性の特徴を順に見ていきましょう。

自己中心的な性格

一般的に人あたりが良く、円満な人間関係を作ることのできる人は、場の空気や人に合わせるのが上手です。そのため、協調性がなく自己中心的な言動が目立つ女性は、周囲から浮いてしまい、嫌われてることが多いでしょう。

自分の話を一方的にしたり、自分の都合がいいことにしか興味がなかったりする女性は自己中心的とみなされます。承認欲求や被害妄想が強かったりして、扱いにくく絡みづらいタイプです。

こうしたタイプは、他者への思いやりや空気、または先を読む力に欠けていることが多いでしょう。男性と比較すると他人への配慮や想像力が優れているとされる女性に、自己中心的な特徴がみられると、男性より強く印象に残ってしまいます。

異性の前で態度が変わる

嫌われてる女性に多いのが、異性と同性の前では別人格になるタイプです。こうした態度を使い分ける女性は、異性の前では清楚な女性を演じていても、本来がさつで意地悪な人物であることが多いでしょう。

計算高さや同性にどう思われるかを気にしない羞恥心のなさから、女性に避けられがちです。異性だけでなく、上司や先輩といった自分より立場の強い人に対して媚びたり、後輩や気弱な同僚には横柄に接したりするタイプでもあります。

ただし、良く見せたい相手にも本来の姿が伝わることもあるでしょう。優しくしてくれる異性や上司からも実際には信用されていないことが多いです。

愚痴や悪口が多い

息を吐くように不平不満を口にする女性っていますよね。周囲の人からすると、どんな話題からも、愚痴や悪口につながるので会話すら苦になりがちです。

人によっては強引に同意を求めたり、他の人が言い出したことにしたりします。 本人はストレス解消や、誰かと秘密を共有したいだけかもしれません。しかし、周囲の人を不快にしていたり、距離を置かれたりすることが多いでしょう。

当然ともいえますが、本人は愚痴や悪口が好きなので、周囲の嫌悪感に気が付きません。そうした想像力の無さも嫌われる要因といえます。

周りに嫌われてるか診断してみよう

嫌われてる人の特徴を見ていくと、多くの人が自分に当てはまる部分を見つける可能性があります。しかし、嫌われてる人の特徴に当てはまっても実際に嫌われてるとは限りません。

嫌われてるかどうかは、周囲の人の態度を基準にして診断しましょう。診断基準となる嫌われてる人が取られがちな態度を紹介します。複数当てはまる場合には、残念ながら嫌われてる可能性があるかもしれません。

態度がそっけない

話しかけたり挨拶をしたりしても、相手の反応が悪いと、「嫌われてるのでは」と心配になることがあります。確かに今まで反応が良かった人が、急にそっけない態度をとったり笑顔を見せなくなったりしたときは、嫌われてる可能性が高いです。

しかし、初対面からそっけなかったり、思い当たる節がないのにそっけない態度をとるようになった人はどうでしょうか。相手が問題を抱えているかもしれません。

また、体調やメンタルの調子によっては、普段は気にしないことでもそっけなく感じることもあるものです。日を改めて様子を見たり、他の人にはどのような態度かを観察したりして嫌われてるか慎重に診断するようにしましょう。

嫌味を言われる

冗談や軽い突っ込みのつもりで、嫌味や皮肉を口にする人っていますよね。笑える程度だったり、場の空気が許される雰囲気だったりする場合は問題ありません。

しかし、いつも否定してくる人や、何を言っても嫌味っぽい返しが来る相手からは嫌われてるかもしれません。

会話を続けたくない意思表示やあらさがしであることも多く、好き嫌い以前に攻撃的だと感じる態度です。傷つく前にそっと離れ、距離を置いた方がいい相手といえるでしょう。

物理的にも距離がある

人は目には見えない縄張りを持っています。縄張りはパーソナルスペースともよばれ、他人に踏み込まれると不快に感じる自分の周囲の空間のことです。

パーソナルスペースは、一般的に親しい間柄の人に対しては狭く、そうでない人に対しては広いと言われています。物理的に距離をとる人や、近寄ると後ずさる人は、あなたに苦手意識があるのかもしれません。

ただし、パーソナルスペースの広さには個人差があり、前方が広い人、もしくは横に広い人など形も人によって異なります。常に距離をとられていると感じても、相手からするとその距離が普通である場合もあるようです。

会話中に背を向けてきたり、その場を離れたりすることがない限りは「嫌われてる」と決めつけないようにしましょう。

プライベートな話をしない

誰でも自分が興味のある相手とは、共通点を探したり、相手にも自分に興味を持って欲しくて自分の話をしたりするものです。

そのため、一切プライベートな話をしない、SNSや飲み会などでもつながりを持とうとしない相手には嫌われてる可能性があります。

ただし、人はそれぞれプライバシーに関して独自のラインがあるものです。仕事の仲間やちょっとした知り合いとの会食や、プライベートでの関わりを楽しめる人もいれば、そうでない人もいます。

しかし、他の人とはプライベートやSNSでもつながっているのに、自分とだけは関わろうとしない相手には嫌われてる可能性があります。強引に迫っていくと引かれて、より一層嫌われかねないので、他の診断材料も含めてよく観察しましょう。

嫌われてると感じたときの対処法

嫌われてる診断基準の多くに心当たりがあった場合、落ち込んでしまいますよね。ただし、状況を良くするために、自分の普段の行動を振り返ることが大切です。

人に嫌われてると感じたときに、気持ちが軽くなったり、周囲から見直されたりする対処法を紹介します。

明るく笑顔でいることを心がける

「嫌われてるかも」と感じたときほど、好かれる人の言動を心がけることが大切です。人に好かれる人は、明るく笑顔が印象的なものです。「嫌われてるかも」と不安なときほど、不満げな暗い表情は封印して笑顔を心がけましょう。

また、笑顔を心がけていると気持ちまで明るくなり、自然と前向きで優しく振舞えるようになります。こうした態度や笑顔に惹かれる人が現れるものです。

謙虚さと素直さが大事

「人に嫌われてるかも」と感じると、「なんで自分ばっかり」といった気持ちになりますよね。周りのせいにしたり、自分の非が認められなかったりするのも当然のことです。

しかし、そのままの気持ちを引きずると、ますます自己中心的で頑固な態度を取ってしまいます。 受け止めたくない現実に立たされたときほど、素直に自分を振り返り、謙虚に欠点を直そうとする態度が大事です。

謙虚さと素直さが認められれば、自分を変えようと努力する人を嫌ったり態度に出したりする人は減るでしょう。

どんな人にも平等に

嫌われる人の特徴はさまざまですが、目につきやすいものといえば、人によって態度を変える点かもしれません。

人に嫌われてると感じたら、まず、どのような人にも平等な態度をとるように心がけましょう。 損得勘定や好みで、人への態度を変えるのが目立つのであれば、平等な態度を心がける姿勢も認められやすいといえます。

周囲の人全員に公平で敬意のある態度を心がけたり、必要以上に自分を取りつくろうのを控えたりすることで、徐々に信頼や好意を獲得できるでしょう。

まとめ

人に嫌われてると感じるのは、とても孤独で悲しいものです。しかし、自分を省みたり、周囲に好かれるような性格に改善できたりするきっかけになるかもしれません。

「嫌われてるのではないか」という心配は、誰しもが味わったことがあると言えるでしょう。自分を成長させる素晴らしい機会と捉えて、人に好かれる人、一緒にいて心地いい人を目指したいですね。

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

WHAT'S NEW