BEAUTY

【ショート・ショートボブ必見】短くてもできる!巻き方とヘアアレンジ紹介

2019/11/12

おしゃれさとラクさが魅力のショート&ショートボブヘア。そのままでももちろん素敵ですが、巻き方やヘアアレンジで印象をチェンジできたり、ワンランク上のおしゃれが叶うんです。そして、シャンプーやブローの時短になる、髪のダメージが気になりにくいなど、いいところが盛りだくさん! そんな魅力満載のショート&ショートボブの巻き方と、初心者でも簡単にできるヘアアレンジをご紹介します。

『アイロン』『コテ』で巻いて印象チェンジ

巻き髪をつくる2大アイテムといえば、アイロンとコテ。アイロンでストレートに、コテでカールをつければおしゃれ度が急上昇。短い髪でもできる巻き方をご紹介します。

「ストレートアイロン」を使った巻き方

アイロンの使い方はシンプル。 プレートに髪をはさみ、毛先へ向かってすべらせるだけ。ストレートヘアだけではなく、内向きのカールと外ハネもつくれます。

▼内巻きワンカール

初心者さんがまずマスターしたいのは、内巻きワンカール。複雑なやり方が多い巻き髪スタイルのなかでも、一番わかりやすい巻き方です。アイロンを横に持ち、根元の髪をはさんで毛先までアイロンをスライドさせ、内向きにアイロンを1~1.5回転させます。1~2秒経ったらアイロンをはずして完成です。丸みのあるシルエットが清楚なイメージで、小顔効果アップも期待できます。

▼外ハネ

巻き髪の定番は内巻きですが、毛先を外ハネにするだけで旬顔に。アイロンを横に持ち、毛先の少し上の髪をはさんでから、毛先に向かって外側へアイロンをスライドさせます。髪全体を巻くのが難しいショートヘアさんでも、顔まわりの毛先を外ハネにするだけで髪に動きが出ます。

「コテ」を使った巻き方

「ショートヘアは、巻き髪をつくるのが大変」と思っている方も多いのではないでしょうか? そんなことはありません! 顔まわりの髪さえ巻けば、全体的に巻かなくても華やかになります。ショートヘアにぴったりな2種類の巻き方をマスターして、普段のヘアセットを格上げしてみて。

▼S字ウェーブ

“S”の形になるようにカールをつけると、顔まわりがパッと華やかに。前髪とサイドの髪を根元から立ち上げるように巻いてボリュームを出して。カールをつけたい部分を上と下に分け、S字になるように内巻きと外巻きのカールをつけます。毛束の上半分はコテで内巻きに、毛先側は外巻きにして、下半分のカールをつけましょう。ショートヘアの場合、カールの直径が26mm以下のものが最適。適度なふんわり感が魅力の細かいカールができます。

▼波ウェーブ

波巻きとも呼ばれる波ウェーブとは、髪の毛先にかけて外巻きと内巻きを交互に繰り返す巻き方です。波のような大きなカールでメリハリの効いた仕上がりに。まずは毛先を外巻きにして、巻いた部分より上へコテをスライドさせて内巻きをつくります。さらに上の部分に外巻きをつくって、毛先へ向かって外巻きと内巻きが繰り返すようにカールをつけます。巻いた毛束をほぐせば、軽やかなゆるふわウェーブの完成。

【ヘアアレンジ】ピン・ヘアアクセで簡単アレンジ

これからご紹介するヘアアレンジは、ピンで留めるだけ、ヘアアクセをひとつ足すだけ! 時間をかけずにセルフでできる、おしゃれなアレンジをご紹介します。

前髪をアレンジ

前髪をアップにするだけでいつもと違う表情に。清潔感があって美人度がアップできますよ。 前髪を伸ばしている途中の方にもおすすめ。前髪アレンジでおしゃれ顔に変身しちゃいましょう。

▼飾りゴムで前髪おだんご

前髪をおだんごにまとめてゴムで結ぶだけの簡単アレンジ。おだんごはきっちり結びすぎず、ふんわりと崩すのがポイント。飾りゴムを使えば、結び目を隠さなくてもこなれヘアが完成です。伸ばしかけの前髪が邪魔になってきたときにもぴったりのヘアアレンジ。

▼ねじり前髪

いつも前髪をつくっている方は、たまには前髪をアップにしてみては? 清潔感あふれる前髪なしのヘアアレンジ。前髪をセンターで分け、前髪とサイドの髪をとり、ねじってピンで留めます。ねじった毛束に対してピンを平行に留めればピンが隠せます。

ピンで留めるだけ!簡単アレンジ

ピンをまとめ髪の脇役として、隠して留めるだけはもったいない! 最近はデザイン性の高いピンを見せる留め方がトレンドです。前髪やサイドの髪を留めて、ピンをヘアアレンジの主役に格上げしてみて。

▼前髪をピンで留める

前髪をサイドに流し、ピンをランダムに留めます。ピンの向きは平行にせずに変化をつけて。金ピンを使って留めるだけでこなれた仕上がりに。伸ばしかけで邪魔な前髪もすっきり。

▼サイドをピンで留める

おくれ毛を少し残して、サイドの髪をピンで留めたアレンジ。軽くねじった毛束を留めればぺたんこにならずにGOOD。ピンで留めたら、トップがふんわりするように髪を引き出して調整して。

アクセサリーを使ったアレンジ

髪を結んだり留めたりしたくない。でもアレンジはしたい! そんな日には、つけるだけ、被るだけのアレンジはいかがですか? ヘアバンドやターバンを巻いたり、帽子を被るだけでおしゃれ上級者見えが確実です。

▼ヘアバンド

ヘアバンドをつけるだけで即こなれ顔に。前髪とおくれ毛はまとめずにおろして。軽く巻いて毛束に動きをつけておくのがおしゃれ度アップの鍵。リラックス感とおしゃれさを両立させて。

▼ターバン

ターバンを使ったヘアアレンジは、時間がない日でも余裕! 髪を結ばすにアレンジできるので、ベリーショートの長さでもOK。前髪ありのショートヘアの場合は、ターバンに前髪を入れこまないのがポイント。眉上の短め前髪とも相性抜群。

▼帽子

ゴムとピンを使わない、ベレー帽をオンするだけの簡単アレンジ。帽子からチラッと見える髪のバランスが絶妙。ベレー帽は前からかぶり、おでこに沿わせながら後ろまでかぶります。前側にはボリュームを出さず、左右どちらかへ帽子を寄せてできあがり。帽子でつぶれないように前髪をふんわりとさせて。

【イベント・お呼ばれ】にも簡単セルフヘアアレンジ

特別な日のスペシャルアレンジは、ボリューム感を意識して。巻き髪にひと手間加えると、顔まわりがいっそう華やぎます。「髪が短いからアレンジはできないのでは?」なんて心配はありません。ショートヘアの魅力を最大限に発揮するきれいめアレンジをご紹介します。

浴衣には“編み込み風アレンジ”

夏まつりなどで浴衣を着る日には、髪も華やかに。片側のサイドをアレンジすれば、アップにしなくてもすっきりとした印象になります。やり方は、サイドの毛束をとり、ねじってピンで固定するだけ。耳の少し上の位置とトップに近い部分の2ヶ所にねじりをつくって。編み込みよりも簡単なのに映えるアレンジです。

▼【ケープ】ケープ 3Dエクストラキープ(無香料)

アレンジヘアや崩したくないスタイリングの仕上げにスプレーをひと吹き。立体感やボリュームを長時間キープしてくれるヘアスプレーの定番商品。ケープシリーズの中でも最高のキープ力で、ヘアアレンジを保ちます。

結婚式のお呼ばれには“くるりんぱ”

ゴム1本でできるくるりんぱで、華やかハーフアップが完成。やり方は、最初にひとつ結びをつくり、ゴムを少し下にずらして結んだ毛束を半分に分け、半分に分かれた隙間に上から毛束を通します。トップやサイドの髪を引き出して形を整えたら完成です。落ち着いていながら華やかなスタイルは、30代や40代の大人の女性にもぴったり。

▼【リーゼ(Liese)】まとめ髪フォーム

軽くなじませるだけでしっとり仕上がる、ポンプタイプのまとめ髪フォーム。固まりすぎず、空気を含んだような自然なスタイリングが魅力。控えめなフレッシュブーケの香りで気分も華やかに。

ショートヘア は『ワックス』『オイル』を使って動きを出して!

短めの髪にワックスやオイルをつけると、ベタベタしてしまうので避けている……という方や、どう使うかわからない方は必見! ショートヘアさん向けのワックスとオイルの使い方をご説明します。

「ワックス」を使ったスタイリング

ワックスは後ろ、サイド、前髪の順番につけるのがポイント。ワックスを使うセットはワックスなしの場合と比べて、時間が経っても動きのあるスタイルをキープできます。

▼ツヤっぽい濡れ髪

ツヤとうるおいのある質感の濡れ髪。髪の質感を変えるだけでも立派なヘアアレンジになります。スタイリング剤をつけすぎると髪のボリュームがなくなってしまうので、毛束を意識しながら、毛先を中心に少しずつもみこんで。くせ毛などでボリュームダウンしたい場合にもおすすめです。

@cosmeクチコミランキング1位の人気を誇る、大人気のオーガニックヘアワックス。自然由来原料から作られているので、髪だけでなく唇や爪、全身の肌にも安心して使えます。手にとってのばしてから毛先や毛束につけて、適度なウェット感をメイク。

▼リラクシーな無造作ヘア

ラフさがおしゃれな無造作ヘア。作りこみすぎないスタイルの鍵は、ふわっと軽く空気を含んだようなエアリー感。ワックスを髪の根元にクシャっともみこみ、指先を使って毛先をねじることでリラックスヘアが生まれます。

高いセット力がありながら軽やかな仕上がりを実現。その秘密は米ぬか由来の天然原料。コメ胚芽油の抗酸化作用と紫外線吸収効果で、スタイリングをしながらヘアケアも可能に。天然ローズの香りつきで、女性におすすめのワックスです。

▼動きのあるウェーブヘア

巻き髪やパーマヘアは、ワックスをつけて動きを出して。カールを活かすためのポイントは毛束感。髪が短いとボリュームが出づらいので、適度にボリュームを出すのがコツ。空気感を出したい場合は毛束を細く、束感を出したい場合は毛束を太めにねじれば、スタイリングがうまくいきます。

髪はもちろん全身に使えるオーガニックバター。使い方は適量を手にとり、伸ばしてオイル状にしてからスタイリング。少量でも伸びがよくカールをしっかりとキープできるのでパーマヘアにもおすすめです。手に残ったワックスはハンドクリームとしても使えるほど、やわらかでのびのよいテクスチャーが魅力。

「オイル」を使ったスタイリング

ヘアオイルは、髪を乾燥や熱によるダメージから守り、まとまりやすくしてくれる頼れるアイテム。 オイルをつける部分は、毛先と髪の内側。生え際や髪の外側だけにつけてしまうとべたつくので注意。毛先までうるおいとまとまりのある髪にオイルは欠かせません。

▼髪のボリュームをダウン

オイルはスタイリングがキマりにくい雨の日にも活躍。髪が広がったりうねるのを抑え、まとまりやすい髪に導きます。ショートヘアやショートボブの短い髪には1~2滴が適量です。

ゆず由来の原料を100%使用した、ノンシリコンのオイルミスト。オイル層とウォーター層の2層式なので、振ってからスプレーして。オイルとウォーターの長所をいいとこ取りして、べたつかないのにまとまる髪へ。

▼しっとりうるおうツヤ髪

せっかくのヘアスタイルも髪が傷んでいたら魅力が半減……。オイルで髪のダメージを防ぐことが大切。お風呂上がりのトリートメントと朝のスタイリングの二役をこなすオイルは、1本は持っておきたいマストアイテム。

ロレアル パリ(LOREAL PARIS)

エルセーヴ エクストラオーディナリー オイル エクストラリッチ フィニッシュ

日本売上No.1のオイルブランド。パサつきやダメージが気になる髪にも濃密なうるおいを与えます。アウトバストリートメントやスタイリングの仕上げとして使うことで、毛先までしっとり整う髪を実現。

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW