FASHION

そのワンピ、もう古い…!着るだけで今っぽい新定番がこちら

2019/10/10

秋支度が整ってきたこの頃、毎年新調したくなるアイテムといえば一枚で決まるワンピース。今年は、どんなものを選んで、どう着こなすとこなれて見える? NG例とお手本コーデを参考に、早速チェック。

今年らしくないのは…柄が大きいワンピ

大花柄がちりばめられていたり、ドットのサイズが大きいようなワンピースは古く見えてしまいそう。今は小さめの柄が主流。上品にも見えやすいから、これから手にいれるなら小さめの柄のアイテムを!

今年らしくないのは…膝〜ミモレ丈のワンピ

膝〜ミモレ丈のワンピースを1枚で着る、もしくは黒タイツを合わせた着こなしは時代遅れ。もし選ぶなら、レギンスやワイドパンツ、スカートのレイヤードをするのが大前提。1枚で着るなら、断然マキシ丈!

2019秋、ワンピースはこう着る!

秋らしい深みのあるブラウンは、春夏に引き続きトレンドのカラー。リブ素材が立体感を作るニットワンピースには、スリットの隙間から同色のパンツを覗かせてレイヤードコーデをエンジョイ。「今っぽい」を叶えるなら、ワンピ×パンツの重ね技にトライしてみて。

秋コーデを始めるにあたり、欠かせないアイテムといえばチェック柄。ブラウンをチョイスすれば、今っぽさがありながらもトラッドな印象できちんと感もゲット。小物の色もトーンの違うブラウンを迎えて、季節感満載のワンカラーコーデをメイク。

ブラウン同様、ベージュもこの秋冬のトレンドカラー。ワッフル素材のベージュワンピースに、キャメルのニットパンツを合わせてリラックスムードをON。大人らしい配色なので、手抜きに見えないのも◎。

上品に決まるライトベージュシャツワンピースは、ノーカラーやフレア袖など、ディテールにこだわっておしゃれ感度アップ。肌馴染みの良い色だからこそ、上質な黒レザー小物を添えて引き締め。

フリルネックやティアードデザインといった甘いディテールも、カーキを選ぶことで洗練された大人のムードが漂う。黒のバレエシューズでグッドガールな装いを作ったら、やんちゃなレオパードバッグでスパイスを添えて。

他の記事もCheck!

▼おすすめ記事はこちら

▼こちらもおすすめ

\お好きなコーデは見つかりましたか?/

Instagramに【#mineby3mootd】で投稿されたコーデ写真から、ピックアップして紹介します!

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW