FASHION

ダサい…!この秋、ベージュに絶対合わせたくない色を発表

2019/10/21

春夏だけでなく、今年は通年でトレンドカラーである「ベージュ」。秋からコーディネートに取り入れるなら、どんな装いが正解? 合わせたくない色と、綺麗めに決まる着こなしテクを参考コーデからチェック!

こんな組み合わせに気をつけて!

  • 蛍光色のようなきつい色を取り入れると、かなりカジュアルかつ子供っぽく。
  • ベージュ×パステルピンクはガーリーな仕上がりに。アイテムを選んだとしても今っぽい大人カジュアルにはなりにくいから避けておいて。
  • ベージュ×同じ色のベージュは、素材によっては安っぽく見えてしまうことに。セットアップならば素敵に着こなせるけれど、そうでないなら濃淡をつけてメリハリを。

2019秋、こんな風にベージュを着こなして

肌馴染みの良いベージュワンピースなら、カジュアルなフード付きでも上品な印象に。黒カーディガンの肩掛けや、レザー黒小物を合わせて洗練感を引き出して。

素肌に溶け込む柔らかなベージュカシュクールニットで、いやらしくならない大人の色香をON。ボトムスも同じトーンのミントグリーンパンツを合わせることで、柔らかな雰囲気がまとえる。

定番カジュアルなボーダートップスも、ベージュをチョイスすれば旬な雰囲気が楽しめる。ボトムスとバッグも同カラーで統一したら、足元には黒のローカットスニーカー合わせで程よく引き締め。

小物をベージュで統一するのもおすすめ。肉厚なグレースウェットワンピースと合わせれば、洗練配色で大人らしさが引き立つ。袖ブラウジングや適度な素足見せで抜け感を出すと好バランス。

甘めベージュブラウスを、黒のレザーパンツで格好良く。黒のパンプスを合わせて、洗練度の高い大人コーデに仕上げて。

他の記事もCheck!

▼おすすめ記事はこちら

▼こちらもおすすめ

\お好きなコーデは見つかりましたか?/

Instagramに【#mineby3mootd】で投稿されたコーデ写真から、ピックアップして紹介します!

SHARE ON

RECOMMEND ARTICLES

RELATED ARTICLE

WHAT'S NEW